雨の日も自転車に乗りたい!雨ふりでも走りやすいおすすめレインコート

雨の日も自転車に乗りたい!雨ふりでも走りやすいおすすめレインコート
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

毎日の通園の送り迎え、自転車ならギリギリ間に合う…ということもありますね。自転車の片手運転は禁止されているので雨の日に役に立つのはレインコート。

乗っている間バタつかない、こぎやすいなど自転車に合わせた仕様のママ向けレインコートと、レインコート選びに役立つ素材や加工について紹介します。

毎日の通園が雨の日でも楽しくなるレインコートが選べるといいですね!

「こぎやすい」をサポートするサイクルレインコートと価格帯

雨の日に通常のレインコートで自転車に乗って脚がびしょぬれになってしまった経験はありませんか?

自転車は雨を正面から受け、風を切って走るので歩くときとは別のレインコートがおすすめです。

通常レインコートは傘と併用で使うことなどもを考えて軽くて薄いものが多い中、自転車に特化したものは生地が厚く丈夫で値段が高めなものが多いのが特徴です。

防水性能が高くなるにつれ価格は4000円代から10,000円代にもなるのでいきなり買うには高い!と感じるかもしれません。

でも自転車に乗って両手を使いながらも雨を防ぐ工夫が凝らされています。毎日乗る人には一考の価値があり自転車のヘビーユーザーにはおすすめです。

雨風を受けても集中できる自転車の王道上下セパレートタイプ

自転車を「こぐ」という点で一番の形は上着とズボンに分かれているタイプです。足が動かしやすく、足が隙間なくカバーされています。

そのため雨に気を取られることなく走ることができます。このタイプのメリットは

  • 風でヒラヒラすることがない
  • 上下で分かれているのでこぎやすい

デメリットとして考えられるのは

  • 脱ぎ着に時間がかかる
  • 素材が頑丈な分重くて持ち運びにはかさばる
価格は素材や性能により安いものだと3000円程度のものもありますが、平均1万円ほどのものが多いようです。

オーソドックスなロングコート型

一枚をぱっと羽織ればよく、着脱のしやすさが抜群のロングコート。丈が長いので長靴とセットで使えば脚も濡れにくい形です。

最近は自転車がこぎやすくなるように裾に使わないときは収納可能なマチがついて広がりやすくなっているものもあります。

また、裾の前後にボタンがついていて脚を包むように留められ、裾のばたつきを抑えたりするものもあります。

メリットは

  • 脱ぎ着がしやすい
  • 畳みやすく持ち運びが楽なものが多い

デメリットは

  • ロングコートなので車輪への巻き込みに気を付けないといけない
  • ボタンがぴっちり閉まるのでこぎにくい
  • 脚はやっぱり濡れてしまうこともある
価格は素材や性能にもよりますが4000円や5000円代のものが多いようです。

固定できて風の影響を受けにくいサイクルポンチョ

サイクルポンチョはさまざまな種類が出ています。ポンチョなのでリュックを背負うときなども楽々。

風によるバタつきや車輪への巻き込みも心配されますが、自転車に特化したポンチョは前かごに固定できるようになっているものもあります。

前かごから背中までを屋根のようにカバーするので脚も手も濡れにくい設計です。一枚をすっぽり被ればいいので着やすさも抜群です。

ポンチョタイプのメリットは

  • 自転車のほぼ全体がカバーされる
  • バタつきにくい設計のものはこぎやすい
  • リュックもしょえるし、前かごがカバーされるタイプは安心してかごに入れられる

デメリットは

  • 手元が見えない
  • 自転車用のものはしっかりした生地が多いため重くて大きいことも
  • 風で広がることはあるので注意も必要
  • 前かごに雨がたまり、足元はぬれてしまうことも多い
手ごろな価格のものは1000円台から、素材や性能により5000円程度までのものが多いようです。

通園はルンルンでしたい!雨の日も楽しみになるレインコート

雨の日は通園準備にも時間がかかり、心理的に出かけるのがちょっと面倒になりがちですね!

