いよいよ来年から小学生!人気のランドセルの色と選び方

いよいよ来年から小学生!人気のランドセルの色と選び方
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

年長になり、小学校に行く準備をはじめるときに気になるランドセル選びですが、最近のランドセルは昔に比べて色もデザインも様々で選ぶのに本当に悩んでしまいます。

できれば子供の望む色やデザインのものにしてあげたいのですね。

どのようにランドセルの色を選べばいいか人気の色を含めて紹介します。

何色のランドセルが人気なの?

昔の赤か黒かしか色の選択の余地が無かった時代と違い今の子供たちのニーズに合わせて毎年いろいろな色のランドセルが各メーカーから売り出されています。

たくさんの色やデザインがあるために「選ぶのが楽しい」反面、「選択の幅が広すぎて迷ってしまう」という意見もあります。

今子供たちにはどのような色が人気なのでしょうか?

男の子に人気の色とイメージ

ブラック、ブルー系が主に人気ですが、黒と赤、黒と青などのコンビネーションカラーのものも人気となっています。

ランドセルのステッチが別色で配色のメリハリが効いたものが主流です。

男の子に人気のカラーを見ていきましょう。

1位 ブラック系 高級感・安心感のあるスマートなイメージ
2位 ブルー系 知的さ、誠実さなどクールなイメージ
3位 ブラウン系 上品で落ち着きのあるイメージ
定番人気であるブラック系のランドセルは高級感・安心感があるイメージなので、6年間使っていても飽きの来ない色です。

ブルー系もスポーティーでスタイリッシュな印象があり、男の子には人気の色となっています。

女の子に人気の色とイメージ

ピンク系が主に人気ですが、ブラウン・パープル・赤・サックスなど人気の色の幅が広がっています。

またハート柄や花柄などの刺繍や型押し、ライトストーンなどの飾りつけも人気です。

1位 ピンク系 女の子らしいキュートなイメージ
2位 赤系 元気で活発なイメージ
3位 サックス系 さわやかなイメージ

赤やピンクは進出色で目立ちやすい色のため事故防止に役立ちますし、暖色のため元気で活発なイメージがあります。

また赤系の色ですと親世代も親しみを持ちやすく選びやすいようです。その他にも、ブラウンやキャメルといった色味は上品で落ち着いた印象があります。

ランドセルの色を選ぶ時のポイント

最近では、ネットショップが普及しているため、サイトで購入することもあると思います。

しかし、カタログやネット上で見るのと実際で見るのでは色味が違う場合があるので、なるべくショールームなど商品を手に取り見ることができる場所に行って選びましょう。

また室内で色を見るのと屋外で見るのでは色の印象ががらりと変わることもあります。様々な状況での色の見え方も確認もしておきましょう。

そして実際に背負って全体のイメージを確認しましょう。子供に似合っているか、欲しい色のイメージと合っているなどが確認することが出来ます。

子どもの好きな色を優先しよう

子供が小学校に通う6年間使うランドセルです。子供の好きな色を優先してあげると、よりランドセルへの愛着が湧くことでしょう。

自分で好きな色のランドセルを選ぶことで、「これから小学生になるんだ!」という実感を持ってくれます。

子供の好みで色を選ぶときに

  • 自分の子だけが珍しいカラーではないのか?
  • 高学年になって好みがかわったらどうしよう。

といった不安があると思います。

今の子供たちのランドセルの色は実に様々ですし、高学年になり子供の好みが変わった時もランドセルカバーなどで簡単にイメージチェンジすることが可能です。

子供と納得いくまで話し合い、お気に入りの色のランドセルを一緒に選びましょう。

実際に通う小学校の子供たちのランドセルもチェックしてみよう

自分が通う小学校の小学生たちが使っているランドセルを登下校時などに見に行ってみましょう。

  • どの色のランドセルが人気なのか
  • どの色がどのように見えるのか

客観的に見ること、実際にランドセルを使っている幅広い年代のお兄さんお姉さんを見ることでイメージがわきやすくなります。

ランドセルは決して安い買い物ではありません

子供が自分で見てお気に入りの色やデザインのランドセルを選ぶことでランドセルに愛着がわき、1年生になる心の準備になります。

6年間使うランドセルです。

お値段もそこそこしますし、子供が愛着を持って使えるものを子供と一緒に選びましょう。

自分で選んだお気に入りのランドセルで素敵な小学校生活を送ることができるといいいですね。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る