育児休業給付金はいくらもらえるの?受け取り方と計算方法

育児休業給付金はいくらもらえるの?受け取り方と計算方法
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

育児休業中は収入が減ってしまうのに、子育てって本当にお金がかかる…。ワ―ママにとって仕事を忘れて我が子との幸せな時間を過ごせる一方、経済的な負担が大きく圧し掛かる時期ですよね。

そんな時に知っておきたいのがまさに育児休業給付金なのです。これは、お勤めだった皆さまの中で育児休業制度を取得されている方々にのみ支給される給付金なのですが、ご存知でしたか?

これから仕事復帰までの期間、経済的な負担を少しでも和らげるために、いつ、どうやったら受け取れるのか、また目安としてあなた自身は実際いくら受給できるのか、そんな育児休業給付金にまつわる疑問を順を追ってみていきます。

育児休業給付金ってなに?

まず初めに、育児休業給付金について学んでいきましょう。育児休業給付金とは、その名の通り育児休業期間中に受け取ることができる給付金のことです。

具体的には、被保険者である皆さんが1歳または1歳2か月未満(育児休業期間を延長している場合は1歳6か月または2歳未満)の子供を養育するために育児休業を取得した場合に、育児休業を開始する以前の2年間で、賃金支払い基礎日数と定められる日数が11日以上ある月が12か月以上あると受給することができます。

育児休業給付金の支給額

支給対象期間(1か月)あたりの給付金の支給額は、原則、休業開始時賃金日額×支給日数の67%相当額 です。
 
支給額はまず、あなたの雇用主である会社や事業所から提出される休業開始時賃金月額証明書によって決められます。これを基に、育児休業開始6か月前の賃金を180で割って支払い日額を計算します。

次に、その数にひと月を30日として30を掛けて算出した額が賃金月額となりますが、この算出された賃金月額が447,300円を超える場合にはあなたの賃金月額は必然的に447,300円となります。

これに伴い、原則、「(休業開始時)賃金日額×支払い日数(1か月)」の67%相当額の上限額は299,691円です。一方、算出された額が74,100円を下回る場合は74,100円となると決められています。

尚、下限については毎年8月に見直されています。但し、各支給対象月の賃金額と、「賃金日額×支払い日数」の67%相当額の合計した金額が、先ほどと同じ式「賃金日額×支払い日数」の80%を超えてしまう場合には超えた額が減額されて支給されるようになっています。

それに加え、今算出した額が80%相当額以上となってしまうと、残念ですが給付金自体が支給されません。

さて、あいにくこの給付金は育児休業期間中ずっと一定ではありません。あなたが育児休業を開始してから6か月が経過すると、先ほど算出したいわゆる賃金月額にあたる「賃金日額×支払い日数」の67%相当額として計算していたものが50%相当額に引き下げられてしまいます。

ゆえに、先ほどと同様に原則にのっとって算出した「(休業開始時)賃金日額×支払い日数(1か月)」の50%相当額の上限額は223,650円となります。

パパママ育休プラス制度

ところで、皆さんはパパママ育休プラス制度をご存知ですか?これを利用した場合の支給額は多少異なってきますので後程ご説明したいと思います。

まず、パパママ育休プラス制度について触れておきましょう。この制度は、パパママが共に育児休業を取得するというもので取得方法は、両親が同時に育児休業を取得するパターンと、交互に取得するパターンの2通りがあり、この制度を利用すると最大で子の養育の為に1歳2か月まで休業することが出来ます。

従来通り、各親が育休を取得できる期間は最大で1年間ずつで変更はありませんが、昨今の改正で本来は連続した1回の取得が原則とされていた育児休業をパパが奥さんの産後休業期間に育児休業を取得している場合に限り、合計して1年間を超えない範囲で再取得が認められるようになり(パパ休暇)、益々両親で育児に取り組める環境が整ってきているように思います。

皆さんは、この制度を利用されましたか?もしくはこれから利用されますか?

