産後の痔でトイレに行くのが怖い!早く直す方法と対処方法は?

産後の痔でトイレに行くのが怖い!早く直す方法と対処方法は?
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

産後ママを悩ませるお尻トラブル。中でも、特にデリケートな問題なのが「痔」にまつわるトラブルですよね。

痔=お年寄りの病気だと思っていたのに、まさか自分がこの年で!なんてショックを受けているママさんも多いのではないでしょうか?

医療機関によって諸説ありますが、出産を経験した女性の50%、もしくは70%が痔を経験しているとも言われています。

つまり、痔は決して恥ずかしい事ではないんです!

医療機関によって調査報告に差があるのは、誰にも言えずに一人で耐えているママさんが多いからと推察できます。

産後の痔トラブルは、早期解決が何より大切です。まずは痔のタイプ別に原因を理解し、今すぐ始められる事から試してみましょう。

「産後の痔」はどうしてなるの?

痛くて辛い産後の痔。この痔さえなければ幸せいっぱいなのに!と歯痒く思っているママさんも少なくありません。

では、一体どうして痔になってしまうのでしょうか?

産後の痔を引き起こす代表的な原因

  • 胎児の成長と共に子宮が増大し、血管が圧迫&鬱血して血行が悪くなる
  • 子宮の増大と共に腸が圧迫され、排便障害(便秘)になりやすい
  • 黄体ホルモンの分泌量が変化する事で、腸の動きが鈍くなる
  • 食事のバランスが崩れる
  • 運動不足による血行不良
  • 授乳による水分不足
  • 出産時の「いきみ」により、肛門に負担が掛かる
  • 産後は腹筋が緩みやすい

上記の代表的な原因を見てみると、「血行不良」や「便秘」、「出産時に受けた肛門への負担」などに分類されますが、その多くが妊娠中から蓄積されていた事が分かりますね。

産後になりやすい痔のタイプとは?

排便時はもちろん、日常生活においても大きな負担となる産後の痔。中でも産後に多いと言われているのが、「切れ痔」と「イボ痔」なんです。

産後に多い「切れ痔」とは?

一般的に呼ばれる切れ痔とは、正式名称を裂肛(れっこう)と言い、肛門が裂けてしまう状態を指します。

女性は妊娠すると便秘になりやすい環境に置かれ、その状態が10ヶ月も続きます。その状態は出産したからといって突然解消される訳ではありません。

むしろ、授乳によって水分不足が続きますから、便秘が悪化してしまうケースが多いんです。

しかも、妊娠中は便秘でも力めませんが、出産した事で思い切り力めるようになります。

カチカチに硬くなった便を出そうと、思いっきり力んでしまう事で、肛門に負担が掛かってしまうんです。

切れ痔が悪化すると、肛門が狭くなるだけでなく、知覚神経が刺激されてしまいます。

排便の度に感じる鋭い痛みを避ける為に、便意を感じても我慢してしまう・・というケースも少なくありません。

その結果、便秘が解消されるどころか慢性化に繋がってしまい、悪循環が繰り返されるのです。

産後に多い「イボ痔」とは?

一般的に呼ばれるイボ痔とは、正式名称を痔核(じかく)と言い、肛門の内側に出来る「内痔核」と、外側に出来る「外痔核」に分けられます。

初期の頃から痛みを伴う外痔核に対して、神経を刺激しない内痔核は早期発見が難しいタイプです。

その為、長期間放置してしまうケースが多く、肛門からの出血や酷い痛みを感じるまで、悪化してしまうママさんも少なくありません。

出産時の「いきみ」による肛門への負担や、妊娠中の血行不良が原因として挙げられます

今日から出来る対処法

産後の痔が痛くてトイレに行くのが怖い!腰が辛いのに座っていられない!というママさんも多いでしょうが、痔=手術が必要・・とは限りません。

ここからは、辛い痔の痛みを緩和する為の、対処法について見てみましょう。

便秘の改善!

痔の痛みを最も感じるのが、排便の時ですよね。それは、硬くなってしまった便を出す為に、肛門が刺激される事で生じる痛みです。

つまり、便秘を解消する事が痛みの緩和に繋がります。

母乳で育てているママさんなら、一日1リットルの水分が母乳として失われる・・と言われているのを、聞いた事があるでしょう。

母乳の分を考慮して、いつもより多めに水分を摂る必要があります。

意外と知られていませんが、便の70%が水分で出来ています。

排便時の痛みを和らげるには、体内の水分量を増やして排便をスムーズにし、幹部への刺激を減らしてあげましょう。

血行を促進する!

妊娠中に徐々に大きくなっていく子宮は、他の臓器を圧迫してしまいます。

その結果、直腸付近の血行が滞る事で肛門が鬱血し、イボ痔を誘発してしまうと言われています。

出来てしまったイボ痔の痛みを緩和するには、血行の促進が効果的。時間を掛けた半身浴や、軽い運動を取り入れてみましょう。

特に、産後のストレッチは短時間で身体を温める効果が期待できますので、忙しいママさんにオススメですよ。

但し、入浴は一ヶ月健診の結果次第。先生の許可を得てから始めましょう。

食生活を見直そう!

