プレイヤードの賢い買い方&利用方法!購入を迷っている人は必見

プレイヤードの賢い買い方&利用方法!購入を迷っている人は必見
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

赤ちゃんが生まれると、様々なベビー用品が必要になり、どれを買えば良いのか悩んでしまいませんか?「プレイヤード」も買った方が良いのか悩むグッズの一つですよね。

「凄く便利だった!」と言う人もいれば「全く必要なかった…」と言う人もいて、どっちが本当なの?!と迷ってしまいます。

悩む理由の一つには「用途がいまいち分からない」という声も。そんな「プレイヤード」のメリット・デメリットと、買う際のポイントをご紹介します。

プレイヤードの基本機能はどんなもの?

プレイヤードとは、小型のベビーサークルのような物だと思って下さい。

簡易的なベビーベット機能が付いているタイプが多く、ベビーベット部分とベビーサークル部分が、2層に分かれています。

物にもよりますが、ベビーベットは6ヶ月、ベビーサークルは2年程利用できます。

ベビーベットやベビーサークルとして使おうと思うと、物足りなさを感じますが、軽くて移動しやすく、片付けが簡単。コンパクトにしまえて場所をとらないのも利点です。

また、メッシュタイプの商品が多く、中が見えるので子どもの動きも見やすいですし、子どもは親の顔が見え、コミニケーションが取りやすくなっています。

プレイヤードはベビーベットやサークルの代用品になるの?

プレイヤードについてよく質問にあがるのが、ベビーベットやベビーサークルの代わりになるのかというもの。

簡易的とはいえ、機能がついているなら大丈夫なのでは?と思いませんか。

ベビーベットの代わりはできるの?

この答えはNOです。

プレイヤードのベビーベット部分は短時間の使用のみで、長時間ねるのはNGなんです。稀にOKな物もありますが、基本1時間程です。また、6ヶ月まで使えると記載があっても、四つんばいで動ける様になったら使用出来ません。

更に、ベビーベット部分を利用時の注意として、ベット部分の固さに注意し、寝具にも柔らかい物を使用しない様に気をつけて下さい。

やわらかい寝具が、乳幼児突然死症候群を引き起こす可能性があると言われています。ベットマットの沈み込みなど、十分に確認してください。

ベビーサークルの代わりにはなるの?

ベビーサークルとして使うには、やはり小さいのが難点です。

動き回るようになった子どもが嫌がってしまうと、とたんに用済みになってしまう事も。2歳頃(約10kg)まで使える事にはなっていますが、ベビーサークルとしてフル活用できるかどうかは、子ども次第な所が大きいのです。

必要派の人はどんな所にメリットを感じているの?

ペットがいる
室内犬など、部屋で動き回る動物がいると危ない
小さい兄弟がいる
プライヤードは囲いの高さがあるので、子どもの背では赤ちゃんに手が届かず、いたずらしにくい
赤ちゃんの後追い
ハイハイが始まると後追いに困る。家事など他の事をしている時に動き回られると危ない
部屋のスペース
ベビーサークルが置けない狭い家や、物が多い家だと片付けやすく便利

不要派の人が考えるデメリットは何?

ベビーベットがある
ベビーベットとプレイヤードの両方はいらない。どちらか一つでないと部屋が狭くて置けない。
運動不足が心配
ベビーヤードに入っている事が多いと、ハイハイやつかまり立ちが遅くなりそう
子どもが嫌がる
子どもが動ける様になると嫌がり、実際に使える時期が短い
結局じゃまになる
ベビーグッズは便利そうだと思っても、結局有効利用できずにタンスの肥になる

レンタルや中古も上手に使うとお得

買う買わないの分岐点の一つに、動き出した赤ちゃんがプレイヤードを気に入ってくれるのか?という問題があります。

早い子は、生後3ヶ月頃から寝返りができるようになるので、せっかく買っても動き出し始めると、ベビーベット部分では危険です。ベビーサークル部分も嫌がって泣く様になってしまっては、使えなくなってしまいます。

そこで、赤ちゃんが「一人で動けない間だけ使う」と割り切って、レンタルにするのもオススメです。

1ヶ月間使ってみて、更に必要ならレンタル期間を更新できる、継続レンタルができるタイプがオススメです。いらなくなった月に返せば、赤ちゃんの成長に合わせて使えるので経済的です。

1日から借りれる所もあるので、不安な人はお試しで借りてみるのも良いかもしれません。事前予約が必要な所もあるので、確認してくださいね。

長く使いたい場合は中古品も有効利用してみよう

二人目の子どもにも使いたいと考えていたり、長く使う事が決まっている場合は、中古品を買うのもオススメです。

購入時の注意点として、プレイヤードを実際に見て決めると良いのですが、web注文なども多く、その場合は、返品・交換できるかを確認してから購入しましょう。

また、レンタルと違い中古品は、捨てる際に廃棄コストがかかりますので、その額も上乗せして検討してみてください。

新品で安い物を選び、いらなくなったら売ってしまおう!

レンタルや中古品など、他の人が使ったものが気になるのであれば、新品で1万円以下の商品もあります。

多機能な物を希望していなければ、なるべく安い物を探し、購入するのも良いと思います。その際も、廃棄コストを上乗せして検討する事をお忘れなく。

また、新品を購入する場合、いらなくなったら売るのも手です。

説明書や箱をとっておくと少し高く売れます。売る場合、マイナスな情報もきちんと記載する事で、トラブルを回避する事に繋がります。

こんな機能があるものを選ぶと便利

  • キャスター+ストッパー付
  • おむつ替えシート
  • 洗えるもの
  • 上部におもちゃが付けられる
  • 旅行に持っていける
  • 簡単に折りたためる

プレイヤードを選ぶ一番のコツは、商品を良く知る事。自分で探すだけでなく、周りの話や口コミを参考にしてみるのも良いと思います。以外と知らなかった便利機能を持った商品が、沢山出ています。

また、分からない所があれば、メーカーに問い合わせたり、ネット上にUPしてある取扱説明書を読んだり、各商品をよく理解してから購入して下さい。

子どもが使う物なので、安全性や品質も合わせて検討してみてください。

プレイヤードが必要かどうかは、費用対効果で決めよう

購入の決めては、金額に見合った効果が得られるかどうかで検討しましょう。

プレイヤードは、簡易利用のベビーグッズです。ベット部分は6ヶ月、プレイヤードとして使えるのは2〜3才までが基本です。

しかし、赤ちゃんの成長によって使える時期が大きく変わってしまいます。

どの時期に、どの様に使いたいかをきちんと思案し、長期使うなら買う、短い期間ならレンタルがお得です。

必要だと思った場合は、安く手に入れ、賢く使いましょう。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る