混合育児って何?知っておきたい混合育児のメリット・デメリット

混合育児って何?知っておきたい混合育児のメリット・デメリット
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

昨今は母乳育児の良さを出産前のプレママ教室などで、たくさん勉強します。雑誌や育児本などでも同様です。

母乳には乳幼児突然死症候群や、アレルギーの予防、出産したママの子宮の回復を手助けしてくれるなど、さまざまな利点があります。

赤ちゃんにもママにもいいことづくめですね。

けれど、母乳で育てなければ!というプレッシャーで混合育児に罪悪感を抱いたり、周囲から「母乳?ミルク?」と聞かれることにストレスを感じていると、育児が辛くなってしまいます。

「赤ちゃんに免疫をつけなければ」「この子を守れるのは私しかいない」、そんな真面目で責任感が強い人ほど授乳スタイルに悩みを抱えがちです。

ただでさえホルモンバランスが乱れがちで、慣れない育児に奮闘中なのですから、絶対に母乳でなければ!とかまえすぎないようにしたいものですね。

自分が必要であると思えば、ミルクを足して混合育児で賢く乗り切るのも母子ともにストレスなく過ごせるいい方法です。

ストレスは母乳の出が悪くなったり、ママの焦りが赤ちゃんに伝わって不安定になったりまるでいいことはありません。
混合育児でそのストレスが減るのなら、母乳オンリーよりもいい結果が出ることもあるでしょう。

それでは、混合育児と母乳育児。どちらにどのようなメリット・デメリットがあるのか詳しく見てきましょう。

母乳育児のメリットとは?

  • お金がかからない
  • 消毒や器具の準備、洗い物がないので場所を選ばない
  • 免疫がつき、赤ちゃんの健康面に自信を持てる

やはりママさえいれば安心、というのがメリットとしてとても大きいです。
金銭的な面でも、母乳オンリーならママの食費だけで済んでしまいますね。もし完全母乳であれば、免疫成分をたっぷりとれるので、感染症のリスクを減らしてくれます。

そして、今は授乳ケープなど便利で優秀なグッズもたくさん売っているので、外での授乳も座るところが確保できれば大丈夫でしょう。

母乳育児のデメリットとは?

  • 頻回授乳で乳首トラブルが多い
  • 実際に飲んでいる量が見えないので、満腹になっているのかわからない
  • 離乳食が始まるまで母親の体力への負担が大きい

乳首トラブルとは、頻回授乳で乳首に裂傷や、傷がきっかけで起こる血豆などのことです。母乳は消化がいいので、すぐお腹がすいてしまいます。
そのぶん授乳の頻度も上がるので、直接赤ちゃんが吸うことによるトラブルも増えます。

満腹になっているかわからなければ、しょっちゅう授乳すればいいのですが、乳首トラブルなどで思うように授乳できないと心身ともにママへの負担が大きくなります。

さらに、母乳は血液ですから赤ちゃんの飲む量が増えるほど貧血にもなりやすくなります。
夜中の授乳時も、母乳は消化がいいため、ミルクよりはひんぱんに目覚めて泣く子が多いのです。ママの寝不足からの疲労も心配ですね。

授乳の方法は簡単なぶん、ママ一人に負担がかかってしまいがちな母乳育児。けれど免疫やスキンシップの面では母乳に勝るものはないとも言えます。

混合育児のメリットとは?

  • 飲んだ量を目で確認できるので安心できる
  • ママ以外でも、めんどうを見やすい
  • 適度に休憩をとれるので、ママの疲労が軽減される

計量して授乳するので、何ml飲んだのか把握しやすいです。母乳が足りなさそうなときに、ミルクを足すとしっかり飲ませた安心感で、常に「赤ちゃんが空腹なのでは?」という心配が少ないです。

そして、夜中の授乳でも腹持ちのいいミルクをしっかり飲んで寝てくれれば、そのぶんママもじゅうぶんな睡眠がとれます。産後の回復期には強い味方です。
パパがお休みの日に、ミルクでお世話をお願いしてママはちょっとお昼寝…なんてこともできますね。

混合育児のデメリットとは?

  • 外出時の持ち物が増える
  • お湯の用意や洗い物をするので、授乳する場所を選ぶ
  • お金がかかる

哺乳瓶、粉ミルク、お湯、予備の乳首など外出時にたくさんの荷物が必要なところが大変ですね。ミルクを作る場所も、手が洗えて清潔なところを外出前に把握しておかなければいけないなど、気遣うことが増えます。

それらを一式そろえて、常に粉ミルクを切らさないようにするにも母乳育児よりはお金がかかります。

周囲がママだけに頼らず、赤ちゃんのめんどうを見られるところはママにとっても楽なのですが、少し手間がかかりますね。

どちらかに決めなければいけない?

さきほど紹介したように、混合育児にも母乳育児にもどちらにもメリットはあります。
本やプレママ教室などで学んでいく中で、「母乳のほうがいいのではないかな?」と考える方も多いでしょう。

けれども、どうしても乳首トラブルが解消されない。
ママが病気になってしまって薬を服用しなければいけない。
母乳の出が悪くなってきてしまった。
などの理由で混合育児にせざるをえないこともあります。

そんなときには「自分の育児はこうでなければいけない」というこだわりを、少しゆるめてみましょう。
出産した産院や近くの母乳外来を受診して、プロの意見を聞いてみるのもいい方法だと思います。

そのときの母子の状態を母乳外来できちんと話し、プロにアドバイスをしてもらえば一人で悩むよりも気持ちが楽になります。

赤ちゃんの個性や、ママの体質。それぞれの事情によって、授乳環境は大きく違います。

ときにはプロの意見を取り入れつつ、絶対にどちらかを選ぶのではなく臨機応変に対応していくのがベストなのではないでしょうか。

楽しい授乳期を過ごすために

完全母乳や完全ミルクに比べ、どちらでも対処できる混合育児はママにとても余裕をもたらしてくれます。

誰かに預けなくてはいけないときも、これでなければいけないという縛りがないためスムーズに物事をすすめられるでしょう。
適度に母乳をあげながら、ママの状態や赤ちゃんの空腹に応じてミルクをあげる。

混合育児ならどっちのメリットも、いいとこどりができちゃいます!

混合育児をうまく利用して授乳オンリーの時期を乗り切れば、じきに離乳食がはじまります。そうすれば授乳以外からもちゃんと栄養がとれるので、ママの悩みも減っていくでしょう。

離乳食が始まる頃には、コップでフォローアップミルクをあげたりなど、哺乳瓶以外の選択肢も出てくるのでさらに楽になります。

赤ちゃんもママも三人三様。
周囲の意見に左右されすぎず適度に情報を選び、赤ちゃんとの関わり方の中でベストな方法を決めていけたらいいですね。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る