お宮参りに最適な時期とは。出掛ける前の準備と注意ポイント

お宮参りに最適な時期とは。出掛ける前の準備と注意ポイント
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

赤ちゃんにとって人生で初になるお宮参りには、親や親族・親戚も関わることになります。日常の忙しいときにバタバタと準備するよりも、適切な時期を知っておくことで準備がスムーズになります。

ぜひ赤ちゃんの体調や日程を考えながらお宮参りのイベントの時間帯についても楽しく準備を進めていってくださいね。ママさんの力に少しでもなることができれば幸いです。

お宮参りとは?

赤ちゃんが生まれてもうすぐ1か月・・・。そろそろ赤ちゃんの初めてのイベントでもあるお宮参りを考える時期ですね。しかし、そもそもお宮参りって何なのでしょうか?お宮参りをする前にイベントを知っておきましょう。

まずお宮参りとは「氏神様に赤ちゃんが生まれたことの感謝と、これからの成長を願うことを伝える行事」です。

氏神様とは、その生まれた土地の神様を言い、「守り神」や「産土神(うぶすながみ)」・「鎮守神」とも呼ばれます。土地の守り神なので、お参りする際は「生まれた土地」の神社に出向くようにしましょう。

お宮参りに最適な時期と時間

お宮参りのいろはを学ぶ前に大切なのが「時期」になります。お宮参りには赤ちゃんの時期が決まっているので、初めてお宮参りをする際にはぜひ余裕を持って参拝できるように時期をしっかりと身に付けていきましょう。

赤ちゃんの最適な時期

お宮参りの時期で最適なのが「赤ちゃんが男の子であれば生後31日、あるいは30日」で「女の子であれば生後33日、あるいは31日」にお宮参りを行うのが良いとされてます。

最近では「生後、約1か月」としており、休日に合わせてお宮参りを行う人も増えているようです。また、赤ちゃんの体調や体質(身体が弱い)など人それぞれ環境が違うことや、生まれた時期が真冬の季節で外に出にくいなどの問題もあるので絶対に1か月以内に行かなければいけない!と制限をかける必要はありません。

一番大切なことは「赤ちゃんの体調を考えながら行く日程を決めること」ですね。

お宮参りに最適な時期がある理由

お宮参りでは男の子も女の子も「生後約1か月以内」ともともと決まりがあるのはなぜでしょうか?お宮参りの際に行うイベントにも関係してきますのでぜひ確認しておきましょう。

それは「お宮参りでは写真撮影や赤ちゃんに合ったサイズの服装を決めるから」です。

生まれた時期が真冬であったりや、日程の都合が合わずに生後2か月や3か月でお宮参りを経験しているママさんの中には「もっと早めに行っておけば良かった」と後悔している声も多いようです。

それは、お宮参りでは写真撮影をするので、赤ちゃんによっては2か月ほど経つと顔つきがしっかりしてしまい、赤ちゃんの時のあどけなさが残らずに後悔することもあるようです。また、赤ちゃんは成長が早いので、お宮参りが遅れると親戚や親から買ってもらった服のサイズが合わない・・・ということもあるようです。

お宮参りの時期がどうしても遅れる場合は「親戚や親に相談したり、写真は早めに撮っておく」ことがオススメです。

意外と忘れがち!?お宮参りの際の注意ポイント

ここで、お宮参りの準備スケジュールや注意ポイントをご紹介します。神社に行くことができる日程が決まったらぜひ確認して、当時をスムーズに過ごせるようにしましょう。

1.神社に予約を取っておく

お宮参りの際に祝詞(赤ちゃんの誕生の祝祭を述べてもらう)をお願いする場合には混雑する恐れがあるので事前に時間や場所を予約しておくことがオススメです。

2. 食事の場所を決めておく

家族や親戚とお宮参りをしてから外食をする場合、事前に食事場所を決めておくことがスムーズにイベントを進める上ではオススメです。特に、神社近くの場所や写真撮影場所の近くにすると移動時間も短縮ができるので当日に悩むよりも予約をしておきましょう。

また、産後のママさんの身体のことを考えて自宅で食事をする際には「出前やデリバリーを頼んでおくこと」をオススメします。産後はホルモンバランスが乱れるので、ストレスがたまったり体調を崩しやすくなるのであまり無理をさせないで身体を労わることが大切です。

3. 記念撮影の準備をしておく

フォトスタジオなどで赤ちゃんの記念撮影をする場合は、早めの予約をオススメします。また、当日は気疲れしてしまう場合があるので写真は後日に予約したり前撮りするのがオススメです。

お宮参りに出かけるときのポイントやチェック事項

お宮参りでは、出かける前にスケジュールの準備以外にも事前に持って行くものにも注意を向けておくといざという時に役に立つものが多いです。ここでは、お宮参りに行ったママさんたちが「役に立った」と言える教訓も含めてご紹介します。

お宮参り後のあいさつ参りも大切

お宮参りは写真撮影や祝詞が終わったら終了ではなく、親戚や知り合いのところへ行く「あいさつ回り」もあります。これは、お宮参りに行ってきたことや赤ちゃんが生まれたことの報告も兼ねて行うものになります。

この決まりも、ママさんや赤ちゃんの体調を考えながら行動してくださいね。ママさんの中にはお宮参りの後日、何日かに分けてスケジュールを組んでいる人もいるそうです。

赤ちゃんには寒さ対策・暑さ対策を・・・

お宮参りの時期は生まれた季節によって違うので、ぜひ赤ちゃんには寒さ・暑さ対策をしっかりとしてあげてください。大人は歩いたり上着を脱いだり着たりとできますが、赤ちゃんにとっては長時間移動で体温調節ができない環境にあります。

特に肌が弱い赤ちゃんや身体の弱い赤ちゃんは十分注意して見ててあげてくださいね。

おむつや着替えなどは「いつもより+多め」が大切

長時間外出のお宮参りでは、いつも持っていく着替えやおむつなどは多めに持って行くようにしましょう。写真撮影や食事など外出が1日がかりになる場合もあるのでいつもの予備として持参しましょう。

最適な時期やポイントを知って、「お宮参り」を素敵なイベントに・・・

お宮参りは赤ちゃんの初めてのイベントなので頑張らないと!と嬉しさや緊張などで意気込んでしまいますが、すべてのことを当日行わなければいけないこともありません。決まりに縛られずに、ぜひ口コミの参考にしてもらいながらママさんの体調を考えながら家族みんなが楽しむことができる思い出を作ってくださいね。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る