2人乗りベビーカーはどれが便利?種類別にメリットデメリットを確認

2人乗りベビーカーはどれが便利?種類別にメリットデメリットを確認
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

小さなお子さんを連れての外出は、大変なものです。抱っこひもでずっと抱っこしていると重いですし、また買い物であれば持てる荷物が限られるなどの問題もありますよね。そんな時に活躍してくれるのが、ベビーカーです。

ですが、小さいお子さんが2人以上いらっしゃる場合、1人を抱っこ、もう1人をベビーカーに乗せるとなると、それもまた大変です。そこで、小さいお子さんが2人以上いらっしゃる方は、少しでも移動を楽にするために2人乗りのベビーカーの使用を検討してみてはいかがでしょうか。

2人乗りのベビーカーには種類がありますので、お子さんの年齢やご家庭の状況に合わせて選ぶといいですね。では、種類別にメリットとデメリットをご紹介しますので、2人乗りのベビーカー選びの参考にしてみてください。

2人のお子さんが並んで座れる!横型の2人乗りベビーカーの場合

まずは、2人のお子さんが横に並んで座るタイプである、横型の2人乗りベビーカーについて見ていきましょう。

横型の2人乗りベビーカーのメリット

横型の2人乗りベビーカーには、以下のようなメリットがあります。

  • お子さんが並んでいるので両方に目が届きやすい
  • お子さんのお世話がしやすい
  • リクライニングする時に便利
  • 2人とも新生児でも乗れるものがある
  • 軽い場合が多い
  • コンパクトに畳めるのもが多い

横型の2人乗りベビーカーは、横にお子さんが並んで座っていることでどちらにも目が届きますし、またちょっとした物を食べさせたりお茶を飲ませたりなどのお世話をする時も便利です。

後ろにお子さんが乗っていないので、リクライニングしやすいというメリットもありますし、そのおかげで両方のお子さんが新生児の時から乗れる商品もあります。

さらに、軽くて、畳んだ時にコンパクトになる商品が多いのも横型の2人乗りベビーカーの特徴です。

横型の2人乗りベビーカーのデメリット

横型の2人乗りベビーカーには、以下のようなデメリットがあります。

  • 横幅が広く道や店内などが通りにくい
  • 改札が通れないものが多い
  • お子さんを一人だけ乗せるとバランスがとりにくい

横型の2人乗りベビーカーは、お子さんが横に並んで乗るという性質上、どうしても横幅が広くなってしまいます。それによって狭い道は進みにくかったり、お店の通路やレジが通れなかったりすることがあります。改札も、通れない場合が多くあります。

また、2人並んで乗せることを前提として作られているので、どちらか片方にだけお子さんが乗った場合、バランスがとりにくくまっすぐ進まないといったこともあります。

横型の2人乗りベビーカーはどんなご家庭にお勧め?

以上のメリットやデメリットを考慮して、横型の2人乗りベビーカーは以下のようなご家庭に向いていると言えます。

  • お子さんが双子または年子のご家庭
  • ご家庭の周辺を見て横型のベビーカーが通るのに支障が無い

お子さんの年齢差が大きいと、どちらかが先に歩くようになるなどの理由で1人だけを乗せることも多くなるかもしれません。逆に、年齢が近いと同じようなお世話をすることが多いので、横に並んでいる方が便利です。

それを考えると、横型の2人乗りベビーカーは、年齢差が無いか年齢差が少ない兄弟姉妹に向いていると言えます。

ただし、おうちの周辺の状況によっては、横型の2人乗りベビーカーでは通れないといったことも考えられます。そのため、周辺をチェックした上で、横型を選択するかどうかを決めるといいですね。

2人のお子さんが前後に座る!縦型の2人乗りベビーカーの場合

次に、2人のお子さんが前後に座るタイプである、縦型の2人乗りベビーカーについて見ていきましょう。

縦型の2人乗りベビーカーにはさらに種類があります!

