離乳食作りを楽にするブレンダーの選び方や活用方法をチェック!

離乳食作りを楽にするブレンダーの選び方や活用方法をチェック!
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

離乳食を作る際には、食べ物をペースト状にする必要があるため、時間や手間がかかります。料理だけをするのならまだいいのですが、お母さんは赤ちゃんのお世話もしながら離乳食の準備をしなければいけないのですから、少しでも手間を省けると便利ですよね。

そんな時にあると便利なのが、ブレンダーです。ブレンダーがあれば、時間がかかる裏ごしをしなくても、短時間で食べ物をペースト状にすることが可能です。さらに、目詰まりが起きないなどの理由で、後片付けも簡単です。

そこで今回は、離乳食作りを楽にしてくれるブレンダーの選び方や、活用方法をチェックしましょう。

ブレンダーってどんな家電製品?実はミキサーと同じものです

最初に、ブレンダーとはどのような家電製品のことを言うのか、確認しましょう。

ブレンダーとミキサーは同じ家電製品を差す言葉!

ブレンダーとは海外で使われている呼び名で、日本ではミキサーと呼ばれているものがブレンダーに当たります。つまり、ブレンダーとミキサーは同じものだと考えていいわけですね。

近年では、海外に合わせて国内でもブレンダーと呼ばれることが増えています。

便利なのはハンドブレンダー!コンパクトな物が便利です

ミキサーというと、ガラスの大きな容器でできていて中に刃がある物をイメージする方が多いかもしれませんが、ミキサーの中にもハンドミキサーがありますよね。ブレンダーもミキサーと同じものなので、同様に片手で使えるハンドブレンダーがあります。

離乳食を作るたびにあの大きなミキサーを出して調理をするのはちょっと大変なので、離乳食作りに役立てることを考えているのであれば大きいものよりも片手で使えるハンドブレンダーがお勧めです。

ハンドブレンダーの中には、以下のような特徴を持つスティックタイプのものもあります。

  • コンパクトで使いやすい
  • 少量でも調理しやすい
  • 洗うのが簡単

手軽に離乳食を作ることを考えると、こういったタイプのものを選ぶと良さそうですね。

合わせて、収納についても考えたいところです。大きな物を買うと毎回片付ける必要がありますが、そうなると次に出すのが億劫になって結局使わなくなった、といったことも起こりやすくなります。その点で考えても、スタンドつきでキッチンに出しておけるようなコンパクトな商品を選ぶと便利ですね。

ハンドブレンダーには様々なものがある!使い勝手のいい商品を選ぼう

それでは、離乳食作りに便利なハンドブレンダーを選ぶ時に、チェックしたいポイントを確認しましょう。

商品によってできることが違う!機能も確認しよう

ブレンダーでは、以下のような作業をすることが可能です。

  • つぶす
  • 刻む
  • 砕く
  • 粉砕する
  • 泡立てる
  • 混ぜる

ですが、どのブレンダーでも全ての作業ができるわけではなく、つぶすことと混ぜることだけができるシンプルな機能の商品もあれば、アタッチメントが複数ついていてこれらがすべて1台でできる商品もあります。

離乳食は、進むにつれてだんだんとペースト状から粒を残した状態にと食べ物の状態を変化させていきますので、つぶすことと混ぜることだけができる商品よりも、刻む機能も付いている商品の方が長く使えますよね。

また、ブレンダーの機能を離乳食作り以外に活用しているという声もありますので、赤ちゃんの離乳食が終わった後も長く使うことを想定するのであれば、いろいろな機能つきの物の方が幅広く使えます。

逆に、ペーストにして混ぜることだけできれば後は問題ないと言われる方は、シンプルにつぶすことと混ぜることだけができるような商品を選べばいいことになります。

赤ちゃんが寝ている時作業することを考えて音の大きさにも注目しよう

赤ちゃんが起きている時はなかなか落ち着いて食事作りができないので、離乳食作りは赤ちゃんが寝ているうちに済ませてしまいたいと思われるお母さんは多いのではないでしょうか。

そこで、ブレンダーを購入する際には静音タイプの商品を選ぶようにすると、離乳食を作る時に赤ちゃんが目を覚ましてしまったということが起きにくくなります。

大きな音が急にすると赤ちゃんが驚いてしまいますので、音についても意識する必要があるんですね。これは、離乳食作りにブレンダーを使う時ならではの視点と言えそうです。

電源はどちらが便利?ご家庭の状況に合わせて選ぼう

ハンドブレンダーには、充電して使えるコードレスのものと、コンセントに差して使用するものがあります。

コードレスタイプのものには、以下のような特徴があります。

  • 電源不要でどこででも使える
  • 充電を確認する必要がある
  • 長期間使用していると電池の持ちが悪くなることも
  • パワーが弱めのことも

コードレスタイプのものは、電源が無くてもいいのでどこででも使えますし、電源を確保する必要が無いので他の家電と一緒に使いやすいというメリットもあります。ですが、使用する時に充電が無いと使えないので、充電をチェックする必要がありますし、またパワーが弱めな傾向にあります。

それに対して、コンセントに差して使用するものには、以下のような特徴があります。

  • パワーが強い
  • 電池の劣化を心配しなくていい
  • 電源の確保が必要で限られた場所でしか使えない
  • コードがひっかかり不便なことも

コンセントに差して使用するものは、パワーが強くいつも同じように使えというメリットがありますが、コードがある関係で電源がある場所でしか使えず、またコードが引っ掛かり不便に感じることもあります。赤ちゃんがいると電気ポットを使うことが多いことから、電源の確保が難しく感じるという方もいらっしゃいます。

パワーがある方がいいか、どこででも使える方がいいかなど、両者の特徴を比較して、希望やご家庭の状況に合わせて選ぶといいですね。

素材にも違いあり!

