赤ちゃんが夜寝ない原因5つをチェック!快眠に導く改善策

赤ちゃんが夜寝ない原因5つをチェック!快眠に導く改善策
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

就寝時間なのに赤ちゃんが眠らず、ママも眠れない状態、続いていませんか?

いつも同じ抱っこじゃないと寝なかったり、泣いたから授乳しようとしても、飲まなかったり…、どうして良いのかわかりませんね。

すやすや眠るイメージが強いですが、夜は目がギンギンでなかなか眠らないという赤ちゃんも多いです。

大人と違って、赤ちゃんが決まった時間に眠らないことには理由があります。睡眠リズムがまだなく、一日を規則的に送ることが難しいからです。このことは、赤ちゃんが夜寝ない原因の1つめとして取り上げています。

こうした赤ちゃんの性質の他にも、ママが対応できる原因があります。原因を取り除き、眠りやすい環境づくりを目指しましょう。

赤ちゃんが夜寝ない原因5つ

「寝たと思ったらすぐ泣いて起きる」、「夜の方が活動的で眠らない」…こんな赤ちゃんの不思議な行動で頭を悩ませるママは多いものです。

赤ちゃんが夜に寝ない原因で代表的なものは5つあります。

  • 原因1 体内時計の調整ができていないから
  • 原因2 お腹がすいているから(げっぷがでないことも)
  • 原因3 オムツが濡れているから
  • 原因4 眠りの切り替えができないから
  • 原因5 不快

ひとつひとつ、詳しくみていきましょう。

原因1 体内時計の調整ができていないから

生まれたばかりの赤ちゃんは、しばらく夜に寝ないことがあります。

人間の体内時計は25時間周期で、赤ちゃんもこの周期の体内時計をもって生まれてきます。

この周期が24時間に調整されるのが生後3~4ヶ月ごろになり、生後2ヶ月ごろの赤ちゃんでは、睡眠時間が不規則となり昼に寝て、夜に起きていることが珍しくありません。

お腹の中では、昼も夜もなく一日を過ごしていたわけですから、時間をかけて昼と夜の区別をつけていかなくてはいけません。

昼と夜の区別がついてくる生後3ヶ月以降は、まだまだ24時間周期に身体を調整している最中のため、生活リズムが不規則だと夜に眠らない原因となることがあります。

生後5~6ヶ月ごろには、さらに昼と夜の区別がつき、夜にぐっすりと眠れる子が増えてきます。

年齢を重ねるうちに、生活リズムが整って、夜にまとめて眠れる子が多くなる一方、なかなか夜に眠るリズムが整わない子もいます。

「眠くなったときに眠ればいいわ」と寝る時間を子供任せにしていると、規則的な生活リズムが整わず、不機嫌や不調を起こす原因ともなり得ます。

ママは、赤ちゃんが夜に眠れる身体づくりをサポートしていきましょう。

原因2 お腹がすいているから(げっぷがでないことも)

