自転車を快適移動空間に!親子で納得のチャイルドシート選び

自転車を快適移動空間に!親子で納得のチャイルドシート選び
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

子どもがしっかり座れるようになるとバギーより自転車が便利になる場面が増えていきます。

バギーを選んだ時のように自転車のチャイルドシートもしっかり快適なものを使いたい!対象年齢や体重の適切なものを選べるように目安を紹介します。

カバーやクッションなどの小物で自転車に乗るのがおっくうな寒い日でも喜んで乗れるような快適空間を作ってみましょう!

前は軽めで後は重め!前乗せかうしろ乗せか分かれる目安は15キロ!

チャイルドシートには前乗せとうしろ乗せがあります。体重の目安は15キロより軽いと前、重くなると後です。

重すぎると安全性に関わるので制限体重は遵守しましょう。子どもの発達は個人差が大きく、体格と理解の発達がリンクしているとは限りません。

「突然飛び降りたらけがをしてしまう」「運転中に急に体を動かすとママがバランスを崩して倒れる」などの理解が自分でできることが大事です。

精神面も考慮して前かうしろかを決めていきましょう。チャイルドシートを使用した場合の走行ルールを紹介します。

  • うしろでも乗せられるのは6歳頃まで
  • 幼児を2人乗せる場合は「幼児2人同乗基準適合車」を使い、ヘッドレストを前もうしろも付ける
  • チャイルドシートに乗せるときは子どものヘルメットの着用が義務付けられている

前うしろに子どもを1人ずつ乗せたい場合、将来的にでも2人乗せようと思う場合は、2人乗りの基準を満たす「幼児2人同乗基準適合車」を購入しましょう。

自分の持っている自転車が適合車ではない普通のママチャリだった場合は前かうしろか片方にしかチャイルドシートは装着できません。

リヤチャイルドシートはうしろ乗せチャイルドシートのこと!自転車用語いろいろ

幼児を乗せて走るには様々なルールがあり、自転車用語もいろいろあります。主に以下のものを覚えておけば選ぶときに役立ちます。

安全性についてのマーク

  • BAA:一般社団法人自転車協会の自転車安全基準適合マーク
  • 自転車本体に向けた安全基準のマークです。 前うしろで1人ずつ乗せたい場合、これがついているかどうかを見ましょう

  • SG:一般財団法人 製品安全協会が安全を保証したものにつけるマーク
  • >自転車にも製品に向けても認証があります。チャイルドシートに「SGマーク付き」と謳ってあることが多いです。ついていると安全性が高い目安になります。

BAAもSGもホームページでどのメーカーやどんな工場が登録されているか見ることができます。気になるメーカーがあれば事前に調べておくことも可能です。

気になる自転車用語

  • C27  など
  • 自転車のうしろの荷台の耐荷重量が27㎏ということです。クラス27と読みます。単に27、Max27などと刻印や明記してあることもあります。

    ちなみに荷台には18㎏、25㎏、27㎏とあり、チャイルドシートが取り付け可能なのは25と27㎏です。

    18㎏のものには取り付けができないので気を付けましょう。最近のリヤキャリアには重量のほかに「子ども用座席を載せることはできません」と注意書きがつきます。

  • 幼児2人同乗
  • 前にもうしろにも子どもを乗せて自転車走行することです。こぐ大人を入れて合計3人、3人乗りということになります。

  • 幼児2人同乗基準適合車
  • 自転車協会が定めた前うしろに子どもを1人ずつ合計2人乗せることが可能な自転車に貼られるマークです。

    BAAマークとともに「幼児2人同乗基準適合車」と書かれています。この自転車は前も後もヘッドレストがついているチャイルドシートでないといけません。

  • 軽快車
  • シティサイクルとも、ママチャリとも言い、よくある自転車の総称です。

自転車細部を示すカタカナ言葉

  • リヤチャイルドシート:後ろ乗せチャイルドシート
  • リヤキャリア:自転車の後輪についている荷台
  • フロントチャイルドシート:前乗せチャイルドシート
  • ヘッドレスト:頭を乗せる部分、耳まで囲えるものも多い
  • ハイバック:頭の部分まである背もたれ

