話題の子供向けプログラミング教室。人気の理由とおすすめの教室

話題の子供向けプログラミング教室。人気の理由とおすすめの教室
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

皆さんはお子さんに「プログラミング」について説明ができるほど理解できていますか?おそらく「“プログラミング”という言葉を聞いたことはあるけれど、それがどのようなものなのかを説明できる自信はちょっと…」という保護者が多いかと思います。しかし2020年からはプログラミング教育が必修化されます。

「“プログラミング”をいきなり学ばせて、苦手意識を持たれてしまったらどうしよう…」「もし子どもに“プログラミング”について聞かれても、教えられる自信がない」というママやパパ、必見です!実はその不安、簡単に解消できます。と言うのが、今幼児向けの通学業界ではプログラミング学習が最も熱く、その教室が次々と開講しているから。

「でもうちのように都市部に住んでいない家庭には、プログラミング教室なんて縁のない話でしょ?」とおっしゃるママやパパ、とんでもないです!と言いますのが、プログラミング教室は、通学だけではなく通信教育でも始まっているから。つまり、日本全国どこに住んでいてもプログラミングを学ぶことは可能なのです。

ここでは幼児向けプログラミング通学教室と通信教育を紹介します。またプログラミング教育にあまりお金をかけたくない保護者のために、自宅のタブレットやパソコンからできる幼児向けプログラミングサイトとその特徴も紹介します。

子どもプログラミング教室~通学編~

今幼児教育業界の間で 最も“熱視線”を集めていると言っても過言ではないのが、プログラミング教室。その一番の理由は、2020年よりプログラミング学習が小学校で必修化となるから。もしかすると既に皆さんのお宅にプログラミング教室の開講案内が、通学教室や通信講座を問わずいろいろ届いているのではないでしょうか。

一方特にママたちの間で、プログラミングの知識が豊富という方は、それほど多くはいらっしゃらないと思います。なぜならばママたちの世代は、大学や専門学校などでプログラミングの授業を取らない限り、それについて学んだ方はほとんどいない筈だから。

ただ兄弟が小学校に既に通っているママはご存じだと思いますが、小学校に通うようになると、保護者は宿題を見てあげなければなりません。そのとき例えばお子さんに「ママ、プログラミングについて教えて欲しいんだけど」と聞かれたら、自信をもって教えてあげることができますか?もしプログラミングについて何も教えてあげられないとなると、ママのメンツが丸つぶれですよね。

きっとこのような一般家庭の事情を踏まえて、幼児向けプログラミング教室は昨今の開講ラッシュを迎えているのではないでしょうか。ここではまず、プログラミングとは何かということを簡単にお伝えします。併せて幼児向け通学制プログラミング教室をいくつかご紹介します。

今さら聞けない「プログラミング」について

「プログラミング」という言葉は、多かれ少なかれたいていの方は聞いたことがあると思います。その一方で誰もが「プログラミングとは何か」を聞く人が聞けば理解できるほど説明できるということはないでしょう。なぜならば「プログラミング」という言葉は近年市民権を得てきたけれど、プログラミングを理解した上で、日常生活の中でプログラミングを利用している方はほとんどいないと思われるから。

まずこの「プログラミング」を一言で説明すると「コンピューターに理解できるように、人間が“コンピューター語”で指示を出すこと」になります。

コンピューターは非常に賢いです。しかし人間の言語を理解することはできません。ただコンピューターに対して人間がコンピューターの言語で指示を出すと、本領を発揮して瞬時に正しく処理してくれます。

この「人間がコンピューターにコンピューター語で指示を出す」プログラミング、実は海外の多くの学校では、すでに必修化が始まっています。それに対して日本も、ようやく海外の教育方針に追随しようとしているわけです。

通学のプログラミング教室をいくつかピックアップ

ここまでで「プログラミング」の概要は理解いただけたと思います。今2020年に向けて破竹の勢いで開講ラッシュを迎えている幼児向けプログラミング教室。では幼児向けのプログラミング教室は、何歳くらいから通学することが可能なのでしょうか。また授業内容はどのようなもので、その特徴としてどのようなことが挙げられるのでしょうか。