細切れに起きる赤ちゃんは、満腹になって眠ったとしても、胃が小さいためすぐにお腹が空いてしまいます。

そのため、月齢の低い赤ちゃんほど、夜でも授乳回数が多くて大変です。

特に、母乳育児の場合は、ミルクよりも消化がよいため、赤ちゃんのお腹が空きやすく、頻回授乳になることが多いです。

また、げっぷをさせないままでいると、お腹が苦しくて眠れない原因となります。

原因3 オムツが濡れているから

市販の紙おむつは性能がよくなり、おしっこが出ても不快と感じにくくなってきました。

一方、布オムツやうんちが出た場合は、気持ち悪さから眠れない原因となります。

性能のよい紙おむつは長時間おしっこを吸収してくれますが、定期的に取り替えてあげると、あとあとのおむつ外しがスムーズです。

また、濡れたままのオムツで長く過ごしていると、オムツかぶれを引き起こします。

かぶれによってかゆみがでると、眠れない原因が増えてしまうので、気をつけましょう。

原因4 眠りの切り替えができないから

原因1でも言ったように、赤ちゃんの体内リズムは、月齢が低いほど整っておらず、根気よく整えていくことが大切です。

眠りへの切り替えができない理由は2つあり、「興奮によるもの」と「眠りへの不安感によるもの」があげられます。

ひとつめの「興奮によるもの」からみていきましょう。

これは、体内リズムが整ってきても、いつもと違うことや、刺激の強い出来事があった場合は、興奮して眠れる態勢がなかなか整いません。

大人でも、寝る前にテレビを観ていたり、楽しいことがあったりしたらなかなか眠れませんね。

赤ちゃんはそうした変化に特に敏感で、テーマパークに連れて行った日や親戚同士で集まった日などに、夜泣きして眠れなくなることがあります。

興奮が眠気を妨げ、切り替えられなくなってしまうのです。

もうひとつ、「眠りへの不安感によるもの」は、言葉の通り、寝ることへの不安があって、眠りへの切り替えができず、うまく入眠できません。

寝ることへの不安がある赤ちゃんは、抱っこから布団に降ろした瞬間に泣き出したり、眠そうなのにグズグズしたりして、なかなかスムーズに眠ってくれません。

身体の機能が未熟なのと同じように、入眠することもまだまだ未熟なのです。

原因5 不快

「オムツが濡れている」といった、目に見える不快な状態の他にも、赤ちゃんが不快と感じて眠れないことがあります。

  • 部屋が暑い・寒い
  • 身体のどこかが痛い・かゆい
  • 具合が悪い

これらの原因の他にも、赤ちゃんが病気やケガをしていて眠れないことがあります。

身体の状態をチェックするためにも、こまめなオムツ替えは大切です。

月齢別!赤ちゃんの睡眠パターン

赤ちゃんの眠りをサポートしていくために、月齢ごとの睡眠パターンを確認してみましょう。

0~6ヶ月の赤ちゃんの睡眠パターン

この頃の赤ちゃんは、一日中小刻みに眠る状態を繰り返しています。

月齢が低いほど、授乳と睡眠の繰り返しが多く、まとまって眠るまでお世話が大変です。

小刻みに眠る、よく起きているなど、眠りの特徴は赤ちゃんによってそれぞれなので、その子に合わせて睡眠環境を整えてあげましょう。

