これって病気?オリモノがゼリー状になる原因とは

これって病気?オリモノがゼリー状になる原因とは
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

女性なら必ずあるオリモノ。

ときどき、ゼリーのような状態のオリモノが出ることはありませんか?触ってみるとなんだかねばねばしていて、指でつまむと少し伸びることも。不思議な状態ですよね。

この状態を見て「これって病気なのかな?」なんて、心配になった
ことはありませんか?でもこの状態は、心配のない場合がほとんどなのです。

女性のバイオリズムが密接にかかわっている、ゼリー状のオリモノ。どのような理由でこのような状態になるかを、今回は見ていきたいと思います。

オリモノってなんだろう?

まずは、そもそもオリモノとはなんなのでしょう。

生理がある女性なら必ずあるものだというのは、ご存知の方がほとんどだと思います。

基本的には、透明でさらっとした状態。お手洗いに行ったときに、下着についているのをときどき目にするでしょう。

このオリモノというのは、子宮頚管から出ている粘液や、膣内の分泌物が混ざり合ったものです。

膣の自浄作用が関係している

これは、オリモノによって雑菌が膣や子宮に入るのを防いでくれることを言います。膣は排泄器官の近くにありますね。

なので、常に雑菌が入る危険にさらされているのです。それを防ぐためにオリモノを排出して、雑菌が入りにくいようにしてくれています。

また、膣の乾燥を防いでくれたり、性交をする際に痛みを感じにくくしてくれるよう潤滑にしてくれる役目など、オリモノの役割はひとつだけではありません。

生理がはじまるとオリモノも分泌されるようになりますが、初潮を迎えたばかり~10代頃の若い女の子は、生理と同じく、まだオリモノの量も安定しません。増えたり減ったりという具合です。

20代~30代の成熟した大人の女性になると、オリモノの量や状態も安定します。そして、40代になって閉経が近付いてくるとオリモノの量が減っていきます。

そして閉経にともない、オリモノが出ることも終わります。

ゼリー状になるのはどうして?

では、このオリモノがゼリー状になるのはどうしてでしょうか。

まずひとつ、質問です。

  • 普段あるあなたのオリモノは、常にゼリー状でしょうか?

この答えはほとんどの方が「いいえ」だと思います。ゼリー状のオリモノが出るのは、「ときどきあること」ではないでしょうか?

その『ときどき』のタイミング。実は、排卵期なのです。

排卵期のオリモノは、ねばねばしたゼリー状になるという特徴があります。これはどうしてかというと、女性ホルモンの一種、『エストロゲン』という物質の影響です。

排卵期にはエストロゲンの働きにより、オリモノは透明で水分が多くなります。そのために排出されるときにゼリー状になるのです。

ちなみに排卵期以外のオリモノは、透明や白っぽい色で、さらりとしていることが多いです。

女性のバイオリズム的にオリモノの状態は、おおまかにはこのような傾向があります。

1.生理後
残った経血が混ざるために、茶色や褐色のものが出ることがあります。経血がなくなったあとは、透明でさらりとした状態になります。
2.排卵期
オリモノの量が増えます。今回のテーマで見てきたように、ゼリー状になります。期間は2、3日ほどです。オリモノの量が増えます。今回のテーマで見てきたように、ゼリー状になります。期間は2、3日ほどです。
3.黄体期
量が少なくなっていきます。黄色っぽく見えるのもこの時期です。
4.生理前
量が増えていきます。このときは白く濁りがちで、黄色っぽく見えることもあります。

つまり、ゼリー状のオリモノは排卵期のオリモノの特徴であり、心配ないことがほとんどであるといえます。

排卵期や黄体期って、どんな時期?

前項で『排卵期』や『黄体期』という言葉を使いましたが、これはどういう時期を指すのでしょうか。

どれも女性の体のバイオリズムを表す言葉です。

1.月経期

生理のある期間です。

2.卵胞期

生理終了から、排卵が起こるまでの時期。
エストロゲンの働きによって、卵子になる『卵胞』が成長する時期です。

3.排卵期

次回の生理開始日から14日ほど前。排卵が起こります。

4.黄体期
この時期、卵胞は黄体という組織に変わり、厚くなった子宮内膜が維持されます。増えたエストロゲンが減っていきます。受精が起こった場合は着床が起こり、受精しなかった場合は子宮内膜は剥がれ落ちます。
これらのバイオリズムは体温の変化に表れるため、基礎体温をつけているとよくわかるようになると思います。

妊娠を望む場合など、バイオリズムを目で見て確認したい方は、基礎体温を毎日測り、基礎体温表をつけておくと良いでしょう。

オリモノの量が多い?

オリモノの量は、バイオリズムの期間によって少し変化があるのでしたね。

その多い期間に、下着がべたべたになってしまうくらいにオリモノが出ることがあるかもしれません。下着が濡れてしまうと不快ですし、なんだか心配になりますね。

オリモノの量は個人差が大きいものなので、それほど心配はないと言えます。もしも不快に感じてしまう場合は、オリモノシートを使いましょう。

オリモノシートは生理ナプキンと同じように、頻繁に交換して、清潔なものをつけるようにしましょう。

こんなときオリモノが出ている時は注意しよう

ゼリー状のオリモノについて、今回は見てきました。心配のない場合がほとんどであるとわかって、ほっとしていただけたでしょうか。

ゼリー状のオリモノは、特に心配のない場合がほとんどでしたね。

オリモノは女性には必ずあるものとはいえ、あまりきれいなものであるとは思えないかもしれませんが、オリモノの状態は、体のバイオリズムを教えてくれる、大切な指針でもあります。

特に妊娠したい方にとっては、「そろそろ排卵日がきそう」というめやすにもなります。

ただしずっとゼリー状のオリモノが出る場合は、無排卵月経である場合がありますので、少し注意が必要です。

また、強いニオイがあったり、濃い黄色や緑っぽい色をしているなどの場合は、病気の可能性もあります。

様子がおかしいと感じた場合は、一度産婦人科を受診されたほうが良いでしょう。

少し気にして、オリモノの状態を見てみるのも良いかもしれませんね。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る