パパママ育休プラス制度を利用した場合の育児給付金

続いて、当制度を利用した場合の育児休業給付金についてご説明します。こちらの制度を利用した場合は以下の要件をすべて満たした場合に限って、子供が1歳2か月に達する日の前日までの日に1年まで育児休業給付金が支給されます。

・育児休業開始日が、1歳に達する日の翌日以前の場合
・育児休業開始日が、配偶者が取得している育児休業期間の初日以後である場合
・配偶者が当該子の1歳に達する以前に育児休業を取得していること

また、ここで言う「1年」とは、奥さんは出産日から起算して産後休業と育児休業給付金を受給できる期間を合わせて1年になるのに対し、旦那さんは育児休業給付金を受給できる期間そのものが1年です。

尚、これを利用した場合の支給額の算出の仕方は先述した通りで、異なるのは両親ともに67%相当額(もしくは休業を開始して6か月経過した場合は50%)ずつが支給されるという点です。

給付金はいつ、どうやったら受け取れる?

続いて、給付金を受給するまでの手続きの流れをご説明します。

給付金の手続きについて

最初に、皆さんを雇用されている事業主の方が被保険者である皆さんが1歳または1歳2か月未満の子供を養育するために育児休業を開始する際に、管轄のハローワークへ休業開始時賃金月額証明書と育児休業給付受給資格確認票を提出します。

この手続きを経た後は、2か月に1度事業主を経由して支給申請日までに支給申請を行います。尚、初回の申請は休業開始日の初日から起算して4か月が経過する日の属する月末となっており、それ以降は提出期限に従います。

そして、被保険者である皆さんの希望があれば2か月に1度の支給を1か月に1度ずつにすることも可能です。

又、企業によっては労務や人事の方が担当していたり、もしくは外部委託したりするケースもあるようですが、育児休業給付金はこうして皆さんを雇用している事業主と、その事業所を管轄するハローワークとのやりとりによって2か月に1回あなたが指定した金融機関の口座に振り込まれるようになっています。

因みに、今回は一般的な事業主を経由した支給申請について説明して参りましたが、実は被保険者である皆さん自身が育児休業給付金の支給手続きを行うことも出来るとされています。

パパママ育休プラス制度を利用した場合の申請手続き

今度は、パパママ育休プラス制度を利用した場合の支給申請について説明していきたいと思います。(尚、パパママ育休プラス制度については先述した「パパママ育休プラス制度」をご覧ください。)

パパママ育休プラス制度を利用する場合は、子供が1歳に達する日の前日を含む支給対象期間までで申請を行う際に以下の書類に必要事項を記載して添付する必要があります。

・住民票の写しなど(支給対象者の配偶者であることを確認できる書類)
・配偶者の育児休業取り扱い通知書の写し又は配偶者の疎明書等配偶者が育児休業の取得を確認できる書類(配偶者が雇用保険の育児休業給付金を受給していない場合、又は支給申請書に配偶者の雇用保険被保険者番号の記載がない場合に限る)

育児休業の延長、どうなる育児休業給付金?

ワ―ママ達の悩みのひとつであるのがまさに、「子供が保育園に入れない」ですよね。保育園に入れないと復職も遅れてしまい、仕方なく育児休業を延長せざるを得ない方々も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ここからは育児休業の延長について、と延長した場合の育児休業給付金について学んでいきたいと思います。

育児休業の延長

まず、育児休業の延長が認められる理由には下記のようなものがあります。先ほど例に挙げた保育園に入れない、はもちろんですが実は下記に挙げたものも延長する理由として認められています。

そして、子供が1歳に達する日の前日までにいずれかの事由に該当し所定の手続きを経て育児休業の延長が認められますと、その子が1歳6か月に達する日の前日まで育児休業が延長され、それに伴い育児休業給付金も支給が継続されるようになっています。

そのうえ、その子供が1歳6か月に達する日までに保育園に入れない等、再び下記の事由に該当し、1歳6か月に達する日以後も育児休業を取得するような場合には最大でその子が2歳に達する日の前日まで休業も給付金の支給も延長されます。