まず幼児向けプログラミングの募集受付開始年齢は、総合プログラミング教室『ノックノートエデュケーション』の「3~6歳向けコース:キップロ」の3歳からが一番早いようです。一方最も多い受付開始年齢は5歳でした。ではその授業はどのように進められているのでしょうか。

  • “レゴ”のブロックを使って授業を進めるパターン
  • まず幼児向けプログラミング教室の授業内容に関しては、三つのパターンに分けられます。まず一つめが、男の子には特におなじみの「“レゴ”のブロックを用いてプログラミング学習を進める」パターン。それに該当するのが、『キッズ・プログラミング』の「5~7歳対象コース:スクラッチ・ジュニア」や『プログラボ』の「年長~小学2年生対象:ビギナーコース」。

    その授業内容を簡単に説明すると、まず“レゴ”を使って車やヘリコプターなどを組み立てます。それらの乗り物を組み立てた後、パソコンでプログラミングを行ない、先ほどの製作した車やヘリコプターなどを動かすというものです。

  • オリジナルのキャラクターを使って授業を進めるパターン
  • 二つめが、「オリジナルのキャラクターを用いて授業を進める」パターン。『プログラミング教室 ぴこラボくん』の「幼児コース」は、オリジナルキャラクターのぴこラボくんを使って、パソコンの画面の中のものを移動させたりするというものです。

  • ブロックでロボットを組み立てて授業を進めるパターン
  • 3つめが、「ブロックでロボットを組み立ててプログラミング学習を進める」パターン。それに該当するのが「りたりこワンダー」の「年長~小学3年生対象:ロボットクリエイトコース」や「ヒューマンアカデミーロボット教室」の「5~6歳対象:プライマリーコース」。組み立てたロボットをパソコンでプログラミングして動かします。

以上より幼児向けプログラミング教室には、「乗り物やロボットを組み立ててプログラミングすることで動かす」タイプのところと、「オリジナルキャラクターを使ってプログラミングすることで、パソコンの画面の中のものを動かす」タイプがあるといえます。

ただどのタイプの幼児向けプログラミング教室にも共通していることは、あくまでも“幼児向け”なので授業内容が「プログラミングをしっかり学ぶ」というよりは「“プログラミングの考え方”の基礎を楽しく学ぶ」というものであるということだと思います。

「じゃあ、その3つのタイプの幼児向けプログラミング教室の中で、うちの子に向いている教室はどれかしら?」と悩まれるママがいらっしゃるかもしれません。まず、“レゴ”が好きなお子さんと“ロボット”が好きなお子さんがいるママは、何も悩まれることはありませんよね?あと、“キャラクター”好きなお子さんも問題がないかと思います。

もしこれらのどれにも当てはまらないお子さんをお持ちのママ、大丈夫です!もしお子さんが手先が器用だったり、細かな作業が好きなタイプでしたら、“レゴ”を使う教室でも“ロボット”を作る教室のどちらでも楽しんで学んで貰えると思います。

ところで都市部に住んでいる家庭の場合、「どの教室に通おうか?」と幼児向けプログラミング教室を“選択する余地”があります。一方都市部に住んでいない家庭の場合、幼児向けプログラミング教室を“選ぶ余地”どころか「通学を諦める」ほうに思考が傾きがちだと思います。

しかし「通学は諦めたくない!」という保護者の皆さん、大丈夫です!『ヒューマンアカデミーロボット教室』ならば、全国200教室以上で開講しています。“開講教室が200以上”という開講数は、圧倒的ですよね。

子どもプログラミング教室〜通信教育編〜

『ヒューマンアカデミーロボット教室』は全国に200教室開講している、と紹介しました。開講教室数としては、非常に多いと思います。しかしこの開講数でも、全国の幼児に対してまんべんなくプログラミング学習の場を提供できることはないと思います。また今は幼児の習い事がブームとなっており、これ以上習い事を増やすことは無理だという家庭もあることでしょう。

以上のような環境の家庭におすすめなのが、通信教育。通信教育は保護者の指導力がより問われます。その一方で特にママもお子さんと一緒に学ぶことになるので、自然とプログラミングに対する知識が身につきます。では幼児向けプログラミングの通信教育の内容とは、どうなっているのでしょうか?

