肌着からウエアまで!ベビー服の種類を徹底解説

肌着からウエアまで!ベビー服の種類を徹底解説
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

ベビー服を選んでいると、時間が経つのも忘れて夢中になってしまいますよね。

ですが、一口にベビー服といっても種類が多くて似ているのが難点!違いが分からなくて、余分なモノまで買ってしまった!なんて失敗談も珍しくありません。

特に、多くのママを悩ませているのが・・

  • ボディスーツ型肌着とラップアップ肌着って何が違うの?
  • ロンパースってボディスーツ型肌着の事?
  • カバーオールとボディオールの違いは?

などなど、確かに違いが分かりにくいモノばかり。

そこで今回は、産まれてから生後1歳頃までに着るベビー服を、「肌着」と「ウエア」に分けて特長をまとめてみました。

必要枚数の目安や主に活躍する時期と合わせて、参考にしてみて下さいね。

ベビー肌着の基本!「短肌着」

どの季節に産まれた赤ちゃんも、新生児期に必ず必要となるベビー肌着の定番アイテム。

ねんねの頃に多いオムツ交換をしやすくする工夫が、ギュッと詰まった一着です。

着物を短くしたような「打ち合わせ」になっていて、長肌着やコンビ肌着、ベビーウエアなどのインナーとして着せるのが一般的。

あらかじめ、上に着せるウエアと重ねておくと着替えの手間が省けますよ。

汗をかいたりミルクを吐いてしまったり・・生後3ヵ月頃までの赤ちゃんは頻繁に着替えをしますから、少し多めに用意しておくと安心ですね。

【 短肌着の種類 】

  • 長袖や七分袖
  • 半袖やノースリーブ

暑さが厳しい盛夏の日中は、ノースリーブで涼しく過ごすのも良いでしょう。

ですが、赤ちゃんの肌着は寝間着も兼ねています。寝ている時に着せるなら、季節に関係なく汗をたっぷり吸い取ってくれる「長袖」や「七分袖」が基本ですよ。

【 特長 】

  • 赤ちゃんのお尻を覆わない程度の短い肌着
  • 上半身だけの肌着なので、オムツ交換のしやすさは断トツ!
  • 赤ちゃんの身体にしっかりフィットして、汗を吸い取ってくれる
  • 着物のように前を打ち合わせる仕組みで、寝かせたままでも簡単に着脱できる
  • 打ち合わせを閉じる時のパーツは、「紐」や「ワンタッチテープ」などから選べる
  • 長肌着のインナーとして重宝する
  • 重ね着用として、季節に合わせて調節できる

【 選び方ポイント 】

  • 必要枚数の目安:5~6枚
  • 活躍する時期:0~3ヶ月くらいまでの新生児期/ねんねの期間
  • メインサイズ:50~60㎝
おすすめの短肌着については「オススメの短肌着!赤ちゃんがご機嫌で着てくれるもの10選」でご紹介しています。

足の動きが少ない新生児向け!「長肌着」

短肌着と同様に、ねんねの時間が多い新生児期に欠かせないのが長肌着。

夏の室内では長肌着一枚で過ごしても構いませんが、短肌着の上に着せるのが基本となります。

ナゼ肌着を2枚も着せるの?と疑問に感じるママも多いでしょうが、それぞれ役割に違いがあるんです。

  • 短肌着:汗の吸収
  • 長肌着:温度調節

季節によっては、長肌着の代わりにコンビ肌着を着せてもOK!

