可愛い名前にするかっこいい名前にする?赤ちゃんの名付けについて

可愛い名前にするかっこいい名前にする?赤ちゃんの名付けについて
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

今や、21世紀に入って世界に最も広まったとされている日本語、「可愛い」。

日本人は、何かにつけて可愛いものを愛でる傾向があり、名前に対しても、可愛いに拘られる方が多い傾向にあります。

ここでは、ひらがなの可愛い名前と漢字の可愛い名前と音の響きが可愛い名前、カタカナ表記っぽい(外国人の名前のような)可愛い名前と様々な角度から、とことん「可愛い」名前を突き詰めて、ご提案していきます!

ひらがなの可愛い名前

ひらがなは、一字一音の万葉がなの草書体から、一段と簡略化され、もとの漢字から独立して日本語を表記するための独特の文字として確立したもので、「女文字」とも言われています。

別名の「女文字」が表しているように、ひらがなは、やわらかく、やさしい印象を持っています。

また、誰にでも読めるので、わかりやすいイメージもあるでしょう。そのため、女の子の名前に用いられることが多いです。

例えば、「かおり」という名前。

これ以外にも、ひらがなの表記は、「かほり」「かをり」が挙げられます。

同じひらがなの名前ではありますが、その表記の仕方によって随分と違うイメージになります。

古風で可愛いひらがなの名前にしたいのならば「かをり」もしくは「かほり」を、今時の可愛いひらがなの名前にしたいのならば「かおり」を選ぶといいでしょう。

このように、ひらがなの名前は、イメージに合わせて色々と使い分けができて応用力があります。ここでは、あいうえお行順に可愛い名前を紹介していきます。

ひらがなの可愛い女の子の名前

  • あ行:あおい、あかり、あこ、あやか、いちか、いろは、うの、うらら、えみり、えりか、おとは
  • か行:かおり、かすみ、かのん、きずな、きよら、くるみ、けい、こころ、このは、こはる
  • さ行:さえ、さくら、さつき、さな、さゆり、さらさ、しおり、しずか、しほり、すみれ、せな
  • た行:たえ、ちとせ、ちひろ、ちほ、てまり、てるひ、ともみ
  • な行:なのは、なみ、にしき、にこ、ぬゐ、ねね、のあ、のどか、ののか
  • は行:はつね、はな、はるか、はるな、ひかり、ひなた、ひなの、ふみ、へきる、ほのか
  • ま行:まい、まさみ、まどか、まゆ、まな、みお、みさき、みゆ、みゆき、むつみ、めい、めぐみ、もえ
  • や行:やえ、やよい、ゆい、ゆかり、ゆき、ゆり、よしの、よつば
  • ら行:らん、りお、りか、りさ、りほ、りよ、りん、るい、るみ、るり、れな、ろみ
  • わ行:わか、わかば、わこ

ひらがなの可愛い男の子の名前(女の子にも使える名前)

  • あ行:あきら、いお、いつき
  • か行:かえで、かなで、きょう、けい、こう
  • さ行:さく、さと、すい、せんり、そら
  • た行:つかさ、つばさ
  • な行:なお
  • は行:ひいろ、ひびき、ひろみ
  • ま行:まさき、ますみ
  • や行:ゆうき
  • ら行:れお、れん
  • わ行:わく

趣があって可愛い名前(男の子にも女の子にも使える名前)

  • あ行:あすか、おうか
  • か行:かいり、かずき
  • さ行:しのぶ
  • た行:たまき、とわ
  • な行:なぎさ
  • は行:はるき、ひかる
  • ま行:まこと、まお
  • や行:ゆう
  • ら行:りょう、れい
  • わ行:わかな

漢字の可愛い名前

漢字の由来を述べるのは、今さらですが、古代中国に発生した文字で、各文字が音形と意味の連合からなる単語を表すので、表意文字または表語文字とされています。そのため、色々と考えたうえで、使う必要があります。

