喫煙後の母乳育児はNG?授乳中のたばこが赤ちゃんに与えるリスク

喫煙後の母乳育児はNG?授乳中のたばこが赤ちゃんに与えるリスク
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

ほとんどのママが、喫煙がおなかの中にいる胎児にどのような悪い影響を与えるか知っていると思います。

しかし、お産が終わり、自粛していたタバコを解禁してしまったママも少なくないのではないでしょうか。

授乳中の喫煙が赤ちゃんにどんな影響を与えるかをご存じですか?

残念ながら、まだ日本では授乳中のママの喫煙が乳児にどのような影響を与えるかについてあまり知られてはいません。

普段筆者は、

  • 「ストレスを溜めるくらいなら吸った方がいいと言われた。」
  • 「喫煙しているからといって授乳をやめるのは良くないと言われた。」

というセリフを喫煙しているママからよく聞きます。

しかし、少なからず喫煙するママを持つ赤ちゃんは喫煙をしないママを持つ赤ちゃんよりなにかしらのリスクにはさらされているのではないでしょうか。

そこで今回は、まだあまり知られていない授乳と喫煙の関係と赤ちゃんへの影響についてご紹介していきたいと思います。

授乳中にタバコを吸うリスクを知っておきましょう

たばこを吸うママが知っておくべきなのは赤ちゃんへのリスクです。

たばこが赤ちゃんに与えるリスクはなにも母乳からだけではありません。その他にも家族のだれかがたばこを吸う場合は赤ちゃんには様々なリスクが伴います。

ここでは、たばこが赤ちゃんに与えるリスクについて説明していきますね。

喫煙ママの母乳と赤ちゃん

喫煙後のママの母乳のニコチン濃度は、なんとママがたばこを吸った後の血液中のニコチン濃度の3倍になっているということをご存じでしたか?

たばこを吸ったことがある人は初めてたばこを吸った時を思い出してみましょう。それと同じような状況に赤ちゃんがなっていると想像するとぞっとしますね。

このようなニコチン入りの母乳を与えられてしまった赤ちゃんには下痢、脈拍増加、落ち着きのない様子、夜泣き、嘔吐などの症状がでることがあります。

中にはニコチン中毒と同じ症状をみせる赤ちゃんもいるようで、ニコチンがきれてくると不機嫌になり泣き出したりするそうです。

受動喫煙のリスク

忘れてはいけないのが受動喫煙のリスクです。

受動喫煙をした赤ちゃんには

  • SIDS(乳幼児突然死症候群)
  • ぜんそく
  • 気管支炎
  • 低身長
  • アトピー性皮膚炎
  • 虫歯
  • 中耳炎

などのリスクがともないます。

たばこを吸う家庭の赤ちゃんとたばこを吸わない家庭の赤ちゃんとを比較すると呼吸器関連の疾患にかかる頻度はたばこを吸う家庭の赤ちゃんはたばこを吸わない家庭の赤ちゃんに比べて3倍です。

ものすごく高いですね。

赤ちゃんと同じ部屋で吸わなければ大丈夫か?というとそうではありません。

同じ部屋で吸うよりは外で吸うほうが随分ましですが、たばこを吸った人の息からはしばらくは有害な物質は出ているのです。

では、最近はやりのアイコスならどうでしょう?

アイコスを使えば有毒な物質を9割カットできるということですが、1割は残っていますので影響はたしかにあるはずです。

またたばこに火をつけると出てくる煙「副流煙」は、たばこを吸う人が吸い込む煙「主流煙」の何倍も体に良くありません。

たかが1割、されど1割。

赤ちゃんの受動喫煙は絶対に避けるべきでしょう。

喫煙は母乳の分泌量を減らす

ママが喫煙をすると、母乳の分泌量が減るのをご存じでしょうか。

一日に4本以上たばこを吸うママの母乳量は、たばこを全く吸わないママの母乳量より10%から20%少ないそうです。

また、一日の吸うたばこの本数が多ければ多いほど母乳の量が少なくなっていくことがわかっています。

誤飲のリスク

こどもの誤飲のリスクも大きな問題です。誤飲事故で最も多いのはたばこです。そして、たった1本のたばこがこどもにとっては充分な致死量に値します。

たばこは食べると危険だということはみなさん聞いたことがあるでしょう。

でも、こどもにとってたばこがたった1本の誤飲で死んでしまうほど危険なものだとまでは知らない方も多いのではないかと思います。

たばこを吸うパパやママはたばこを置く場所にも気を付けましょう。

ついついテーブルの上にぽんなんて置いておくといつこどもが箱を開けて口にいれてしまうかわかりません。

いつもこどもの手の届かない場所に置くことを心がけてくださいね。

喫煙か母乳育児か選ぶべき?