「短肌着6=長肌着3枚+コンビ肌着3枚」というように、組み合わせの兼ね合いを考えて用意しておきましょう。

ちなみに、足をバタつかせるようになると裾がはだけてしまいますが、その後はブランケットの代わりに使っているママも多いようですよ。

【 特長 】

  • 短肌着の上に重ね着させて、体温調節として使える肌着
  • 爪先までスッポリ隠れるほど丈が長い着物型の肌着
  • 丈は長いものの、スナップがない分サッとめくるだけでオムツ替えが出来る
  • 盛夏の時期には、長肌着1着で涼しく過ごせる
  • 寝間着としても使える

【 選び方ポイント 】

  • 必要枚数の目安:1~2枚
  • 主に活躍する時期:新生児期~生後6ヶ月くらいまで/ねんねの期間
  • メインサイズ:50~60㎝
おすすめの長肌着については「オススメの長肌着10選!1枚あるととっても便利」でご紹介しています。

足を動かしてもはだけない!「コンビ肌着」

コンビ肌着は、長肌着と同じく温度調節の役割を担っている肌着です。

長肌着としてはもちろん、赤ちゃんのM字足に最適なプレオールにも変形する2WAYタイプ。

裾の内側にスナップが付いていて、留めて着せればズボンのように、留めなければ長肌着のように使い分け出来る優れものなんです。

足の動きで長肌着がはだけてしまう!なんてシーンが増えてきたら、コンビ肌着に切り替えてあげましょう。

但し、スナップボタンを留めているとオムツを交換する時に手間が掛かるため、使い勝手がイマイチ!というママもいるようです。

下記に、一般的な必要枚数を記載していますが、まずは1枚だけ購入して使い勝手を確かめてから、必要に応じて買い足してみるのも良いでしょう。

【 特長 】

  • 裾が分かれている長肌着の変形タイプ
  • 股の部分に付いているスナップで、スタイルを変形させて使う
  • 寝ている時に、足を動かしてもはだけにくい
  • 抱っこしていても、はだけにくい
  • 赤ちゃんのM字足を邪魔しないように、少し外側に広がっている
  • 単独でも使えるが、短肌着の上に重ねるのが一般的

【 選び方ポイント 】

  • 必要枚数の目安(春・秋・冬): 4~5枚
  • 必要枚数の目安(夏):6~7枚
  • 活躍する時期:新生児期/足の動きが活発になる生後2~3ヵ月頃~
  • メインサイズ: 50~70㎝
おすすめのコンビ肌着については「オススメのコンビ肌着10選!部屋着にもお出掛け着にもなる」でご紹介しています。

足のないダルマ型!「ボディスーツ型肌着」

股の部分がスナップ留めで固定されているので、身体にフィットして動きやすいベビー肌着。

上半身から股下まで一体型になっているので、肌着がめくれ上がったりお腹が出てしまう心配もありません。

種類が豊富なのも特長ですが、首がすわるまでは前開きがオススメ!他のタイプは、首がすわってからにした方が安全ですよ。

可愛いプリント柄も多く、真夏にベビーウエアとして着せているママも多いようです。

欧米では肌着の主流として愛用されており、ボディスーツ型肌着をトップスにしてボトムを組み合わせるスタイルが人気なんですよ。

【 種類 】

  • 前開きタイプ:胸からお腹にかけて一列にスナップが並んでいる
  • 打ち合わせタイプ:サイドに紐やワンタッチテープが付いている
  • 肩開きタイプ:頭部や腕がムリなく入るように、襟元が広く開く
  • クロスショルダー型:着せ方にコツがいるので、伸縮性の高い素材がオススメ
  • 見せかけボディ型:一見セパレートのウエアに見えるが、実は一体型でお腹も出ない

【 特長 】

  • 足のないダルマ型の肌着
  • デザイン性に優れているタイプが多い
  • メーカーによって名称が違う(ボディ肌着・ボディシャツ・グレコなど)
  • 他の肌着より活躍する期間が長い

【 選び方ポイント 】

  • 必要枚数の目安:月齢が若い内は2~3枚程度/発育に応じて買い足す
  • 活躍する時期(前開きタイプ):生後3ヵ月頃~1歳頃
  • 活躍する時期(かぶりタイプ):首がすわってから~2歳頃
  • メインサイズ:60~90㎝

オムツ替えも楽々!「ラップアップ肌着」

カナダの老舗ベビーブランド「ベビーズオウン(Baby’s Own)」が開発した、技ありベビー肌着。

「wrap up=包む」というネーミングからも連想できる通り、赤ちゃんを優しく包み込んでくれるベビー肌着なんです。

ラップアップ肌着の最大の魅力は、何と言ってもオムツ替えの簡単さ!

