妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?判断基準やリスクを確認しよう

妊娠初期に飛行機に乗っても大丈夫?判断基準やリスクを確認しよう
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

妊娠は、いつするかわからないものです。そのため、妊娠が分かる前に旅行を計画していた、遠方にある実家に帰省する予定にしていたなどの理由で、妊娠初期に飛行機に乗りたいと思うこともあることでしょう。

とはいえ、妊娠初期は体調が不安定になりやすい時期でもあるので、お腹の赤ちゃんに悪影響があるのではないかと不安になりますよね。

それでは実際どうなのかというと、妊娠初期でも状況によっては飛行機に乗ることが可能です。ですが、場合によっては乗らない方がいいこともありますし、また飛行機に乗ることにはリスクがあることも確かです。

そこで、妊娠初期に飛行機に乗ってもいいか判断するための基準や、飛行機に乗ることにはどのようなリスクがあるのかを確認しましょう。

こんな症状があったら飛行機には乗れない!判断基準を確認

まずは、飛行機に乗れるかどうかを判断する基準として、こんなことがあると飛行機には乗れないという症状についてご紹介します。

子宮外妊娠などの診断をされている場合

飛行機に乗りたいと思っても、以下のような診断をされている人は飛行機に乗ることはできません。

  • 子宮外妊娠
  • 習慣性流産
  • 前置胎盤
  • 子宮頚管無力症
  • 妊娠中毒症
  • 貧血
  • 血栓性静脈炎が繰り返し起きる

飛行機は空を飛ぶ乗り物なので、気圧が地上に比べると低かったり、離着陸する時に負荷がかかったりなど、体にストレスがかかりやすいという特徴があります。

とはいえ、そのストレスは一般的に飛行機に乗る分には問題にならない程度だと言われていて、それは妊婦さんの場合でも同じです。不安視されがちな紫外線の量についても、微量なので心配することはありません。

ですが、体調に不安がある上記のような診断を受けている妊婦さんの場合はストレスの影響を強く受けてしまう可能性があるため、飛行機に乗らない方がいいと言われています。

流産兆候が見られる場合

以下のような流産の兆候が見られる場合も、飛行機に乗るのはお勧めできません。

  • 性器出血がある
  • 茶褐色のおりものがある
  • 下腹部に痛みがある
  • お腹が張りやすい
  • 切迫流産と言われている
妊娠初期に飛行機に乗ることが流産の危険性を高めることを証明するデータは、現在のところありません。ですが、妊娠初期はもともと自然流産が起こりやすい時期です。となると、旅行先で急に流産の兆候が見られることもあるわけですね。それが飛行機の中で起こった場合、対処がかなり難しいことが予想されます。

飛行機を降りていたとしても、急遽出先で病院を探す必要が出てきます。もちろん、国内でもバタバタしてしまいますが、これが海外となるとかなり大変ですよね。

それを考えると、もともと流産兆候がある人の場合、飛行機には乗らない方が安心できるということです。

つわりが酷い場合

つわりが酷い人の場合、飛行機に乗ることで乗り物酔いを起こすこともありますし、また飛行機に乗っていない時でも吐き気がしたり吐いたりする妊婦さんもいらっしゃいますので、飛行機に乗っていることで余計に辛く感じられる可能性が高いと言えます。

せっかくの旅行がつわりのせいで辛いとなると楽しめないことも含めて、つわりが酷い時は飛行機に乗ることは避けましょう。

予防接種が求められる国に旅行したい場合

これは海外旅行に行く予定の人に関係がある話で、さらに飛行機に乗ることとは別問題でもありますが、旅行に関係することなので合わせてご紹介させてもらいます。

海外旅行に行く場合、渡航先によっては予防接種を受けることが求められる場合があります。

妊婦さんの場合、生ワクチンの予防接種を受けることは原則としてできませんので、そういった国を旅行することは避ける必要があります。

自己判断での搭乗は避けてかかりつけの医師に相談を

妊娠期間全体を通して積極的に飛行機に乗ってもいいとは言えないということは、多くの産婦人科医院で指摘されています。

そして、これも医師によって意見が分かれるところではあるのですが、飛行機に乗るのであれば妊娠12週を過ぎてからの方が向いているという意見や、妊娠16週を過ぎてからの方が望ましいとする意見などが見受けられます。

ということは、いずれにしても妊娠初期が飛行機に乗ることに適しているとは言い難い面があることは確かです。そのため、妊娠初期に飛行機に乗ることを検討している人は、かかりつけの産科医に相談をするようにしましょう。

