双子を妊娠する確率はどれくらい?出産を一回だけで終わらせたい!

双子を妊娠する確率はどれくらい?出産を一回だけで終わらせたい!
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

双子、三つ子の赤ちゃんは世の中にはいますよね。妊娠したとき、赤ちゃんが双子になることがあります。

双子の赤ちゃんはかわいいですよね。お揃いのお洋服を着せたり、両腕に抱っこしたり、もう一緒に並んでいるだけで「かわいい!」と思ってしまうことも多いでしょう。

なので、双子を出産することに憧れているお母さんもいるのではないでしょうか。

でも、この双子ちゃんを実際に授かれる確率はいったいどのくらいなのでしょうか?自分の身にもおこりうるくらいの確率なのでしょうか?

実は、ひとくちに「双子」といってもいくつか種類があるのです。そしてその種類によって、授かる確率は変わってきます。

今回は、双子の赤ちゃんが生まれる確率について見ていきたいと思います。


双子には二種類ある

まず、「双子」といってもいくつか種類があることについて知っておきたいところです。そしてこの種類によって、双子が生まれる確率は変わってきます。

一卵性双生児(いちらんせいそうせいじ)

ひとつの受精卵が、なんらかの原因でふたつに分裂して、二人の赤ちゃんに成長していく場合です。

この一卵性双生児の中でも「胎盤を共有している場合」と、「胎盤が別々である場合」があります。

一卵性双生児の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 外見が似ている
  • 血液型が同じ
  • 性別が同じ
  • DNAのほとんどが一致する

100%このようになるとはいえませんが、このような傾向があります。そして、一卵性双生児は、二卵性双生児に比べて生まれにくいといわれています。

これはなぜかというと、「偶然、受精卵がふたつに分裂すること」で双子となるからです。後述する二卵性双生児に比べて、ほかからの影響を受けにくいのです。

このような一卵性双生児が生まれる確率は大変低く、0.4%程度であるといわれています。

二卵性双生児(にらんせいそうせいじ)

ふたつの卵子が同時に受精し、それぞれ成長していって二人の赤ちゃんになる場合です。この場合は、胎盤は別々になります。

二卵性双生児の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 外見が似ていないこともある
  • 血液型が別になることもある
  • 男女であることもある

一卵性双生児の場合とは、少し違いが生まれることが多いのですね。これは、もとの卵子が別々であるためです。

二卵性双生児が生まれる確率は、一卵性双生児が生まれる確率よりも少し高くなっています。1%程度であるといわれています。

一卵性双生児との違いは、「外的要因によって、生まれやすくなる(妊娠しやすくなる)」というところです。その原因については、次の項で詳しく見ていきましょう。

双子になる確率が上がる?

もともと、日本人は双子になりにくい人種であるといわれています。だいたい80~100人に1人の割合であるといわれています。

しかし妊娠した際に双子となる確率が上がる、条件なども存在します。

お母さんが高齢である場合

お母さんが高齢出産である場合、双子になる確率はあがります。これは、お母さんが高齢になると、複数の卵子の排卵が起こる可能性があがるためです。

ちなみに「高齢出産」とは、お母さんが35才以上で赤ちゃんを産むことを指します。

不妊治療の影響

赤ちゃんをなかなか授からない場合、不妊治療を受けることもあります。その不妊治療の影響により、双子となりやすくなる場合です。

まずひとつ、「排卵誘発剤」を使用した場合があげられます。この場合、排卵が促されるので複数の卵子が同時に排卵されることがあります。

そのために、ふたつの卵子が同時に受精する、二卵性双生児となる確率が上がります。

そして、もうひとつ「体外受精」の場合も挙げられます。

この場合も、受精卵を複数胎内に戻すこともあるために、その場合はやはり、ふたつの卵子が一緒に成長することがあります。この場合も、二卵性双生児となります。

双子出産にはリスクもある

双子を授かる確率はこのようになっていますが、双子の妊娠や出産には、もちろんリスクもともないます。

一人の赤ちゃんの妊娠や出産でも、お母さんの体には大きな負担がかかりますが、それが二倍になるのです。負担の大きさは容易に想像できますよね。

具体的にはこのようなリスクが挙げられます。

  • 安全に出産するために、帝王切開になる可能性が高い
  • 早産になることが多い

また、一卵性双生児で胎盤を共有している場合も、リスクは高くなってしまいます。

これは、お母さんの体から栄養を受け取る胎盤がひとつであるために、栄養が二人にうまく行き渡らなかったりすることなどが挙げられます。

「双子を授かりたい!」と思ってお医者さんに相談しても、なかなか快諾してもらうことは難しいかもしれません。このように、いくつかのリスクがあるためです。

なので、無理を押して「双子が欲しい!」と目指すよりは、一人の赤ちゃんを確実にお腹で育てて産んであげるほうが、無理のない方法なのかもしれません。

ただし、「お母さんが高齢であるために、一回の出産でお産を済ませたほうが安全である」と判断される場合もあります。それはお医者さんの判断や、状況次第です。

双子が生まれる確率は意外と低い

かわいらしい双子ちゃんですが、生まれる確率は意外と低いものなのですね。

特に、外見がそっくりである一卵性双生児の双子ちゃんは特に魅力的かもしれませんが、生まれる確率が低くなっているということがおわかりいただけたと思います。

赤ちゃんは自然な授かりものですから、双子ちゃんがほしい場合も気負い過ぎず、「一緒にやってきてくれたら、それがご縁なんだなぁ」と、ゆったり考えられるようにしているといいかもしれませんね。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る