一見、ボディスーツ型肌着にも見えますが、お腹から下がパックリ開けるので、プレママだって簡単にオムツ交換できちゃいます。

あまりの使いやすさから、全ての肌着をラップアップで揃える愛好家も多いとか。

デザイン性も高く、スカートやレッグウォーマーをプラスすれば、あっという間にお出かけ着になっちゃいますよ。

【 ラップアップ肌着の着せ方 】

  • 全てのスナップを外して広げる
  • 広げた肌着の上に赤ちゃんを寝かせて、腕を通す
  • 全てのスナップを留めて完成!

【 特長 】

  • カナダの老舗ベビーブランドのオリジナル肌着
  • 寝ながらでも簡単に脱着できる
  • 下半身だけ開いてオムツ替えできる
  • お腹部分だけ生地が2重になっているので冷えない
  • ウェストのスナップが2段階になっているので、発育に合わせて調節できる
  • 肌着としてもウエアとしても優秀

【 選び方ポイント 】

  • 必要枚数の目安:月齢が若い内は2~3枚程度/発育に応じて買い足す
  • 活躍する時期:生後3ヵ月頃~2歳頃
  • メインサイズ: 50~90㎝

カバーオールのインナーに!「ショートオール肌着」

カバーオールなど、足が二股に分かれているタイプのベビー服を着せた時に、インナーとして選ばれている肌着です。

カバーオールを半袖&短パンにしたような形と言った方が、分かりやすいかもしれませんね。

股の部分が固定されているので、赤ちゃんの動きに合わせて程よくフィットしてくれますよ。繋ぎタイプですから、肌着がめくれ上がったりお腹が出てしまう心配もありません。

首がすわるまでは前開きタイプが安全ですが、首がすわっているなら「肩開きタイプ」や「クロスショルダー型」も着られます

【 種類 】

  • 前開きタイプ
  • 肩開きタイプ
  • 頭からかぶるクロスショルダー型

【 特長 】

  • 股ぐりがショートパンツのように立体的になっている
  • カバーオールを半袖&半ズボンにしたような形状
  • カバーオールのインナーとして重宝する

【 選び方ポイント 】

  • 必要枚数の目安: お手持ちのカバーオールに合わせて
  • 活躍する時期:生後2ヵ月~1歳頃
  • メインサイズ: 50~80㎝

肌触りが決め手!ベビー肌着に適した素材

赤ちゃんのお肌に直に触れるベビー肌着は、素材選びにも気を使いたいですよね。

もちろん、基本は綿100%!ですが、季節に合わせて選ぶのも大切なポイントなんですよ。

【 春夏向けの素材 】

  • ガーゼ:通気性はもちろん、吸湿性・吸水性も高く乾きやすい素材
  • 天竺(てんじく):大人用のTシャツにも使われており、薄手でサラっとした着心地

【 秋冬向けの素材 】

  • スムース:ふんわりとした滑らかな肌触りで、保温性が高く肌寒い日にオススメ
  • パイル:肌触りが優しいタオル地で、保温性・吸湿に優れた冬向きの素材

【 オールシーズン使える素材 】

  • フライス:伸縮性の高いリブ編みで優しい手触り。オールシーズン活躍する肌着の定番
  • ガーゼ:夏向きの素材として知られていますが、重ね着すると保温効果がアップする

肌着選びのチェックポイント!

赤ちゃんのお肌はとってもデリケート。
ちょっとした刺激を受けただけで、あっという間に赤くなったり痒くなってしまったり・・。
直接お肌に触れる肌着だからこそ、ママの厳しい目で最適なモノを選んであげましょう。

襟ぐりの肌触りは?

