8ヶ月の赤ちゃんが離乳食を食べない原因と対処法

ノーイメージ
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

赤ちゃんは8ヶ月になると、お座りが上手になり、活発に動けるようになって興味の範囲も広がります。

離乳食は1日2回となり、歯も生え始め、食べられるものも増えてくる時期です。調理方法も工夫しなければならず、手がかかることも増えてきます

しかし、何より大変だと思うのが、せっかく用意した離乳食を食べないことではないでしょうか?食べさせようとしても、口を開けなかったり、口から出したり、ぐちゃくちゃにしてしまったり、本当に大変です。

離乳食を食べないと、「私のごはんがまずいのかしら」と落ち込んだり、「栄養が足りるかしら」と心配になったりしますよね。イライラすることも多くなります。

ここでは、8ヶ月の赤ちゃんが離乳食を食べない理由と、その対処法についてお伝えします。

8ヶ月の赤ちゃんが離乳食を食べない理由

離乳食を食べ始めたころはパクパク食べてくれていたのに、8ヶ月ごろになると、急に食べてくれないことは多いのです。まずは、その理由をみてみましょう。

食べることよりも食べ物自体への興味

8ヶ月になると、目でみて、その物をつかむという動作が上手にできるようになります。自分の意志もはっきりしてきて、怒ったり、甘えて泣いたりという感情が表現できるようになります。

物に対する興味も増えるので、目の前の食べ物をみて、食べることよりも触ってみたくて仕方がないのです。ぐちゃぐちゃと混ぜたり、手でつかんで投げたりして困ってしまうかもしれませんが、正常な発達です。

味の好みの変化

離乳食をはじめたところは、味付けはせずに素材そのものを与えていたでしょう。しかし、8ヶ月になると、少し味付けが必要になります。

大好きでいつも食べていたものを急に食べなくなるのは、大人にはわからない赤ちゃんの気持ちの変化があるようですね。

歯が生え始めるときの不快感

8ヶ月になると、早い子は下の前歯が生え始めます。普段の機嫌が悪く、物を噛みたがっているときは、歯が生え始めている証拠です。

歯茎を突き破って歯が生えてくるので、むず痒かったり、痛かったりします。この不快感で、離乳食を嫌がることがあります。

体調が悪いかも

赤ちゃんが不機嫌で離乳食を嫌がるときは、体調が悪いことが原因かもしれません。

8ヶ月では、まだ体がつらいことを表現できないので、体調不良を見逃しがちです。無理に食べさせようとせずに、様子をみることも大切です。

次の項目から、離乳食を食べないときにチェックしたいポイントをみていきましょう。

ポイント1.日常生活リズムを整える

8ヶ月で離乳食を食べないのは、ごはんの時間におなかがすいていないことが原因かもしれません。日常生活と食事の時間を整えましょう。

母乳やミルクの量とタイミング

8ヶ月は、まだ母乳やミルクからの栄養が主ですが、徐々に離乳食の比重を多くしていくことを考えます。しかし、母乳やミルクはこれまでどおりたくさん与えていいのか迷いますよね。

大人では1日3食の食事が基本ですが、8ヶ月の赤ちゃんは1日5食を基本として考えてみましょう。

たとえば、5食にすると、このようなスケジュールになります。

  1. 6時:母乳やミルク
  2. 10時:離乳食、食後に母乳やミルク
  3. 14時:母乳やミルク
  4. 18時:離乳食、食後に母乳やミルク
  5. 22時:母乳やミルク
母乳やミルクの量は、昼寝や夜にぐっすり眠れていて、体重が成長曲線にそって増えているなら十分です。離乳食の直前に母乳やミルクを与えるのは控え、離乳食後に欲しがるだけ与えてください。

体を動かす遊び

8ヶ月になると、上手におすわりができるようになり、ずりばいやハイハイもできるようになってきます。これまでよりも動きが活発になるので、少し体をつかった遊びを取り入れてみましょう。