ちなみにヘッドレストもハイバックも同じ意味で使われていることが多いです。見てみるとわかるのですが、ハイバックはヘッドレストにもなっています。

シートベルトは3点式、5点式が主流

前のせチャイルドシートの一部に2点式というものがありますが、ほとんどのチャイルドシートは5点式、そのほかは3点式が多いです。

  • 2点式:腰を固定(左右から2本の紐で真ん中1点だけ留める)
  • 3点式:腰と固定し股下から真ん中で留める(腰を留めるのに2本、股下から1本紐が出ている)
  • 5点式:3点式に+肩回りを固定できるタイプ(3本+肩左右2本で合計5本の紐で固定)

固定箇所が多い分、点数が多いほうが体がシートにぴったりするので安全性が高いと言えます。

チャイルドシート搭載自転車を買えば楽ちん、後付けするなら持っている自転車が生かせる!

最初にチャイルドシート搭載の自転車を買ってしまう場合は、自分で安全性を確かめたり、重量を気にしたりする必要がなく楽です。

幼児2人同乗基準適合車という名前で売っていることが多く、前うしろ両方、うしろだけ、前だけとすべての希望にかなうラインナップです。

最初から子どもを乗せるように設計されているのでまたぎやすい高さにサドルがあったり、車輪が小さめにされていたりして安全性も高いです。

自分の自転車に後付けする場合

もともと持っている自分の自転車に後からチャイルドシートを付けたい場合は自転車の仕様を変更しないといけない箇所があります。

また、「幼児2人同乗基準適合車」でない限りは装着できるのは前かうしろか片方だけです。

前乗せチャイルドートを付けたい場合はハンドルの形に注意しましょう。ハンドルがU字になっていることが必要で、ストレートハンドルには基本的に装着できません。

軽快車はほとんどがU字型ですが、たまにストレートハンドルのものがあるので自分の自転車を確認してください。

足まですっぽり隠れる、かご型の前乗せチャイルドシートに乗せたい場合は最初から標準装備されている子ども乗せ自転車を買いましょう。

うしろ乗せチャイルドシートの場合は以下2点のチェックが必ず必要です。

  1. リヤキャリアが25㎏か27㎏対応のものであること
  2. スタンドが両足スタンドであること

通常の1人乗り自転車は片足スタンドが多いですが、チャイルドシートを乗せる場合は必ず両足にしないと倒れます。中でも特に安定性の高いL字型がおすすめです。

またチャイルドシートはリヤキャリアに取り付けるので、ない自転車にはまずリアキャリアを装着、もし18㎏までのものがついていたなら取り換えとなります。

スタンドもリヤキャリアも自転車やさんで数千円(自転車のタイプによる)で装着、付け替えをやってもらえます。あとは好きなチャイルドシートを乗せるだけです。

自転車やさんへ持ち込みもOK!プロに任せて安心取り付け

チャイルドシートの取り付けは自転車やさんでしてもらえます。自分で取り付けることもできるようですが、安全が一番大事なのでプロにお願いしましょう。

基本はそのお店で買ったチャイルドシートを取り付けてもらうことになりますが、インターネットなどで購入して持ち込んでも基本は受け付けてくれます。

ただし、取り付け工賃が持ち込みの場合は2倍程度になるところが多いようです。お店によって取付工賃が違うので確認してみましょう。

参考までに、家の近所の自転車やさんは基本取り付け工賃が500円のところと800円のところがありました。

持ち込みによるチャイルドシートの取り付けは両店とも「2倍いただきます」とのことでした。

工賃は店によって設定が違うので、頼もうと思うところには事前に聞いておきましょう。

付け替えたり、工賃が発生したりと面倒もありますが、自転車本体を買わなくて済むのでチャイルドシート搭載自転車を購入するよりも安く上がることが多いです。

チャイルドシート付電動自転車を買う

子どもを乗せて走ると重くなって坂道などが大変なので、電動自転車を買う人も増えています。

チャイルドシート搭載の電動自転車はリヤキャリアのフレームも太くがっちり強化されており、海外ブランドかと思うようなデザインのものも登場しています。

ただし高くて(10万円以上)、自転車本体が重いです(30㎏以上)。自転車を持ちあげてくるっとUターンさせたりはとてもできません。

充電が切れてしまったときに坂道を転がして上がらなくてはいけない事態になったりすると非常に大変です。

自転車の種類によるチャイルドシート装備と装備後 チャイルドシート標準装備 後から装着 電動でチャイルドシート標準装備
重量 重め ほかの2つより圧倒的に軽い 30㎏以上で重い
値段 4万円~が多い 種類によって1~3万円程度 10万円以上
安定性 大変よい 普通の自転車なので最初ふらつくことも 大変よい

