つわりのピークはいつやってくる?少しでも辛いつわりを和らげる方法

つわりのピークはいつやってくる?少しでも辛いつわりを和らげる方法
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

妊娠がわかると、喜びもひとしおですが、これから来るつわりに悩む時期かもしれません。妊娠すると身体はどんどん変化していきます。

つわりもその変化の一環です。

  • つわりのピークは一体いつ?
  • どのような症状が出るの?

今回はそのような疑問にお答えします。

また、辛いつわりのピークを乗り切るためのアイディアも一緒に詳しく見ていきましょう。

一般的につわりのピークは妊娠8~11週(3ヶ月)頃

つわりは、ピークの時でだいたい1ヶ月ほど続きます。

既に一度妊娠した事がある方なら分かると思いますが、ドラマのように「うっ・・・」となってトイレに駆け込み、病院に行ったら妊娠してからもう3ヵ月が経過していた!な~んてことはありません。

妊娠がわかってから徐々につわりの症状が出てきて、判明から1ヶ月後くらいにピークを迎える人が多いです。

しかし、つわりは人それぞれ症状や重さが違うので、妊娠がわかってからすぐに重い症状に悩まされる人もいます。

また、ピークの時期をすぎたからといって必しもつわりがなくなるというわけでもありません。

妊娠12週以降も思い症状が続く場合は“妊娠悪阻”と言われ治療が必要な場合も出てきます。

ピーク時の症状

とても辛いつわりのピーク。どのような症状が出るのでしょうか。代表的なものは

  • 吐き気
  • 眠い
  • だるい
  • においに敏感になる
  • 食べ物の好みが変わる

このような症状はつわりの代表的な症状です。

このほかにも

  • げっぷが出やすい
  • 頭痛
  • 胃痛
  • 便秘
  • 肌荒れ
  • トイレが近い

などの症状が出ることもあります。

あまり知られていないですが、つわりの症状に「よだれつわり」というものがあります。

▼よだれづわりについての詳しい内容はコチラ

また、吐き気を空腹時に感じる「食べつわり」という症状も。

▼食べづわりについての詳しい内容はコチラ

出る症状は人それぞれです。

人と違うからといって、気にすることはありません。

つわりピークの乗り切り方

起き上がるのも辛いほど、本当に大変なつわりのピークの時期。どのように乗り切ったらいいのでしょうか。

食べたいものだけを食べる

妊娠中、赤ちゃんのためにバランスの良い食事を摂ろうと頑張っているお母さんは多いと思います。

ですが、つわりがピークの時期は、赤ちゃんはまだ小さくお母さんの身体に蓄えられている栄養だけで十分です。

無理に食事を摂るのでなく、自分の食べたいものを食べられる量だけ食べましょう。

また、決まった時間ではなく1日何回でも、食べられる時に食べるようにして下さい。

食べやすくする工夫をする

食べ物を少しでも食べやすく工夫することも大切です。

温かいものは匂いも上がってきて食べづらいので、冷ましてから食べるようにすると、少し食べやすくなります。

また、つわりの期間は酸味のあるものが食べやすいという人が多いです。酢のものや、レモンを絞って料理にかけるなど酸味をきかせる工夫をしてみましょう。

また、消化が良くのどごしの良いものを食べるようにしましょう。

そうすることで、吐いてしまったとしてもある程度は吸収できますし、吐くときにも吐きやすく体に負担がかかりません。

気分転換をする

具合が悪いとベッドに横になったまま何もできないかもしれません。ですが、つわりを軽くするには少しでも気分転換をするのが大切です。

  • 動けるようであれば軽く散歩をする
  • 雑誌や本を家族に買って来てもらって読む
  • 窓を開けて新鮮な空気を吸う

このような具合が悪くてもできる気分転換をしてみましょう。あくまでも気分転換であって、何かに没頭して疲れてしまうようなことは避けましょう。

ゆったりとした服装を

締め付けの強い服装は、つわりを重くしてしまうことがあります。

  • ワイヤー入りのブラジャー
  • ぴったりしたショーツ
  • スキニージーンズなどの締め付けの強い服

このような服装は避け、マタニティインナーやゆったりしたワンピースなどで過ごすようにしましょう。

このような時は病院へ行きましょう

  • 1週間で体重が3キロ以上減る
  • 1日何十回も吐く
  • 水も飲めない
  • 普通の日常生活が送れない
  • 12週を過ぎても症状が軽くならない
  • 尿の量が減っている

このような場合は、妊娠悪阻といってつわりがより重症化している状況です。病院を受診し、点滴などの必要な処置を施してもらいましょう。

無理をせず、ゆとりある生活を

つわりの辛さは人それぞれですが、無理をしないように生活しましょう。

  • お惣菜や冷凍食品を使って料理はしない
  • つわりの期間中、掃除は諦める
  • 家族の手を借りる

何より体力を失わないよう、リラックスして過ごすことが大切です。

数か月家のことを手抜きしたからといって生活が破たんするわけではありません!産後は忙しくなるので、旦那さんにこの機会に家事に慣れてもらってもいいですね。

また、お仕事をされている方は、自分の身体を第一に、無理なく働く環境を整えなければなりません。

▼つわりで仕事が辛い時はコチラも参考にしてください!

つわりの期間は、赤ちゃんの身体がどんどんできていくとても大事な時期です。今あなたの身体は赤ちゃんを育てるという、とても重要な仕事をしています。

無理をせずゆったりと過ごしてくださいね。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る