高温期7日目の体の変化!着床出血ってどんな時に起きるの?

高温期7日目の体の変化!着床出血ってどんな時に起きるの?
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

高温期7日目になると、女性ホルモンの影響で体調に変化を感じる方も多いかもしれません。

そんなときに出血があると生理だと思うかもしれませんが、それは着床出血という、受精卵が子宮内膜に着床するときに起きる出血である可能性があります。


高温期7日目、何が体の中で起きているの?

高温期の7日目には、受精卵が子宮内膜に潜り込み、着床が進んでいる状態と考えられます。

しかし、排卵が予想した日よりもずれていて、まれにこの高温期7日目から着床が始まるという方もいます。

着床しつつあることで女性ホルモンの一種である黄体ホルモン(プロゲステロンとも呼ばれ、受精卵が成長しやすいように子宮内膜に栄養を蓄え、乳腺を発達させる働きを持つ)の分泌量が増え、体調不良を感じるかもしれません。

体調の変化の一例としては、

  • 頭痛
  • だるさや眠気
  • 胸の張りや痛み
  • 肌荒れ
  • 味覚・嗅覚の変化
  • オリモノの変化
  • 体温の変化
  • 気分の不安定
  • 下腹部や足の付け根の痛みや違和感(着床痛とも考えられます)
  • 胃のあたりの不快感、吐き気

などです。

出血があったけど・・・これは着床出血?

生理予定日よりも早くに出血があると、不安になると思います。

人によって症状や状態は異なりますが、それは着床出血の可能性があります。

どうして着床出血が起きるの?

受精卵が着床するために子宮内膜に潜り込むとき子宮内膜を傷つけてしまったために起きます。

着床するときに必ず起きるわけではないので、着床出血がない方もたくさんいます。

どんな状態・色をしているの?

サラサラの血の様なこともあれば、オリモノのような塊のこともあります。
色は、

  • 鮮やかな赤
  • くすんだ赤
  • ピンクがかっている
  • 茶色がかっている

など、人それぞれです。

どのくらいの量?

個人差がありますが、普段の生理時よりは少ないです。

  • オリモノにうっすら混じるくらい
  • 拭いた後のトイレットペーパーに少しついたくらい

など、いろいろです。

期間はどのくらい?

おおよそ生理予定日の一週間前から始まることが多く、1日で終わる方もいれば、2~3日ほど続く方もいます。

病院に行くべき?

この時期はまだ妊娠が確定したわけではないので、病院に行ってもはっきりしたことはわからないので、しばらく様子をみます。

ただし、生理予定日よりかなり早くに大量の出血があった、少量の出血が長く続くなどの場合は、着床出血以外の異常が起きている可能性もあるので病院に行ってみてください。

高温期7日目の過ごし方

体調が悪くなり、普段通りの生活を送ることが難しい方もいるかもしれませんが、無理はせず、できる限り睡眠をとり、栄養バランスのいい食事をとるように心がけてください。

体を温めることが大切なので、出血がある場合でも自宅での入浴は可能ですが、公衆浴場は避けましょう。

湯船に入ることに抵抗がある場合、足湯だけでも体は温まりますし、気分転換にもなります。

また、過度な運動は避けた方がよいですが、ウォーキングやストレッチなどの適度な運動は血のめぐりをよくして体を温めるので、試してみてはいかがでしょうか。

体調不良から、気持ちも落ち着かない時期ですが、なるべくストレスをためずに穏やかに過ごせますように!

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る