チャイルドシート自体が3,4㎏、総重量に気をつけよう!

子どもを乗せるチャイルドシートには重量制限(目安)があります。チャイルドシート自体が3,4㎏あることを忘れないようにしましょう。

  • 前乗せチャイルドシート:お子さんが15㎏まで(目安)
  • 後ろ載せチャイルドシート:チャイルドシート本体の重量+子どもの体重=リヤキャリアの耐荷重量(27なら27㎏以下)
幼児2人同乗(前と後ろに1人ずつ乗せる)の場合:制限体重は合計で30㎏まで

例えば27㎏までOKのリヤキャリアに4㎏のチャイルドシートを乗せる場合は27-4=23で、子どもが23㎏まで目安として乗せられます。

もし前にも子どもを乗せている場合、前の子どもは7㎏程度でないと安全基準が満たせないことになります。

前乗せとうしろ乗せの目安 推奨年齢 身長・体重の目安 メリット デメリット
前のせ 12ヶ月以上48ヶ月未満(2歳) 100㎝以下・15㎏以下 子どもは前で爽快・親は子どもを見張っていられる ハンドルが重くなってバランスを崩すことも
うしろ乗せ 12ヶ月以上~72ヶ月未満(6歳) 115㎝以下・22㎏以下 前乗せより長期間使える 子どもの様子が見られないので急に動かれるとバランスが崩れて危ない

後ろに乗せる場合は運転中監視できないので、子どもがで外せないシートベルトを選んだり、急に動いたりしないように言い聞かせないと転倒してしまいます。

その点からいっても体格が大きくても年齢が上がってきてから使うのがおすすめです。

後ろに1人しか乗せない場合、前が軽すぎて浮いてしまい慣れない間は不安定です。安全なところで練習をしてから道路に出ることをおすすめします。

後ろに1人しか乗せない場合、前が軽すぎて浮いてしまい慣れない間は不安定です。安全なところで練習をしてから道路に出ることをおすすめします。

BAAやSGマークを基本にヘッドレスト・シートベルト・重量をチェックしよう!

実際に選ぶとき、知っておくと便利なチャイルドシートのチェック項目をご紹介します。

  • BAAマークやSGマークがついている
  • チャイルドシートそのものの重量
  • 衝撃吸収率
  • シートベルトが何点式か
  • ヘッドレストのある・なし(ハイバックかどうか)
  • ステップの調整ができる・できない

この辺りを確認していくと自分の求めるチャイルドシートを探しやすくなります。BAAとSGマーク、シートベルト、衝撃吸収率は座席の安全性を図る目安にしましょう。

あとはステップの調整ができるなど、細部の仕様は自分や子どもの「好み」による判断になります。

安全基準のマークSGとBAAは見逃さないようにしよう

SGマークは製品の安全が認定されたお墨付のようなものです。自転車用幼児用座席(チャイルドシート)にもついているものとそうでないものがあります。

SGマークを付けるには審査や認証を受けねばならないので、安全な製品の目印になります。

登録されているメーカーや工場は一般法人製品安全協会のHPで確認することができ、チャイルドシートメーカー大手のOGK技研の工場も登録されています。

BAAマークは自転車協会が定めた自主基準に適合しているかどうか厳しく審査された自転車に貼るマークです。

貼付メーカーは一般社団法人自転車協会のHPで確認することができ、ブリヂストンサイクルやヤマハ発動機など大手の電動自転車メーカーも登録されています。

チャイルドシートのそのものの重量もチェック

重量制限があるので、チャイルドシート自体の重量も気になります。ついているステップの種類、ハイバックと呼ばれる背もたれのあるなしでも重さが変わります。

前乗せは軽いもので1,7㎏、後ろ乗せも2.7㎏から4.4㎏程度まであります。自転車やさんに行くと実物と一緒に製品の仕様が書いてあることが多いので比較しやすいです。

