赤ちゃんに必要な予防接種!四種混合ワクチンってどんなもの?

赤ちゃんに必要な予防接種!四種混合ワクチンってどんなもの?
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

ママ一年生にとって、赤ちゃんのワクチン接種はスケジュール管理、小児科への予約、副作用の確認、などとても大変なものですよね。

推奨されるがまま小児科で接種させていて実のところ一体なにがなにやら?というママも少なくないと思います。

ママが混乱してしまう程たくさんある予防接種のワクチンですが、生後3カ月くらいで受けることになるのがこの四種混合ワクチンでしょう。

四種混合ワクチンとはジフテリア、百日咳、破傷風、不活化ポリオの四種類のワクチンを混ぜ合わせたワクチンで、生後3カ月から4回の接種が義務付けられています。

日本では、2012年まではポリオを除いた3種混合ワクチンが使われていましたが、2012年の11月からこの3種混合ワクチンに不活化ポリオワクチンを含んだ4種混合ワクチンが導入され、現在では3種混合ワクチンがなくなり4種混合ワクチンのみとなっています。
  • 4種類のワクチンが混合されているなんて赤ちゃんは大丈夫?
  • 他のワクチンと同時に接種させることはできる?
  • 四種混合ワクチンの副反応ってどういうものがあるの?

今回はそんな四種混合ワクチンについて詳しくご紹介していきます。

四種混合ワクチンで予防できる病気

四種混合ワクチンではジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオの4種類の病気が予防できます。ここではこれらの病気について詳しく説明していきますね。

ジフテリア

ジフテリアとはジフテリア菌という菌を吸い込むことで感染(飛まつ感染)し、菌が神経や心臓に働きかけることで鼻や喉などを含む呼吸に必要な器官の麻痺、また心不全などを起こし、重症になると死亡することもある病気です。

この病気にかかると10%から20%の人が亡くなるそうで、特に5歳以下、40歳以上は症状が重く死亡率が高まります。

四種混合ワクチンを接種することで95%の確率でジフテリアを防ぐことができます。

百日咳

百日咳とは飛まつ感染による病気で咳やくしゃみではじまり、徐々に咳がひどくなってきます。

ひどくなると何度も続けて短い咳が続き、息を吸い込む時にはヒューと音がします。

赤ちゃんの場合は咳がない場合もあり、突然無呼吸になる、けいれん発作を起こすなどの症状が現れることがあり大変危険です。

こどもの頃に百日咳のワクチンを接種していても、成長につれてその効果が薄れていきますので現在の日本では大人の感染者が目立っているようです。

破傷風

ケガの傷口から土などの中にある破傷風菌が入ることによって起きる病気で、犬や猫に噛まれるといったことでも破傷風にかかる可能性はあります。

破傷風にかかるとその確率は高い場合で50%の確率で死亡してしまうとも言われています。

破傷風にかかるとまず口が開けにくくなるという症状がみられます。顔の筋肉がどんどん緊張状態となり、口を横に広げる際にひきつったような表情になります。

その後体全身の筋肉が緊張状態となり歩行がむずかしくなり、けいれんが起こったり呼吸ができなくなったりといった危険な状態に陥ります。

この破傷風はワクチンを接種することで100%防ぐことができる病気ですが、10年たつとその効果が薄れる為、11歳で再度接種するよう国から義務付けられています。

ポリオ(急性灰白髄膜炎)

ポリオとは腸の中で増える病原菌で人から排泄された便の中のウイルスが食べ物や飲み物などを通して口から侵入することで起きる病気です。

大抵の場合は感染しても風邪のような症状しか見られませんが1000人~2000人に一人の割合で重度の麻痺を起こす危険性がある病気です。

麻痺が起きた場合の治療方法は残念ながら現在でも見つかっていない為、手洗い、うがいの徹底を除けばワクチンが唯一のポリオを避ける手段であると言えます。

日本では昔、ポリオの予防接種では「生ワクチン(性が弱められた生きた細菌やウイルス)」が使われていました。

しかし、予防接種で打たれた菌が体内で繁殖してしまい、体に麻痺が起こった子供が多くいたようです。

その結果、現代では「不活化ワクチン(殺された細菌やウイルスから抵抗力をつける為に必要な成分だけ取り出したもの)」が使用されることになり、現在日本ではポリオワクチンは不活化ワクチンのみとなっています。

ポリオで発症した麻痺は深刻な後遺症として残ります。

これらの麻痺は大抵手足に出ると言われていますが、体のどの部分で出るかがはっきりとわかってはおらず、稀に呼吸器官などに起きることもあり人工呼吸器を使わなければならなくなるようなケースもあるようです。

推奨接種時期と副作用

四種混合ワクチンは生後3カ月から7歳6カ月までの間に計4回の接種が必要です

20日間以上あけて3回接種し、そこから6カ月以上あけて4回目の接種が義務付けられています。

0.5mlを毎回接種することになっていて皮下接種(注射による接種)により接種されるようになっています。

しっておくべき副作用

四種混合ワクチンに見られる副反応は発熱と接種部のしこりやはれが代表的なものです。しかしどちらも時間の経過とともに症状が回復していきます。

・発熱
臨床試験の結果、四種混合ワクチンの4回にわたる接種の中でおよそ半数の赤ちゃんに最低でも一度は37.5度以上の発熱が見られたようです。接種後三日以内に発熱が見られ、回復していきます。
・接種部の腫れ、しこり
合計4回の接種の中で接種箇所のしこりや腫れが一度でも見られた確率は全体の70%と報告されています。ほとんどは接種後三日以内に回復するそうですが、稀に数カ月しこりが残ることもあるようです。

ワクチンの同時接種は危険ではない

ワクチンをいくつも同時接種となるとママは不安ですよね。

しかも4種混合ワクチンはそのワクチンにすでに4つのワクチンが混合されているわけですからさらに別のワクチンを同時接種となるとためらう方も少なくないと思います。

しかし、同時接種によって副反応がひどくなるといったことは現在まで認められていません。

予防接種の注射を1本ずつ接種した場合と2,3本の注射を同時に接種した場合においても副反応の出現率に変わりはなく、同時接種によるデメリットはないという見方が現在の医学的な見解です。

むしろ、ママが注意しなければならないのは予防接種時期が遅れてしまうことによる危険性です。

まず国から推奨されている0歳児へのワクチン接種はすべて早めに受けておいてほしいものばかりだということを理解する必要があります。

同時接種に不安を感じるあまりにワクチン接種が遅くなれば、それだけ赤ちゃんの命をおびやかすような病気に赤ちゃん自身がかかってしまうリスクを高めてしまうことになります。

体の小さい赤ちゃんへの予防接種は、少量ずつ数回に分けて行われるものが大半です。

種類も1、2種類などではない為に同時接種をしないとなると何度も小児科に足を運ばなければならずスケジュール管理だけで大変です。

単独接種をしようとすればかなりの確率でなにかしらのワクチン接種が遅れてしまうことになります。

小児科への予約の際に同時接種が可能なワクチンを確認し、医師に相談しながらなるべく少ない回数ですべてのワクチンが終了するようにスケジュールをたてるようにしましょう。

将来病気にならないために!しっかり予防接種は受けましょう

四種混合ワクチンについてご紹介してきましたいかがでしたでしょうか。

0歳児への接種ということもあり、同時接種を不安に思うママも少なくないと思います。

しかし、安全性は世界中で認められているわけですから、接種可能な時期になれば早期に四種混合ワクチンと他のワクチンを同時に接種するなどの工夫をしながら大切な赤ちゃんを守っていってもらえたらなと願います。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る