生後5~6ヶ月ごろになり、昼と夜の区別がはっきりとつくようになってきたら、朝は明るくして夜は暗くするといったメリハリのある生活をするようにします。

【生後1~2ヶ月まで】
昼夜の区別なく、不規則な時間に睡眠をとります。

少しずつ昼夜の区別をつけていくためにも、天気のよい午前中は、外を散歩して過ごします。

散歩の時間をある程度決めておくと、生活リズムをつけやすくなります。

赤ちゃんの睡眠ペースに合わせて寝かせ、ママも一緒に身体を休めましょう。夜中に起きることが多い赤ちゃんに付き合うには、ママの休養も大切です。

夜は照明を落とし、静かに過ごすことで、「夜は静かに眠る時間」ということを根気よく覚えさせていきましょう。

【生後3ヶ月ごろ】
昼と夜の区別が少しずつつき始める頃です。

授乳間隔があいて、少しずつ育児が楽になっていきます。

昼夜の区別をしっかりとつけるためにも、引き続き午前中は外に連れて行き、お散歩を楽しみましょう。

お昼寝は午前中のお散歩の前に1回、午後に1回といったペースができてきます。

赤ちゃんのお昼寝の時間に一緒に眠るなど、ママも身体を休める努力をしましょう。
赤ちゃんは睡眠不足になりませんが、ママは睡眠不足になりやすいものです。

夜になるとまとめて眠れる赤ちゃんも増えてきます。決まった時間に消灯し、赤ちゃんが眠りやすい環境を整えてあげましょう。

【5~6ヶ月】
昼夜の区別がはっきりとしてくる時期です。

日中のお昼寝はまだ必要ですが、夜にぐっすりと眠れる赤ちゃんが増えます。

目が覚めているときは、積極的に身体を動かしたり触れあったりして遊び、活動的に過ごします。

お昼寝の時間は、真っ暗にすると夜と勘違いしてしまうので、明るさを保ったまま寝かせるようにしましょう。

夜は、暗くして静かに過ごし、眠くなるように環境を整えてあげます。

6ヶ月~1歳の赤ちゃんの睡眠パターン

決まった生活習慣をつづけていると、そのリズムが身についてお昼寝の時間が安定してくる時期です。

離乳食や外遊びの時間を決めて、リズムよく過ごしましょう。

まわりの環境や状況がわかるようになり、寝るときに不安を感じて、なかなか寝付けない子がいます。

お気に入りのおもちゃやぬいぐるみ、タオルなどを持たせてあげたり、手を繋いであげたりすると、安心して眠りに入れるようになります。

遅くとも朝8時までには起こしてあげて、一日を活動的に過ごしましょう。

お昼寝が長すぎると、夜の睡眠に影響がでてくる時期なので、2時間以内に切り上げ、起きているときはよく身体を動かして遊ばせます。

午後のお昼寝は、15時以降に寝かさないようにすると、就寝時間にひびかず、自然と夜に眠くなります。

5つの原因にはこうする!改善策

赤ちゃんが寝てくれないときの改善策は、寝ない原因を取り除いてあげることが一番です。

ここまで取り上げた5つの原因を取り除き、赤ちゃんが眠りやすい環境を整えてあげましょう。

体内時計の調整ができていない赤ちゃんへの改善策

体内時計の調整ができていない赤ちゃんには、生後3~4ヶ月ごろまでは、夜に起きてしまうものと考え、ママもそれにつきあえるように、日中のお昼寝で体力を回復させておきます。

