赤ちゃんのゲップを出すコツって何?合言葉は「軽くトントン」

赤ちゃんのゲップを出すコツって何?合言葉は「軽くトントン」
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

なかなかゲップがだせない!
授乳の途中で寝ちゃった!

こんなとき、一体どうしたらよいのでしょうか?

ゲップをさせた方が良いと言われているけれど、なかなか出ない場合があって、困ってしまいますね。

ゲップは、赤ちゃんが授乳時に一緒に飲み込んだ空気を外に出すために出てきます。そのため、あまり空気を含んでいない赤ちゃんはゲップが出にくいことがあります。

空気が入っているのにうまくゲップができない場合は、横になったときに苦しくなるので、なるべく早めにゲップを出してあげたいものです。

ここでは、ゲップをさせる理由を取り上げ、上手にゲップをさせるコツや、眠ってしまったとき、どうしたらよいかをご紹介します。

知っておきたい! ゲップをさせる理由は何?

産院では、授乳指導のときに「授乳したらゲップをだすように」と言われます。

それはなぜでしょう。その理由は2つあります。

1つは、『赤ちゃんが自然にゲップするときに、お乳も吐き出してしまうから』です。

成長すると、赤ちゃん自身でゲップを出せるようになりますが、月齢が低いうちは自分でゲップを出すことが難しく、自然に出たとしてもお乳を一緒に吐き出してしまうことが多いのです。

お乳も一緒に吐いてしまう理由として、赤ちゃんの胃の入口が緩くなっていることがあげられます。

大人のイメージする胃の形とは異なり、赤ちゃんの胃の形はとっくりのようになっているのです。

これも成長するうちに大人の胃の形に近づくため、緩さがなくなり、お乳を吐くことが少なくなっていきます。

こうして、月齢の低いうちに自然とゲップが出ると、寝てばかりの赤ちゃんは吐いたものが気道に入ってしまうことがあります。

できるだけ、ママがゲップを出してあげて、安心して眠れるようにしてあげたいですね。

赤ちゃんにゲップをさせる2つめの理由は、『お腹に空気が溜まっていると苦しいから』です。

大人でもゲップをしたいときはありますが、すっきりとゲップができる場所でないとき、我慢しなくてはいけません。

そんなとき、とても辛いですね。

赤ちゃんは、出したいゲップが自分では出せない上に、寝かされて起き上がれません。とても苦しいので、眠っている途中でも目がさめて泣き出します。

「ゲップを出したい」、「眠たい」といった欲求で大泣きしてしまうことがあります。

赤ちゃんが眠る前にゲップをさせて、ゆっくりと眠らせてあげると、ママも赤ちゃんも心地よく過ごせるはずです。

「軽くトントン」で乗り切ろう!赤ちゃんのゲップを出すコツ

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ母乳をうまく飲めず、空気を一緒に飲み込んでしまいます。

飲み方がうまくなれば、ゲップをしなくても、おならとして空気を外に出すことができます。

また、お座りをしたり、自分で体を起こしたりできるようになれば、ママがゲップをさせなくても、自然にゲップが出せるようになります。

成長して、自分でゲップが出来るようになるまでは、ママが手伝ってあげましょう。

「軽くトントン」がゲップをさせるコツ

ゲップをさせるには、以下の2つの方法が有効です。向きの違いはありますが、どちらも背中を軽くトントンたたいてあげるようにします。

【方法1 たて抱っこでトントン】
1 赤ちゃんの頬が肩のあたりにくるようにして支え、たてに抱きます。
2 背中をかるくトントンして、ゲップをさせます。

ゲップと一緒にお乳を吐いてしまうことがあるので、ガーゼやよだれかけを用意しておくと良いでしょう。

首のすわっていない赤ちゃんは、たて抱っこで首を支えながら行うと安定しますが、ゲップが出ないときは、方法2を試してみて下さい。

【方法2 前屈みにおすわりでトントン】
1 首が据わっていない赤ちゃんは、ぐらぐらしないようにあごを支えるか、抱きかかえながら前屈みにお座りをさせます。
2 背中を軽くトントンして、ゲップをさせます。

どの方法でもなかなかゲップが出ない場合は、背中を下から上へさするのも有効です。

それでもゲップが出ないときはどうしたらよいのでしょうか?