衝撃吸収率は高いほうがいい

ヘッドレスト付きのものは衝撃吸収率が明記されていることがあります。吸収率90%のヘッドレストも存在します。

ぶつかったなどのときの衝撃をどれだけ緩やかにするかを示したものなので、パーセンテージの高いほうが良いと言えるでしょう。

ただし、衝撃吸収率はあくまでもヘルメットをしていることを前提としていますので忘れないようにしましょう。

シートベルトが何点式かで安定性が分かる

体が揺れないように固定するシートベルトは安全のかなめ。シンプル着脱のものから複雑で子ども自身では外せないようなものまでさまざまです。

背もたれなしで、腰までのチャイルドシートには、肩を固定するシートベルトがつけられず、3点式です。背もたれがあるものはほとんどが5点式です。

ヘッドレストのある・なし(ハイバック式かどうか)も重要

頭を寄りかからせる部分がヘッドレストです。頭の側面までをぐるっとカバーしています。

取り外し可能なものも多いです。自転車が横に倒れたときにヘッドレストがないと頭周りがノーガードになります。ヘルメットとヘッドレストがあるとなお安心です。

また、万が一走行中子どもが眠ってしまったとき、ヘッドレストがないと左右にゆっさゆっさとゆれてしまい大変危険で走行できません。

実際に子どもが寝てしまうと前のめりになることが多く、ヘッドレストがつきでも揺れてしまうこともあります。

ただ背もたれがあるとシートベルト5点式がほどんどなので、肩がある程度固定されているため揺れは少なくなるようです。

ステップの調整が細かくできるものもある

子どもにとって足がブランブランとしている状態は落ち着かないようです。ステップ(足置)は調整がきかないワンサイズのものもあります。

また身長が低い頃から高くなるまで足が着地するように高さ調節して使えるものもあります。

後ろのせには背もたれがなく、腰くらいまでの高さのものもある!

背もたれのないものは、重量が軽くてコンパクトです。部品を倒して自転車かごにできるタイプが多く、子どもが乗らなくなっても邪魔になりません。

シートベルト3点式で装着が簡単なのと、自分で乗り降りしやすいので子どもに言って聞かせることができる年齢からがおすすめです。2歳からが推奨と明記されています。

ただし、寝てしまった場合は走行が大変危険になり、レインカバーを含むカバー類はヘッドレストを使って装着するので特殊な形のものでないとかけられません。

このタイプのチャイルドシートはうしろ乗せで子ども1人を乗せるだけに使用できます。前にチャイルドシートがついている場合は付けられません。

仕様を把握したら気になるデザインや色!人気の国内ブランド ブリヂストン・OGK

事前に色々な色や形があることを知っておけば自分で選ぶことができますね。街中で意識してチャイルドシートを見ていると様々なデザインが目に入ってきます。

子どもが乗っている姿も参考になりますので買おうと思ったら検索だけでなく街中でも注意してみましょう。

国内2大メーカーのOGKとブリヂストンからよく見かけて使いやすいものを中心に紹介します。

とにかくよく見るOGK

自転車用品の専門メーカーであるOGK。「見たことがある」チャイルドシートほとんどOGKのものと言ってもいいほどです。

中でも細部のあらゆる調節が可能で安全性を追及したシリーズがコンフォートリヤキッズシート(後ろのせ)RBC-011DX3です
 

  • ハイバック式でヘッドレスト部分が可動し高さ調節が可能
  • ステップも4段階調節が可能
  • 5点式シートベルト
  • 製品重量4.4㎏

色はレッド・ブラック・ブルー・ピンク・オレンジ・グリーンの6色展開で黒を基調としているので、どの色もシャープでかっこいい!です。

FBC-011DX3という前乗せの同じシリーズがあるので前後でそろえたいときにもおすすめです。

非常によく見かけるのがこちらのRBC-009DXF3-B2(後ろ乗せ)です。

  • かごに変身させることができる
  • ベース台がついて4.6㎏
  • 着脱が簡単
  • 5点式シートベルト
  • 色はブラック・グレー・ベージュの3色展開