通信制プログラミング講座の内容

通信制プログラミング講座は、四つほどあります。しかしそのうちの二つは、「8歳から」と対象年齢を明記してあります。あと一つも「小学3年生以上のお子さまを推奨」しています。「じゃあ、幼児向け通信制プログラミング講座って存在しないの!?」という声が聞こえてきそうですが、そんなことはありません!一つだけ未就学児から学ぶことができる通信制プログラミング講座はあります。

それは『Z会プログラミング講座』。そちらには「対象学年以外でも受講可能」と明記されています。念のために「FAQ」でも確認したところ、「年長でも受講が可能かどうか」という質問がありました。読み進めると「保護者のサポートで小学生未満の子どもでも受講可能」と記載がありました。

そのテキストの事例を見てみると、小学1年生からの受講を想定しているので、カタカナにはルビはないですが、漢字にはルビがふられてあります。ですから、考え方にもよりますが、プログラミング学習を通じて、ひらがなとカタカナを自然に覚えられるようになるとも考えられるでしょう。

通信制プログラミング講座の良い点

通信制プログラミング講座の良い点の一番に挙げられるのはやはり「価格がリーズナブルであること」でしょう。たいていの通学制プログラミング教室の月謝は平均約1万円ほど。それに対して通信制プログラミング講座は、月額が通学型の約半額ほどの5000円ほど。ただ初回は基本セット料金が別途で約26000円ほど必要となります。ただ一点だけ気をつけていただきたいのが、受講の際iPadを使います。ですからもしiPadをお持ちでない方は、購入しなければなりません。

次に挙げられる良い点は、通信制プログラミング講座の教材は、他の通学型プログラミング教室でも用いられている「レゴ」を使って講座を進めていく点。つまりZ会の通信講座は「レゴ」を使って乗り物などを作り、それをiPadで動かすというカリキュラムになっています。

ですから『Z会プログラミング講座』は言うなれば、自宅で通学制プログラミング教室と同等の実践的なプログラミングが学べることになります。これは考え方にもよりますが、通学性の半分ほどの月謝で同じようなクオリティのことを学べるという見方ができます。非常に魅力的なことですよね。

通信制プログラミング講座の注意点

一方で注意点があることも事実。まず一つめは、「レゴ」の部品は見た目がかなり似ています。ですから注意深く乗り物などを作り進める必要があります。またそのパーツはかなり多いです。年齢が低ければ低いほど、作っている途中でパーツを無くす可能性が高いと思います。

一応パーツを無くしたときは事務局に問い合わせをするようにとの記載が「FAQ」にはあります。よって、万が一パーツを紛失しても、何らかの対応はとって貰えると思いますので、ご安心ください。

二つめの注意点は、保護者のサポートがかなり重要という点。例えば『Z会プログラミング講座』の子ども用テキストには、「保護者用ガイド」が付いています。それはワークブックの各ページに対応しているものですが、子ども用ワークブックの周囲を覆うように、説明がびっしりと書かれてあります。

お子さんも根気強くパーツを組立てる必要がありますが、保護者もそれ以上に根気よく説明をしっかりと読んで対応する必要があると思います。

例えば日常生活で家電にトラブルが発生したとき、説明書を読んで解決するタイプの方はその対応が可能だと思います。一方、説明書を読まないタイプの方には、もしかすると少しハードルが高いことかも知れません。

子どもプログラミング教室〜独学編〜

ここまでは通学制と通信制のプログラミング学習について紹介しました。しかし「子どもの向き不向きも分からないし、なによりも続くかどうかがわからないから、お金を掛けて学ばせる勇気が出ない」「プログラミングは習い事の中でもお金が掛かるほうだから、学ばせるのに躊躇してしまう」などの意見もあることでしょう。

