産後のために買っておくべき骨盤矯正椅子!手軽に骨盤を引き締めよう

産後のために買っておくべき骨盤矯正椅子!手軽に骨盤を引き締めよう
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

赤ちゃんも無事に生まれて、お母さんはきっと幸せでいっぱいのことでしょう。赤ちゃんがかわいいあまりに、赤ちゃんにかかりきりになってしまうかもしれません。

でもちょっと待ってください。出産後のお母さんの体はとても疲れていますし、それだけでなく体型自体が妊娠前(通常時)と妊娠中に比べてまったく変わってしまっているのです。

出産後は、その変わった体型を妊娠前の通常の状態に戻すための、とても大切な時期でもあります。

特に気になることにひとつ挙げられるのは、骨盤が閉じていくことではないでしょうか?

骨盤がきれいに閉じてくれないと、体がゆがんでさまざまなトラブルに繋がることになると思っているお母さんもいるかもしれません。

そのとおり、骨盤がきれいに閉じることは、とっても大切なことなのです。一般的に骨盤矯正といわれているこの行為は、さまざまな方法があります。

その中でも今回は、骨盤矯正のできる椅子について見ていきたいと思います。

骨盤矯正の椅子は、座ったからといって劇的な変化があったり、一発で骨盤が正しく固定されたりするものではありません。

でも、出産後の体には、とってもメリットもあるのです。そのメリットや、使い方などについて見ていきましょう。

骨盤が正しい状態であることの大切さ

まずはどうして骨盤が正しい状態であることが大切であるかということについて、知ることが大切になってきます。骨盤は腰にありますね。

腰という字には、体のかなめという意味があります。これは腰は体にとって、とっても大切な部位(要=かなめ)ですよという意味です。そ

の意味のとおり、腰が正常な状態でなければ、全身に影響が及ぶのです。

骨盤が歪むとどうなってしまうの?

では腰、今回取り上げるのは特に骨盤ですが、歪むとどのような悪影響が出てくるのでしょうか?例えばこのようなことが挙げられます。

  • 全身の歪みに繋がっていく
  • 血行が悪くなる
  • 代謝が悪くなる
  • 腰痛が加速することもある

本当に、体全体に影響を及ぼしてしまうのですね。

体の歪みが健康的であるはずはありませんし、血行の悪さや代謝が落ちることは、体や心の状態を弱らせてしまったり、また太りやすくなったりと別のデメリットにも繋がっていきます。

長時間のデスクワークや力仕事の方などでは、お悩みの方も多いと思われる腰痛だって、悪化してしまうことがあります。妊娠中、そして出産後は、実は腰痛をとても起こしやすい状態なのです。

出産後は体がとても疲れているところへ、赤ちゃんのお世話をしなくてはいけません。赤ちゃんはかわいくても、お世話はとっても大変ですよね。

抱き上げたり、お風呂に入れたりと、無理な体勢を取らざるを得ないことも多いでしょう。そのために腰痛を起こしてしまうお母さんは、実は多くなっているのです。

このような腰痛ケアのためにも、それに繋がる骨盤のケアはとても大切になってくると言えるでしょう。

出産後に閉じていく骨盤

さて、このように大切な骨盤ですが、妊娠すると赤ちゃんをおなかで育てるために広がっていきますね。そして出産しておなかから赤ちゃんが出ていくと、だんだん閉じていきます。

この閉じていく過程が問題です。閉じていく時期に上手にケアをしてあげれば、骨盤がきれいに閉じるサポートができます。

逆に、骨盤に悪いことを続けていれば、きれいに閉じてくれることは難しいでしょう。

もちろん出産後に骨盤が閉じることは、人間の体が自然におこなうことのできる現象です。でも上記のように、生活状況によって、きれいに閉じられるかどうかまでは保証されていません。

なので骨盤矯正を心がけることは、きちんと意味があるのではないでしょうか?少なくともまったく放置してしまうよりは良いでしょう。

正しい姿勢を取るためのサポート・骨盤矯正椅子

このように骨盤矯正には、多くの意味やメリットがあることがおわかりいただけたと思います。では、今回取り上げた骨盤矯正椅子についてのお話に移ります。

どうして骨盤矯正に、椅子が効果的なのでしょうか?それはいくつかのメリットがあるためです。

手軽に使える

椅子であるので、基本的には座るだけで良いのです。これほど手軽なことがあるでしょうか?

ストレッチをしたりヨガやマッサージをしたりということも、もちろん大切でしょう。でもこれらは、どうしても「よし、やるぞ!」「やらないと!」という気持ちが必要になってきます。