縦型の2人乗りベビーカーには、さらに以下のような種類があります。

  • 前後の席の高さが同じタイプ
  • 前後の席の高さが違うタイプ

同じ高さで2人のお子さんが前後に並んで座るタイプと、高さが違って一方のお子さんが高い位置に、もう一人のお子さんが低い位置に乗るタイプがあります。種類によってこのような違いはありますが、基本的にはメリット・デメリットは同じだと考えていいでしょう。

では、詳しくご紹介していきます。

縦型の2人乗りベビーカーのメリット

横型の2人乗りベビーカーには、以下のようなメリットがあります。

  • 横幅が狭く道や店内などを通りやすい
  • 電車の改札も通れるものが多い
  • お子さんを一人だけ乗せても操作しやすい

縦型の2人乗りベビーカーは、お子さんを前後に乗せることから、1人用のベビーカーと比較しても幅がそれほど広くならないので、道や店内などを通りやすいというメリットがあります。改札も、多くの場合通れます。

また、どちらか片方にだけお子さんを乗せてもそれほど操作性が変わらないので、例えば、上のお子さんだけを保育園や幼稚園に預けて帰りに下のお子さんだけを乗せることがあるような場合でも、便利に使えます。

縦型の2人乗りベビーカーのデメリット

縦型の2人乗りベビーカーには、以下のようなデメリットがあります。

  • 畳んだ時に大きくスペースを取りがち
  • お子さんに目が届きにくいことも
  • 前の席の取り合いになることも
  • 2人とも新生児だと乗せられないことも

縦型の2人乗りベビーカーは、コンパクトに畳めない物が多く、家に置いておく時や車に乗せる時などにスペースを取りがちです。

また、縦にお子さんが並んでいるため、声をかけても前のお子さんには届きにくいですし、後ろからは見えにくいこともあり、気づけば前に乗っているお子さんがスーパーの商品を触ろうとしていたといった経験をされた先輩ママさんもいらっしゃいます。

逆に、後ろのお子さんは奥に座っていることから、目が行き届きにくいと感じた先輩ママさんもいらっしゃります。

それから、前の方がどうしても景色が見えやすいため、自己主張をするような年齢になると前の席の取り合いになることもあると言います。

そういったことに配慮して、お子さん同士を向かい合わせて座らせられるような商品も販売されていますので、気になる方はそういったものを探してもいいですね。

縦型の2人乗りベビーカーはどんなご家庭にお勧め?

以上のメリットやデメリットを考慮して、縦型の2人乗りベビーカーは以下のようなご家庭に向いていると言えます。

  • 2人のお子さんの年齢が離れている
  • 狭い場所が多い、買い物によく使うなど幅が狭いベビーカーの方が便利

お子さんの年齢が離れている場合、どちらかがベビーカーに乗らなくなった後でも操作性に影響が無い方がいいですよね。

それを考えると、縦型の2人乗りベビーカーは、年齢差がある兄弟姉妹に向いていると言えます。

縦型の場合、狭い場所でも横型に比べると通りやすいので、家の近くの道が狭い場合などにも、縦型の2人乗りベビーカーを選んだ方がいい場合があります。

ただし、縦型の場合は席によって対象年齢が異なることも多いので、乗せたいお子さんの年齢に合っていることを確かめる必要があります。

上のお子さんが立ったりシートに座ったりして使うタイプの商品も!

上のお子さんと下のお子さんの年齢が離れている場合、上のお子さんが歩きたがることもありますよね。ですが、帰りなるとぐずり始めて困った、という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

どちらかのお子さんを抱っこしたままベビーカーを押すのは難しいですし、どうしようかと悩んでしまうところです。

そこで、そんな時に便利な商品を確認しましょう。

上のお子さん用のスペースがついたベビーカー

ベビーカーの中には、後ろ部分に上のお子さんが使えるスペースがあっいて、そこに立ったりついているシートに座ったりできる商品があります。

それを選べば、上のお子さんが疲れた時などに乗せて帰ることができるので、とても便利です。

1人用のベビーカーよりは多少大き目にはなりますが、それほど場所を取るわけでもありませんので、購入を検討してみてもいいのではないでしょうか。ただし、上のお子さんが乗らなくなったらそのスペースがちょっと邪魔に感じることはあるようです。

