母乳育児で自然に痩せる?!母乳育児の脂肪燃焼効果とは

母乳育児で自然に痩せる?!母乳育児の脂肪燃焼効果とは
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

先輩ママからこんなことを聞いたことはありませんか?

  • 「母乳あげていたら自然に痩せた」
  • 「授乳中は食べても太らなかった」

母乳で痩せられるなんて、ママにとっても赤ちゃんにとってもこんな幸せなことはないですよね。

どうして母乳育児中は痩せることが多いのでしょうか?

その理由を見ていきましょう。

妊娠中についた脂肪は落ちやすい!

まず、妊娠中についてしまった脂肪は、女性ホルモンの影響により赤ちゃんを守るためについた「流動性脂肪」と言われる、水分をたっぷりと含んだ柔らかい脂肪なのです。

セルライトなどといった、かたく頑固な脂肪とちがい、ハードな運動やマッサージなどしなくても、無理なく普段の生活でも落ちてくれる優秀な脂肪なのです。

でも、気をつけて欲しいのは、脂肪を落としやすいのは産後6ヶ月以内だということです。

産後6ヶ月を過ぎると、水分の少ない通常のかたい脂肪になってしまうため、落としにくくなります。

太らないからと言って食べ過ぎたり、妊娠中から食べることが習慣になっている人は要注意です。規則正しい生活を心がけましょう。

母乳には脂肪燃焼効果がある

母乳は、血液がもとになり生成されていることから「白い血液」とも呼ばれています。

ママの摂取した栄養が「血液」になり、母乳へと移行する際、血液中の栄養が不足しないようにと、ママの身体に蓄えていた栄養や脂肪からまた、血液が作られています。
  • 母乳が生成されるために血液がつくられること
  • 赤ちゃんが母乳を飲んでくれること
  • 妊娠中についた脂肪が、産後落ちやすいということ

その産後の当たり前のような母親としての身体のメカニズムがカロリーを消費し、自然に脂肪燃焼へと繋がるわけです。

授乳中期間の母乳による1日の消費カロリーは、個人差もありますが500~800キロカロリーと言われています。

もっと体重を落としたいと考える人は生活習慣も見直してみましょう

赤ちゃんが「寝て起きて」を繰り返し、夜中の授乳もあるので、ママは食生活も睡眠も不規則になってしまいがちです。

まずは食べ方に気をつけることから始めてみましょう。

でも、早食いや暴飲暴食、だらだら小まめに食べ続けたり、一度にたくさん詰め込むような食べ方は禁物です。

1日朝、昼、夕の3食のリズムをなるべく崩さずに、間食したいときは、スナック類やジャンクフード、ケーキなどの高カロリーなお菓子ではなく、ヘルシーな野菜スティックなどを選びましょう。

どうしても口さみしいときは、長く噛んでいられるスルメなどに置きかえましょう。

できるだけの家事をする

赤ちゃんが起きているときは抱っこしたり、おんぶしたり、赤ちゃんをあやしながらの「ながら運動」や、こまめな掃除、洗濯などの家事も立派な運動になります。

産後すぐは、動きすぎも禁物ですが、産後1ヶ月を過ぎたら少しずつ重い腰をあげ、できるだけこまめに動くようにしましょう。

主食はやっぱりパンよりご飯

ダイエットでも同じことが言えますが、パンはバターなどの乳製品や砂糖などが含まれ、あまりお腹にたまらないため、たくさん食べてしまいがち。

小麦粉やイースト、食品添加物なども母乳の質と味を低下させ、欲しい栄養はあまり摂取できずに脂質や糖質などのカロリーだけを余計に摂取してしまう危険性があります。

もしパンを食べたくなったときは、菓子パンではなく、甘さ控えめやバターが入っていないベーグル、天然酵母のパン、米粉パンなど良い原料を見て選ぶといいでしょう。

ごはんなら、もち米系ではなくうるち米など普通の白米がベスト。

玄米も普段ならダイエットに向きますが、良く噛まないと消化不良を起こしやすいのでおすすめできません。

白米が飽きるという方は、白米にあわやひえなどの雑穀を加えたり、野菜やきのこなどで炊き込みご飯にしたりとバリエーションを増やすと代わりばえがするので楽しめます。

痩せやすいのは今だけですが、無理は禁物です

もっともっと痩せたいからと言って、食べる量を減らしたり、激しい運動を続けるのは体にとっても赤ちゃんにとってもよくありません。

体型を早くもとに戻したい・痩せたいと思う気持ちだけではなく、赤ちゃんの身体にも健康的な食べ物を選びましょう。

ママにとっても赤ちゃんにとっても幸せになれる方法で、無理のない赤ちゃんと楽しめるダイエットにしましょうね。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る