フォローアップミルクを使うタイミングはいつ?特徴と使い方を知ろう

フォローアップミルクを使うタイミングはいつ?特徴と使い方を知ろう
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

子育てアイテムのひとつ、フォローアップミルク。

あかちゃんに飲ませる粉ミルクとは違うのか、牛乳とは違うのか、いつ、どうやって飲ませれば良いのか、迷いますよね。

フォローアップミルクの特長や、飲ませ方の注意点などをご紹介していきたいと思います。

フォローアップミルクとは

フォローアップミルクとは、「離乳期幼児期用粉乳」とも呼ばれるもので、離乳期に入ったあかちゃんのためのミルクです。離乳期とは具体的に9か月頃~3歳頃を指します。

離乳とは、「授乳・離乳の支援ガイド」に定義されるところによれば、「母乳または育児用ミルク等の乳汁栄養から幼児食に移行する過程」です。

まだまだおっぱいを飲んでいても、栄養をおっぱいだけから摂取するのではなくなってくる時期、というわけです。

この9か月頃~3歳頃というのは、身長も体重もぐんと増える時期であり、鉄分が不足しがちになります。

そこで、乳児用調製粉乳(いわゆるあかちゃん用の粉ミルク)よりも、鉄分やたんぱく質、カルシウム、ビタミン類などが多く含まれるフォローアップミルクを、必要に応じて飲ませます。

フォローアップミルクと母乳の違い

フォローアップミルクは、母乳の代替品ではありません。

9か月未満のあかちゃんに母乳以外のミルクを飲ませるなら、フォローアップミルクではなく、乳児用調製粉乳を飲ませましょう。

フォローアップミルクと牛乳の違い

フォローアップミルクは、牛乳の代替品として捉えられていることが多いです。これはどういう意味なのか、ご説明してきましょう。

フォローアップミルクは、先にも述べた通り、母乳および乳児用調製粉乳の代わりではありません。

そうではなくて、これから先飲んでいくことになる牛乳に近い存在として、風味も牛乳に似せて作ってあるという意味で、牛乳の代わりと言えるでしょう。

ただし、フォローアップミルクには、牛乳では不十分な鉄分やDHAなどが補われていますし、牛乳よりもたんぱく質の分子が小さく作られているので、液体として飲んでも乳児の消化器官に負担がかかりにくくなっています。

実際、乳アレルギーさえないならば、ヨーグルト(プレーン、無糖)などの乳製品は、離乳食のかなり初期から食べさせることができますが、牛乳をそのまま飲ませるのは1歳を過ぎてからが良いとされています。

9か月以降、飲み物としての牛乳を飲むまでの橋渡し的存在として、フォローアップミルクを飲ませることもできます。

フォローアップミルクの飲ませ方

フォローアップミルクは、何歳何か月頃の子どもに、どのようにして飲ませると良いのでしょうか。

フォローアップミルクは食事の代わり?

フォローアップミルクは、離乳食や幼児食を食べる量が少なく、鉄分などの不足が心配なときに用います。

絶対に飲ませないといけないものではありません。

離乳食や幼児食で鉄分をしっかり摂取しようと思うと、赤みの魚やレバーなどを積極的に食べさせたいところですが、まだまだ好き嫌いも激しい時期ですから、用意したところで食べてくれないということも多いでしょう。

そんなときは、フォローアップミルクを飲ませると良いでしょう。

ただし、離乳期は幼児食への移行期間です。いつまでもミルクだけというわけにはいきません。

フォローアップミルクを飲ませていれば食事を摂らなくても大丈夫、というのではなく、あくまで不足する栄養を補給するためにフォローアップミルクを用いてくださいね。

フォローアップミルクは哺乳瓶で?コップで?

フォローアップミルクを飲ませるのは、何で飲ませたら良いのでしょうか。

結論から言うと、決まりはありません。

お子さんによって、ミルクは哺乳瓶でないと飲まないという場合もあれば、完全母乳で育ってきて哺乳瓶はうまく吸えないという場合もありますし、スパウトやストロー、コップが使えるようになってきたら、もちろんそれらを使えば良いと思います。

ただ、虫歯予防の観点からは、いつまでも哺乳瓶を利用するのはおすすめできません。

哺乳瓶で飲むと口の中にミルクが溜まっている時間が長いですし、おしゃぶり代わりに飲ませたりすることも増えてしまいがちで、虫歯になりやすいです。

よって、虫歯にならないためには、1歳をすぎたら哺乳瓶でミルクを飲ませるのは避け、飲んだら歯磨きをするようにしたいですね。

フォローアップミルクを飲ませる際の注意点

フォローアップミルクを飲ませるときには、どんなことに注意すれば良いでしょうか。

徐々にフォローアップミルクに切り替えましょう

9か月を過ぎたからといって、これまで飲んでいた乳児用調製粉乳を、いきなりフォローアップミルクに切り替えたりしてはいけません。

あかちゃんのおなかにフォローアップミルクが負担になってしまい、下痢をしたり便秘をしたりすることがあります。

ミルクの総量の一部をフォローアップミルクにするなど、徐々にフォローアップミルクの量を増やしていってくださいね。

栄養過多にならないように注意しましょう

フォローアップミルクは、鉄分などの栄養も豊富ですが、脂肪分や糖分も豊富です。

虫歯や、将来の肥満につながる可能性がありますので、フォローアップミルクの飲み過ぎは、お子さんの健康のために良くありません。

そもそもフォローアップミルクは、栄養不足を補うためのものであり、離乳食や幼児食からしっかり栄養が摂れているなら飲ませる必要がありませんので、お子さんの成長具合もみながら飲ませましょう。

また、フォローアップミルクを飲ませる場合も、メーカーの指定する目安量を守りましょう。

フォローアップミルクを嫌がるときは

まず大前提として、フォローアップミルクは、離乳食や幼児食からきちんと栄養が取れているのなら無理に飲ませる必要はありません。

鉄分不足に気を付けて、食事の用意をしてあげれば良いでしょう。

ですが、好き嫌いが多かったり食が細かったりするお子さんには、フォローアップミルクを飲ませたいと思う親御さんもいらっしゃいますね。

それなのに、お子さんがフォローアップミルクを飲んでくれないと、困ってしまいますね。

調乳したフォローアップミルクを飲むのをお子さんが嫌がるときは、お料理に使ってみると良いでしょう。

フォローアップミルクで作ったスープやシチュー、フォローアップミルクを混ぜたパンやホットケーキなど、牛乳の代わりに使うと良いですよ。

フォローアップミルクを上手に使おう

フォローアップミルクは、その成分に牛乳を含みますので、牛乳アレルギーのお子さんには飲ませることができません。

もし飲ませるなら、各メーカーから出ているアレルギー用ミルクを飲ませましょう。

フォローアップミルクは、9か月~3歳頃のお子さんのための、鉄分などの栄養を補給するためのアイテムです。

離乳食・幼児食で栄養が不足しているときに、飲み物として、あるいは食事の材料として、使ってみてください。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る