ベビーカーに後づけできるシートやボードも売られています

上のお子さんが使わなくなった後に上のお子さん用のスペースが邪魔になるかもしれないと感じる方の場合、後づけできるシートやボードを購入して取りつける方法もあります。

この場合は、立ち乗りだけができるボードになっていることもありますし、座れるシートがついている商品も販売されています。

これなら、必要なくなったら外すこともできますので、こういった商品を選んでもいいですね。

これだけは確認しよう!2人乗りのベビーカーを選ぶ時の注意点

2人乗りのベビーカーを購入する際には、注意点もあります。では、どのようなことに注意すべきなのか、確認しましょう。

2人乗りベビーカーはどうしても大きくなりがち!大きさは大丈夫?

2人乗りベビーカーは、どうしても1人用のベビーカーに比べて大きくなりがちです。そこで、購入しようとしているベビーカーの大きさで問題が出ないかということは事前にチェックしたいところです。
  • 廊下が通れるか
  • エレベーターに乗れるか
  • 自宅に置き場所があるか
  • 車や電車に乗せられるか

アパートやマンションにお住まいの方は特に、自宅に帰る前に廊下を通ったりエレベーターに乗ったりすることが多いことと思います。購入したのはいいけれど通れなかったということが無いように、購入予定の2人乗りベビーカーでそれらの場所を通れるかを確認してから購入するようにしましょう。

また、自宅にベビーカーを置く場所があるか、車や電車に乗せたい時に乗せられるかなども確認しておきたいですね。

交通手段が電車の方は、駅の改札が抜けられるかどうかも確認しておきたいところです。

どんな場所で使いたいのかも考慮しよう

購入した2人乗りのベビーカーを、どんな場所で使いたいのかも考えてから購入すると、便利に使うことができます。

例えば買い物に行く時に使うことが多いのであれば、スーパーの中などを進むことを考えると横型よりも縦型の方が通りやすそうですよね。ですが、お散歩や保育園の送迎の際などに主に利用するのであれば、道幅に問題が無ければ横型でも縦型でも構わないことになります。

家の周りの道が広いか狭いかも、どちらのタイプを選ぶかを考えるポイントになりますね。お散歩に出かける場合でも、道幅が狭いのであれば縦型の方が安心です。

ベビーカーを使う時のことをイメージしながら購入すると、実際に使う時に困ることが起きにくくなりますね。

対象年齢をチェック!

1人用のベビーカーを買う時もそうですが、ベビーカーには新生児から乗せられるタイプの物もあれば、1か月くらいから使える物もありますし、お座りができるようになる6か月か7か月くらいにならないと使用できない物もあります。

そのため、乗せたいお子さんの年齢や体重が購入する商品の対象年齢や指定する体重に合っているかどうかを、購入時に確認する必要があります。

お子さんを前後に乗せる縦型の2人乗りベビーカーの場合、前後で対象年齢が違う場合もありますので、しっかりチェックする必要があります。

よく利用する人が押しやすい高さかどうかもチェックしよう

ベビーカーには、様々なサイズの商品があります。持ち手の高さもいろいろなので、普段よく押す人が押しやすい高さの商品にしておくことも大切です。

高さが合わないと腰を痛める可能性もありますので、それも注意して選びたいところですね。

2人乗りベビーカーはお子さんの年齢や家の状況に合わせて選ぼう

2人乗りベビーカーには、横型と縦型があります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、お子さんの年齢やお住まいの家、それから家の周辺の道の状況などに合わせて選ぶようにしましょう。

便利なベビーカーを選んで、小さいお子さん達とのお出かけを楽しみたいものですね!

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る