お気に入りのレインコートがあればそんな日もルンルンで出かけられるかもしれません。

おそろいはそれだけでちょっと着るのが楽しみになるもの。親子でおそろいだけでなく、パパ、ママ、お子さんでおそろいなどのものもあります。

自分の気に入るレインコートを探してみましょう。

子どもとおそろいのレインコートchally pon pon

自転車用でおそろいを探すならchally pon pon がおすすめです。自転車用ポンチョでレディースとメンズのおそろいも、同じくキッズ用でおそろいも探せます。

色違いで柄が同じなのもかわいいですね!キッズ用は自転車仕様ではないので普通のポンチョです。

柄は子どもウケする動物柄などではなく大人好みのスタイリッシュなものが多く、とてもおしゃれな色と柄の組み合わせです。

前かごに取り付けられるポンチョケースもついていて、自転車のお出かけ時にいつでも一緒に携帯できます。

自転車用ではないけどかわいい300円ショップ3coins のレインウエア

自転車用ではありませんが、300円ショップの3coins でも親子でおそろいが探せます。

ポンチョは透明や白の素材に大人も子どももかわいく着こなせる柄のものが多いです。

歩きのお出かけでおそろいで着られるととってもウキウキしそうですね!定期的に新しいデザインが出ています。

小雨なら問題ありませんが、大雨仕様ではなさそうなので傘を併用したほうがいいでしょう。

雨の日も楽しい!かわいいデザインのレインコート

絶対に濡れたくない!!という強い希望ではなく、通園程度の短い距離がしのげればOKであれば、かわいいレインウエアがたくさん探せます。

中でもおすすめのかわいいデザインのレインウエアを紹介します。

ロングモモンガポンチョ

自転車用レインポンチョです。身ごろ部分がモノトーン(1色)、裾の部分が同じ色が基調になった模様で構成されています。

模様がないことの多いフードにも裾とおそろいの模様が入っていて普通のお洋服のようにおしゃれです。

袖は捲れないように指に固定できるよう自転車用ならではの工夫がされています。

Chou chou poche (シュシュポッシュ)のレインポンチョ

こちらのレインコートは自転車用に裾に絞りがついて、めくれ上がらないように自転車をこぐ人向けの工夫がされています。

フードは大きめ、透明つばがついて視界を良くしているのも雨の日向けでポイントが高いです。そしてい潔いが多く雨でなくても着たいと思わせるデザインです。

子ども用もあるのでおそろいも探せますよ!ご紹介した2つのポンチョは両方4000円台です。

触ると自分好みか分かる?!生地と加工について

実際にお店に見に行ったときにはぜひ生地を触ってみましょう。生地の触るとその生地の目の粗さや詰まっている感じがよくわかります。

裏に加工がされているなども直接見られるので、雨がどの程度染みそうか、蒸れてきやすいかどうかがなんとなく想像がつきます。

レインコートの2大素材、ナイロンとポリエステル

レインコートの素材はいろいろあるのですが、柄がついていたりカラフルだったりしてとにかく種類が多いのはナイロンとポリエステルです。

両方とも合成繊維で共通して「しわになりにくい」という性質を持ちます。

ナイロン ポリエステル
特徴 軽くて破れにくい すぐ乾く
デメリット 放置すると黄ばみやすい 蒸れやすい
各種比較 水を吸い蒸れにくい 水を吸いにくく性能も変わりにくい

             
レインウエアの重さは表や裏の加工で重量が変ってきます。重さを比較したい場合は買いたいレインウエアが何グラムなのかをそれぞれに調べるほうがいいでしょう。

レインウエアについてはナイロンとポリエステルではほとんど素材における性能の違いはありません。

好きなデザインであるかと、求める加工がされているか、若干違う触り心地などで選ぶといいですね!

