妊娠から出産までどれぐらいかかる?妊娠前に準備すべきお金について

妊娠から出産までどれぐらいかかる?妊娠前に準備すべきお金について
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

妊娠から出産まで、母子共に無事に出産できるかが一番気がかりだけど、お金の事も心配ですよね。

  • 出産費用は高いと聞くけれど実際どれくらいかかるの?
  • 自然分娩と帝王切開だとどれくらい費用が変わるの?

そんな疑問を持つ女性に出産にかかる費用をまとめてみました。

分娩・入院の費用

一般的に出産時の入院、分娩費用は40万円〜60万円程といわれています。出産は病気ではない為基本的には保険は適用されません。

そして都道府県ごとの差もあり思ったより高い…と思う方も少なくないでしょう。

しかし実をいうと、出産費用はすべての方が同じではありません。

・医療機関によって値段が変わる

総合病院 個人病院 助産院 周産期医療センター 自宅出産など出産を予定する場所により費用も変わります。

中には産後のケアの充実さや豪華な食事など…お母さんが嬉しい特典が多くその分高くなる所もあるようです。

・出産された日時によっても変わる

例えば、平日の昼間に生まれた場合と土日の夜間に生まれた場合では料金が違います。休日・祝日料金や深夜料金などが加算されます。

しかしお産は予測ができないのでこればっかりは自分では決められませんね。

・入院期間や部屋による違い

陣痛から出産までを同室で過ごすLDRや、産後個室などの特別室で過ごすかでの違いもあるのです。

また帝王切開の場合は自然分娩と比べて入院期間が長くなる為その分費用がかかる場合もあります。

・サービスの違い

医療機関によってはエステなどのサービスがあります。

産後のケアが充実している事で人気が高い所もありますので、高くてもこのサービスを受けたい、逆に安いほうがいいなど事前に希望に合う医療機関を確認しておきましょう。

帝王切開になったら…

保険が利くから安くなるのでは?と思いますが保険適用になるのは分娩に関わるものだけ。

自然分娩より入院期間が伸び食事代やその他の自己負担分の費用はかかる為必ずしも安くなるとは限りません。帝王切開の場合も病院により値段が全く異なります。

ちなみに無痛分娩の場合は自己負担になるため10万円前後プラスとなります

全額支払うの?出産育児一時金とは…

出産育児一時金とは、健康保険に加入している方を対象に支給されるお金のことで旦那様の扶養でも対象となります。

支給額は子ども1人につき42万円(産科医療補償制度に加入されていない医療機関等で出産された場合は40.4万円)双子の場合は84万円。妊娠22週未満の出産は40.4万円となります。

一時金には、直接支払制度と受取代理制度の2つがありますがほとんどの医療機関で直接支払制度を利用しています。

これは健康保険組合が医療機関に直接一時金(42万円)を支払うことで、窓口での負担を減らせる仕組みです。

もし、入院・分娩費用の合計が60万円だとしたらそこから42万円引いた差額(18万円)を退院時の窓口で支払います。

中には出産前に一部の料金を納め、退院時に足りない部分を支払うという場合もあります。

出産を予定している医療機関がこの制度に加入しているか確認しておきましょう。ネットに記載している病院も多いです

その他の制度、費用

一時金以外にも補助を受けられる、なんて場合もあります

  • 高額療養費制度
  • 出産手当金
  • 医療費控除

などさまさまな制度を利用できる場合があります。自身の加入する保険の補助が受けられることも。

負担を少しでも減らすためにしっかり調べておきましょう。

出産前には…

検診費用や赤ちゃんの肌着、ベビーカー等の購入、内祝いの費用など出産だけではなく妊娠がわかった時から諸々お金がかかります。

産後の話ですが筆者はやたら喉が渇き、入院中は2リットルのペットボトルの水をかなり買いました…

どんなところでお金がかかるかわからないものですね。

事前に知っておけば心の余裕が持てる

ママの不安は赤ちゃんにも伝わります。何より大切なのは母子共に無事出産できること!

安心して出産ができるためにも利用出来る制度は最大限知っておきたいですね。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る