離乳食の時期に使いたい!赤ちゃんと我が家にとってのベストな椅子

離乳食の時期に使いたい!赤ちゃんと我が家にとってのベストな椅子
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

離乳食が始まる5,6カ月頃、親が向かい合って離乳食を食べさせるには「赤ちゃんの椅子」があると便利ですね!

最初はみんなどんな椅子を使っていたのでしょう?どうしてそれを選んだの?その後も使えてる?いろいろな椅子があるので特徴も色々です。

一般的に人気のある椅子と自分の状況に合わせて使いやすい椅子を選べるよう、注意するといいポイントを紹介していきます。

我が家と赤ちゃんにぴったりで、自分たちの子育て状況にも合う椅子を探してみましょう!


なくても平気?でもあれば便利なベビーチェア

離乳食初期は赤ちゃん自身が手づかみをしたりスプーンを使うことがありません。親があげることになります。

そこで「椅子なし」で授乳と同じスタイルで抱っこして食べさせることもできます。椅子は「必ずないといけないもの」ではありません。

でも離乳食の1回の量が増えてきたり、自分で食べたいなど自我が出てきたりすると、椅子があれば便利なことは多いです。

「使いたい!」と思った時にどんな椅子が我が家にとっては便利なのでしょうか。いろいろな椅子を見ていきましょう!

プープー椅子でも大丈夫?!離乳食で使える椅子のメリットデメリット

離乳食というと、机の取り外しができるような大きいハイチェアを思い浮かべがちですが、プープー椅子のような豆椅子も使っていけます。

座卓を使っているのか、大人と一緒に高さのあるダイニングテーブルを使っていくのか、おうちの広さなど子育てしている状況によって使いたい椅子が変わります。

それぞれの椅子の特徴を理解して探すと自分の家に合う離乳食用の椅子が探しやすいですね。

検索上位に出てくるような人気の椅子と時期によっては離乳食用椅子として機能する椅子類を紹介していきます。

合わせて友人たちに「離乳食期にどのような椅子を使っていたか」「どうしてその椅子を選んだか」を聞いてみました。

選んだ理由を聞いてみると、その椅子の時期によるメリットデメリットが見えてきます。使った人がいた椅子に関してはアンケート結果を併せて紹介していきます。

プープー椅子(豆椅子)

座るとプーと鳴るのが代表的な豆椅子ですが、鳴らないものもあります。専門店もあり、おしゃれなデザインのものも、木製のものもテーブル付きのものもあります。

メリット

  • コストパフォーマンンスがよく、よく見かけるパイプ椅子のタイプならおよそ1000円~2000円のものが多い
  • デザインも良くコンパクトなので試しに購入しやすい

注意点

  • 子どもが自由に上り下りできる高さのため、座面に乗って飛び降りてケガをすることがあります。十分気を付けましょう。
  • 本当に子どものための椅子なので大人が座るとへこんだりして座面が壊れることがあります。

ちょっと向かい合ってサササと短時間で少なくごはんをあげたいときにはとても便利です。

体をがっちり固定する作りではないので、一人座りが長くできるようになってくる離乳食後期のローテーブルでの椅子としてなら動きの自由もききちょうどいいですね!

バンボチェア

南アフリカのバンボ社が作っている3カ月から使える椅子です。椅子というよりまだ座ることのできない赤ちゃんをくぼみに固定するような作りになっています。

大人は実際に座れないので座り心地はわからないのですが、友人8人に聞いた中で離乳食初期にはバンボを使っていたという人が3人いました。

選んだ理由:「落ち着いて食べさせたかったので、抜け出せないことが重要だった」
「最初から家にあって子どもも気に入っていたのでそのまま離乳食でも使った」です

生後3か月頃から使えるので、最初から家にある人も多いようです。ただ、離乳食初期の5,6カ月頃にはまだ大丈夫でも、そのうち自力で抜け出せてしまいます。

  • メリット
  • 製品重量が1.2キロと軽く、部屋から部屋の移動や、別の場所へも持って行ける。
  • ポリウレタンフォーム製で汚れてもすぐ落とせるので掃除が楽。専用のテーブルもある。

