片付けの習慣・忘れ物がぐっと減る!ランドセルラックの選び方

片付けの習慣・忘れ物がぐっと減る!ランドセルラックの選び方
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

近年人気のリビング学習ですが、子供の学習に必要なものをどのようにリビングに置いたらいいか悩みますね。

学習机をリビングに置くことがまず考えられますが、学習机をリビングに置かずランドセルラックを上手に活用する方法もあります。

ランドセルラックの活用法を紹介します。

リビング学習にランドセルラックを活用しよう

リビング学習をするときに問題になるのがランドセルをはじめとした子供の学習用具の置き場所です。

文具や本など勉強に必要なものが散らばっていたりして置き場所が固定されていないと、勉強の効率が悪くなり集中することができません。

ランドセルラックがあれば自分の学習用具をまとめておくことができ、管理することが出来ます。

子供が複数いる場合は自分のものを把握・管理するためになるべく人数分用意するようにしましょう。

ダイニングテーブルにつなげれば学習の準備もラクラク

近年住宅事情により場所をとる学習机を購入しないことを選択する家庭も多くなっています。

その場合はダイニングテーブルを学習机の代用することが一般的です。

ダイニングテーブルの横にランドセルラックをおくことで勉強に必要なものを準備する時間のロスが無くなります。ダイニングテーブルの高さに合ったものを選ぶと使いやすくなります。

椅子に座ったまま荷物の出し入れができる高さが使いやすいです。

また食事の時間になったらすぐに学習用具を片付けることが出来る置きやすい収納場所が必要です。

リビング以外で勉強するときも移動が楽になる

リビングを移動する可能性がある場合はコマがあるものを選びましょう。

ラックを移動させて使うことが出来、どこでも勉強出来る場所になります。

ランドセルや教科書など重たいものを載せて移動させることになるのでしっかりと強度があるものを選ぶ必要があります。

またラックを移動させる際に物が落下するとケガをする原因になるので重たいもの先のとがったものなど落ちて危ないものに対してはしっかりと落下防止対策をしましょう。

子供の気分に合わせてランドセルラックを移動できるので、勉強したい場所で集中して勉強することが出来ます。

ランドセルラックの選び方とポイント

市販されているランドセルラックにこだわることはありません。

キッチンワゴンやカラーボックスを活用することもできます。子供やリビングに合った使いやすいものを選びましょう。

子供が自分でランドセルを置ける高さにすること

ランドセルは教科書やノートが入っているととても重いです。

誤ってランドセルを落としてしまうとけがをする原因にもなります。子供が自分でランドセルを持ち上げて置ける高さにしましょう。

家のインテリアと馴染むデザインや素材にしましょう

リビングのインテリアと合うデザインや素材のものを選びましょう。

木製のものや金属製など様々な種類があります。リビングに馴染むデザインならばランドセルラックをリビングに置いても違和感が無く過ごすが出来ます。

ランドセルの他に鉛筆や本など学習に必要なものが収納できるもの

文具、教科書類、プリントなど学習に必要なものを分別して置くことが出来るランドセルラックを選びましょう。

勉強に必要なものを分野別にまとめておくことで探す手間が無くなります。そのため子供が集中して勉強することができます。

片付けも簡単に出来、片付けの習慣づけにもなります。

学校へ行く準備・片付けの習慣付け、宿題など忘れ物の防止にも!

ランドセルラックに学習に必要なものがそろっているので準備をしやすく、忘れ物をしにくくなるため忘れ物が減る他に、片付けの習慣を身につけることができます。

そして、ランドセルラックをただランドセル置き場として利用するのではなく子供の学習の拠点として使用することで様々なメリットが生まれます。

上手にランドセルラックを活用してより快適に効果的なリビング学習ができるようにしたいですね。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る