例えば、ある漢字に強い思い入れがあり、その漢字を名前に使いたいと思っても、名前に使用できない場合があります。

なので、予め、法務省のホームページに「子の名に使える漢字」の一覧表があるので、候補をいくつか挙げておいた上で、検討するのが良いでしょう。

漢字の可愛い女の子の名前

  • あ行:文(あや)、歩美(あゆみ)、亜理紗(ありさ)、依織(いおり)、麗(うらら)
  • か行:花音(かのん)、伽耶(かや)、絆(きずな)、清香(きよか)、貴理(きり)
  • さ行:佐奈(さな)、佐保(さほ)、栞(しおり)、世那(せな)
  • た行:千宙(ちひろ)、千容(ちよ)
  • な行:望愛(のあ)、典華(のりか)
  • は行:比奈子(ひなこ)、響(ひびき)、比呂(ひろ)
  • ま行:舞(まい)、美空(みそら)、桃花(ももか)、雅(みやび)
  • や行:柚(ゆず)、佳乃(よしの)
  • ら行:凜(りん)、玲(れい)
  • わ行:若葉(わかば)

漢字の可愛い男の子の名前

  • あ行:晃(あきら)、歩(あゆむ)、伊織(いおり)、樹(いつき)
  • か行:海里(かいり)、奏(かなで)、要(かなめ)、恭(きょう)、光(こう)
  • さ行:紫苑(しおん)、潤(じゅん)、粋(すい)
  • た行:拓海(たくみ)、千昌(ちあき)、司(つかさ)、斗阿(とあ)
  • な行:尚央(なお)、望海(のぞみ)
  • は行:陽太(ひなた)、宙(ひろし)、博美(ひろみ)
  • ま行:幹(みき)、実樹(みつき)、未来(みらい)
  • や行:悠(ゆう)、由希(ゆき)
  • ら行:澪(れい)、玲苑(れおん)
  • わ行:若樹(わかき)

歴史上の人物風の可愛い名前(男性も女性も)

  • あ行:葵(あおい)、晶子(あきこ)
  • か行:薫(かおる)、琴美(ことみ)
  • さ行:早妃(さき)、聡子(さとこ)、史織(しおり)
  • た行:尊子(たかこ)
  • な行:寧々(ねね)、徳子(のりこ)
  • は行:初音(はつね)、仁海(ひとみ)
  • ま行:御幸(みゆき)
  • や行:弥生(やよい)、紫(ゆかり)
  • ら行:瑠璃(るり)
  • わ行:若菜(わかな)

音の響きが可愛い名前

日本語は、「キラキラ」や「にっこり」など、直接に音響とは関係のない状態を描写するのに用いる擬態語が、世界の言語の中で2番目に多いと言われています。

日本の文化を代表するものの一つとしてよく挙げられる漫画は、擬態語が非常に効果的に用いられています。例えば、『北斗の拳』の「あたたたた」や「ブオガガガ」等はその最たるものの一つと言えるでしょう。

このように、日本人には、「音」を言葉で表現する独特の文化があります。そこで、ここでは音の響きが可愛い名前をご紹介します。

擬態語の可愛い名前

  • あ行:麗(うらら)
  • か行:雲母(きらら)
  • さ行:更紗(さらさ)
  • た行:知里(ちり)
  • な行:にこ
  • は行:ひらり
  • ま行:芽理(めり)
  • や行:由良(ゆら)
  • ら行:蘭(らん)
  • わ行:和久(わく)

「こ」と読むけれど、「子」の字を使わない可愛い名前

例えば、「さとこ」という読み方は今時ではないですが、漢字では「里湖」と書くような、「こ」とは読むけれど、「子」という漢字を使わない名前が出て来ているのをご存知ですか?