簡単には抜け出せないので離乳食初期から「ご飯のときは座って、食べ終わるまでは立たない」ということを教えたいときに便利に使えそうです。

注意点

  • 抜け出せないことに重きを置くなら使用期間は短いと思ったほうがよさそうです。子どもの成長度合いによっては早いうちに太ももが入らなくなったりすることもある
  • 値段は約6000円で、実際に見てみると分かりますが、結構むっくりしていて存在感があります。
途中で違う椅子に変えた人の「お尻が下がる形で胃を圧迫していたのか食べにくそうになってきたので別の椅子にチェンジした」という意見もありました。

割と大きめの子はすぐ入らなくなったり抜け出したりするので、離乳食専用の椅子を用意するまでの最初の期間に使うのにちょうどよいと言えそうです。

リッチェル2way ごきげんチェア

床置きの椅子としても、椅子の上にのせてハイチェアのように使うこともできる椅子です。

メリット

  • 約5000円で、色がカラフルでかわいい!太もも部分が2股に分かれていないので離乳食期が過ぎても使える作りで個人差はあるものの5歳程度まで使用可能。
  • 専用のテーブルと固定ベルトもついており、製品重量が1.3㎏と軽いのでバンボ同様持って移動するのが簡単です。
  • 高い位置でも床置きでも使えるという2way仕様 が一番の特徴です

注意点

  • 大人の椅子に乗せてダイニングテーブルで使う場合は後ろのゴムで固定しますが、ゴムが一本だけなので乗せている間は常に気をつけましょう。
  • ポリプロピレン製でつるっとしているので掃除もしやすい代わりにちょっとお尻がすべりやすいこともあるようです。

専用のテーブルを取り付けることで簡単に抜け出せない構造を作ります。椅子はもう置けないんだけど子どもには大きいし…という場合に重宝しそうですね!

ベビーラック

値段が何万もするものなので、離乳食用で購入する人はあまりおらず、もともと寝かしつけで使っていた人がそのまま離乳食でも使ってみるパターンが多いようです。

背もたれをリクライニング機能で調整して椅子のように使うことができます。机の取り付けもできるので、離乳食初期の頃に使えそうです。

もともと眠らせることに特化したものなので布張りで、食べこぼした場合など掃除がちょっと面倒かもしれません。

ベビービョルン ハイチェア

友人8人の中で初期にこの椅子を使ってた人が2人いました。彼女たちの意見は共通していて「自分で抜け出せない構造」を評価しているようです。

「子供が簡単に抜け出せない構造で、きちんと座って食べるクセがついた」「足置きがあって、自分で抜け出せず、きちんと座って食事ができる上デザインが気に入って」

メリット

  • 重さが5キロでハイチェアとしてはとても軽くて移動が楽。たためるのでスリムに収納できる
  • 子どもが座ったら抜け出せない構造で、途中で立ったりしにくく安心感が高い
  • シンプルなデザインで掃除が楽

注意点

  • 値段が高くて25,000円
  • 腰が据わる6カ月頃から3歳くらいまで使用可能だが、それ以降は無理

最初の3年間のみなのに2万以上か!!と思いますが、とてもとても迷うようならば思い切って使ってみてもいいかもしれません。

座って食べる癖を付けるのは意外と大事なことで、大きくなってからも使う習慣です。小さいときから「座って食べることに集中」するのは悪くないことです。

またこの椅子は欲しい人が多く、友人からは使用後でもメルカリなどで高く売れるという感想もありました。

イケアのベビーハイチェア

イケアのみならず様々なレストランなどでもよく見かけるイケアの白いハイチェアです。
こちらはハイチェアの中でもコストパフォーマンスがダントツで、2000円程度なので抵抗なく試しに購入することができますね!

