赤ちゃんに排泄の感覚を覚えてもらおう!おむつなし育児の始め方

赤ちゃんに排泄の感覚を覚えてもらおう!おむつなし育児の始め方
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

おむつなし育児と聞くと、「えっ!垂れ流しにするの?」「トイレトレーニングの事?」なんて声が聞こえてきそうですよね。

「おむつなし育児」とは、紙おむつや布おむつを併用しながら、出来るだけおむつの外で排泄させて、赤ちゃんに気持ちよくオシッコやウンチをしてもらうのが目的の排泄ケアです。

おむつを外した途端に勢い良くオシッコされて汚れてしまった!なんて経験ありませんか?

それは赤ちゃんが、「おむつの外でする排泄=邪魔されなくて気持ちイイ!」と感じているからなんです。

つまり、おむつの外で行う排泄こそが、最も自然体で本来あるべき姿と言っても過言ではありません。

おむつなし育児のメリットやデメリット、疑問点やコツについて順番に見ていきましょう。

おむつなし育児のメリットとは?

赤ちゃんのトレードマークとも言えるおむつ。ですが、そもそもおむつは大人の都合で履かせている物です。

赤ちゃんにとっては、窮屈この上ない邪魔なモノ。おむつを外して排泄する事で、どんなメリットが得られるのでしょうか?

赤ちゃんへのメリット

1.便秘や頻尿になるリスクが軽減される
おむつなし育児で育った赤ちゃんには、「オシッコしたら気持ち悪くなる!」という固定概念がありません。つまり、オシッコやウンチを我慢する必要がないんです!したい時にしたいだけ、思いっきり排泄できるおむつなし育児は、赤ちゃんの便秘や頻尿のリスクを軽減してくれるんですよ。
2.おむつかぶれや汗疹の予防&改善のきっかけになる
赤ちゃんのお肌はとっても敏感。長時間、濡れたおむつを当てていると、あっと言う間にかぶれてしまいます。おむつを、必要最低限だけ使用するおむつなし育児は、おむつかぶれや汗疹の予防にも効果的なんです。
3.身体の動きが活発になる
おむつは、排泄物の受け皿。漏らさず衛生的に過ごすには、どうしても赤ちゃんの身体にフィットさせる必要があります。おむつの締め付けや抑制がないおむつなし育児なら、「思い通りに動けない!」「寝返りに邪魔!」と感じる事もありません。

赤ちゃんのメンタルへの効果

1.一度に大量に排泄できるので、満足感が得られる
おむつなし育児は、不必要な締め付けや抵抗感がありません。その為、一度に好きなだけ排泄する事ができるので、満足感もひとしおです。おむつを外す事で解放感を感じ、オシッコやウンチがしやすい心理状態になるんです。
2.欲求を理解してもらえるので、情緒が安定する
赤ちゃんというのは、言葉が話せない分、全身で欲求を伝えようと必死です。もしママが「オシッコしたい!」という欲求に気付いてくれたなら・・それは、赤ちゃんにとっても嬉しい瞬間!ママが気づいてくれた分だけ、赤ちゃんの安心感が増していき、情緒が安定していくんですよ。
3.不快な時間が減り、長時間ご機嫌でいてくれる
おむつなし育児なら、汚れたおしめによる不快感を取り除いてあげられるので、長時間ご機嫌でいてくれますよ。

負担が減る?おむつなし育児のママへのメリット

「おむつなし育児=赤ちゃんの為にするモノ」と思っているママも多いのではないでしょうか?いいえ、決してそんな事はありません!

おむつなし育児のメリットは、赤ちゃんだけでなくママにもあるんですよ!

精神的に助かるおむつなし育児のメリット

おむつなし育児は、なぜこんなにも多くのママに支持されているのでしょうか?

その理由は、赤ちゃんへの好影響はもちろんママのメンタルにも嬉しいメリットがいっぱいあるからなんです!