でもこれは少しクセモノです。

「やる気が出ないなぁ」「なんだか体調が良くないし、今日はやめておきたいなぁ」などと思ってしまう日は、絶対にあると言ってもいいでしょう。

そんなとき、座るだけであったらどうでしょうか。人間にとって、座るという行為は日常です。

テレビを見るときであったり、本を読むときであったり。じっと座っている機会は必ずあるでしょう。

その座るときに、骨盤矯正椅子を使います。それだけで、骨盤矯正効果が見込めるのだとしたら、それはとっても手軽ですよね。

簡単に正しい姿勢を目指せる

そもそも正しい姿勢とはなにか?と聞かれて、すぐに答えられるでしょうか?ほとんどの方には、なかなか難しい質問であると思います。

もしくは正しい姿勢って、こういうものだよと知っていて説明できるとしても、ずっとその姿勢をキープできるでしょうか。

これも現代人にとっては、なかなか難しいことです。

そんなとき、正しい姿勢がどんな状態かを知識として持っていなかったとしても骨盤矯正椅子は、正しい姿勢でいられるように作られている椅子です。

それに座ることで、特別意識しなくとも正しい姿勢をとることができます。

自宅で使える

特に出産後に注目したい点ですが、骨盤矯正椅子は、自宅で使えるのです。妊娠中は、なんだかんだと体は大変ですが、赤ちゃんはお腹の中です。

赤ちゃんの状態が安定していたり、お母さんの体調が良かったりするタイミングでしたら、お母さん一人でも出かけることは可能でしょう。

でも、出産後はなかなかそれが難しくなってくるかもしれません。赤ちゃん、特に生まれて間もない赤ちゃんを気軽に外へ連れていくことは難しいですよね。

そんなとき、自宅で使えるというのは大きなメリットではないでしょうか?

赤ちゃんになにかあったときだって、ただ椅子に座っているだけですから、ぱっと移動することができます。

行動が制限されることが多くなりがちなお母さんにとっては、とても使いやすいものであるといえましょう。

骨盤矯正椅子の種類

ひとくちに骨盤矯正椅子といっても、いろいろな種類があります。いくつかを見ていきましょう。

椅子タイプ
まさに、見るからに椅子!という形をしているものです。骨盤矯正の効果を持つ目的で作られた椅子です。骨盤矯正というよりは、正しい姿勢で座り続けることを目的として作られた椅子といってもいいかもしれません。どちらかというと、お仕事で使う方向けかもしれませんね。
ソファタイプ
ソファのように床に置いておき、使うときにはそこへ座るタイプです。体をすっぽり包んでくれるものもありますので、リラックス効果もありそうです。
座椅子タイプ
ソファタイプよりは、もう少し手軽に使えるものです。座椅子なので、ソファよりは持ち運びがしやすいかもしれませんね。テレビを見たりするときに、床に座る姿勢のライフスタイルの方だと取り入れやすいかもしれません。

番外:クッションタイプ

これは椅子ではありませんが、参考までに見てください。

椅子の上などに置いて使えるクッションタイプの骨盤矯正の道具もあります。普通の椅子や床の上に置いて(敷いて)使うことで、骨盤矯正の効果が見込めるタイプです。

特徴はなによりもっとも手軽に使うことができるというところです。ものによっては、折り畳みができたりと持ち運びが簡単なタイプすらあります。

どうしてもお仕事などでデスクワークをしないといけない、というお母さんには、職場に持ち込んで使うことも出来そうですね。

いつ使うの?

これらの骨盤矯正椅子ですが、出産後のいつごろから使うのが良いのでしょうか?明確な時期は、出産後の体の回復具合など個人差が大きいものですので、はっきりとは決まっていません。

ただ、めやすとしては出産後、2~3ヶ月頃あたりです。

開いた骨盤は、半年ほどかけてゆっくりと閉じていきます。なので、2~3ヶ月頃から半年ほど使ってみるのが良いでしょう。

ちなみにいつまで使うものなのかということには、期限はありません。

もともと骨盤矯正椅子は、妊婦さんや出産後のお母さんのためだけに作られたものではないですよね。デスクワークの方などは、もともと腰痛の危険を気にしているかもしれません。

なので出産後一年ほどが過ぎ、骨盤の状態が安定したあとも使い続けるのはまったくかまわないでしょう。むしろ腰痛の予防になることも見込めます。

使うときの注意点

骨盤矯正椅子は、手軽に使えたりとメリットがとても大きいことを見てきました。でも、使うときに少し注意したいこともあります。

体をあちこちに動かさない

骨盤矯正椅子に座ったとしても、たとえばなにかを取ろうとしたりして、無理に手を伸ばしたり体を伸ばすのはおすすめできません。

骨盤矯正椅子は、きちんと座ることで効果を発揮してくれるものだからです。

なので、骨盤矯正椅子に座った状態で、手や体を過度に動かさないようにしましょう。できればしばらく同じ体勢で座っていられたら理想的です。

でもテレビを見るとき本を読むときなど、じっとしている機会も、そう少なくはないのではないでしょうか?

これらのことは、育児から少しだけ離れて自分の時間を持つことにも繋がります。あまり体を動かすことがない時間、リラックスタイムに取り入れてみるのも良いでしょう。

椅子はあくまでもサポート役である

ここまで見ていただいて、骨盤矯正椅子は、とっても優秀ね!と思っていただけたかもしれません。

ただ、それでも意識しておきたいのは骨盤矯正椅子は、サポート役に過ぎないということです。

冒頭で少し触れたように、座るだけで、すべてが解決する!というものではないのです。

  • 整体に通う
  • マッサージを受ける
  • ストレッチなどをする
  • 椅子に座っていないときも、姿勢を意識する

これらのケアと、併用して使うのが良いでしょう。ケアの方法はひとつではありません。いくつかおこなうことで、効果も大きくなることが見込めるでしょう。

有ると無いでは大違いの盤椅子

骨盤矯正椅子がどんなものであるのか、どのような効果があるのか、そしてどのように使うかなど。ここまでいろいろと見てきました。

骨盤矯正椅子はあくまでもサポート役ではありますが、そのサポート効果はなかなか優秀です。

骨盤ケアの一環として取り入れることを、検討してみるのも良いでしょう。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る