友人から「安いし試しに購入して、もっと良いものに買い替えようとしていたが、使い勝手も良く子どもも気に入って1年以上使用している」という感想がありました。

脚の部分が取り外せて別のところにもっていけてその場ですぐ組み立ても可能で、別売りで取り外し可能なテーブルもあります。

シンプルなデザインで掃除も簡単ですが3歳までの椅子です。足置きはないので足置きを重視される人には向かないかもしれません。

成長によって調整できる人気の椅子

離乳食初期や中期、後期から使えるなど期間限定の椅子よりも、最初から最後まで通しで使いたいという人には細かく調整できる椅子がおすすめです。

成長しても使えるという椅子の性質上基本的にコンパクトなものはあまりなく、重さもあるものが多いです。

トリップトラップ

成長段階に応じて高さの調整ができる椅子の代表格として人気が高いのがノルウエーのメーカー、ストッケのトリップトラップです。

高さと奥行きを板で調節します。足乗せ板もついているので姿勢も安定、こちらも調節できます。

特徴

  • 製品重量約7㎏でプラスチック製のものより重いですが、丈夫なブナ材を使い大人が座っても大丈夫な仕上がり
  • クッションや、ベビーガードも別売りしており離乳食初期から小学生になるくらいまで余裕で使えます

ただしそもそもの椅子の値段が、30,000近くして付属品を購入すると50,000くらいはかかります。

それでも長く使いたい人は兄弟で2台用意するおうちも多く、ファンが沢山いる椅子です。

レモチェア

サイベックスというドイツのメーカーの椅子です。値段も約30,000円で成長段階に応じて高さを調整できるのはトリップトラップと同様です。

こちらはパイプ造りで製品重量は約8㎏と重いだけあり、安定性は抜群です。パンフレットによれば95㎏の大人まで使用可能とのこと。

別売りで腰の据わる6カ月頃から使う人には専用ハーネス(安全帯)があり、スナックトレイもあります。

ぱっと見てオシャレ!と思うような椅子で値段は高いですが、長く使おうと思う人に人気のある椅子です。

すくすくチェアプラス

こちらも成長に応じて高さの調整ができるロングユースの椅子です。大和屋という日本のメーカーです。

同じタイプのものでもスリム型など種類があり、製品重量も6,7㎏前後と幅があります。色の種類も多く、赤や緑などカラフルな色も選べます。

仕様はトリップトラップやレモチェアと似ていますが、値段がこちらは少々リーズナブルで約15,000円~20,000円です。

「大人になっても使える」がコンセプトの椅子は機能が同じでもデザインが個性豊かなのでぜひ一度実物を見て重さや材質の手触りなどを体感してみるといいですね。

椅子ではないけど役立つ道具も!

床に置く椅子という形ではなくても小さい子が座るには便利で離乳食に役立つものもあります。家に新たに椅子を置くスペースがないときなど知っておくと便利です。

  • 机に取り付けるタイプのテーブルチェア:足置きがないことが残念ですが、椅子を置く場所がない場合には重宝します
  • お食事クッション:離乳食初期には向きませんが、ハイチェアを使うような月齢になると大人の椅子をクッションで高さを出して使うのも手です
大人まで使いたい トリップトラップなどの調整椅子を最初から使う
離乳食時期により買い替えしていく バンボなどの時期限定のものから3歳くらいまでの椅子に買い替えて、普通の椅子をクッションで調節など
極力家のものを使いたい だっこで離乳食からお食事クッションで家の椅子を調整など

赤ちゃんの月齢にもよりますが自分の好みで椅子を選ぶことが多いです。予算・家の広さ、自分がどのような目的で椅子を使うかをよく見極めて選ぶといいですね!