次で見ていきましょう。

すぐにゲップが出ないときはどうすればいい? 対処法

5分以上、たて抱っこや前屈みにお座りさせて背中をたたいても、全くゲップが出ないことがあります。

そんなとき、赤ちゃんはすでに眠りかかっていることがあります。

赤ちゃんが眠たいときは、ゲップを出すのを一時中断して、横向きに寝かせてあげましょう。

少し時間が経つと、自然と空気がのぼってきて、苦しそうにしたり泣き出したりします。

そのときに、もう一度背中をトントンしてゲップを出してあげます。

授乳後に眠ってしまった赤ちゃんは横向きにしよう

赤ちゃんはおっぱいを飲むとき、たくさんの体力をつかいます。

月齢が低いほど、すぐに疲れてしまって、それほど飲んでいないのに眠ってしまう場合がよくあります。

授乳後に眠ってしまった場合は、ゲップを出すのが難しいので、そのまま寝かせてあげてください。

寝かせるときは、必ず横向きにして寝かせます。

眠っているときにゲップがあがってくることがありますが、飲んだお乳も一緒に吐きだしてしまうことがあります。

仰向けだと、吐いたときに気管に入ってしまうおそれがあるので、かならず横向きにし、様子を見るようにしてください。

うまく横に向けない場合は、丸めたタオルなどを背中の後ろに置いて、仰向けにならないようにします。

このとき、仰向けにはなれませんが、うつぶせになる可能性はあるので、ゲップが出るまではしっかりと様子を見ていましょう。

ゲップが出れば、タオルを取り除いて、仰向けで寝かせても大丈夫です。

どうしても横向きが心配な場合は、上半身を高くして寝かせると吐きにくくなります。

傾斜が大きすぎると赤ちゃんがずり落ちてしまうので、見守れる状態で上半身を高めに調節してあげましょう。

授乳後に眠ってしまったら、赤ちゃんの様子を見守ろう

ゲップをせずに眠ってしまった赤ちゃんから見えない場所で家事をしたり料理をしたりしていると、赤ちゃんの変化に気づきにくくなってしまいます。

苦しくなって大声で泣いてくれれば、駆けつけることができますが、吐いたものが詰まってしまった場合、気づくことができません。

できるだけ、赤ちゃんの見える範囲で過ごすようにし、少しの変化を見落とさないようにしましょう。

ゲップの悩みは工夫次第!ミルクの時の注意2つ 

     
空気を一緒に飲んでしまう赤ちゃんは、よくゲップをしますが、空気をあまり飲まない赤ちゃんはゲップが少なくなります。

特に、ほ乳瓶でミルクを飲んでいる赤ちゃんは、飲むときに乳首の中に空気が入っていたら、ミルクと一緒に空気も飲み込んでしまいます。

ミルクを飲むときは角度をつけて、乳首がミルクでいっぱいになっているのを確認しながら与えてあげましょう。

また、何度も乳首を離しながら飲む赤ちゃんも、空気を含みやすいです。

乳首を離す原因として、以下のものがあげられます。

  • 乳首のキャップをしめすぎている
  • 乳首の穴が小さすぎる

これらが原因で、ミルクがなかなか出てこず、乳首を離しがちになってしまいます。

ほ乳瓶でミルクを与えるときは、空気を飲み込まないよう工夫してあげると良いでしょう。

母乳もミルクもコツを身につけて授乳ライフを楽しもう!

母乳でもミルクでも、赤ちゃんの飲み方によってゲップの出やすい子や出にくい子の違いがあります。

授乳後は背中を「軽くトントン」を忘れずに行ってあげましょう。

しばらく続けているうちに、こうするとげっぷが出やすいな…というポイントが、見つかります。

トントンよりさすった方が出やすかったり、少しうつぶせにした方がでやすかったりと、赤ちゃんによって違いがあります。

そうして繰り返していると、赤ちゃんもママも、次第にゲップを出すのが上手になってきます。

うまくいかないうちは悩んでしまいますが、一つ一つやりやすい方法を探りながら、赤ちゃんとの生活を楽しんでいきましょう。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る