ミルクを与えられている赤ちゃんと喫煙ママの母乳を与えられた赤ちゃんを比較すると、喫煙ママの母乳を与えられた赤ちゃんのほうがミルクを与えられた赤ちゃんより乳幼児突然死棒症候群の発症率が普通の赤ちゃんに比べて低いという結果が出ているそうです。

たばこの受動喫煙はSIDSのリスクを増やすけれども、普通のミルクを与えるよりも喫煙ママの母乳を与えるほうがSIDSのリスクを減らせるというわけです。

なんだかこんがらがってしまいそうにもなりますが、このような結果を踏まえ、現在日本では「喫煙をしていようといまいと、とにかく母乳!」と母乳育児を推奨する動きが強いです。

また、母乳を与えることでママにもメリットがあるのをご存じですか。

なんと母乳を与えなかったママと与えたママを比較すると母乳を与えたママのほうが後々乳がんの発症率が低いんだそうです。

出産後と授乳中は女性ホルモンのエストロゲンが減少します。

女性ホルモンであるエストロゲンに体がさらされた時間が長いほど乳がんを発症する率が高くなるんです。

毎日授乳をするママのエストロゲンにさらされる時間はミルク育児のママよりももちろん少ないですよね。

そのような理由で授乳は乳がんの発症率を低下させてくれるママにとってもありがたいものなのです。

どうしてもたばこを吸いたくなったら?

まだこどもがおっぱいを飲む時期というのは、抱っこ、夜泣き、おむつの交換、寝かしつけ、毎日毎日同じことの繰り返しですよね。

寝不足に産後のせいで体が以前のようには動かず、時間もないので自分のことなどかまっていられない日々。

そんな中、昔喫煙していたママがストレスからたばこを求めてしまうのは、ある意味自然な流れだと思います。

ある調査ではほとんどのママが妊娠期間は禁煙するそうですが、その中の4割ほどが出産後にまた喫煙を再開しているとか。

前にも話しましたが、たばこが与える赤ちゃんのリスクはたくさんあります。そこでたばこを吸いたくなった時はとにかく気を紛らわしましょう。

  • 体を動かす
  • 歯磨きをする
  • 熱いお茶を少しずつ飲む
  • 深呼吸をする
  • ガムを食べる

こうすることで自分の意識をたばこから離すようにしてみます。それで無理なら禁煙治療に通うことも良いですね。

それでもどうしてもどうしてもたばこが吸いたいというママはたばこを吸って3~5時間開けて授乳するようにしてみましょう。

母乳中のニコチン濃度はママがたばこを吸ってから3時間するとほとんど下がります。

この時点で母乳を与えてあげれば赤ちゃんがニコチンにさらされるリスクが下がりますよね。

とはいえ、誤飲や受動喫煙などのリスクも考えるとやはり喫煙ママにはかわいい赤ちゃんの為になんとかがんばって禁煙していただきたいなと思います。

ストレスは溜めないにこしたことは無いけれど・・・

いかがでしたでしょうか。

喫煙をしているママであっても母乳のメリットを考えると赤ちゃんの為にも自分の為にも母乳育児を続けたほうが良いでしょう。

ただ、その時にできるだけ赤ちゃんのリスクを考え

  • 喫煙後の授乳は3時間後までおく
  • たばこは絶対に子供の手の届かないところに置く
  • 喫煙する時は必ず子供から離れて吸う
  • 煙の臭いをあまりさせないようにする

といった工夫を心がけながら、あまりストレスをため込まないようにしてくださいね。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る