ハイチェア選びは掃除のしやすさも大切!チェックしたいポイント

赤ちゃんや幼児が座って離乳食を食べている図を想像するときによく思い浮かぶ、座面が高い椅子がハイチェアです。

この記事で紹介してきた中では、ベビービョルン、イケアのハイチェア、すくすくプラス、レモチェア、トリップトラップがハイチェアに当たります。

最近のハイチェアはとにかく色々な種類がありますので、自分はどこを重視したいのかをチェックしていきましょう。

  1. 座面の高さが調整できるものと、高さが固定されたものがある
  2. 机の取り付けや取り外しができる
  3. 拭いたり洗ったりしやすく、掃除が面倒ではない
  4. 材質と重量
  5. 値段
  6. 座り心地

ほとんどのハイチェアには机が別売りでありますが、取り付けや取り外しは簡単にできるのかどうかを見て確認できるといいでしょう。

毎日使うものなので掃除が面倒になる椅子は使わなくなっていきます。ふき取るだけできれいになるとか、外して丸洗いできる机だということが結構重要です。

軽いものは動かしやすく移動もさせやすい点で重宝しますが椅子である以上安定性が重要です。木でできているかプラスチック製かでも重さは変わります。

軽くても設計で安定性をカバーしているものもあるので、実際に見てみることが重要です。

長く使える椅子であればあるほど値段が高くなります。最初から思い切って購入するのも、時期限定の椅子を買い替えていくことも離乳食の進め方の一つです。

また、座り心地がよくて座っていたい!と思う椅子なら進んで座る、ということはあります。これは話せるようになったら聞いてみたいところですね!

足置きがあることも重要

足が下についていることは、食べるときに重要とされています。足の裏が足置きなどについていると体が安定してお腹にも力が入り、食べやすいようです。

足置きのついている椅子は多いのですが、簡易性が売りな椅子だとついていないこともあります。

なければ足置きになるものを設置するなどして足が下に着けられるように工夫してもいいですね。

大人は普段から足が床についているので意識することはありませんが、例えば洋式トイレで足がつかないと踏ん張りがきかないとか、想像するとわかるかと思います。

子どもがピアノを弾くときにペダルの上に足置きがあるのも、足がだらんとしているとおなかに力が入らず強く鍵盤を押せないからという理由があるそうです。

座らせたらおろすまでは目が離せない!

ハイチェアは高さがあるだけに危ないこともあります。通常ベルトがついていて、ついていなくても別売りなどで安全対策がされています。

でも毎日頻繁に使うものなのでとベルトを締めるのが面倒になることも多くなっていきます。

また、子どもも立ちたがったりする時期があり、放っておかずに近くにいないと危険です。

実際私の息子は椅子から何度か落ちました。ベルトがピッチリ締められないなどで役に立たないこともありますから過信しないようにしましょう。

椅子からおろすまでは自分も席を立ったりしないように気をつけると安心です。

椅子のほかにもある!その場を離れると危険なシーン

  • 自転車のチャイルドシートに乗せたとき
  • つかまり立ち期のべビーベッド

親は「ちょっとだけ」と思っているような何秒かでも子どもは離れられると心配になるようです。

また、寝返りをする、つかまり立ちをする、など新しい動作を赤ちゃんが習得したときはいつも以上に注意が必要です。

月齢で変わる「使える椅子」

離乳食は大きく4つの期間に分かれます。成長段階によって離乳食でもできることとできないことがあり、便利な椅子もどの時期にいるかで変わってきます。

どの期間にどんな椅子が便利かを見ていきましょう!

5・6カ月

食事に興味を持つ子が出てくるので離乳食のスタート時期ともされます。個人差がありますが実際はまだお座りをできる子が少ないです。

しっかりと座らせる椅子よりかはママが抱っこして膝の上で食べさせるで十分な時期です。座らせるならバンボなど、体をきっちり固定するものがおすすめです。

7・8カ月

寝返りやお座りができ始める子が増えてくる時期です。お座りはまだ長い間はできないので体が安定するような椅子がおすすめです。

背もたれとテーブルがついていて、背中も安定、手も置けるようなタイプが使いやすそうですね!