その際、体調などの状況によって飛行機に乗ることを留められることもあるかもしれませんが、そうなった時にはおなかの赤ちゃんのためにも控えるようにしたいところです。

ちなみに、臨月になるといつ出産があるかわからないので、飛行機に乗ることは避けましょう。どうしても必要があってその時期に飛行機に乗るためには医師の診断書や同意書などが必要となることもありますし、さらに出産が近ければ産科医が同伴することが求められる場合もあります。

妊娠初期に飛行機に乗ることにはリスクがある!理解した上で決めよう

妊娠初期に飛行機に乗ることには、いくつかのリスクがあります。では、どのようなリスクが考えられるのか、確認しましょう。

妊娠初期は乗り物酔いで吐き気が強くなる可能性があります

妊娠初期は、つわりが起こる時期です。

先ほどもお話したように、つわりが酷い妊婦さんは飛行機に乗ること自体がお勧めできませんが、つわりが比較的軽い妊婦さんでもこの時期には飛行機に乗った時に乗り物酔いしやすくなっています。また、においに敏感な時期でもあるので、飛行機内のにおいが気にあることもあります。

すると、吐き気が強くなる可能性がありますので、その点は知っておきたいところです。

乗り物酔いによる吐き気を軽減するために酔い止めの薬を飲みたいと思う場合もあるかもしれませんが、自己判断で薬を服用するのではなく、これに関してもかかりつけの医師の指示を仰ぎましょう。

風疹やインフルエンザなどのウイルスに感染することも

飛行機内の空気は空調システムによって管理されていて、温度はほぼ一定に保たれています。ただし、加湿はしていないので乾燥した状態であると言われています。

また、機内の空気は50%程度が再循環しているそうですが、フィルターを通して多くの細菌が除去されるので空気の質はいいと言えます。

ですが、細菌よりも小さいウイルスである風疹のウイルスやインフルエンザウイルスなどは除去が十分にできないため、これらのウイルスを持っている人が搭乗しているとその影響を受けてしまう可能性があることは否定できません。

風疹の予防接種を妊娠するまでに2回受けている妊婦さんの場合は大丈夫ですが、風疹の免疫を持っていない妊婦さんが風疹にかかると、赤ちゃんもウイルスに感染することで以下のような先天性風疹症候群と呼ばれる症状が出ることがあります。

  • 心疾患
  • 白内障
  • 難聴
  • 精神の発達の遅れ
  • 体の発達の遅れ

妊娠初期に妊婦さんが風疹にかかると、先天性風疹症候群が起こる可能性が高いと言われています。

そのため、風疹の予防接種を受けたり子どもの頃に風疹にかかったりした記憶が無い方は、注意したいところです。

エコノミークラス症候群や気圧の低下にも注意が必要です

飛行機の中では長時間じっとしていることが多いので、エコノミークラス症候群と呼ばれる症状が起きやすくなります。これは、座って足を動かさないでいる間に静脈に血栓ができ、立ったり歩いたりした時に血栓が肺に飛んで肺塞栓を起こすというものです。

これは誰にでも起こる可能性があるものではありますが、妊婦さんは通常よりも血液が固まりやすい状態になっていると言いますので、特に注意したいですね。

血栓ができるまでには4時間程度かかると考えられていますので、国内便などの短時間の搭乗であればそれほど心配することはありませんが、長時間飛行機に乗る時には意識したいところです。

また、機内では気圧が低くなっていますが、その影響で腸管内にあるガスが膨張し、それが腹痛を起こしたりお腹が張る感じがしたりと体に悪影響を与えることもあります。妊婦さんの場合は、それが子宮の収縮につながることもあります。

飛行機内では何かあっても十分な処置ができない可能性が高い!

飛行機内で何らかの不調が起きた場合、ある程度の対応は客室乗務員さんが行ってくれますが、客室乗務員さんは医療従事者ではありませんし、また必要な医療機器が揃っているわけでもありませんので、十分な処置ができない可能性はとても高いと言えます。

偶然医療従事者が乗っていれば、場合によっては助けを得ることもできるかもしれませんが、それでも機材などの関係でできることは限られています。

そうなると、妊婦さん自身としてもちょっと不安に思うところはありそうです。

さらに、機内での対応が難しく緊急の処置が必要となれば、飛行機が最寄りの空港に向かわなければならなくなることもあります。つまり、場合によっては自分ことだけでは済まない可能性もあるわけですね。