ここではそのようなプログラミングを習いに行くことを悩んでいる家族のために、自宅でお金を掛けずに学ぶ独学のプログラミング学習について紹介します。もちろん「独学」と言っても最初は親子で学ぶ学習スタイルになります。また独学のプログラミング学習は、官民いずれのパターンもあります。ですから、ここでは両方ともお伝えします。

ただおそらく小学校のプログラミング学習で使用する際、多くの小学校が文部科学省が作成した『プログラミン』を授業で基本教材として使う可能性が高いと考えられます。そこで『プログラミン』の紹介をメインにして、親子で楽しめる独学のプログラミング学習をいろいろとお伝えします。

文科省の『プログラミン』について

既に簡単に紹介しましたが、『プログラミン』とは文部科学省が子ども向けに作ったプログラミングツールになります。ですからこのツールには、子どもが楽しめるような細工が盛りだくさん。では一体『プログラミン』は子どもに興味を持ってもらうためにどのような工夫をしているのでしょうか?そこでまずは『プログラミン』の魅力から紹介したいと思います。

  • 無料のオンラインツールであること
  • 何はともあれ、“無料”というのはありがたいですよね。おそらく(ほぼ間違いなく)『プログラミン』の画面を操作することができる時点で、インターネットに繋がっているはず。インターネットに繋がっていれば、大抵の場合『プログラミン』をすぐに使い始めることができます。

    これは当たり前のようで、学習を始めるにはとても大切なことです。例えば、「よし!勉強を始めよう」と思ったのに、「ソフトをインストールしてください」と出てきたらどうですか?大人でも出鼻を挫かれてプログラミングの勉強をやる気が削がれますよね?

    ましてや今どきの子どもなら、プログラミングの勉強を始めること自体が嫌になる可能性も否定できません。しかし『プログラミン』なら、スムーズにプログラミングを学ぶことができるので、プログラミング学習を始めるには良いスタートダッシュを切れると言えるでしょう。

  • 子どもが安心して楽しめる工夫がたくさん
  • まず『プログラミン』のトップページを見てください。『プログラミン』とカラフルな色で塗られた文字の下に、小さな文字で「スピーカーをオンにして楽しんでね」と書かれています。その通りパソコンのスピーカーをオンにしてみてください。すると効果音がします。ポップな感じのかわいい音なので、耳からもプログラミング学習を楽しむことができると思います。

    大人でもそうですから、子どもだと尚更のことでしょう。また画面に描かれているのは、図工で使う粘土板。ログインすると更に、セロハンテープや色鉛筆、ハサミなどが描かれている画面に進んでいきます。子どもにとっては普段から使っているものばかりなので、安心してプログラミング学習に取り組める工夫がされていると思います。

  • 子どもが一人でも学べるサイトになっている
  • 再び『プログラミング』のトップページの話になりますが、『プログラミン』の文字のすぐ下に「プログラムをつくる」というボタンがあります。そこをクリックしてニックネームを登録すると更に画面が進み、『プログラミン』の文字の下に「プログラムをつくる」「おてほんであそぶ」「使い方をおぼえる」という三つのボタンが出てきます。そこで「使い方をおぼえる」のボタンをクリックすれば、簡単なビデオで『プログラミン』の使い方を説明してくれます。仮に子どもが一人でも『プログラミン』でプログラミングを学ぶことが可能になっているわけです。

  • 可愛いイラストを選択して指示を出すことができる
  • プログラミングといえば、数字と記号の羅列を思い浮かべませんか?たとえ大人でもあの羅列を見るだけで疲れてしまい、勉強を始めるどころではなくなってしまいそうですよね。これが子どもとなると、下手をすればプログラミングに対して苦手意識を持ってしまう可能性が。このような事態だけは絶対に避けたいですよね。