1.おまるやトイレで排泄してくれると、お世話が格段に楽になる
赤ちゃんのお世話は、とっても大変!何から何まで、ママが付きっきりでフォローしてあげなくてはなりません。その点、おむつなし育児で育った赤ちゃんは、特別なトレーニングをしなくても、おまるやトイレで排泄してくれるようになります。つまり、一日に何度もおむつ交換する必要がなくなるんです!忙しいママにとって、こんなに有り難い事はありません。
2.体調の変化や赤ちゃんの欲求にも気付けるようになる
おむつなし育児を実践するには、赤ちゃんの「オシッコしたい!」というサインを読み取ってあげる必要があります。当然、いつもより赤ちゃんへの関心や気配りが増しますから、「おっぱいが飲みたい!」「抱っこして欲しい!」といった、排泄以外の変化も敏感に察知してあげられるようになるんです。
3.排泄サインを読み取ることで、親子の絆が深まる
おむつなし育児を通して、赤ちゃんの表情や鳴き声一つで「何を要求しているのか?に気付けるようになった!」というママさんも少なくありません。
4.排泄のタイミングに気付けるようになると、育児に自信がつく
「赤ちゃんが何を要求しているのか分からない!」という葛藤は、多くのママが感じているストレスです。中には、精神的に追い詰められて、「自分は母親失格なのでは?」と感じる事も。ですが、もし赤ちゃんの排泄サインに気付けたら・・。それは、大きな自信となってママを支えてくれます。
赤ちゃんが出す「小さなサインに気付けるのは私だけ!」と、胸を張って言えるようになるでしょう。

親子で嬉しい!排泄コントロールが可能に

おむつなし育児のメリットとして外せないのが、排泄コントロールの自立でしょう。おむつを常用している赤ちゃんと比べて、どれくらいの差があるのでしょうか?

  • おむつ常用の赤ちゃん:トイレトレーニングが必要で年々自立年齢が遅くなっている
  • おむつなし育児の赤ちゃん:トイレトレーニングなしでも、1歳後半~2歳頃に自立

子育ての経験があるママさんなら、トイレトレーニングの大変さはご承知でしょう。上手く行かないとイライラしたり、赤ちゃんに怒りたくなったり・・。

確かに、おむつなし育児は、トイレトレーニングとして発展した育児法ではありません。

ですが、トイレトレーニングというハードルを難なくクリアできるのも、おむつなし育児の魅力的な副産物と言われています。

おむつなし育児のデメリットとは?

赤ちゃんとママさんに多くのメリットをもたらす「おむつなし育児」ですが、デメリットについても把握しておきたいですよね。

一体、どんなデメリットがあるのでしょうか?

家事が増えるきっかけが増える

おむつなし育児で無視できないのが、汚れもの関するデメリットでしょう。

  • 洗濯物が増える
  • 失敗した時の掃除が面倒
おむつなし育児は、おむつの外で排泄させる育児法ですが、もちろん最初からトイレやおまるを上手に使える訳ではありません。

赤ちゃんの排泄サインに気付いてあげられなかったら、ベビー服を着たままお漏らししちゃう事も!

洗濯物が増えたり掃除が面倒になるのは、予め覚悟しておきましょう。

とはいえ、心配しすぎる必要はありません。

慣れてくると、赤ちゃんとのアイコンタクトで気付けるようになるママさんも多いんですよ。

慣れるまでは、おむつを使うよりも手間がかかる

おむつなし育児は、汚さず上手に排泄するのが目的ではありませんし、わずか数日で上達するようなモノでもありません。

その為、慣れるまではどうしても手間がかかってしまいます。

おむつなし育児は、失敗を繰り返しながら、ゆったりとした気持ちで取り組むのがコツですよ。

寒い時期になると排泄の回数が増える

秋から冬にかけては、どうしても排泄の回数が増えてしまいます。

中には、赤ちゃんがひっきりなしに排泄サインを出すので、振り回されてしまう・・というケースも少なくありません。

おむつなし育児はおむつを使っちゃいけないの?