例年、ニュースでも話題の名前ランキングの1位から5位は、「葵」「さくら」「陽菜」「凜」「結菜」です。

また、同じく読み方ランキングの1位から5位は、「ハナ」「サクラ」「ユイ」「リオ」「アカリ」です。

これらの名前に共通していることは、「子」という漢字を使う名前も、「こ」と読ませる名前もない、ということです。

それにより、寧ろ「〇〇子」「〇〇こ」と読ませる名前の方が珍しく新鮮ということで、名前に用いたいという方が増えています。

しかし、「子」という漢字を使うと古めかしくなるので、「子」という漢字を使わずに、「こ」と読ませたい、という心理から出てきたのが、この現象の背景のようです。

ここでは、「子」の字は使わないけれど、「こ」と読ませる可愛い名前をご紹介します。

  • あ行:亜己(あこ)
  • か行:希湖(きこ)
  • さ行:聡心(さとこ)
  • た行:貴心(たかこ)
  • な行:虹心(にこ)
  • は行:遥瑚(はるこ)
  • ま行:真湖(まこ)
  • や行:佳香(よしこ)
  • ら行:莉胡(りこ)
  • わ行:和心(わこ)

古風な名前が人気!?シワシワネームは、逆に新しい!

上記の名前ランキングの1位から5位のうち、「葵」「さくら」は、古風な名前と言えるでしょう。

また、読み方ランキングの1位から5位のうち、「ハナ」「サクラ」も古風な名前と言えるかと思います。

なぜなら、「葵」は、平安時代の女流作家紫式部作『源氏物語』に登場する、主人公光源氏の正室の名前「葵上」に用いられています。

また、「さくら」も、その光源氏のモデルの一人と言われている在原業平が詠んだ歌で「世の中にたえて桜のなかりせば」という和歌が、『古今和歌集』に収められており、その頃には既に、さくらは日本を代表する花の一つとして認識されていたからです。

また近年、「歴女」「戦国女子」「刀女子」が台頭、歴史への関心が高まったり、若い実力派俳優や女優の名前が古風な名前の方が多かったり、日本古来の名前や文化への再認識が生み出した結果、古風な名前が脚光を浴びたと言えるのではないでしょうか。

ここでは可愛い古風な名前をご紹介します。

  • あ行:敦見(あつみ)、天音(あまね)
  • か行:薫子(かおるこ)、京香(きょうか)
  • さ行:早穂(さほ)、周華(しゅうか)
  • た行:妙(たえ)、千賀(ちか)
  • な行:菜穂(なほ)、野乃花(ののか)
  • は行:治美(はるみ)
  • ま行:まゆ、正美(まさみ)
  • や行:雪乃(ゆきの)、瑶子(ようこ)
  • ら行:麗華(れいか)
  • わ行:和香(わか)

カタカナの可愛い名前

カタカナは、ひらがなと同じく、漢字が万葉がなというかなとしての用法を経て、変化してしてできたものです。

カタカナは漢字で書くと「片仮名」ですが、これは、漢字の字体の一部をくずしたものが多くなっているからです。

戦前戦後あたりでも、「イトエ」や「トメ」等カタカナ表記は女性の名前に用いられることがありました。

しかし現在、小学校でカタカナを学ぶ際、カタカナは、外国の国の名前や都市の名前、外国の人の名前、外来品の表記に使用する、と教えて貰ったかと思います。

なので今は、カタカナの名前は、外国人っぽい名前の時に用いられることが多いです。ここでは、外国人っぽいカタカナ表記の可愛い名前をご紹介したいと思います。

  • ア行:アリサ、アリス、アン、アンナ、エアリ、エミリ
  • カ行:カレン、クレア
  • サ行:サラ、サリ、ジュリア、セナ、セリナ
  • タ行:チセ、トア
  • ナ行:ナナ、ナミ
  • ハ行:ハルア、ハルヒ
  • マ行:マアヤ、マミ、マリア、マリナ、マリン、ミラ、ミリア、モナ、モモ
  • ヤ行:ユア、ユリア
  • ラ行:ラン、リサ、リズ、リリア、ルカ、ルナ、レイア、レイナ
  • ワ行:ワオン

名前は親から贈られる、一生の宝物。この記事から、ピンとくる可愛い名前があれば、幸いです。

素敵な名前との出会いがありますように。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る