大人でも、「セーターがチクチクして不快!」なんて人は多いですよね。

首元というのは、些細な刺激も敏感に感じ取ってしまう部位ですから、赤ちゃんなら尚更でしょう。

また、特に汗が溜まりやすいのも首元の特長でもあります。

襟ぐりの肌触りはもちろん、フィット感を妨げるような雑な縫製になっていないかチェックしてみましょう。

【 襟元のチェックポイント 】

  • タグは、内側ではなく表側になっているのが正解!
  • 縫製が丁寧なパイピングになっているか?

縫い代の処理は大丈夫?

デリケートな赤ちゃん肌は、縫い目が当たって擦れるだけでかぶれてしまう事も。

だからこそ、ベビー肌着の縫い代は「袋縫い」にするか「表側に出している状態」が正解なんです!

パッと見、裏表が逆に見えますが肌あたりを優しくする工夫なんですよ。

【 縫い代のチャックポイント 】

  • 袋縫いになっているか?
  • 縫製の始末が肌に触れないように、縫い代が表向きになっているか?

縫製はフラットシーマーになっているか?

ベビー肌着を選ぶ時、誰もが肌触りを確かめますよね。

ですが、前身頃(まえみごろ)の表面だけに手を当てて確認するだけでは不十分!一番大切なのは、赤ちゃんの肌が触れる内側なんです。

特に、背中や肩周りの縫い代が「ごろつき」を感じさせないフラットシーマ―(平面縫製)になっているかを確認しておきましょう。

【 縫製のチェックポイント 】

  • 背中や肩周りが、フラットシーマ―になっているか?
  • ボディスーツ型肌着やラップアップ肌着なら、太もも周りの縫い代もチェック

脱ぎ着のしやすさは?

昼夜関係なく寝てばかりの赤ちゃんにとって、肌着は寝間着の代わりでもあります。

その為、肌着を着せ替える時も寝ながら行うのが一般的。

だからこそ、寝ながらの体勢でもムリなく着替えられるように、袖周りがゆったりしていて余裕のあるタイプが最適なんです。

また、打ち合わせのストッパーも、脱ぎ着のしやすさを左右する大切なポイントですよ。

  • ひも:発育の程度に合わせてサイズを調節できる
  • ワンタッチテープ:使い勝手の良さは断トツ!動きが活発な赤ちゃんでもOK
  • スナップ:プラスチックなら金属アレルギーの心配もなく、着崩れも少ない

【 脱ぎ着のチェックポイント 】

  • 袖周りがゆったりしているか?
  • 打ち合わせのストッパーは、使いやすいか?

お宮参りに着たいベビーウエア!「ドレスオール」

裾がスカート状になっているワンピース型のベビーウエア。

性別に関係なく着られますので、男の子でも大丈夫ですよ。

退院する日やお宮参りなど、新生児期の特別な日に着るオシャレ着ではあるものの、裾が閉じていないのでオムツ替えがスムーズに出来るのが最大の特長です。

ですが、足の動きが少ない新生児期向けのウエアですから裾がはだけやすく、限られた期間しか着られないのが難点。

豪華なベビードレスをたくさん購入してしまうと、「結局一度も着ないうちに着られなくなった!」なんて失敗談も少なくありません。

必需品というよりは「1着あると困らない!」程度に考えておくと良いでしょう。

但し、足の動きが活発になってくる生後2ヵ月頃からは、裾が二股に分かれているカバーオールの方が、はだけないので安心。

1着で何度も着回したい!という時は、長く使えるツーウェイオールの豪華版を選ぶのもオススメですよ。

ちなみに、ドレスオールには複数の呼び名があるのも特長の一つです。

【 ドレスオールの呼び方 】

  • セレモニードレス
  • ベビードレス
  • 新生児ドレス

【 特長 】

  • 新生児向けのオシャレ着
  • 足元までスッポリ隠れるワンピース型
  • 性別に関係なく着られる(デザインは別)
  • 退院する時やお宮参りに選ばれている
  • 妊娠中に手作りするママも居る
  • ボンネットと呼ばれる帽子やスタイ、ベビーシューズなどのセットも人気