そもそも、おむつなし育児とは「できるだけおむつを使わず排泄しよう!」というのが趣旨ですが、どうしてもおむつが必要な時ってありますよね。

では、実際に「保育園に預ける時」や「赤ちゃんのお腹の調子が悪い時」は、どうしたら良いのでしょうか?

保育園や幼稚園に預ける時はどうしたらいいの?

お家でママと二人で過ごしている時は、失敗しても大した問題にはなりません。

ですが、外出先では自宅のようにはいきませんよね。特に、保育園や幼稚園に預ける時には、ちょっとした心構えが必要です。

保育施設のスタッフは、ママさんの代わりに赤ちゃんの面倒を見てくれる大切な存在。長い付き合いになる訳ですから、無用な衝突は避けたいですよね。

最近では、どこの保育施設でも人材不足が深刻ですから、特定のお子さんだけを特別扱いできないと、断られるケースも少なくありません。

正式な入園前に、説明会やお試し入園の機会があれば、まず自宅での成果を説明した上で「ムリの無い程度でお願いできるか?」相談してみましょう。

あかちゃんのお腹の調子が悪い時はどうしたらいいの?

  • 「上の子の風邪がうつったかも?」
  • 「保育園でインフルエンザが流行っている!」

など、ウィルスによる感染症が疑われる場合は、何より衛生面を最優先にすべきでしょう。

紙おむつを履かせてあげた方が、赤ちゃんにとっても家族にとっても安心ですし、保温効果も期待できます。

ただ、生後間もない赤ちゃんの便は、ゆるくて水っぽいのが正常な状態です。

この場合は、お風呂場や洗面台などを活用して、赤ちゃんごと洗える環境で試してみましょう。

これで安心!おむつなし育児の疑問を解決!

おむつなし育児に関するサイトを覗いてみると、多くのママさんから素朴な疑問が寄せられています。

ここでは、良く見かける代表的な疑問点についてご説明しましょう。

おむつの外ってどうゆう事?

おむつなし育児=トイレトレーニングと勘違いしている人も多いようですが、おむつなし育児の目的はあくまで「おむつの外で気持ちよく排泄させる事」。

おまるやトイレに拘る必要はありません。

広げたおむつの上やバスルーム、庭先やバケツの中など、おむつの外ならどこでもOKなんです!

赤ちゃんが「オシッコしたい!」と思ったタイミングで、躊躇なく自然体で排泄させてあげましょう。

排泄ポーズに決まりはあるの?

排泄する場所に決まりが無いのと同様に、体勢やポーズにも決まりはありません。赤ちゃんが、快適で心地良いと感じるポーズを探してみましょう。

【 お部屋で排泄 】

  • 寝転がっている赤ちゃんに、おまるを当ててあげる
  • 授乳しながら、おしりにおまるを当ててあげる

【 お風呂場で排泄 】

  • お風呂場の壁を支えに、立ったまま排泄させる

【 おまるやトイレで排泄 】

  • 向き合って両脇を支えながら、トイレの便座に座らせる
  • 一緒に便座に座って、後ろから支える
赤ちゃんによっては、「足を開いた方が排泄しやすい!」「立ったままの方が快適!
」など、その子によって特長があります。

大人にとって便利で楽なポーズではなく、赤ちゃんにとって心地良いポーズに気付いてあげる事が大切ですよ。

おむつなし育児を始める時期は?

