家族旅行時は必須!子供の持ち物チェック10選と便利アイテム

家族旅行時は必須!子供の持ち物チェック10選と便利アイテム
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

子供の旅行の準備って「あれもないと不安、これを持って行けば安心・・・」の連続で、1回の旅行にも何かと荷物がかさばってしまいがちです。

ここでは、家族旅行に行ったママさんたちが本当に役立った!持っていても重くない!という子供の準備アイテムをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

子連れ旅行にオススメな必須アイテム10選

せっかくの家族旅行では、できれば何も心配せずに楽しみたいですよね。そのために大切なのが旅行に行く前の準備です。旅行先ではすべて買い足しで揃っているとは限りません。ここでは、赤ちゃんから小さな子供までの旅の必需品をご紹介します。

洗面用品(歯ブラシ・子供用歯磨き粉など)

洗面用品はお泊り旅行の際に持って行くと便利ですね。特に子供には子供用の歯磨き粉も忘れずに持って行くと良いでしょう。

おむつ・紙おむつ

消耗品なので、普段から使い慣れたものを少し多めに持って行きましょう。ママさんの多くは10枚~15枚ほどの紙オムツを持って行くようです。

粉ミルクや飲み物

子供の成長によって母乳か粉ミルクのどちらが良いかは変わってきますが、子供は環境が変わってしまうと母乳をのんでくれないことがあるので粉ミルクを持参する方が安心です。

この時にオススメなのが、粉ミルクを複数回用で分けて持って行くといざという時に回数分がすぐに用意することができます。

おしりふき・ウェットティッシュ

子供が食べ物を食べて手がベタベタになることやスポーツを楽しんだ後によく使う必需品です。消毒されている除菌のウェットティッシュを持って行くことをオススメします。

お菓子・おもちゃ

子供が小腹をすかせた時に持って行くと便利です。温度に影響されないクッキーや食べやすいボーロなど手を汚しにくいものを選ぶこともオススメです。

また、おもちゃはできるだけいつも見慣れているものよりも旅行用に新しいものを買っておくことをオススメします。特に慣れない場所に行った時、子供がぐずった時に目新しいおもちゃだとそっちに夢中になってくれることがあります。

軽くて丈夫な抱っこひも

旅行時の抱っこひもは収納しやすいのと便利さを重要視して選ぶことをオススメします。特に「ネットタイプのスリング」は軽く持ち運びも便利です。

保険証・母子手帳

母子手帳や保険証は念のためにいつも持っておきましょう。旅行時には何かトラブルが起きて身分が証明できるものがないと困るケースがあります。

常備薬(目薬・整腸剤・消毒液・解熱剤・絆創膏など)

旅先では常にすべてが用意されているとは限りません。子供の突然の風邪っぽさや腹痛などは家にある使い慣れた薬を持って行くことをオススメします。また、子供のケガの応急処置ができるように絆創膏も何枚か常備しておきましょう。

帽子・日焼け止め

季節に関係なく、直射日光は浴びすぎると日射病や熱中症になることもあります。デリケートな子供の肌を守るためにも、帽子だけでなく日焼け止めも持参しましょう。

子供用食器・離乳食

アウトドアで家族旅行を楽しむのであれば特に大切になってくるのが「子供用食器や離乳食」です。

すぐに捨てることができる紙のものや洗うことができるプラスチック製の子供用食器を常備しておきましょう。

さらに持って行くと便利なアイテム+α

ここでは、先ほどの基本となる必須アイテムだけでなく多くのママさんが実際に持って行って一番便利だと思ったアイテムをいくつかご紹介します。軽く、かさばらないアイテムが多いのでぜひ参考にしてみてください。

ビニール袋・レジ袋

ビニールは「使用したおむつ入れや車酔い」にも使用することができたり、海に出かけた時の貝などのお土産を入れることもできるので便利です。できれば大・中・小の大きさ別にカバンのちょっとしたポケットに入れておくとシーン別で使えるのでオススメです。

バスタオル

バスタオルと言えば、旅行先での入浴後やプールや海での海水浴後に使用するイメージですよね。もちろんその使い方もできますが、ママさんの中には「毛布代わりや枕代わりなどの防寒具」としてバスタオルを使用している人も多いようです。

1つのアイテムでも様々な使い方ができるので重宝できる常備品ですね。

レジャーシート

レジャーシートは折りたたむこともでき、大きくてもあまりかさばらないので1枚あれば旅先で何度も使用することができます。また、防水素材なのでレジャーでの急な雨を防いだり子供が寝転んでも大丈夫な場所に敷くこともできるので目的別に何度も使用することができるメリットがあります。

エコバッグ

エコバックは旅行先での「洗濯物入れ」や「お土産入れ」に使用するママさんが多いようです。折りたたむこともでき、持って行くカバンよりも軽く丈夫なのでどんどんかさばるものは入れて片づけることができます。

はさみ・カッター・爪切り

意外と旅行先で使用するのが「はさみやカッター」などの刃物類です。手で開けることができない袋を切ったりするのに必要になってきます。

ママさんの多くは、子供の安全も考えて「ハサミ機能のある爪切り」を重宝する人も多いそうです。最近では安価に販売しているのでぜひ参考にしてみてください。

ジッパー付き保存袋

濡れたタオルやおしぼり・洗濯物など水分が含まれておりビニール袋だけでは不安・・・という人にオススメなのが「ジッパーが付いたビニール袋」です。

ママさんの多くは漏れる心配のないジッパー付きのビニール袋を「大・中・小」の大きさ別に用意しておくことが多いのだとか。

ペットボトル用ストロー

子供が飲み物を飲む時、車の中でこぼしたり旅先でこぼすことを避けるために「ペットボトル用のストロー」を重宝しているママさんは多いようです。

便利ポイントとしては、これがあれば荷物になるマグカップは必要なくなりますし、こぼす心配も最小限で済むところです。

荷物をかさばらずに軽くするお得パックの作り方

旅行に出かけた時って、何かと帰りの荷物の方がなぜか重くなっている・・・ということはありませんか?仕方無いと思いつつも、できればなんとか解消したいですよね。そんなママさんにオススメしたいのが、旅行を行きだけではなく帰りも楽しくするお得パックの作り方があるのでご紹介します。

1. 着替えはあえて捨てる用の服を持って行く

旅行の際には子供服も含めて多めに持って行くことが必要ですが、あえて現地でも捨てることができるような着なれたボロボロの服や下着を持って行くことをオススメします。これならば帰りの荷物を軽減できるのでオススメです。

2. お菓子やレトルト食品などはすべてジッパー式の袋に入れること

子供のお菓子のパッケージの箱や袋って、開けるとゴミになってしまい、旅先によっては捨てることができない場所もあります。

そこで、お菓子やレトルト食品などのジッパー式の保存袋に入れることができるものはすべて入れてしまうことをオススメします。これであれば、使い終わった袋ごと捨てることができるので荷物の軽減にもなります。

必要アイテムを絞って快適な思い出旅を・・・

いかがでしょうか?子供と一緒に家族旅行に行くのになかなか楽しめない・・・というママさんも意外と多いのですが、行く前にしっかりと「最大限に準備」して「荷物は最小限」にしていくことで快適な思い出作りの旅をすることができます。ぜひ楽しんで行ってきてください。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る