8ヶ月の赤ちゃんにおすすめの遊びは、ボール遊び、手遊び、こちょこちょ遊び、ハイハイができるようになったら追いかけっこなどがあげられます。

ポイント2.食事の環境を整える

いろいろなものに興味を示す8ヶ月。離乳食を食べない理由は、食事の環境にあるかもしれません。まわりの環境だけでなく、食器なども見直してみましょう。

テレビは消し、おもちゃは片付ける

テレビがついていると、食事に集中できません。また、おもちゃが手の届くところにあれば、遊びたくなってしまいますよね。

食事の時間になったら、テレビを消し、おもちゃも一旦片付けましょう。気持ちを切り替えることも教えられますよ。

一緒に食べる

8ヶ月の赤ちゃんは、まだ自分で上手に食べられないので、親が食事を口に運ばなければいけません。だから、どうしても赤ちゃん1人で座って食べているという状況になりやすいですよね。

離乳食を食べないときは、親も一緒に座って食べるところを見せてみましょう。「おいしいね」と楽しく話しながら食べると、赤ちゃんにとっても食事の時間が楽しくなりますよ。

食器をかえてみる

8ヶ月になると、目で見えるものに強い興味を示します。食事の見た目にも気を遣ってみましょう。

好きなキャラクターの絵柄がついたスプーンやフォークを用意すると、それを使ってみたくてたまらなくなります。食事を盛り付けるお皿の真ん中にキャラクターの絵がかいてあるものもあります。「いないいない、ばあ!」などと声をかけながら食べさせるとおもしろがって食べてくれるかもしれません。

キャラクターものでなくても、お弁当箱にしてみたり、陶器のお皿にしてみたりと、工夫して気分を変えてあげるのもいいですよ。

ポイント3.食事の内容を見直す

離乳食を食べない理由の一つに、味の好みの変化があります。赤ちゃんにとっては、味だけでなく、見た目や食感も大切な要素です。

食感をかえてみる

離乳食を口に入れて、しばらくモグモグしていたけどベーっと吐き出してしまった、という場合は、離乳食が固すぎたり噛み切れなかったりしたのかもしれません。野菜などを柔らかく煮ても、少し塊があるだけで食べてくれないこともあります。

食感の好みはありますが、うどんやゼリーのようなつるんとしたものを好む子が多いようです。また、離乳食初期のようなトロトロのものよりは、少し噛み応えがある方がよく食べる子もいますし、その逆の子もいます。

8ヶ月になると、歯茎でかめる柔らかさが目安ですが、その子に合わせて、離乳食の形状を戻したり、少し固めにしたりと工夫するとうまくいくかもしれません。

味に変化をつける

食べられるものが増えてくるので、たんぱく質と野菜を組み合わせて味に変化をつけましょう。といっても、調味料を使って味を出すのはどうでしょうか?

基本的には調味料はできるだけ控えてください。特に塩分は赤ちゃんの未発達な腎臓に悪影響を及ぼします。かぼちゃやフルーツなどの自然の甘味や、添加物の含まれない出汁を上手に使いましょう。

大人からすれば味がないと思うかもしれませんが、赤ちゃんは感じ取っていますよ。

盛り付けを工夫する

盛り付けで赤ちゃんの興味をひくのも一つの手です。8ヶ月は手でものをつかむのが上手になってくるので、手づかみ食べができるような盛り付けも考えるといいですね。

見た目を色鮮やかにするように工夫すると、自然と栄養バランスも整います。

市販の離乳食を参考にする

いろいろと工夫してみてもうまくいかない場合は、市販の離乳食を取り入れてみましょう。月齢にあった固さや味付けになっているので、自分で作るときの参考にもなります。

離乳食のことで悩みすぎないのが大切

毎日の家事、育児の中で、なかなかうまくいかないのが離乳食。作ったものを食べないと、食べてくれるようになんとか工夫するしかありません。

しかし、8ヶ月の赤ちゃんには、大人にはわからない「食べない理由」があります。考えられる理由はいくつかありますが、「これだ!」というものはありません。だから、悩みすぎると疲れてしまいますよ。

食べなくても、母乳やミルクで栄養はとれるので必要以上に心配することはありません。どうしても心配なときは、専門家に頼りましょう。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る