マタニティビクスを始めよう!スタジオの選び方と効果について

マタニティビクスを始めよう!スタジオの選び方と効果について
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

マタニティビクスは、妊娠中でも楽しくなるような軽快なリズムに合わせて体を動かす運動で、お腹の赤ちゃんにも配慮したトータルフィットネスとしても知られています。

お腹が大きくなっても継続できるようにプログラムされているほか、インストラクターが常駐して安全確認をしながら進めるため、安心して取り組めることが大きな特徴です。

マタニティビクスは5つのメソッドで構成されており、妊娠中の体の健康維持と、出産時に必要な体力をつける意味でも有効なものが多いです。

妊娠中の体重コントロールにも役立ち、産後の体型戻しにもおすすめの運動です。

そんなマタニティビクスをいつから始めれば良いのか、どんな内容なのか、実際に取り組む妊婦さんが感じる不安や疑問について細かく調べてみました。

大半がマタニティビクス初心者!やり方と効果を調査

マタニティビクスに取り組んでいる妊婦さんのほとんどは、妊娠前にエアロビクスに関わったこともなく、マタニティビクスが初めての方が多い傾向です。

音楽に合わせて体を動かすことが初めての方が多いので、皆スタートラインは同じです。

出産に向けた体力づくりや体重コントロールが目的の方、運動不足解消が目的の方、ママ友づくりが目的の方など、さまざまな目的の方がいるので、マタニティビクスを通してさまざまな情報交換もできます。

いろいろな楽しみ方がある中で、マタニティビクスの具体的な内容や、お腹の赤ちゃんと母体にどんな効果があるのか、さまざまな角度から調査してみました。

マタニティビクスの具体的な内容を紹介

マタニティビクスは、1回の工程が1時間程度かかるもので、通常であれば5つのポイントを押さえた流れで行われます。産院や各スタジオ、スクールなどで行う場合も、ほぼ同じ流れになります。

  1. メディカルチェック
  2. ウォーミングアップとストレッチ
  3. エアロビックパート
  4. フロアエクササイズ
  5. イメージェリー(クーリングダウン)

エアロビックパートやフロアエクササイズの内容は、実践する講師やスタジオによって異なることがありますが、大抵の場合は、体調のチェックを行い徐々に運動量を高めてクールダウンする流れになります。

特にクールダウンするときは、ゆっくりと呼吸を整えて、腹式呼吸を行います。出産に備えて呼吸法を学ぶこともあります。

最後の方になり疲れてしまう方もいますが、もうひと頑張りしておきたい部分です。

マタニティビクスで消費できるカロリーは、平均して300kcalと言われています。

内容によっても多少の前後はあるかもしれませんが、かなりの運動量になることがわかります。

ハードな運動は少ないものの、血行促進による消費カロリーは意外にも多く、妊娠中の体重コントロールに参加する方が多いことも納得できます。

マタニティビクスは抜群の健康効果あり!

マタニティビクスはリズミカルな動きや、ゆっくりでもしっかりとストレッチする動き、全身に関わる動きが多くあります。

そのため有酸素運動による基礎代謝の向上や、筋肉を鍛える効果が期待でき、腰痛の予防になることもあります。

この他にも抜群の血行効果があり、想像以上の高い健康効果があると言われています。

  • 運動不足の状態を解消、または改善できる
  • 体重維持、体重コントロールができる
  • 筋力を高めて腰痛や肩こりなどの各種マイナートラブルを予防
  • むくみやお通じ、足がつる症状を改善する
  • ストレス発散
  • 運動によりセロトニンが分泌され、気分がリフレッシュする
  • 体力や持久力が向上する
  • 出産時に使う呼吸法やいきみ方が習得できる
  • 出産時の出血量の軽減
  • 妊婦さん同士の交流ができる
  • 高血圧の改善と予防
  • 乳腺の発達を促し、母乳の出を促進する
  • 自律神経が整いつわりやその他のマイナートラブルを軽くする効果が期待できる
抜群の健康効果はこのほかにも多数あり、筋力や消費カロリーだけではなく、メンタル面にもリフレッシュ効果やストレス発散などの効果があることがわかります。

