今知りたい子育ての常識!赤ちゃんの正しい離乳食とその時期は?

今知りたい子育ての常識!赤ちゃんの正しい離乳食とその時期は?
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

赤ちゃんは生まれてから生後おおよそ5ヶ月頃までには「お座り」や「ハイハイ」をするようになります。

身体の成長はどんどん進むので、それに合わせて食べ物も少しずつ変えていく必要があります。

そうなれば、早いうちから離乳食のことを知っておくと便利です。昔と今では食べ物も変わってきているので赤ちゃんのアレルギーや栄養素も考えておきたいものですよね。

「離乳食を始める時期と終わる時期」や「離乳食前の準備」、「1日2食の離乳食」など子育ての疑問をご紹介します。

離乳食のそれぞれの時期について

離乳食と聞いてどんな食べ物を想像するでしょうか?大きくなる赤ちゃんの身体の変化に合わせて離乳食は必要になってくるものです。

次第に母乳ではなく毎日が離乳食になると思うと、準備することや食べ物の栄養など気になるママさんも多いようです。

ここでは、離乳食を始める時期や終わる時期をご紹介します。

離乳食を始める時期

離乳食への切り替え時は、基本的には「生後約5ヶ月~6ヶ月」と言われています。

あまり早く離乳食を始めると「アレルギー体質」になると言われていましたが、昔と今を比べると食生活も変化してきたことから、赤ちゃんへしっかりと栄養が行き渡る食べ物も多くなってきています。

一般的に多いのが「生後6ヶ月頃」の傾向があるようです。

離乳食が終わる時期

離乳食は主に「初期(生後約5~6ヶ月)」「中期(生後約7~8ヶ月)」「晩期(生後約9~10ヶ月)」の3パターンあり、それぞれ赤ちゃんに与えても良い食べ物や食事回数などのタイミングが違うということも覚えておくと便利です。

離乳食が終わる晩期「生後約9~10ヶ月」では大人と同じように1日3食を器用に食べられるほどになります。

離乳食を始める前にやっておくこと!

ここで、離乳食を始める前段階でママさんが赤ちゃんにやっておいて良かった、と言われたことをご紹介します。

離乳食の時期は、赤ちゃんそれぞれのペースがあるので参考にしてみてください。

1. 母乳量のバランス

離乳食に切り替わる約1週間前くらいから、母乳量と液体ミルクのバランスを調整する方法で早めに「別のごはんがあるんだ」と赤ちゃんに感覚で教えることができます。

それは、「母乳量を少し減らして液体ミルクの割合を少し多くすること」です。これだけでも、普段飲んでいるものが少し変わるんだと赤ちゃんに教えることができるようです。

2. 飲み物を飲む・食べる練習

離乳食の切り替えである生後約5ヶ月が過ぎたからと言って、赤ちゃんはすぐに別の食べ物に順応しないことがほとんどのようです。

その為、飲み物から流動性のある固形物を吸うことができるように「おしゃぶり」やお景物を自分で掴んで食べることができるように「にぎにぎできるおもちゃ」を与えておくと慣れるのに練習ができることでオススメです。

離乳食初期のオススメな食べ物

では、離乳食初期段階の始め方と離乳食の食べ物についてご紹介します。

まず、離乳食を開始する日から約1ヶ月は「1日1食の食事」で赤ちゃんに、母乳やミルク以外の食事もあるんだということを覚えてもらう程度で大丈夫です。

オススメの食べ物は「つぶしたお粥やそうめんなど柔らかい食べ物」です。今まで母乳や液体ミルクで慣れている口に赤ちゃんを近づけるために一口で食べることのできる薄めたお粥や短く切れるそうめんなどをあげてください。

初期段階では口から出してしまうこともあるので、少量ずつ与えることが大切です。

離乳食中期のオススメな食べ物

離乳食中期(生後7~8ヶ月)の食事では、たんぱく質を取るための「にんじんをつぶしたもの」、カルシウム補給には「魚をなめらかにつぶしたもの・湯豆腐にしてつぶしたもの」、「ヨーグルトやチーズなどの乳製品」を与えても、少しずつ抵抗なく食べることができる時期です。

