水中出産のメリットとデメリット!出来る産院は限られている?

水中出産のメリットとデメリット!出来る産院は限られている?
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

水中出産に興味がある、やってみたい、と考えている人もいると思います。

まだまだあまり日本では知られていない部分も多いですが、ここで参考にしていただき、不明な点や相談したいことがあれば医療機関にて直接聞いてみるといいですね。

水中出産って何?

水中出産は、フランスやイギリスなど欧州にて始まった出産方法です。

日本でも最近では水中出産の設備が整えられた医療機関も増えてきたり、芸能人が水中出産をしたと話題になっていたりと、耳にする機会も増えてきたのではないでしょうか。

水中出産とはその名の通り赤ちゃんを水中にて産みます。専用のプールで、36.5℃~37℃程のぬるま湯に入ります。

そうすることによって、お腹の中での羊水からの急激な変化を防ぐことができますね。

他にも、メリットデメリットを見ていきましょう。

水中出産のメリットは?

赤ちゃんにとって、お腹の中で10か月程過ごしてきた居心地のいい羊水の中から、突然外の世界へ飛び出してくるということは、環境の変化が大きいですよね。

ですが、先ほども記述したように、水中出産でのプールは羊水の温度と似ていますので抵抗なく出てくることができます。

赤ちゃんは外の世界に出て、泣く時に初めて呼吸をします。なので、プールから取り上げられてから初めて酸素を吸うことになります。

ママのメリット

ママ側のメリットももちろんあります。

体温と同じような水中にいることで、精神的にリラックスができます。

恐怖や痛みで体が緊張で固くなってしまうことを避けられるので、陣痛の痛みもやわらげてくれる効果があると言われています。

また、しっかりと手でつかまっていれば好きな体勢になれることも魅力の一つです。

水中で浮きながらいきむことができるので、負担が少ないと感じる人もいるようです。

また、病院によっては、パートナーと一緒に入れる二人用プールがあるところもあります。

そばで一緒にいられることでリラックスしたり、安心感を得られたりできますね。パートナーにとっても、一緒に出産に挑むという意識が強くなるかもしれません。

水中出産のデメリットは?

メリットだけでなく、やはりデメリットもあります。

体力消耗や陣痛が弱まる

水中にいることによって、ママの体力は消耗されていきます。あまり長時間入っているのは好ましくありません。

入るタイミングも重要で、陣痛が始まったばかりのうちから入ってしまうと、陣痛が弱まってしまうおそれがあります。

なので、事前に医師や助産師さんとしっかりとシミュレーションをしたり、知識を頭に入れたりしてから挑まないといけないですね。

出血量が増える

次に考えられるリスクは、出血量の増加です。温かい水温につかっているため、身体も温まります。

それによって血流が促進し、出産の際の出血量が通常よりも増加してしまう恐れがあります。

その点も、担当医にしっかりと確認して、自分で納得の上決断しましょう。

衛生面は大丈夫?

そして、水中出産において一番気になるのは、やはり衛生面ではないでしょうか。

きちんと水質が管理されている施設を選ばないと、赤ちゃんが菌に感染してしまう恐れがあります。

36.5℃~37℃前後のぬるま湯は、雑菌が繁殖しやすい温度です。徹底した殺菌消毒、感染予防の体勢がとられていないと、元気だったはずの赤ちゃんに害が及んでしまいます。

水中出産を扱っている医療機関はまだそこまで多くはありませんが、ご自分でしっかりと調べて、勉強をして、病院選びを失敗しないようにしてくださいね。

また、自宅のお風呂場で水中出産をするという選択肢をとろうと考えている場合ですが、目に見えない雑菌を薬品で消毒し、完全に細菌感染を防ぐ、ということはとても困難です。

もしものことを考え、赤ちゃんのために、他の選択肢を選んでみてはいかがでしょうか。

医師や助産師さんとよく話し合って、理解を深めてから決めてくださいね。

もしトラブルがあった場合は・・・

通常の分娩であれば、母体や赤ちゃん側に何かトラブルが生じた場合、すぐに対処方法へ切り替えができます。

しかし、水中の場合その対処にどうしても遅れが出てしまう可能性があります。

そういったリスクもあるということを必ず知る必要があるため、やはり出産方法を決める際に、よく病院側と話しをして、理解を深めることが大切です。

水中出産ができる病院探し

水中出産ができる病院は、限られています。病院探しの際に、こんなことに気を付けてみてくださいね。

  • 助産院の場合、もしトラブルがあった際の搬送先の病院がしっかりと決まっていて連携できていると安心
  • 水中出産についての勉強会が行われたり、説明をしっかりしてもらえるところが安心

大きな病院で代表的なのは、日本赤十字社医療センターです。

助産院でもいくつかできるところもありますが、インターネットで調べてみたり、実際に訪問してお話を聞いてみるといいでしょう。

しっかりと管理体制が整えられている、信頼できる院に出会えるといいですね。

また、費用が自然分娩に比べると高くなります。2万円~10万円程プラスになりますが、病院によって異なるためチェックしてみてくださいね。

アクティブバースはママと赤ちゃんが主役!

水中出産含め、自由なスタイルで出産をする「アクティブバース」は、医療行為を最小限に抑えて、ママが積極的にお産に取り組むという方法です。

分娩台の上で、医師や助産師の指導の元、言われる通りの体勢でいきんだりするのとは異なります。あくまでもママと赤ちゃんが主体となって出産に挑む、という気持ちが大切です。

もちろん何かトラブル時には医療のサポートが受けられますが、自分自身も出産という事自体の知識を深め、普段から体力づくりをしておくことも大切です。

自分で納得できる、安心できる出産スタイルを選んで、元気な赤ちゃんを産んでくださいね。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る