ワンステップ妊娠検査薬の仕組みと使い方を知っておこう!

ワンステップ妊娠検査薬の仕組みと使い方を知っておこう!
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

赤ちゃんがほしい人、生理来ない人など、「妊娠かも?」と思ったとき、いきなり産婦人科を受診するのは不安という人もいるでしょう。

「違ったら恥ずかしい」などの理由もあり、まずは市販のワンステップ妊娠検査薬を試してみる人が多いようです。

ドラッグストアなどで気軽に購入できるワンステップ妊娠検査薬。精度や正確性について、気になる方も多いのではないでしょうか。

こちらのコラムでは、おすすめの妊娠検査薬をご紹介する前に、実際の使い方や仕組みについてもご紹介していきます。

妊娠検査薬の仕組み

妊娠検査薬といえば、尿検査というイメージの人も多いと思います。

しかし、実際にはどのような仕組みなのかわからないという人も多いのではないでしょうか?

ドラッグストアなどで販売されているワンステップ妊娠検査薬は、妊娠すると分泌される「hCG]というホルモンに反応します。

赤ちゃんを妊娠すると、女性の体内では次々と変化が起こり、赤ちゃんを育てる機能が活発に働き出します。

その中の1つでもあるhCGは、ヒト絨毛性性腺刺激ホルモンという名前のホルモンで、着床してから体内で作られる物質です。

ワンステップ妊娠検査薬は、このhCGの濃度が50mIU/mL以上のときに陽性反応が出る仕組みです。このhCGは、妊娠2ヶ月から3ヶ月ほどの間にたくさん作られ、生理予定日頃から尿の中に分泌されます。

ワンステップ妊娠検査薬は、生理開始予定日の1週間後から使えるものが一般的です。

しかし、50mIU/mLになるまで、個人差があるため、フライングでも反応する人もいれば、生理予定日でも反応しなかったという場合もあります。

また、妊娠検査薬の中には、生理開始予定日から利用できるタイプのものもあります。

いずれも、hCGの濃度に寄って判定されるため、あまり早いと正確性が落ちるというケースも。

赤ちゃんが待ち遠しいなど、焦る気持ちもわかりますが、正確に判断したいときには、フライングせず、検査可能時期を待つのがベストでしょう。

妊娠検査薬の注意点

正確性が高いと言われている妊娠検査薬ですが、妊娠検査薬の仕組み上、実際は妊娠していなかったケースも。

以下のように正常な妊娠ではないときも、陽性反応が出ることもあります。

  • 生化学妊娠(化学流産)
  • 子宮外妊娠
  • 不妊治療でhCG製剤の投与を受けている
  • 悪性腫瘍

逆に陰性反応でも、以下のように妊娠しているケースもあります。

  • 超初期やフライングで、hCG濃度に達していない
  • 水分のとりすぎなどで一時的に濃度が低くなっている

陽性が出たときはもちろん、陰性でも生理が来ないなどの場合には、早めの受診を心がけましょう。

おすすめの妊娠検査薬

不妊治療などを行っているなど、赤ちゃんが待ち遠しいという人も多いでしょう。

フライングで検査を繰り返すなど、何度も妊娠検査薬を使いたい人は、大容量で入っている海外製を輸入して使う方も多いようです。

ここでは、ドラッグストアで売っているおすすめの妊娠検査薬をご紹介していきます。

ロート製薬 ドゥーテスト
月経予定日の約1週間後から使用可能なhCG妊娠検査薬。採尿部が大きいため、尿がかけやすいのがポイントです。
ミズホメディーPチェック
1分で判定できる日本製の妊娠検査薬。ロングタイプで持ちやすいのと採尿部が大きく尿をかけやすいのが特徴です。
アラクス チェックワン
99%以上の正確さとわずか1分の判定スピードが特徴のチェックワンは。1992年7月に発売された日本製の妊娠検査薬です。
アラクス チェックワンファスト
hCGの濃度が25mIU/mlで反応する早期妊娠検査薬。生理予定日から使用できます。
オムロンヘルスケア クリアブルー
生理予定日の約1週間後から検査可能なクリアブルーは、判定結果が青いラインでわかりやすいのが特徴です。

妊娠検査薬の使用方法

ワンステップ妊娠検査薬は、スティック型の検査薬の採尿部に尿をかけるタイプが一般的。

しかし、尿をかける採尿部が小さく、なかには上手にかけられないという人も。

その場合には、清潔な紙コップを用意して、尿をためてから浸す方法が簡単です。

尿をかけた、または、浸したあとは平らな面で指定の時間通り放置します。

妊娠検査薬には、判定マークと完了マークの2つの窓があり、完了マークが浮き出てきたら検査は完了です。

10分経っても結果が浮き出て来ない場合や、完了マークがつかない場合には、失敗の可能性がありますので、新しいスティックを使って再度検査を行いましょう。

妊娠検査薬を使用する上での注意点

早く結果が知りたいために、フライング検査を繰り返す方も多いようですが、正確に判断できるのは、生理予定日から1週間後です。

妊娠検査薬の精度が高いといっても、他の要因から検査薬が反応することもあるため、結果は100%正確とは言えません。

陽性反応が出たときには、トラブルの可能性や赤ちゃんの発育を確認するためにも早めに受診するのが良いでしょう。

また、陰性反応が出たのに生理が来ない場合には、他のトラブルが原因ということも。

数日待って再度検査するか、病院を受診するようにしてください。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る