ベース台がついていて、対応パーツであれば簡単に着脱ができます(フリーキャリーシステム)。例えばチャイルドシートを外してかごに交換することも可能です。

このシリーズはチャイルドシートそのものをかごにすることもできます。ステップの調節はできませんが、お値段はコンフォートシリーズよりも少し安いです。

またこちらアクティブコンパクトリヤキッズシートRBC-009S3(後ろ乗せ)も人気があります。

  • 重量2.7㎏
  • かごに変身できる
  • 3点式シートベルト

色はブルー・グレー・グリーン・レッドで基調が黒、グリーンのみ黒とグレーの5色展開です。

ヘッドレストなしで、ステップの調整もできませんが、とにかく軽い!そして価格もほかのシリーズよりぐんと安くなります。

乗せるのにも手間がかからず、素早くさっそうと出かけられます。ただし幼稚園に上がったらなど、年齢が上がってきてからが使いやすいです。

ヘッドレストがないのでうしろにお子さん1人だけを乗せる場合に使えます。

ブリヂストンサイクルのチャイルドシート

自転車も製造しているブリヂストン。こちらも街中でよく見かけるチャイルドシートです。

ルラビーデラックスFCS-LD2(うしろ乗せ)

  • 重量4.5㎏
  • シートベルトがSGマーク認証で5点式
  • 3人乗り対応

色はグレーとブラック・レッド・ブラウンで4色展開です。SGマーク付きのシートベルトや3人乗り対応など、子どもを2人乗せる場合を想定した設計です。

人気の海外ブランドも装着することができます

鮮やかな色合いでデザインもちょっと違う、海外ブランドも人気です。よくみかけるメーカーは以下のブランドです。

・Hamaxハマックス:ノルウエーのブランドでリヤキャリアに直接ではなく、後輪の上に浮くような形で取り付けします。直接振動がお尻にひびかず乗り心地快適です。

・Yepp イエップ :オランダのブランド。通常シートと座る部分のクッションが別の色で2色使が多い中、シートのみの潔い1色使いです。

突出してすっきりしたデザインでカラーバリエーションは12種類。特殊樹脂なので座り心地もなかなか!

・TOPEAK トピーク:台湾のブランド。特筆すべきなのは、子どものおなかの上にセーフティーバーがあり、安全性を高めていること。

クッションがついたバーなので握り心地もよいようです。

海外のブランドは装着できるかも含めて自転車整備士さんに相談するようにしましょう。

取り扱いしている店も国内メーカーより少ないので、事前に調べておいたほうが賢明です。

チャイルドシートは最初から標準装備、電動アシスト自転車

子どもを乗せるなら電動にしてしまおうと思う方もいるかもしれません。最近の電動アシスト自転車は車輪も小さくコンパクトな設計です。

デザインもよく、最初から外国製のようなチャイルドシートが装備されているものもあります。

メーカーとシリーズ名が対応できるとより選びやすいので各社のシリーズ名を紹介します。

パナソニック:Gyutto [ギュット]シリーズ
加工や製造・組立・梱包まで一貫国内生産で安全に配慮しています。小型大容量バッテリーで1週間毎日乗っても充電切れの心配がありません。

電子キーなので電源ONと同時に開錠します。

ヤマハ:PAS UN [パスアン]シリーズ
うしろ乗せチャイルドシート標準装備なのがPAS Babby un[パスバビーアン]、前のせチャイルドシートが標準装備のPAS Kiss mini UN[パス キスミニ アン]です。

前乗せのチャイルドシートは足がすっぽりかくれるコクーンルーム(繭)と呼ばれるシリーズで3段階の高さ調節も可能です。

乗る人のこぐ力を見極め最適なアシストをし、スムーズなこぎ心地を実現しているのは発動機メーカーならでは!

ブリヂストン:bikke [ビッケ]シリーズ
クマのロゴが印象的なビッケシリーズ。とにかく見た目がおしゃれな電動自転車です。

安定性、大きさ、デザインで3シリーズに分かれています。パーツに様々な色や柄があり、自由に組み合わせて自分好みの1台をつくれるのも魅力!