万が一の時には、他の乗客にまで影響を与えてしまうリスクがあることも知っておきたいところです。

妊婦さんが飛行機に乗る際に気をつけたいことをチェックしよう

体調面やリスクに関しては理解していても、以前から予定していた旅行があるなど様々な理由で妊娠初期に飛行機に乗らなければいけないことがあるかもしれません。

そんな時に気をつけたいことについて、チェックしましょう。

飛行機の中で起こる可能性があるトラブルを減らすための対策

まずは、飛行機の中で起こる可能性があるトラブルを減らすために、以下のような対策をしましょう。

  • ゆったりした服を着る
  • 飛行機に乗る前や搭乗中に炭酸飲料を飲まない
  • 1時間に1回程度は歩いたり足を動かしたりする
  • 水分をしっかり摂る
  • 利尿作用のある飲み物を飲まない

体が締め付けられていると吐き気を感じた時に辛いですし、また気圧の影響で腸管内にあるガスが膨張した場合もお腹が締め付けられた感じがしやすくなってしまいます。そこで、ゆったりした服を着ることをお勧めします。また、炭酸飲料を飲むとガスがたまりやすいので、避けるようにしましょう。

エコノミークラス症候群は、座ったままでいる時間が長いほど起きやすくなりますので、1時間に1回を目安にトイレに立つ、座ったままでいる時も足を時々動かすなどして、血栓ができるのを予防しましょう。

水分が不足するとエコノミークラス症候群になりやすくなりますので、水分をしっかり摂ることも大切ですし、逆に利尿作用があるコーヒーなどを飲まないようにすることも大切です。

飛行機に乗る時に妊婦さんが持っておくべきものとは

飛行機の中や旅行先では、いつつわりによる吐き気がしたり病院にかからなければいけなくなるような問題が起きたりするかわかりません。

そこで、飛行機に乗る際には以下のようなものを持っておきましょう。

  • 母子手帳
  • 健康保険証
  • エチケット袋
  • ナプキン

妊娠中は何があるかわかりませんので、いざという時にすぐに病院を受診できるように母子手帳や健康保険証は忘れずに持って行きましょう。

また、妊娠初期はつわりがある可能性もありますし、またにおいに敏感な時期であることから普段は酔わない人でも乗り物酔いする可能性があります。それを考えると、エチケット袋を持参しておくと安心です。さらに、おりものが増えた場合などに備えて、ナプキンがあると便利です。

薬については、普段飲んでいるものはもちろんのこと、長期の旅行を計画しているのであれば、妊娠中であることを伝え医師に処方してもらった常備薬も持っておくと安心です。

滞在先で何かあった時に市販の薬を飲むと赤ちゃんに悪影響なことがあるのは、みなさんご存じの通りです。そのため、長期の旅行を計画しているのであれば、風邪薬や胃腸薬、酔い止めなどの常備薬を処方してもらっておくことをお勧めします。

海外旅行なら現地の医療についても事前に調べよう

国内旅行であれば、旅行先で何かがあったとしても病院を探したりするのにそこまで難しくは感じないかもしれません。ですが、海外であれば言葉の問題もありますし、国内とは医療水準が異なることも考えられます。

そのため、海外旅行に行く場合は、以下のような準備をしておきたいですね。

  • 現地の医療水準について調べる
  • 病院のある場所を調べる
  • 現地の言葉で自分の体の状態を伝えられるようにする
  • 医療費についても確認しておく

現地で病院にかかれないと困りますので、現地の医療水準や病院のある場所をチェックしておく必要がありますし、またどのように体調が悪いのかを伝えられなければ診断がつかないこともありますので、現地の言葉で自分の体の状態を伝えられるようにするために事前に準備をしておきましょう。

国によっては、医療費がとても高い国もあります。そういったことに備えて、妊娠や出産、新生児医療に対応できる海外旅行保険に加入するという対策も可能です。

妊娠初期に飛行機に乗るなら体調や持ち物に注意を払って乗ろう

妊娠初期に飛行機に乗ることはできますが、体調によっては乗れない場合もありますし、また乗れる場合でも気をつけなければいけないこともあります。

そこで、妊娠初期に飛行機に乗りたいと考えている場合は、まずはかかりつけの産婦人科で医師に相談して、指示を仰ぐようにしましょう。

その上で飛行機に乗る場合は、母子手帳や健康保険証を忘れない、エチケット袋を持ち歩くなど持ち物にも気を付けた上で、体調に気を配りながら飛行機に乗るようにしたいですね。海外旅行を計画している人は、海外の医療に関する情報も合わせて集めておきたいところです。

妊娠初期に飛行機に乗るなら、体調や持ち物などに注意を払って、少しでも安全に搭乗できるように気をつけましょう。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る