【 選び方ポイント 】

  • 必要枚数の目安:特別な日に着るオシャレ着なので少な目で十分
  • 活躍する時期:新生児期/ねんねの期間
  • メインサイズ:50~60㎝

赤ちゃんのM字足にぴったりフィット!「プレオール」

赤ちゃん特有のM字足にぴったりフィットするように作られた、立体的なベビーウエア。

ネーミングに「プレ」が付いている通り、カバーオールが着られるようになる以前のベビー向けです。

裾や袖が筒状になっていて、赤ちゃんの身体を締め付けない形状になっています。

カバーオールより着丈が短く、柔らかい素材になっているのも特長。

比較的、月齢の若い赤ちゃんを優しく包み込んでくれますよ。

【 特長 】

  • M字足に沿う立体形状
  • 裾や袖が筒状で身体を締め付けない
  • 繋ぎタイプでカバーオールより丈が短い
  • 素材が柔らかくて低刺激

【 選び方ポイント 】

  • 必要枚数の目安:1~2枚/他のウエアの枚数による
  • 活躍する時期:新生児期~6ヵ月頃まで
  • メインサイズ:50~70㎝

ハイハイ時期に欠かせない!「ロンパース」

シャツとズボンが一体型になったベビーウエアで、ボディスーツ型肌着と同じダルマ型や、ショートパンツ型などがあります。

特に、ボディスーツ型肌着との共通点が多いため、インターネットで検索するとロンパースとボディスーツ型肌着がミックスされて表示される事も。

カテゴリー的にはウエアに分類されますが、肌着や部屋着として使われる事も多く、外出時にはロンパースの上に別のウエアを重ね着させるママも少なくありません。

主に、ハイハイが始まる時期に活躍しますが、赤ちゃんが動き回っていてもオムツ替えができるように、股の部分にスナップが付いています。

【 種類 】

  • 上半身:長袖/半袖/ノースリーブ
  • 下半身:ダルマ型/ショートパンツ型

【 特長 】

  • 肌着や部屋着として使われる事が多い
  • ボディスーツ型肌着と似ている
  • 股下スナップで、動いてもオムツ替えできる

【 選び方ポイント 】

  • 必要枚数の目安:肌着としても使えるので、ボディスーツ型肌着の枚数による
  • 活躍する時期:生後2、3ヵ月~1歳頃まで/ハイハイ~たっちまで
  • メインサイズ:50~80㎝

全身すっぽり丸ごと包む!「カバーオール」

全身を丸ごと包み込むような繋ぎタイプのベビーウエアで、ロンパースの足付きバージョンとも呼ばれています。

保温性を高める為に、袖と裾がゴムで絞られているのが特長。

足元が二股に分かれているベビーウエアは、オムツ替えが大変!というイメージがありますよね。

ですが、最近のカバーオールは両足の内側にスナップボタンが付いているタイプが主流。
股の部分が全開になるので、意外とオムツ替えもスムーズにできますよ。

他のウエアと比べてフィット感が高いので、ハイハイなど動きが活発になる時期に着せてあげたいですね。

【 ロンパースとの違い】

  • 両足が付いている
  • ロンパースより、厚手の生地が主流
  • 部屋着メインのロンパースに対して、外出着というイメージが強い

【 種類 】

  • 上半身:半袖/長袖
  • 下半身:足首まで/ソックス一体型
  • 形状:前開き/かぶり式

【 特長 】

  • 繋ぎタイプのベビーウエア
  • 袖と裾にゴムが入っていて保温性が高い
  • スナップを外せば、オムツ替えも楽々
  • 赤ちゃんの足が開くので、抱っこに便利。
  • 動き始めた赤ちゃんに最適