育児休業の延長事由

1.保育を希望し申し込みをしているが1歳に達する日(1度延長をした場合は1歳6か月)までに認可保育園に入園できない
2.子供の養育にあたる予定であった方が次の①~④いずれかに該当する場合

 ①死亡したとき
 ②負傷、疾病もしくは精神上・身体上の障害により子供の養育が困難になった時
 ③婚姻の解消その他の事由により配偶者が子供と同居しないこととなった時
 ④6週間(多胎妊娠の時は14週間)以内に出産する予定か産後8週を経過していない時

育児休業の延長手続き

 さて、ここまで育児休業を延長できる理由と、育児休業の延長について説明してきましたが、ここからは具体的な育児休業の延長手続きについてみていきます。

育児休業を延長し育児休業給付金の支給も延長するためには、申し込みに係る子が1歳に達する日までに支給申請を行う際に、「延長手続きに係る支給申請書」に下記に示す必要書類を添付の上、提出する流れになっています。

【◆育児休業の延長事由1の場合】
・入所保留の通知書等(当面、保育が行われない事実を証明する書類)

【◆育児休業の延長事由2の①、③場合】
・世帯全員について記載された住民票 ・母子健康手帳

【◆育児休業の延長事由2の②場合】
・保育を予定していた配偶者の医師による診断書

【◆育児休業の延長事由2の④場合】
・母子健康手帳
◆育児休業延長に絡む様々な疑問
・育児休業と給付金の支給に期限はあるか?

育児休業延長に絡む様々な疑問について

さて、ここまで育児休業が延長されると、育児休業給付金の支給も延長されることを学んできました。

ところで、もしも子供が2歳に達するときも保育園に入れないだとか先ほど挙げた事由に該当した場合、育児休業は延長できるのでしょうか?また給付金の受給に期限は無いのでしょうか?ここからはこのような育児休業延長に絡む様々な疑問について考えていきたいと思います。

育児休業の延長最長期間が2歳までについて

まずは、ふたつの疑問からみていきます。こちらは、皆さんの中でもご存知の方が多くいらっしゃるかと存じますが平成29年10月1日に法改正が行われ、育児休業の延長が最長2歳までに引き延ばされたばかりです。

つまり、2歳に達する日以降については育児休業の延長は出来ず、給付金の支給も無くなります。

しかし、あなたを雇用している企業や事業所によっては最初から育児休業期間が3年間である、という人もいらっしゃるかもしれません。こういった場合は会社の就業規則に合わせ3年間(またはそれ以上決められている期間)育児休業は取得できますが、国で定めている法定規則の育児休業期間は子供が2歳に達する日までですから、育児休業給付金の支給も2歳以降はありません。

育休中に第2子を懐妊してしまったら?

続いてはこちらの疑問です。家族計画は各家族それぞれですから、年子や2歳差で兄弟(姉妹)を作ってあげたいと思うと育児休業を延長している中で直面しやすい悩みのひとつですよね。

さて、もし育休中に第2子を授かってしまったらどうなるのでしょうか?1人目の育児休業中に2人目の妊娠が発覚した場合、一般的なケースでは1人目の育児休業を最大限取得してから、そのまま2人目の産前産後休業ならびに育児休業に入ることが多いようです。

但し、会社の就業規則にもよりますが第2子妊娠が発覚した時点で第1子の育児休業が終了し、第2子の産前休業として捉えられてしまう場合があるので、育休中に2人目の家族計画をしている場合は予め勤務先の就業規則等を確認しておくほうが良いでしょう。

では、もしも育児休業給付金の支給期間に第2子の産休を迎える場合どうなるのでしょうか?