    ところが『プログラミン』だと、全ての指示はキャラクターを選択して出します。このキャラクターが実にキュート!またそのキャラクターに付けられている名前もひねりがありつつかわいらしいのが特長。

    例えば左に動かしたいときは「ヒダリン」というキャラクターを選択します。またジャンプさせたいときは「ジャンピン」を選びます。しかもキャラクターたちは、目をパチパチさせたりして、まるで本当に生きているようです。これだと子どももワクワクしながら、プログラミングを学べること間違いなしですね。

『プログラミン』で使いづらいと感じた点

楽しく、可愛らしく、分かりやすい「プログラミン」。使ってみてもそれほど使いにくさを感じることはないのですが、敢えて問題点を挙げれば、指示が下から上に積み重ねられる点でしょうか。

おそらくプログラミングサイトでプログラムをされたことがある方ならご理解いただけると思いますが、通常、プログラミングの指示の表示は上から下に進んでいきます。ですからその一般的な表示で慣れている場合、『プログラミン』の表示の仕方に慣れるまでは違和感を感じずにはいられないのではないでしょうか。

民間の独学プログラミング学習でおすすめのサイトは?

ここまでは文部科学省のプログラミングサイト『プログラミン』について丁寧に紹介しました。一方民間企業が制作した幼児向けプログラミングサイトはどのようなものでしょうか?ここでは幼児向けサイトの中でも、比較的簡単で楽しいサイトを二つ紹介します。

『Scratch Jr(スクラッチジュニア)』は未就学児向けのプログラミングアプリ

日本の小学生以上の子どもを対象にしたの通学制のプログラミング教室では、マサチューセッツ工科大学のメディアラボが開発した『Scratch(スクラッチ。以下カタカナ表記は省略します)』が多く用いられています。この『Scratch』の未就学児向けのプログラミングアプリが、『Scratch Jr(スクラッチジュニア。以下カタカナ表記は省略します)』。『Scratch』は無料のサイトで日本語対応していますが、『Scratch Jr』も同様のサービスがされています。ただし『Scratch Jr』はiPadかiPadミニ、もしくはAndroidのタブレットのみで利用が可能となっています。

ところで「無料」で「日本語対応」しているのは当たり前のように感じている方がいらっしゃるかもしれません。しかし「無料」も「日本語対応」もすぐに勉強を始めようというモチベーションを保つためには、非常に重要な要素。例えば、英語が苦手な人にとっては「英語対応のみ」と聞くだけで、身構えてしまうことも。その結果、プログラミングの勉強を始める以前にプログラミングの学習どころではなくなってしまう可能性も。また独学でプログラミングを学ぼうとする人にとって「有料か無料か」ということは、非常に大きな判断材料になります。

ですから「無料」で「日本語対応」している『Scratch Jr』は、独学で始めるにはうってつけのサイトだと言えるのです。ところでこの未就学児を対象とした『Scratch Jr』は、全世界に利用者がいます。ではなぜ『Scratch Jr』は日本のみならず、世界中の未就学児及びその保護者から支持されているのでしょうか。その理由を紹介する前に『Scratch Jr』の特徴をお伝えします。

  • 指一本で操作が可能
  • 未就学児向けのプログラミングサイトですから、とにかくシンプル。指1本でプログラミング用の図形ブロックをタッチ。それらを組み合わせることで、キャラクターを飛ばせたり跳ねたりさせることができます。また背景を選ぶことができるので、例えば海辺にいたキャラクターを海の中の世界に瞬間移動させることも可能。親子でオリジナルの物語を作ることが可能なので、楽しめること間違いなしです。

  • イラストがかわいい
  • 『Scratch』でおなじみのオレンジ色のネコは『Scratch Jr』でも大活躍!このネコはもちろんかわいいのですが、他のキャラクターもいずれも劣らずキュート。長年世界中で愛されているアニメやゲームのキャラクターにも共通していることですが、特にお子さんの場合、キャラクターのかわいらしさは学習を継続していくうえでとても重要なポイントです。おそらく『Scratch Jr』が世界各国の子どもたちに愛されている一番の理由はここにあるのではないかと思います。