撥水でOKな場合もあれば防水が必要な場合も

レインコートのほとんどには「はっ水」加工がされています。撥水は水をはじくの意味です。

撥水加工は雨が当たっても雨水が丸まって染みにくくなっています。使い終わったらすぐふいたり、水を払ったりしないと撥水性能は落ちていきます。

水を通すなら空気も通すので通気性があり蒸れにくい加工です。

防水にすると生地の裏や表をコーティングするため、水も通さない上に空気も通さず通気性が悪くなり蒸れやすくなります。

▶撥水
水をはじくだけ
▶防水
水分をシャットアウトする

という意味で覚えると使う用途によって選びやすくなります。

部分加工も見逃せない!ポリウレタン加工とシームテープ加工

レインウエアはその加工によって値段と重さと性能が違ってきます。雨の中でも、快適に自転車に乗ろうと思ったら、雨を通さないか防水性能を見る必要があります。

表や裏の防水加工と隙間が出やすい細部の加工にも注目してみましょう。

普段使うレインウエアの防水コーティングはポリウレタン加工が多いようです。湿気を通す性質もあり軽くて柔らかい加工です。

シームテープ加工

レインウエアはなるべく雨を防ぎたい目的上、縫い目からの水の侵入を防ぐことも重要です。

シームテープは裏からテープを貼って縫い目からの雨の侵入を防ぎます。シームテープ加工がしてあるとより防水性が高いという目安になります。

チャック部分や襟や腕と身ごろの境目に施してあることが多いです。

頑丈で防水性は抜群!アウトドア用加工

雨の登山やキャンプなどに使うレインウエアは防水性が抜群です。ゴアテックスなどの特殊素材の名前を聞いたことはありませんか?