痔の痛みが怖くてトイレに行けない!そんな状況を改善するには、スムーズな便通を促す食生活が不可欠。

ここでは、便秘の改善に効果的な食事について見てみましょう。

▼便秘に効果的なメニュー

  • 根野菜や豆腐、海藻類やコンニャクを中心にした和食
  • 腸内細菌を増やしてくれる、ヨーグルトなどの乳酸菌食品
  • 納豆などの発酵食品
  • 白米に麦や玄米をプラスした雑穀米を主食として

▼便秘に逆効果なメニュー

  • 香辛料の摂り過ぎ
  • アルコールの摂り過ぎ

昔ながらの日本食は、低カロリーな上に栄養バランスが優れている事でも知られていますが、母乳の出を良くする効果も報告されています。

便秘の改善にもなって母乳の出も良くなる、まさに一石二鳥の優れモノなんですよ。

水分補給を十分に!

赤ちゃんを母乳で育てていると、水分不足になりがちです。特に、汗をかきやすい夏場はミネラル不足に気を配る必要があります。

▼産後ママの理想的な水分補給

  • ミネラルウォーター
  • 麦茶
  • ハーブティー
  • 食事に汁物をプラス

▼産後の水分補給としてNGな飲み物

  • 糖分が含まれているジュース
  • コーヒーなどのカフェイン
  • アルコール
一度にたくさん飲むより、こまめに飲むのが理想的です。水分不足を解消する事で、便秘が改善される上、母乳の出も良くなると言われています。

どうしてもカフェインが飲みたい時は、ノンカフェインを選びましょう。

朝食後にトイレタイムを作る!

産後のママは、赤ちゃんのお世話で大忙し。ゆっくりトイレに入っている時間もありませんよね。

しかも、痔の痛みを経験した人は、トイレに行くのも怖くなってしまいます。便秘の改善には一定のリズムが効果的。出来るだけ、同じ時間にトイレへ行く習慣を心掛けましょう。

身体が目覚める朝食後を利用して、パパさんが会社へ行く前に済ませるのがオススメですよ。

ちょっとだけ、赤ちゃんのお世話を代ってもらいましょう。

お尻を優しくサポートしながら清潔に!

始めて痔になってしまうと、清潔にしなきゃ!とムキになってしまう事も。

確かに、清潔さを保つ事は大切な要素ですが、過度な刺激は逆効果になってしまいます。

ウォシュレットやシャワーの温水を利用し、出来るだけ摩擦を控えるようにしましょう。

但し、洗浄後の拭き取りを怠ると、炎症が広がり痛痒くなってしまうケースも。トイレットペーパーを押し当てるようにして、水分を拭き取るのがコツですよ。

体勢を見直して痛みを緩和!

トイレ以外でも痔の痛みを感じる場合は、体勢を見直して痛みを和らげてみましょう。

▼痔の痛みを和らげる体勢

  • 寝る時は仰向けではなく、横向きになって圧迫を避ける
  • 長時間の立ち仕事を避ける
  • 長時間、同じ姿勢で座るのを避ける
  • 授乳の時はドーナツクッションを使う

座ると痛いからと言って、立ったままで長時間過ごすのは避けましょう。確かに、立っているとお尻が圧迫されないので、一瞬楽になったように感じますよね。

ですが、同じ姿勢を続けていると、血の巡りが悪くなってしまいます。場合によっては、新たなイボ痔の原因にもなり兼ねません。

また、授乳中に痛くて座っていられない!という場合は、ドーナツクッションが効果的。多くの先輩ママさんが利用してますよ。

産後の「痔」って何科に行けばいいの?

恥ずかしいから病院には行きたくない!と思ってしまう・・それが、痔を悪化させている最大の理由とも言われています。

ですが、良く考えてみて下さい。

出産時の恥ずかしさに比べれば、大した事ではありませんよね。毎日の苦痛を和らげるには、専門家の診療を受ける事こそ「最短の近道」ですよ。

産婦人科より肛門外科!

産後に痔を患った女性は、その話し易さから産婦人科に相談するケースが多いようです。

もちろん、産後の回復状態を診断する産婦人科にも伝えるべきではありますが、本来の専門家である「肛門外科」の診療が最良でしょう。

肛門外科の診療を受ける場合は、出産経験や授乳中かどうかを伝える事で、最適な治療法を提示して貰えます。

妊娠中&授乳中はステロイド系の薬に注意しましょう!

痔の治療に肛門外科が有効だと分かっていても、敷居が高く感じるのも事実。その為、市販の薬で何とかしようと考えるママさんも少なくありません。

ですが、妊娠中はもちろん、授乳中にも気を付けたいのが使用する薬の種類です。

痔の市販薬には、ステロイドが含まれているケースもあり、赤ちゃんへの影響が懸念されます。

前述したとおり、痔でお医者さんにかかることは恥ずかしいことではありません。受信するのは男性より女性の方が痔でお医者さんにかかることが多いとも言われているくらいです。

お医者さんにかかった方が治りが早い場合が多いですので、痔を悪化させないためにもぜひ一度診察してもらって下さい。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る