背もたれと体の間に隙間があるときはタオルなどで体がまっすぐになるようにしてあげると姿勢が保ちやすいです。

ベビーラックなど普段使っているものを背もたれを調整して使うのもいいですね!体にぴったりフィットするベビービョルンのハイチェアも6カ月頃から使用できます。

9~11カ月

この頃は1人で長く座れるようになってきて家族で一緒に席について食べることができるようになります。

だいたいどのようなハイチェアでも座ることができる時期です。手づかみで食べが始まり「自分で食べたい」という欲求が高まると同時に食べこぼしが増えます。

椅子やテーブルが非常に汚れることも多い時期です。離乳食が3回食になることもあり、ハイチェアの出番が増えます。

掃除のしやすさも椅子選びのポイントになりますね。

1歳頃から離乳食完了まで

飲み物をコップから飲めるようになる子も出てきます。できることが増えるので「何でも自分でやりたい」年ごろです。

意欲のある時にコップやストローで飲めるように練習したり、自分でつかんで食べたりするには手を伸ばせる距離にテーブルがあると使いやすいですね。

手づかみの他に遊び食べが出たりします。より一層掃除のしやすさが椅子選びでは大切です。

この頃はしっかり座れますし、1歳を過ぎたら奥歯が生える子も多いです。奥歯ですりつぶしてから飲み込むという「良く噛む」基本が養われることもあります。

床にしっかり足がつき落ち着いて座れる環境造りが大切です。自由に動けるので自力で抜けられない椅子でも抜けだしたり、椅子の上に立ったりすることもあります。

親が食事中きっちり横についていることが基本ですが、心配な場合は豆椅子にローテーブルでもいいでしょう。それでも目を離さないことが大事です。

自分で座ったり下りたりでき、体の自由がある程度きくとこの頃は嬉しいようです。

キッズチェアについて

トリップトラップのように大きくなるまで使えるものは10歳くらいまでは余裕で使えるようです。

大人が座っても大丈夫な丈夫な作りだということで、長く使おうと思えば離乳食期に思い切って買ってもいいかもしれません。

小学生になると学習机と合わせた学習椅子というものがあり、姿勢をよくするもの、座面が広くて座りやすいものと、食べることへの特化ではなくなります。

長く使おうと思って買ったのに、また用途によっては別の椅子が必要になることもあるかもしれません。

ただ、子供のころから使っている椅子には愛着がわくものですし、最近は学習机ではなくダイニングテーブルで勉強するお子さんも増えています。

離乳食期に椅子で付けたい「座って落ち着いて食べる」「よく噛む」習慣

食べることは毎日のことで「習慣」です。幼児期に「座って食べる」毎日を続けることで落ち着いて食べる習慣がつけられるところもあるかと思います。

幼児期はなかなか大人しく座っていられず、追いかけては食べさせることもあると思うので無理やり座らせることは禁物です。

でも床に足を付けて座って食べるとお腹に力が入り、座ることで食べることに集中できて「よく噛む」時間が確保できます。

よく「噛む」ことは小さいときにぜひつけておきたい大事な習慣です。大人は時間がないとき立って食べたり、何かをしながら食べたりすることがあります

そうすると落ち着かないので食べることだけに集中できず、自然と噛む回数が少なくなってしまいます。

噛むことの効用はたくさんあるので、座って食べることで「落ち着いてた食事の時間を確保する」ことを習慣としておきたいものです。

お気に入りの椅子がその時間を確保してくれればきっと子どもの成長にとってもいい影響になるはずです。

噛むことの効用

  • 食べ物を細かくするので消化もよく、栄養の吸収も行いやすいので体のためになる
  • 唾液がたくさん出るので快便にもつながる
  • 唾液が歯の再石灰化を促し、虫歯になりにくい

またゆっくり噛めば噛むほど味をしっかり感じることができます。食事に集中してしっかり噛んで食べることはいいことづくめですよ!

最後は自分見に行くことも大切です

インターネットでしか手に入らないものもありますが、最後は実物を目で確認できると安心です。

大きさや重厚感は実際に見てみるとイメージ通りかそうでないかがはっきりわかります。重さも感触も見に行くことでわかります。

特にハイチェアはそれなりに大きく、離乳食が終わっても長く使うことも。赤ちゃん本舗などのベビー用品売り場ではメーカーを精選して見比べられるようになっており、比較検討の場としてとても便利です。

見て触って納得して自分たちの状況に合った家族みんなで大切に思える椅子が選べるといいですね!

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る