おむつなし育児には、いつまでに始めなければならないというルールはありません。

産まれたその日から挑戦するママさんも居ますし、生後6ヵ月頃から始めるママさんも居ます。

あえて最適な時期を挙げるなら、首がすわり始める2ヵ月~5ヵ月の時期がオススメです。

この月齢の赤ちゃんは、首がすわって安定感が増していますし動きも限定されますから、ママさんにとって扱いやすい時期なんです。

寝転がっている赤ちゃんのおむつを外し、

  • 男の子ならオマルを当ててあげる
  • 女の子ならおむつを広げてベッドシートの代わりにする

など、工夫してみましょう。

ママ気づいて!赤ちゃんの排泄のサイン

おむつなし育児で最も心配になるのが、赤ちゃんの排泄サインに気付けるかどうか?という点ですよね。

赤ちゃんが排泄したがるタイミングと合わせると、より精度が増しますよ。

排泄サインや仕草

赤ちゃんが表現するサインは、身体的な変化や行動から読み取る事ができます。

赤ちゃんとじっくり向き合える時間帯を選んでおむつを外し、観察するところから初めてみましょう。

【 身体的なサイン 】

  • オナラをする
  • 性器が膨らむ(男の子)

【 行動で分かるサイン 】

  • プルプルと体を震わせる
  • 表情が強張る・固まる
  • ソワソワして落ち着きがない
  • ハイハイの途中で、急に動きが止まる

意外かもしれませんが、たとえ0才児でも排泄前のクセやパターンが見て取れます。

ちょっとした仕草を見つけたら、次の排便タイムでも同じ仕草が見られるかを確認。毎回、同じ仕草をするようなら、それが見分けるヒントになりますよ。

赤ちゃんが排泄したがるタイミング

「オシッコしたい!」「ウンチしたい!」というタイミングには、生理的なタイミングと、行動によるタイミングに分けられます。

【 生理的なタイミング 】

  • 朝やお昼寝後の寝起き
  • 入浴タイムの前後
  • おっぱいの後
  • オナラの後

【 行動によるタイミング 】

  • おむつを外して開放的になった時
  • おんぶや抱っこから降ろされた時
  • 外出する直前や帰宅後

先輩ママに学ぶ!おむつなし育児の裏ワザ

赤ちゃんの排泄サインが読み取れるようになってきたら、ワンランク上の裏ワザに挑戦してみてはいかがでしょうか?

おむつなし育児がもっと楽しく、簡単になるはずですよ!

おまるやトイレを利用して「やり手水」に挑戦!

「やり手水」という言葉をご存知でしょうか?「初めて聞く!」という人は、子供の頃のトイレタイムを思い出してみて下さい。

トイレに付き添ってくれたママが、パンツを下ろし便器にまたがせ「シーシー」と声掛けしてくれましたよね。


この声掛けこそが、「やり手水」なんです。

おむつの中で排泄した事のある赤ちゃんは、濡れたおむつが直接肌に触れて不快な思いをします。

その経験値が記憶にインプットされてしまうと、「排泄=気持ち悪い」と連想しますから警戒するのも当然です。

オシッコの時は「シー、シー」、ウンチの時は「ウ~ン、ウ~ン」と声をかけて、「ここでオシッコしてもいいんだよ!」と合図してあげましょう。

回数を重ねる毎に、「声掛け=排泄」と理解してくれるようになりますよ。

排泄後の後片づけは?

お風呂場や洗面台の場合は、赤ちゃんごと洗ってあげられるので、一番簡単で清潔です。

おまるや簡易トイレを利用する場合は、排泄物をトイレに流します。

洗剤で洗ったおまるは、トイレットペーパーで水気を拭き取り、排泄物と一緒に流してしまいましょう。

ちなみに、お漏らしして床が汚れた場合は、掃除した後にクエン酸をスプレーするだけで、気になるアンモニア臭が中和されます。

クエン酸の消臭効果は、ワンちゃんや猫ちゃんの粗相にも使われているほど定評があるんですよ。

完全におむつなしではない!おむつを併用しながら行おう

そもそも、「おむつなし育児=おむつは悪い物」という解釈は誤解です。

あくまで、おむつを併用しながら無理のない範囲で、おむつの外で排泄させてあげれば良いのです。

保育園や幼稚園と同様に、混み合っている商業施設や地下鉄の車内など、臨機応変に紙おむつを併用してあげましょう。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る