精神状態を良い状態でキープすることにも貢献しています。

マタニティビクスに通うときにあったら便利な持ち物

マタニティビクスをするときは、基本的に動きやすい服装が良く、決まった服装などはありません。

しかし先にも触れたように運動量が多いので、汗拭きタオルなどの備品があった方が良いです。

個人によってはメイク道具なども必要かもしれませんが、一般的にあったら便利な持ち物と、常備しておきたいものを紹介します。

  • 汗拭きタオル
  • マタニティビクス時に着る着替え一式
  • シューズ
  • くるぶしの上くらいまでの長さのソックス
  • 母子手帳と健康保険証
  • 通うスタジオやジム、スクールに関連した会員証やカードなど
  • 水分補給用の飲み物

マタニティビクスでは汗をかくことが想像できるので、着替えや汗拭きタオルなどは常にあった方が良く、できればマタニティビクスを行う場所で、更衣室やシャワーなどがあるかどうかを事前に確認しておくようにしましょう。

マタニティビクスは妊娠13週からOK!

マタニティビクスは通常妊娠の方なら13週から取り組むことができます。

これはあくまでも目安として考えておき、必ず13週に入ったから取り組むべきことというわけではありません。

また体調によってはこの限りではなく、つわりがひどい方や、眠い、体が重い、動くのが億劫だという状態の場合、無理して取り組む必要はありません。

あくまでも通常妊娠の方で、体調も落ち着いてマイナートラブルがない方なら、13週ごろから開始して良い目安となります。

マタニティビクスは医師の許可を得てからスタート

マタニティビクスを行うときは、事前に担当医に許可をもらうことが大切で、お腹の赤ちゃんと母体の健康状態をチェックしてもらい、問題ない状態で参加することが基本です。

許可を得ないでマタニティビクスに参加すると、何らかのトラブルが起こった場合、対応に困ることも出てきます。

必ずお腹の赤ちゃんと母体について、異常がなくマタニティビクスをしても良い許可を取ってから参加するようにします。

またいつまで続けて良いという期限はありません。極端に言えば健康状態に問題がなく母子ともに安定していれば出産までマタニティビクスを続けられるといっても過言ではありません。

常に無理をしないでお腹が少し張るときは休む、といったように柔軟な対応をしていくと、ある程度の期間は健康で楽しく続けることができます。

マタニティビクスを控えた方が良いとき

マタニティビクスは、母体と赤ちゃんの状態によっては控える方が良いケースがあります。

実践前のメディカルチェックで引っかかったときも含めて、マタニティビクスを控えた方が良いときは無理をして参加してはいけません。

  • 体が疲れているとき
  • 寝不足の状態のとき
  • お腹が張りやすいとき
  • 事前のメディカルチェックで控えるよう指導されたとき
  • 切迫早産や切迫流産の疑いがあるとき
  • 子宮頚管無力症や前置胎盤の状態のとき
  • 妊娠高血圧症候群の妊婦さん
  • 自然流産を3回以上経験している方
  • その他出血やだるさ、発熱などの明らかにいつもと違う体調のとき

マタニティビクスは無理をしてまで行うような、義務ではありません。

あくまでも妊婦さんと赤ちゃんの健康のために行うものなので、上記以外にも体調に変化があるときや、気分が優れないときには控えることも必要です。

マタニティビクスで健康な体とマタニティライフを!

マタニティビクスを行う方のほとんどが、初心者からのスタートです。妊娠をきっかけに始めることが多く、だんだん慣れてくるとハマる方もいます。

マタニティビクスは、健康的な体作りをすることに大きく貢献するものです。

運動することにより気持ちもさっぱりするので、妊娠中の不安な気持ちを解消することにも良い影響を与えます。

運動があまり好きではない方も、スタジオに顔を出すことでママ友ができるなどのメリットがあります。同じ妊娠中のママさんたちなら話も弾むことでしょう。

マタニティビクスは産後の体の回復にも良い影響を与えます。

妊娠中でも筋力をアップすることで、産後の体重の戻りも良くなることが考えられるので、無理をしない程度に取り組み、少し運動することを習慣づけていくことが理想的です。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る