普段使いにするには高性能すぎる…!という気もしますが、雨に打たれての自転車通園、全く濡れずにいけるのもいいものですよ。

例えばアウトドア用品を扱うmont-bell(モンベル)からはハイドロブリーズという防水性が高いのに水蒸気も逃す蒸れにくいびっくりな素材でレインウエアを展開。

嵐の中でも大丈夫という防水性なので濡れる心配も蒸れる心配もありません。

値段は1万円台と高くなりますが、風を切って雨の中を走ることを考えると自転車通園にも向いています。

通園で短距離とはいえ、濡れる心配をしたくないし着心地も追及したいという場合はアウトドアブランドを探してみるといいものが見つかるかもしれません。

通常レインウエアはヒラヒラしているので寒さを感じる場合もありますが、アウトドア用は上下セパレートがほとんど。

防水性が高い分防寒にもなるので、特に寒い時期で雨が降った場合自転車通園にはおすすめです。

自転車ではフードも須所も絞りが重要!レインコートの細部に注目

自転車に乗るときは「こぐ」以外のことに気を取られないことが大切です。特に子どもを後ろに乗せている場合はなるべく集中してこぎたいのですよね。

前かごに入れた荷物ががたがた揺れて落ちそうだとか、細部の心配に気を取られて運転に支障がでないことが大切になります

レインコートも同じでヒラヒラするとか、車輪にひっかかりそうだ、フードが風で取れそう…などの細かい心配がないに越したことはありません。

買ってから「しまった!」と思う前にレインコートの細かいところも自転車向きかどうか見てみましょう。

顔だって濡れたくない!つば付き帽子や雨除けバイザーが顔をサポート

自転車をこぐと風に吹かれてフードがとても取れやすくなります。取れたフードを気にしてまたかぶったりすると一時的に片手運転になり大変危険です。

かといって取れたまま疾走すると頭も顔もビッショビショ。こいでいるときは見た目は二の次です。

濡れない、気にならないことを重視してフードに絞りがついているもの、フードが大きく雨に濡れない、端っこが透明で前方が見やすいものを探すと安心して走れます。

一番のおすすめ雨除けバイザーとの併用です。雨除けバイザーをかぶってフードを絞るとフードが外れる心配も顔が濡れることも少なくなります。

つば付きのレインキャップでもいいですね。ちなみに雨除けバイザーは100均でも手に入ります。

袖も絞ってヒラヒラと雨の侵入をシャットアウト

また袖がヒラヒラしていると雨が入り込みやすくなり、走っている最中に袖口が気になってしまいます。

絞りがついているか、テープで手首周りにぴっちり固定できるものがおすすめです。

自転車でないときはぴっちり隙間をふさがなくても気にならないので、固定したり外せたりするものが使いやすいですね。

百聞は一見にしかず!ネットで買う前に自転車屋さんへGO

ネットショッピングは便利ですが、実際の大きさや触り心地は実際に見るのに勝ることはありません。

時間があれば実際に見てみてからネットで購入するのをおすすめします。特に自転車用のレインポンチョは思ったよりも大きく、思ったよりも頑丈なことが多いです。

実際に羽織って重さや顔写りの確認ができるのも実店舗ならではです。試着はできればしてからのほうが心から納得して使うことができるかもしれません。

自転車用のレインウエアが見つけやすい場所

レインコートは100円均にもあるけれど、自転車用のとなるとどこに…?と思う方もいるかもしれません。どんなところで見つけやすいかをご紹介します。

  • サイクル専門店
  • アウトドア用品店
  • olympic など生活用品も扱うスーパー
  • ホームセンター

大きなサイクル専門店はさすがの品ぞろえで、レインウエア以外にもちょっとほしいと思っていたような自転車用レイン小物も充実しています。

買ったら長く使いたい!自分でやる?プロに頼む?撥水再加工

防水加工もシームテープ加工も長く使ううちにはがれてきたり少しずつ性能が落ちていくものですが、中でも一番取れやすいのは撥水加工です。

何回か使っているうちに雨が染みてきてしまうことはよくあります。撥水加工のレインコートには大抵注意書きがあります。

「着用や洗濯で徐々に撥水効果がなくなります、再加工をおすすめします」という旨です。

どうやって再加工すればいいのかと思いますが、実は撥水加工はクリーニング店で受け付けてくれます。

レインウエアの素材によってクリーニングがかけられて、オプションで撥水加工を依頼するか、撥水加工単独で受け付けてくれるかはクリーニング店により違います。

加工料金もお店によりますが、通常大人用だと800円~1500円程度が多いようです。自分で再加工する場合はスプレーがお手軽です。

ただスプレーは1000円から5000円くらいまでと値段の幅が広く、自分で均一に吹きかけるのも大変なのでプロにお任せしてしまうのも一案です。

保管状態に気を付けて手入れは定期的に

雨の日しか使わないレインコート、着ないときにはどのように保管しておけばいいのでしょうか。

  1. 使用後はすぐにレインコートについた水滴を払い落とす、ふき取るなどして水がついていない状態にする
  2. いやな臭いやカビの発生を防ぐべく専用ポーチにはに入れずにハンガーにつるして陰干し。
  3. しっかり全体を乾かして湿気が少なく風通しがいい場所へ保管
  4. 水が染みると感じたら定期的に再加工

直射日光に当たると生地が傷みますし、湿気の多いところだとカビが生えてしまいます。レインコートも普通のお洋服と同じように保管に気を付けましょう。

正しく加工、保管をして気に入ったレインウエアを長く使えるようにしたいですね!

片手運転は罰則対象です

自転車は自動車と同じ車両の一種として道路交通法で規制がされています。基本的な自転車の交通ルールは

  • 車道では左側を走る
  • 歩道では歩行者が優先
  • 2人以上の横並び運転は厳禁
  • 車道の逆走も厳禁
  • 片手運転は禁止など

2015年6月からは特に自転車の取り締まりが厳しくなりました。

一時不停止や酔っ払い運転、安全運転義務違反などを3年のうち2回以上した場合自転車運転者講習を3カ月以内に受講しなければいけません(有料)。これに従わない場合は5万円以下の罰金となります。

事故亡くなる人の7割が路地から大通りに出る際の出会い頭事故だと言われています。一時停止をしない、信号無視などの安全確認を怠る人が多いということです。

事故のときどんな目的で走っていたかの順位は

  1. 買い物
  2. 訪問 
  3. 通勤

 
と続きます。買い物は何を買おうか、いくらで買おうかなど自転車を運転中にも色々と考えてしまうことで運転への集中力が途切れてしまいます。

頭が走ることから離れて、見るものを見ていない結果事故が起こりやすいとも言えます。

雨の日の運転はまず一番に晴れの日よりも路面状態が悪く走りにくいという条件です。

そのうえ傘をさして片手になったり、雨に濡れたくないなどと走ること以外に注意が行ってしまうと事故が起きやすく大変危険です。

両手を使えるレインコートでブレーキをしっかりにぎり、舗装や段差や溝に車輪がはまらないように注意して走りましょう。

雨の日に自転車に乗るときにはいつも以上に安全運転を心がけられるお気に入りのレインウエアで走行してくださいね!

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る