  • 音声も色も撮った写真までも自由自在!?
  • 『Scratch Jr』は自分の声を録音して、プログラミングに組み込むことが可能。またキャラクターのオレンジ色のネコの色を変えることもできます。あと撮影した写真を『Scratch Jr』に取り込むこともできます。

    おそらく多くの子どもは、自分が写っている写真や自分の声がサイトから見えたり聞こえたりすると、かなり感動すると思います。きっとプログラミング学習への意欲も高まること間違いなしです。

『ビスケット(Viscuit)』も未就学児向けのプログラミングサイトとしておすすめ

次に紹介する『ビスケット(Viscuit.以下アルファベット表記は略します)』も対象年齢が4歳からで未就学児を対象としたプログラミングサイトになります。もちろんこちらのサイトも無料。ただ『Scratch Jr』とは異なり、パソコンからの利用が可能となっています。

また『ビスケット』は、原田康徳博士が開発したプログラミング言語になります。ですから、サイトはすべて日本語対応。むしろ日本生まれの『ビスケット』が世界中の言語に対応している感じです。なんだか日本製のプログラミングサイトというだけでも親近感がわいてきますよね。ではこちらのサイトをおすすめする理由をお伝えしたいと思います。

  • 自分で描いた「絵」を用いて、プログラムを作ることができる
  • 絵を描く画面まで進めたら、まるでいつもの鉛筆や色鉛筆を用いるような感覚でイラストが描けます。もちろん線の太さや色は選べます。

    他のサイトのようなもともとあるかわいいキャラクターを用いて物語を作るのも楽しいですが、やはり自分で描いた絵が動くことの感動の大きさは、特に子どもにとってはかり知れないと思います。そしてこの「自分の描いた絵をプログラミングする」というのが、「ビスケット」の最大の特徴でしょう。

  • 『ビスケット』の「メガネ」ってなに?
  • もちろん誰もが知っている「眼鏡」ではありません。『ビスケット』の「メガネ」とは、プログラムの単位のこと。例えば魚の絵を描いたとします。その魚を移動させるために使うのが「メガネ」になります。「メガネ」一つひとつは、単純な動作しかできません。そこに「メガネ」を追加していくことで、より複雑な動作をプログラムすることができるわけです。この「メガネ」も、『ビスケット』の大きな特徴の一つです。

『ビスケット』の考え方の基本は、「シンプルなものを組み合わせることで、複雑なものを作ることができる」ということ。子どもの頃、ノートの右下端に例えば人が走る絵を描いて「パラパラ漫画」を作った経験はありませんか?その経験がある方ならばノートをパラパラすると動く絵に、その絵を描いた本人自身が感動したと思います。

『ビスケット』は言わばその「パラパラ漫画」のパソコンバージョン。しかももっと複雑な動きはもちろん、物語まで作ることができるのです。子どもたちが『ビスケット』に熱中するのも当然のことでしょう。

大切なことは親子で楽しめること

プログラミングは簡単なものではありません。まずは苦手意識を持たず、学習内容を身につけるためにも、親子で楽しみましょう。これまでご紹介した学習方法はいずれも、楽しみながら学ぶことをモットーにしています。まずはママがプログラミング学習を楽しんでください。と言いますか、きっと楽しめるはずです。

なぜならば、自分の描いた絵が画面上で動くことに感動を覚えることに、大人も子どもも関係ないから。すると大好きなママが面白そうにしている様子に、興味を持たない子どもはいません。やがて子ども自身が楽しみ、レベルアップしていきます。

親子で楽しみながら学べることは、正直なところ、結構あると思います。ただ親自身も一から学べる習い事は、さほどありません。プログラミングが数少ない親自身も一から学べる習い事。せっかくの機会ですから、親子ながらプログラミング学習ではライバルという緊張感を持って、切磋琢磨しながら楽しくプログラミングを身につけましょう!

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る