一重の子が二重まぶたになるのはいつ?赤ちゃんのまぶた事情!

一重の子が二重まぶたになるのはいつ?赤ちゃんのまぶた事情!
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

人間のまぶたの形には、「一重まぶた」と「二重まぶた」がありますよね。どちらかというと、最近では「二重まぶたのほうが人気がある」傾向があります。

それはなぜかというと、二重はやはり「目がぱっちりとして、大きく見えるから」ではないでしょうか?

女性であれば「かわいらしい」という印象になりやすいですし、男性であれば「明るく見える」という印象になりやすいでしょう。

お母さん自身が一重であったら、「二重に生まれれば良かった」「二重になるように、アイプチなどをしている」ということもあるでしょう。

なので赤ちゃんを授かったときに、「二重に生まれてきてくれるといいな」と望むこともあるかもしれません。

そんなお母さんのもとに産まれてきた赤ちゃんが、一重だったとしたら?お母さんとしては、「残念」という気持ちを抱いてしまうことがあるかもしれません。

でも実は、赤ちゃんは一重のまぶたの状態で生まれてくることが多いのです。「成長したら、二重になった」という例はたくさんあります。

これはいったい、どういうことなのでしょうか?

また、「赤ちゃんが一重だから二重にしたい」と思って、「なにか方法は無いのかな?」と思うお母さんもいるかもしれません。そんなときはどうしたら良いかについても、あわせて見ていきましょう。


赤ちゃんは、一重まぶたで生まれてくることが多い

まずは「赤ちゃんは一重で生まれてくるケースが多い」ということについて、詳しく見ていきましょう。

大人になったら二重になる体質を持っていても、「赤ちゃんや子どもの頃は、一重だった」というケースは実は少なくないのです。

自分が二重であるお母さんは、実際に自分のお母さんに聞いてみたら、「あなたも赤ちゃんの頃は一重だったのよ」と言われることもあるかもしれません。

大人になったら変わってしまうなんて、なんだか不思議な気もしますね。

でもこれには、ちゃんと理由があるのです。主にそれは「赤ちゃんの体形に関係がある」といえます。

生まれてすぐに、見分けることは難しい

赤ちゃんは生まれてしばらくは、眠っていることが多いですね。なのでまぶたは閉じていることが多くて、目を開けたところを見られる機会が少ないかもしれません。

もしくは、生まれた直後はしわだらけ。このときはもちろん、一重か二重かをはっきり知ることなんて、困難です。

「赤ちゃんが一重か二重か」ということがわかってくるのは、起きている時間が増えてきた頃です。

目を開けている状態を見られるようになってから、はっきりと、「一重なのか、二重なのか」ということが確認できます。

でもこの頃の赤ちゃんは一重をしていても、「一生、一重である」とは言い切れないのです。

むしろ、ほとんどの赤ちゃんが一重に見えるような状態なのです。

どうして一重のことが多いの?

この不思議な現象は、赤ちゃんの体形が大きく関係しています。

赤ちゃんは、ふっくらとまぁるい体型をしていることが多いでしょう。これは、体にむくみがあったり脂肪がついているためです。

なので、まぶたも同じ状態になっています。

まぶたにもむくみや脂肪の影響で、ぽってりとしていて、本来二重の体質を持っている赤ちゃんでも、一重に見えることがあるのです。

いつから二重になるの?

赤ちゃんの頃は、一重まぶたである、もしくはそう見えることが非常に多いことがわかっていただけたと思います。

では、二重の体質を持っているのであれば、いったいいつごろからそれがわかるのでしょうか?

答えは「個人差がとても大きい」といえます。赤ちゃんの体質や成長する環境、そして性格なども関わってきます。

早い子であれば、生後3ヶ月くらいから変化が見られます。

個人差のある原因

さまざまな要因によって、個人差に左右されると書きましたが、どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