ママも昼夜逆転してしまわないように気をつけ、朝は活動的に遊び、夜は暗くして過ごします。

毎日決まった時間に食事、お昼寝、就寝できるように生活リズムを意識した毎日を送りましょう。

お腹がすいている赤ちゃんへの改善策

月齢が低い赤ちゃんは胃を満腹にしても、すぐにお腹が空いてしまい、夜中の授乳が大変です。

夜の授乳につきあえるように、日中に赤ちゃんと一緒に休んで、体力を回復しておきましょう。

また、授乳後は必ずげっぷをさせてあげます。

オムツが濡れている赤ちゃんへの改善策

オムツが濡れていることが不快で、なかなか眠れない赤ちゃんには、オムツをこまめに替えてあげられるように、時間ごとにチェックするとよいでしょう。

1歳ごろのオムツはずしでは、おしっこの間隔が1時間半~2時間ほど空きます。

ママもいきなりトイレトレーニングを始めるのは大変なので、オムツのうちから赤ちゃんのおしっこの間隔を知っておくとスムーズです。

赤ちゃんの睡眠と、のちのトイレトレーニングのためにも、こまめなオムツ替えを心がけましょう。

眠りの切り替えができない赤ちゃんへの改善策

眠りの切り替えができない原因として「興奮によるもの」と「眠りへの不安感によるもの」が挙げられました。

「興奮によるもの」は、いつもと違ったことが起きることで興奮して眠れなくなる状態です。

なるべく、決まった時間に授乳・離乳食でお腹を満たし、決まった時間にお昼寝して身体を休めるようにしてあげます。

何か特別なことがあった日は、眠れなくて当たり前ととらえ、なるべく早く通常の生活リズムに戻れるようにしてあげます。

「眠りへの不安感によるもの」は、ママの腕の中では安心して眠っているのに、布団に降ろした瞬間に不安を感じて泣いてしまう状態です。

少し大きくなった子供でも、お気に入りのぬいぐるみやタオルが無いと眠れないということが出てきます。

これは、子供なりに安心して眠るために大切なことなのです。

眠たいのにグズグズしている場合も、眠るのが不安なことの現れです。

赤ちゃんが安心できる抱き方をしてあげ、手が疲れたら不安にならないような降ろし方でベッドに運んであげましょう。

赤ちゃんをベッドに降ろすときは、直接背中を付けず、あらかじめたたんだタオルケットやクッションなどで背中を覆ってやり、ぬくもりを感じられる状態でタオルケットごと布団に降ろしてあげるとうまくいきます。

なかには何をしても起きてしまう敏感な赤ちゃんもいますが、自分で眠れる時が必ず来るので、今できることをして寝かせてあげましょう。

不快な状況におかれた赤ちゃんへの改善策

言葉で伝えられない赤ちゃんでも、不快に感じると泣いて知らせます。

なかなか眠ってくれないときは、なんらかの不快な状態が起こっているのかも知れません。

気温や病気など、赤ちゃんの様子や身体の状態を確認し、不快な状態を改善してあげましょう。

それでも眠らない!どうしたら良い?

オムツを替えても、お腹が満腹になっても、生活リズムを整えても…とにかく眠らない!という赤ちゃんもなかにはいます。

ママとしては、すべて満足にやっているはずなのに、赤ちゃんは大泣きしてどうして良いのかわからない状態になってしまいますね。

何をしても眠ってくれない赤ちゃんは、他の子よりも、不安を感じるセンサーが敏感なのです。

これも子供の個性の一つで、「育てやすい」いわゆるおとなしいタイプの反対、「育てにくい」いわゆる手のかかるタイプなのでしょう。

手のかかるタイプの赤ちゃんには、お世話をするママやパパは、赤ちゃんの要望がわからずイライラしてしまいがちです。

それでも、絶対に乱暴に扱ったりせず、赤ちゃんが落ち着く状態を見つけてあげましょう。

手のかかる子にも、安心できる抱き方や姿勢、好きな子守歌などがあるはずです。

成長するにつれて、不安感が和らげば、一人でも眠れる日が来ます。

赤ちゃんが一人で眠れるようになる日まで、その子に合った快眠のポイントを探して挙げましょう。

あまりにも夜に寝てくれず、夜泣きがひどいときの対処法をこちらの記事でご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。→赤ちゃんの夜泣きは寝ぼけが原因かも!簡単にできる対策

心地よく眠れる環境を根気よく探してあげよう!

夜寝ない赤ちゃんの原因と改善策をご紹介しましたが、いかがでしたか?

大人と違ってすんなりと眠ってくれないことが、わかりましたね。

改善策をまとめると以下のようになります。

  • 生活リズムを意識して過ごす
  • 寝る前に満腹にさせ、げっぷをさせる
  • オムツをこまめに取り替える
  • スムーズに入眠できるよう、興奮させずに安心感を与える
  • 不快な環境や状況に置かれていないか確認する

これらを実行してもなかなか眠ってくれない赤ちゃんだと、ママは大変です。しかし、そうした過敏な赤ちゃんもいるのが実際のところです。

過敏な赤ちゃんでも、腕を添えていると寝てくれたり、抱っこなら寝てくれたりと、安心して眠れる姿勢があるものです。

側についていないと眠ってくれない赤ちゃんだと、ママは家事も洗濯もできず疲労困憊してしまいますね。

こうした時期もそう長くは続かないものです。

赤ちゃんが眠ってくれる姿勢で一緒に寝て(抱っこなら座り抱っこをしながら)、ママが休息を取ることも大切です。

眠ってくれない赤ちゃんにイライラをぶつけても仕方がありません。いつもよりちょっとおおらかな気持ちで、一日一日を重ねていきましょう。

すっと眠ってくれる日が必ずやってきます。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る