婦人科に行く前に!子宮内膜症のセルフチェックをしてみよう

婦人科に行く前に!子宮内膜症のセルフチェックをしてみよう
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

よく、病気を自己診断するのは危険!と言いますよね。ではなぜ、子宮内膜症のチェックシートがこれほどまでに世の中に認知されているのでしょうか?

それは、チェックシートを使ってセルフチェックした女性の多くが、実際に婦人科で子宮内膜症の検診を受けているからなんです!

セルフチェックを試した事で、「自分の状態を客観的に把握する事ができた!」「子宮内膜症への関心が高まった!」という女性も少なくありません。

最近では、ホームページでチェックリストを公開している婦人科も多く、友人に紹介する仕組みまで取り入れているケースもあるほどです。

子宮内膜症は、女性のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)と深い関わりを持つ疾患です。

妊娠への悪影響はもちろん、生理痛や慢性骨盤痛、排便痛や性交痛など伴う痛みも多肢に渡ります。

婦人科の検査には抵抗がある!という場合は、チェックシートを使ったセルフチェックから始めてみましょう。

身体的な変化から子宮内膜症の可能性を探る!

実際に婦人科で子宮内膜症の検査を受ける時に、必ず最初に行われるのが問診です。

子宮内膜症のチェックシートに記載されている項目の多くは、待合室で記入する問診票に記載されている項目とほとんど同じなんですよ。

チェックシートの内容は、その病院によって多少の違いはありますが、ここではより細分化されたチェックシートをご紹介しましょう。

当てはまる項目が多ければ多いほど、子宮内膜症が発症している可能性が濃厚ですよ。

妊娠について

  • 結婚して2年以上経っているのに妊娠しない
  • 6ヵ月以上タイミグ法などを試しても妊娠しない
  • 別の検査で不妊症と診断された

生理時の特徴や身体の不調について

  • 経血にレバー状のかたまりが混じっている
  • 経血量が多い過多月経で、夜用ナプキンを何度も取り換える
  • 経血量が多く、めまいや倦怠感、吐き気など貧血の症状が現れている
  • 生理の周期や継続日数が不規則になってきた
  • 生理以外にも出血する事がある

生理のとき以外の痛みについて

  • 生理のとき以外にもお腹に張りを感じる
  • 生理を挟んで、前後1週間ずつ腹部に張りを感じる
  • 生理周期に関係なく、慢性的に下腹部に鈍痛を感じる
  • 肛門の奥の方に鈍い痛みを感じる
  • 腰や骨盤周り、太ももの付け根などに痛みや違和感がある

生理のとき以外に痛みを感じるタイミングについて

  • 生理の1週間くらい前から生理が始まるまで、継続して痛みを感じる
  • 生理が始まってから排卵日が終わるまで痛みが治まらない
  • 排卵日の前後に痛みが限定している

排尿や排便時の痛みについて

  • 排便時に鋭い痛みを感じる
  • 排便時に肛門の奥が痛む
  • 血尿や血便になる事がある

ガスや腸に関する痛みについて

  • 腸内にガスが溜まっている時や、ガスが移動する時に腹部が痛む
  • 食後など、腸が活発に動いている時に痛む

セックスの時の痛みについて

  • セックス中に痛みを感じる
  • 深く挿入した時に、奥の方に痛みを感じる

メンタルの変化から子宮内膜症の可能性を探る!

最近注目を集めているのが、子宮内膜症とメンタルの関連性です。

近年では、心療内科を併設している婦人科が増えているようですが、それだけメンタルが病状に影響を与えているという事なのでしょう。

子宮内膜症を患っている女性の場合、下記のようなメンタル的特徴が多く見られます。

  • 漠然とした不安感
  • 気分が落ち込む
  • 欲求不満
  • 固執やこだわり

特に顕著に見られるのが、「固執やこだわり」に関する変化です。

自分では気づきにくい変化もチェックリストを試してみる事で「そうなんだ!」と、納得できたという人も多いんですよ。

いくつの項目に当てはまるのか、セルフチェックで確かめてみましょう。

対人関係について

  • 相手の男性に対して物足りなさを感じ、落胆する事がある
  • 男性との関わりに欲求不満を感じる
  • 悪いのは自分ではなく、周囲の人に責任があると感じる
  • パートナーへの束縛意識が強く、常に一緒にいたいと感じる
  • 会社や飲み会などで仲間と一緒にいる時、「場違い」だと感じる
  • 慣れ親しんだコミュニティーの中でも「よそ者」だと感じる事がある

自分に対する考え方や感じ方

  • 特定のモノに固執している
  • 古いモノや使わなくなったモノでも捨てられず、溜め込んでしまう
  • 自分に自信が持てない
  • 自分の事が認められず、自己を否定してしまう
  • 偽りの自分を演じてしまう
  • 本来の自分を知られたくない
  • 自分や他人を攻撃し始めると、歯止めが効かなくなる

痛みのランクを明確にしよう!

痛みというのは、人によって感じ方や表現方法が違いますよね。

「ちょっとした違和感」と「鎮痛剤が効かないほどの痛み」では、全く意味が違ってきます。

上記のチェックリストを試して「婦人科で子宮内膜症の検査を受けてみようかな?」と感じたなら、痛みのランクについても明確にしておきましょう。

生理痛のランクについて

  • 生理痛はほとんど感じない
  • 生理痛はあるが、日常生活に支障はない
  • 以前より生理痛が増し、年々ひどくなっている
  • 生理痛がひどく、家事や仕事を休むことがある
  • 市販の鎮痛剤や痛み止めを使っても痛みが治まらない
  • 痛み止めの効果が弱まり、飲む量が増えてきた
  • 動けないほど生理痛がひどく、横になっている事が多い

排尿や排便時の痛みのランクについて

  • 全く痛みを感じない
  • 痛みを感じる時もあるが毎回ではない
  • 痛みを感じるが我慢できる
  • 我慢できないほど痛みが強くて排便が怖い

セックス痛のランクについて

  • 痛みを全く感じず、セックスに支障がない
  • 挿入の深さによっては、たまに痛みを感じる
  • 深く挿入した時だけ痛みを感じる
  • 思わず腰が引けてしまうほどの痛みを感じる
  • 毎回痛みが強くてセックスするのが怖い

検診にチェックシートを持参しよう!

子宮内膜症のチェックシートは、決して病気の確定診断に結びつくモノではありません。

セルフチェックシートを試して複数の項目に該当した人はもちろん、気になる点が見つかった場合も、ぜひ婦人科の受診をオススメします。

検査を受ける時は、プリントアウトしたチェックシートを持参すると、問診がスムーズに進みますよ。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る