シートやクッションで寒い日も快適なチャイルドシートづくり

チャイルドシートを取り付けたらより子どもが喜んで座れる空間づくりを目指したいということで、工夫できることをご紹介します。

防寒にも使える!レインカバー

冬の寒い日、風の強い日はなるべく自転車に乗りたくないもの。そんなときに子どもの気分を上げてくれるのがレインカバーです。

チャイルドシートをすっぽり覆い、風よけにもなり、シートの劣化も防ぎます。むき出しで走るより暖かいのも頼もしい点。

基地のような自分の空間は子どもは嬉しいようですよ!自転車の種類によっては専用のカバーでないと取り付けできない場合もあることには注意しましょう。

街中で見かける頻度が高いレインカバーとそのブランド名を紹介していきます。

LAKIA [ラキア]:
かなり多くのチャイルドシートに取り付けられています。遠くからでもよくわかる鮮やかな6色展開で、星マークの限定品や迷彩柄などもあります。

足まですっぽり隠れるので防寒性もあります。透明なシート部分をくるくる丸めて上につけておけるので、蒸れずにちょっと風をよけたいときにも役立ちます。

うしろにポケットがついていて小物を入れるのにも役立ちます。お値段はやや高めで8000円前後です。

Active Winner[アクティブウィナー]:
透明シート部分が広く、丈夫です。ブラック一色ですがかっこよく仕上げてあるので、パパが使うのにも問題なし!

生地が丈夫で暖かく防寒性にも優れていると評判です。丈夫で視界もクリアな作りなのに値段がお手頃で4000円前後です。

Little Kiddy’s [リトルキディーズ]
骨組みがあるのが特徴で、折りたたむことはできない代わりにヨレたりせずにしっかりとした空間を確保。

子どもも喜ぶカプセルのような形で見た目も可愛いので見かけると「おお!?」と思うカバーです。全面が透明で解放感抜群!お値段はやや高めで8000円前後です。

H@lello- Kids[ハレーロキッズ]
OGK技研製なのでOGKのチャイルドシートにぴったり装着できると評判です。上部と下部が分かれていることが特徴で、上部は透明シートで芯が入っていいます。

カプセルのような形にもなり、上部だけくるくるまくこともできて便利です。お値段はやや手ごろの5000円前後です。

maruto[マルト]
生地が薄めなため軽くて通気性がよいところが特徴です。値段は3000円から4000円前後とお手頃です。

マルトシリーズと同じ大久保製作所製でフルトというポンチョ型のカバーもあります。なかなか個性的なデザインです。

クッションを敷くとおうち感がアップ!

どのチャイルドシートにもゴムのシートが敷いてあり、それだけでもよいのですが、お気に入りの柄のクッションが敷いてあるとスペシャルな感じがしますね!

自分で好きなものを作ってもいいですし、100円ショップなどでもちょうどよいサイズがあります。

自転車に括り付ける紐がついているとずりおちる心配もありません。大事なのは子どもが好きな色やキャラクターの生地を使うことです。

手作りや家のものを使ってつくる防寒マフ

レインカバーでなくても大きな布をてるて坊主のようにすっぽりかぶって防寒する手もあります。

好きな布で作れて、細かく図ったりしなくてもいいので自分でも作れます。子どもの好きな生地で作ってみましょう。

家にあるひざ掛けなどでもりっぱな防寒具になりますよ!

チャイルドシートに子どもを乗せているときの注意点

とにかく何より先に子どもを下ろしましょう。荷物を先に下ろしたりするとバランスが崩れて危険です。

子どもを一人で乗せたままにしないようにしましょう。たとえ30秒だけ、ちょっと忘れ物を取りに…でもやめましょう。

子どもが1人で立ち上がったりするとすぐに自転車が倒れます。シートベルトが自分で外せない場合は大惨事になることもあります。

1人で乗せられている状態は子どもにとっては心細い状態なので、ちょっとの間だけでもいちいち下ろすことが大切です。

使いだすと4,5年は使うチャイルドシート。安全性乗り心地にも配慮したお気に入りが見つかるといいですね!

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る