それは、赤ちゃんが一重に見える原因である、「ぽってりとした体形」がどのように変わってくるかということが原因にあげられます。

赤ちゃんがだんだん体を動かすようになってくると、得たカロリーを消費することが多くなってきます。

そうなることで、むくみや脂肪がだんだん減っていき、「一重に見えている原因」がなくなっていくのです。

なので体を動かすことが好きな性格の赤ちゃんであれば、早いうちからカロリー消費が増えて、脂肪が減ります。

そのために早めに二重になることがあるかもしれません。

いっぽう、おとなしい性格の赤ちゃんだってもちろんいます。あまり体を動かすことに積極的でない場合もあるでしょう。そのときは、遅めになっても不思議ではありません。

赤ちゃんのうちに変化がみられる場合は、3ヶ月~1才頃に変化がみられる場合が多いようです。

成長してから変化する場合もある

ただし、これはめやすであり、やはり個人差が大きいです。1才を過ぎて、2才や3才になった頃に変化がみられることもあります。

場合によっては、思春期になる年ごろに二重になるケースだってあるのです。この場合は、ホルモンバランスが影響していると言われています。

思春期の年ごろには、女の子であれば女性ホルモンが、男の子であれば男性ホルモンが活発に働きます。

そのために女性らしく、もしくは男性らしくなっていくことで体型が変わり、まぶたの状態にも変化が表れるというケースです。

二重になる確率

このように、赤ちゃんの頃は一重でも成長してから二重になるケースは多いのですね。でも、もちろん成長しても一重のままである場合もあります。

大人で一重である方だって、たくさんいますものね。

では、そもそも二重のまぶたになる確率はどのくらいなのでしょうか?「一重まぶた」「二重まぶた」は、遺伝によって決まります。

二重は優性の遺伝子ですので、遺伝することは多くなっています。お父さんとお母さんの両方が二重である場合は、遺伝して二重の赤ちゃんが生まれる可能性は高いでしょう。

とはいえ、これだって確実ではありません。お父さんとお母さんの両方が二重であったとしても、一重の赤ちゃんが生まれることもあります。

両親より前の代の遺伝子が、関わってきている場合があるかもしれません。

赤ちゃんを一重から二重にするデメリット

ここまで見てきましたが、やはり「二重のほうが人気がある」というのは確かなことです。なので、「赤ちゃんのうちから二重にしたい」と思うお母さんだっているでしょう。

「赤ちゃんの頃からケアをして、二重になった!」という声も、実際に存在します。たとえば「マッサージをする」「綿棒などでなぞってクセをつける」などが、あげられます。

しかしこれは、あまり良いことではないでしょう。無理に外から力を加えたりするわけですから、このような危険が考えられます。

赤ちゃんのデリケートな肌に負担がかかる

赤ちゃんの皮膚はやわらかく、とても傷つきやすくなっています。いくら軽くマッサージをしたとしても、まぶたや目への負担になるかもしれません。

皮膚への負担が大きいため、大人の使うアイプチなどでクセをつけようとすることは、絶対にやめましょう。

目にキズがつく危険がある

綿棒など、いくらやわらかいものを使ったとしても、目にキズをつけてしまう危険があります。

そもそも赤ちゃんは、「どうしてこんなことをされるのか」など、理解できません。

なのでこのようにされることを嫌がり、暴れてしまうことだってあるでしょう。そうしたら、目にも危険が及びます。

ストレスを与えてしまう

赤ちゃんが一重であるからといって、「二重が良かったなぁ」「二重にならないかなぁ」などと、口に出してしまうことが、赤ちゃんにとってストレスになることがあります。

言葉の意味は分からずとも、お母さんが自分にがっかりしているという気持ちは、伝わってしまうかもしれません。

それがストレスになることだって、ありえます。

このような危険などが考えられますので、無理に外から力を加えて二重にしようとすることはおすすめできません。

また、過度に「二重が良かった」「二重にしたい」と望みすぎて口に出してしまうことも、あまり良いことではないでしょう。

一重まぶただって、魅力的!

いくら人気が「二重まぶた」であったとしても、一重まぶただって魅力はあります。一重の芸能人などもたくさんいますし、一重でも「美人」や「イケメン」と言われている人だって多いですよね。

なので、「絶対に二重でなければ、かわいかったりかっこよくならない」と言い切れるでしょうか?一重であっても、たとえばこのような魅力があるのです。

女の子の場合

クールな美人系に見えるというメリットがあります。また、日本人には一重の方も多いために、より和風美人、大和撫子的な美しさを出せます。

男の子の場合

やはりこちらもクール系に見えることが多くなります。「涼しい目元」と表現されるように、すっとしてスマートな印象を与えることもできます。もしくは男性らしい、きりっとした目に見られることもあるでしょう。

このように、一重まぶたには、二重まぶたにはない魅力があります。そもそも、本人の意思や希望がどうなるかだって、赤ちゃんのうちからではわかりません。

成長してから、顔だちや雰囲気などの好みが構築されて、「自分が一重で良かった!」と思うことだってあるでしょう。

無理をして二重にする必要があるとは限らないのではないでしょうか?一重だって、魅力的で個性的です。

赤ちゃん本人の、ありのままを愛してあげることにも繋がります。

それは「お母さんに愛されている」と感じられることで、赤ちゃんの健やかな成長に繋がるでしょう。

一重であっても二重であっても可愛い我が子です

もともと二重の体質を持っていても、赤ちゃんの頃は一重であることが多いメカニズムについて。また、一重まぶたならではの魅力についてを見てきました。

一重から二重になるメカニズムは不思議ですが、ちゃんと理由があったのですね。

そして、一重のままであったとしても、悪いことなどなにもありません。赤ちゃんの自然な成長を受け入れ、愛してあげることができると良いですね。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る