【 選び方ポイント 】

  • 必要枚数の目安:秋冬なら2枚ほどあると便利
  • 活躍する時期:生後2、3ヵ月~1歳頃まで
  • メインサイズ:50~80㎝

ゴムが入っていない!「ボディオール」

カバーオールとの共通点が多く区別しづらいのが「ボディオール」。

あえて違いを上げるなら、袖や裾の形状が異なっているという点でしょう。

  • カバーオール:袖と裾にゴムが入っていて保温性が高い
  • ボディオール:袖と裾にゴムが入っていない

ベビー服メーカーによっては、ボディスーツ型肌着と同じような意味でインナーとして扱われる場合もあるようです。

【 種類 】

  • 前開きタイプ
  • 肩開きタイプ
  • 頭からかぶるクロスショルダー型

【 特長 】

  • 足首まですっぽり包み込む繋ぎタイプ
  • 袖と裾にゴムが入っておらず、筒状になっている

【 選び方ポイント 】

  • 活躍する時期:生後3ヵ月頃~
  • メインサイズ:60~80㎝

1枚で2役!「ツーウェイオール」

ツーウェイオールは、股下のスナップを活用して1枚で2通りの使い方が出来る便利なベビーウエア。

  • オムツ替えが多い時期:スナップを留めずにドレスオールとして
  • 足の動きが活発な時期:スナップを留めてカバーオールとして
出生時から生後6ヵ月頃まで着られ、ゆったりサイズを選べば長肌着の代わりにもなる優れモノ!経済的なベビーウエアの代表格と言えるでしょう。

但し、ツーウェイオールを長肌着の代わりとして選ぶ時は、袖が筒状になっているタイプか余裕のあるサイズが鉄則ですよ。

最近では、お宮参りにも使えそうなオシャレなデザインも人気なんだとか。

ちなみに、メーカーによって様々なネーミングで呼ばれているのも特長の一つです。

【 ツーウェイオールの名称 】

  • ツーウェイドレス
  • カバーオール
  • 2WAYコンビ(丈が短いタイプ)

【 特長 】

  • 工夫次第で使い方が色々選べる
  • 赤ちゃんの発育に合わせて変形できる
  • ベビー服としては、長期間使えるタイプで経済的

【 選び方ポイント 】

  • 必要枚数の目安:夏=1枚/春・秋・冬=2枚~
  • 活躍する時期:新生児~6ヵ月頃まで
  • メインサイズ:50~70㎝
ツーウェイオールについて詳しくは「ツーウェイオールってどんなもの?季節に合わせた赤ちゃんの洋服選び」でご紹介しています。

寝冷えを防止に!ベビースリーパー

赤ちゃんが寝ている姿を見ていると、寝相の悪さにビックリしてしまう事も。

お布団を蹴っ飛ばしてないか?お腹を出したまま寝ていないか?夜中に何度もチェックするママも多いでしょう。

そんな時は、寝冷えの悩みを丸ごと解決してくれるベビースリーパーがオススメ!

冬の防寒対策としてはもちろん、夏のエアコン対策としても活躍してくれます。

最近では、お揃いで着られるママ用も人気なんですよ。

【 種類 】

  • 上半身:半袖/長袖/ノースリーブ
  • 下半身:お尻が隠れる丈/足首まで
  • 形状:つなぎ/エプロン型

【 季節に合わせた選び方 】

  • 夏:背中が通気性の良いメッシュやガーゼになっていて、熱を逃がしやすいタイプ
  • 春・秋・冬:フリースやダウン素材で、全身をすっぽり包んでくれるロングタイプ

【 選び方ポイント 】

  • 活躍する時期:新生児期~2歳頃まで
  • メインサイズ:50~90㎝

ベビー肌着は少しずつ買い足すのが基本!

あっという間に大きくなってしまうのが、赤ちゃんというモノ。

生後2ヵ月にもなれば、出生時とは比べものにならないくらいプクプクとしてきますよね。

だからこそ、肌着やベビーウエアの買い溜めは危険!数える程しか着ていないのにサイズアウトしてしまう事も珍しくありません。

使用頻度の高い短肌着や長肌着だけは余裕を持って、それ以外は1枚ずつ買い足していくのも一つの方法です。

出産祝いとしてベビー服を頂くケースも多いでしょうから、ムダなく計画的に買い揃えていきましょう。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る