注意することは、「食材の味付けを濃くしすぎないこと」や「食材を、噛まなくても飲み込めるくらいの固さにしておくこと」が大切なので覚えておいてくださいね。

目安は、「舌とあごでおしつぶすことができる固さ」となります。

また、この時期になると次第に「1日2食」の食事ができるようになってきます。

離乳食晩期のオススメな食べ物

離乳食の食事も慣れてきた晩期(生後9~10ヶ月)では、「バナナ」や「お肉」・「卵」が食べられるようになります。

また、与える大きさも、すりつぶしたものでなく「一口大に切ったサイズ」で食べることができます。歯もだんだんと増えてきているので固形物にもチャレンジしてみましょう。

しかし、離乳食の晩期と言ってもまだ歯は少なく噛む力も弱いので、野菜は茹でて柔らかくしておくことや魚もしっかり焼いてほぐしてあげるなど、固すぎるものは注意してください。

この時期になると、個人差はありますが1日2食が1日3食になるなど、食事量も多くなる特徴があります。

離乳食の量

離乳食を始めるにあたって大切な食事量を覚えておきましょう。

離乳食初期

離乳食初期の食事量は、大さじ1杯程度のお粥を「朝に1日1回」を1週間続けてみることです。そして野菜も食べられそうかな、と思ったら野菜のすりつぶしたものを午前中の1回であげてみてください。

1週間経過したらお粥の次は「野菜」、野菜の次は「魚のすり身やつぶしたもの」をあげてみてください。

この時、赤ちゃんが食べたくなさそうなら無理に1週間ごとにメニュー変更をせずにお粥のみでもかまいません。

無理に与えると調子が悪くなったり離乳食を食べなくなってしまうので、赤ちゃんのペースに合わせてあげてください。

心配せずとも、与えていくうちに母乳やミルク以外の「ごはん」を覚えていきます。

離乳食中期

離乳食中期の食事量は、「朝と夜の2回を基本」としてください。この頃から、赤ちゃんによって食事量にも変化が見られます。夜の2回目を食べなくても焦らずに食べる分だけ与えましょう。

離乳食晩期

離乳食晩期の食事量は、「大人と同じ朝・昼・夜の1日3食」になります。ママさんも隣に座って一緒に食べてあげることで赤ちゃんも心理的に安心して食べると言われています。

食べさせるタイミングは、赤ちゃんが欲しがる時にあげてくださいね。

赤ちゃんとアレルギーについて

母乳から離れる時に多くのママさんが一番気にかけていることが「赤ちゃんのアレルギー」だそうです。その為、離乳食にも赤ちゃんに与える時期でアレルギーが発症することがあるので注意が必要です。

昔と今のアレルギーの違い

昔の離乳食の規定は「生後約3~4ヶ月」と今よりも早い時期からスタートさせることが一般的でした。

しかし、それではまだ身体の中で栄養を消化する機能や免疫ができていないので食品アレルギーになりやすいという理由から、今の「生後約5~6ヶ月」と2008年から決まっています。

与えてはいけない離乳食と離乳食メニューの選び方

赤ちゃんに離乳食を与える時に、アレルギーが発症しやすいと分かっているとメニュー選びが不安ですよね。

最近では加工品食材だけでなく、調味料にも「アレルギー対応食品」と記載された商品が多くなってきました。

赤ちゃんに離乳食として与えてはいけない食品は「はちみつ」や「生たまご」や「刺身などの生魚」となります。

これは、生の食品中にいる細菌がアレルギーを作ってしまう原因になる可能性が高いからです。

そんな離乳食の中にアレルギーのものが含まれている時は、メニューの選び方としては「代替食品」を使用してみることをオススメします。

例えば、アレルギーが醤油や味噌であれば「大豆不使用」の食品表示のものを選ぶことで工夫していきましょう。

離乳食はあくまでも赤ちゃんが欲しがる量で与えてあげましょう

離乳食は母乳の代わりに、赤ちゃんに徐々に通常の食事を慣れさせるために与える食事です。

離乳食作りにこだわりすぎると、毎日用意することが疲れてしまうので、基本と注意点を覚えたらママさんのペースで作って慣れていくことが大切です。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る