ブレンダーのアタッチメントには、大きく分けて金属でできているものとプラスチックでできているものとがあります。

それぞれの特徴は、以下の通りです。まずは、金属でできているブレンダーについて見ていきましょう。

  • 熱に強く熱いものも調理できる
  • 熱湯消毒も可能
  • 使う時に重い
  • 鍋で使うと傷つく

次に、プラスチックでできているブレンダーの特徴をご紹介します。

  • 鍋で使っても傷つきにくい
  • 使う時に軽い
  • 熱に弱い
  • 熱湯消毒が不可能

どちらが便利そうかを考えて、お好みの物を選ぶといいですね。

衛生的に簡単に使うためにお手入れ方法もチェックして

ブレンダーは赤ちゃんの食べ物を作るものですから、衛生的に使いたいですよね。だからといって、お手入れ方法が複雑だと、せっかくの手軽に離乳食を作れるというブレンダーのメリットが生かせません。

そこで、以下のような特徴を持つブレンダーを選ぶと、より衛生的に簡単に使えます。

  • 食器洗浄機が使える
  • シンプルな構造で洗いやすい
  • 分解が簡単
  • パーツの丸洗いが可能

ブレンダーを購入する時には、お手入れのことも考えて決めるようにしましょう。

まとめて作って冷凍保存も便利!ブレンダーは離乳食初期から役立つ!

それでは、離乳食を作る際のブレンダーの便利な活用方法を確認しましょう。

お粥も野菜も簡単調理!ブレンダーは離乳食初期から大活躍

離乳食初期は、お粥もすりつぶして食べさせますし、また野菜類もペースト状にします。

ブレンダーが無い場合はすり鉢を使ってすりつぶしたり、裏ごし器を使って裏ごしをしたりすることになりますが、これが意外に手間がかかりますし、また隙間にご飯や野菜が入りこんで洗いにくく、片付けに手間がかかることもあります。

ですが、ブレンダーを使うのであれば、スイッチを入れてすりつぶすだけなのでとても簡単です。

お粥なら、炊きあがった10倍粥にブレンダーが使えますし、ホウレンソウや小松菜といった葉物の野菜をペースト状にする時も、茹でた後ブレンダーでつぶせば食べさせることができます。

リンゴを使う場合は、刻んで煮たリンゴを冷ました後、ブレンダーでペースト状にするといいですね。

離乳食中期ではスープ作りなどに便利!

つぶす・混ぜるという2つの機能しか持たないブレンダーでも、離乳食中期にはスープ作りに役立てることができます。さつまいも・じゃがいも・かぼちゃ・白菜などの野菜を煮て、粉ミルクを調合したものと合わせると簡単にスープを作ることができます。粉ミルクではなく、豆乳を活用したという声もあります。

また、7倍粥にもブレンダーが活用できます。粒の残り具合を確認しながら、とろとろになるようにつぶすといいですね。

離乳食中期には鶏肉も使えるようになりますが、鶏肉を煮たものを野菜スープと合わせてブレンダーでつぶすといった活用法もあります。

離乳食後期にはパンケーキやおやきの材料作りなどに役立ちます

離乳食後期になっても、ブレンダーを役立てることもできます。

例えば、パンケーキを作りたい時に、茹でた野菜と小麦粉や牛乳(またはフォローアップミルクや豆乳)などをブレンダーにかけて使っていたという先輩ママさんの声もあります。

アタッチメントが付属されていて、みじん切りができる場合は、さらにブレンダーの活躍の場が増えそうですね。

多めに作って冷凍保存することも可能です

離乳食は、一度にたくさん食べるものではありませんよね。特に初期のころは少量しか必要ないこともありますので、まとめて作っておいて製氷皿・冷凍可能な小分け容器などを活用して冷凍し、必要な時に解凍して使うという先輩ママさんも多くいらっしゃいます。

ブレンダーを使って多めに作った食べ物を冷凍しておけば、後で解凍して使えるので便利ですね。

冷凍する際には、食べ残しを冷凍しないことや、使わないものは早目に冷凍することに気をつけましょう。また、1週間くらいを目安に使い切ることも大切です。

離乳食作りに便利なブレンダー、ご家庭に合った物を探してみよう

ブレンダーは、手間がかかる裏ごしやすり鉢でつぶすという作業を短時間でやってくれる、離乳食作りにとても便利な家電製品です。

特に便利なのが、片手でも使えるハンドブレンダーです。

ブレンダーには、つぶす・混ぜるといったシンプルな機能だけのものもあれば、それ以外にもみじん切りや泡立てなど他の機能を持つものもあります。それに、コードレスタイプのものもそうでないものもあるというように、製品によって様々な違いがあります。

今回ご紹介したブレンダーを選ぶポイントを参考にして、様々な製品の中から貴女のご家庭に合った物を探し、便利に使ってみてはいかがでしょうか。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る