この場合は…
①第1子の育児休業を最大限まで取得し、給付金を受給し続ける
②第1子の育児休業を終了させ、第2子の産休を取得する
このどちらかをあなたが選ぶことになります。

今回はお金についてお話しているのでどちらが得か、という観点で述べさせていただきますと、その答えは②です。

なぜならば、産休中にもらえる出産手当金は標準報酬月額の2/3の金額ですから、大体の場合第1子の育児休業を延長して受給する50%相当額の育児休業給付金よりも出産手当金の方が大きくなるからです。

つまり、一番理想的であるのは第1子の育児休業を最大限取得し、それが終了するころに第2子の産休に入る、というものです。もちろん子供は授かりもので難しいですが、せっかくもらえるお金ですから出来る限り得をして上手に生活したいですよね。

さて、少し家族計画の話に逸れてしまいましたが、本題に戻ってみたいと思います。では、第2子を妊娠した場合の育児休業給付金がどうなるのか、について次は考えていきましょう。

これを考えるためには育児休業給付金が支給される条件を確認しておく必要があります。◆概要をご覧いただくと分かりますが、休業前の2年間で11日以上働いた日が12か月以上あれば良かったですよね。

つまり、第1子の育児休業期間に第2子の育児休業を連続して取得する場合には、職場復帰していませんのでそのまま1人目の時と同額が支払われることになります。

仕事復帰が出来なくなってしまったら?

続いて、育児休業を取得し生活する中でどうしても避けられないことが出てくるかと思います。

例えば旦那さんが異動になり家族で地方や海外に帯同することとなった、ご両親の介護を引き受けることとなった、など。こういった場合にはワ―ママの皆さんにとって予定していた職場復帰をやむなく諦めざるを得ない、状況になります。

このように、本来職場復帰する予定でいたが何らかの事情で仕事へ復帰出来なくなってしまったらどうすれば良いのでしょうか。

これはもちろん退職する、以外に答えはありません。

退職すると決めたらなるべく早くみなさんの雇い主である事業所や会社へ伝えなければなりません。最初は職場復帰を目指して育児休業を取得したとしても、先ほど例を挙げたように様々な弊害でやむなく復帰を断念する方もいらっしゃるはずです。

とにかくこういった場合には誠意ある行動が大事です。どうであっても会社側は退職を強要することは本来出来ませんので皆さんからのアクションが穏便に事を進める、と言えそうです。

その際、もしも会社から「さっさと辞めてくれ」なんて言われるようなことがあったならば、それは解雇に当たりますから離職理由を「解雇」とする離職票をもらうことをお勧めします。

育児休業給付金はいくらか

今度は、皆さん自身のことについて考えていきましょう。

冒頭にも申し上げたように、給与の支払いが無い育児休業中に貰える貴重な生活費の足しが育児休業給付金ですから、予めいくらくらい振り込まれてくるのか事前に把握できた方が生活するうえで助かりますよね。

では支給額を参考にして事前に把握しておきたいと思います。

実際に、自分の受給額を計算しよう!

それでは、最後におさらいとして育児休業給付金の計算をしてみたいと思います。

今回は計算が行いやすいよう、A子さんは休業前もずっと毎月30万円の賃金をもらっていたとします。

育児休業給付金は賃金日額×支給日数の67%相当額でしたから、1.49で割った20.1万円となります。つまり、A子さんの育児休業給付金は1か月あたり20万1千円ということがわかります。

同様に、育児休業開始から6か月が経過した後は50%でしたから2.0で割った15.0、つまり15万円になることが分かります。

次は、実際にあなたご自身の賃金日額で計算してみましょう。

育児給付金を有効に活用していきましょう!

さて、計算してみていかがでしたでしょうか。バリバリお勤めだった頃に比べたら確かに少なかったかもしれませんが、やはり育児休業給付金はワ―ママの皆さんの経済的な支えになってくれることには他ありません。算出方法を覚えておき、予め振り込まれる金額を知って有効に活用していきましょう。

 因みに、社会保険労務士法人アールワンさんが提供しているサイトでは出産予定日、子供の人数、勤め先の都道府県、毎月の額面給与、復帰時期を入力、ならびに選択すると簡単に受給できる育児休業給付金が算出されるようになっています。こういった便利なサイトも上手に活用して頂ければと思います。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る