【生後2ヶ月】笑顔とクーイングで親子の絆が深まる絶好の時期!

【生後2ヶ月】笑顔とクーイングで親子の絆が深まる絶好の時期!
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

ふっくらと肉付きが良くなって赤ちゃんらしさが際立ってくる生後2ヶ月。

産まれてからほんの2ヶ月しか経っていないのに、早くもベビー布団を蹴飛ばしている赤ちゃんも多いでしょう。

ですが、どんなに動きが活発になったからと言って子育ては始まったばかり!しかも、これから始まる予防接種や少しずつ変化する睡眠や授乳サイクルなど、不安が尽きないのも事実。

そこで今回は、生後2ヶ月の赤ちゃんがどこまで発育するのか、初めての予防接種や遊び方など育児に役立つ情報を集めてみました。

身長・体重・胸囲・頭囲の目安は?

厚生労働省が公開している「平成22年 乳幼児身体発育調査」によると、生後2ヶ月の身体的成長について下記のような結果が報告されています。

【 男女別の測定結果 】

男の子 女の子
身長 54.5~63.2cm 53.3~61.7cm
中央値 59.1cm 57.9cm
体重 4.41~7.18kg 4.19~6.67kg
中央値 5.84kg 5.42kg
胸囲 36.0~43.8cm 35.1~42.5cm
中央値 40.1cm 38.9cm
頭囲 37.1~42.4cm 36.2~41.2cm
中央値 39.9cm 38.9cm

自宅で計測する度に、母子健康手帳に載っている成長曲線にプロットしてみましょう。

但し、成長曲線に使われているパーセンタイル値の枠内(3~97%)に該当していないからと言って焦る必要はありません!

赤ちゃんの発育は生まれた時の状態に左右されるのはもちろん個人差も大きく、たった2ヶ月だけの計測値で発育不良などを評価するのは難しいと言われています。

特に生後2ヶ月の体重増加に関しては、医療関係者の間でも意見が統一されていないのが実情です。

【 1日あたりの増加量 】

  • 厚生労働省「乳幼児身体発育評価マニュアル」:生後3ヵ月までは25~30gくらい
  • 富山市民病院:生後2ヵ月まで25~40gくらい/生後2ヵ月~25~30gくらい
  • 医療法人 山中たつる小児科(北海道):生後5ヵ月までは20~35gくらい

生後2ヶ月でここまで成長する!

確かに、身体発育は赤ちゃんが順調に発育しているかどうかを判断する重要なヒントになりますが、大切なのはそれだけではありません。
睡眠時間の変化や言語能力の向上など、育児の手助けとなる発育ポイントについても把握しておきましょう。

睡眠時間はどれくらい?

岡山県にある妹尾小児科によると、生後2~3ヶ月の睡眠時間について下記のように解説されています。

【 睡眠の特長 】

  • 1日あたりの睡眠時間:約15時間
  • 昼に目覚めている時間:約8時間

上記の情報から、夜の睡眠時間が少しずつ長くなり夜間授乳の軽減が期待できる!という事が分かりますね。

生後8週頃までは睡眠と覚醒がこま切れ状態ですが、それ以降は続けて眠る時間が長くなるだけでなく、体内時計の改善に伴って眠たくなる時間帯も徐々に遅い方へと移行していきます。

言い換えれば、おっぱいを飲んだ直後にスヤスヤ眠ってくれるのは生後2ヶ月くらいまで!これからは、寝かせるのに手間取るようになるかもしれませんね。

言語能力は?

生後2ヶ月ころの赤ちゃんは、その時々の気持ちを表情や声で表せるようになってきます。

それに伴って増えてくるのが、話し言葉の基となる「クーイング」!初めての喃語(なんご)とも呼ばれており、喉の奥を「クー」と鳴らす事で発声と構音を結びつけ、呼吸システムのコントロールを学習しているんです。

【 言語能力の特長 】

  • ご機嫌が良い時に、「アー、ウー、クー」といった声を出す
  • ママが話しかけるとクーイングで返事をするようになる
  • 声を出して笑うようになる
  • 自分で声を出す事を面白がる

赤ちゃんのクーイングは、泣き声や叫び声とは全く別物!口や唇を使わずに発しているので、力みのないリラックスした声色が特徴です。

赤ちゃんが発するクーイングに気付いたら、タイミングを逃さず話し掛けてあげましょう。

「アーだねぇ」「クーなの~」と、赤ちゃんと同じトーンで表情豊かに返すのがポイント!「自分の声にママが反応してくれた!」と気づいた赤ちゃんは、面白がってどんどん声を出してくれるようになります。

クーイングのキャッチボールを重ねる事で、「お腹が空いた!」「眠たい!」といった感情も赤ちゃんの表情や声のトーンで判断できるようになりますよ。

視力の発達は?

生後2ヶ月を過ぎた赤ちゃんは、格段に視野が広がり親子のコミュニケーションが一段と楽しくなる時期です。

【 視力の特長 】

  • 目の前でモノを動かすと、顔を右左へ傾けて目で追いかけるようになる
  • ママの目をしっかり見つめることができる
  • 相手の眼・鼻・口を認知できるようになる
  • 相手の喜怒哀楽を表情から読み取り始める
  • 目の前に急に何かが近づいてきた時に瞬きする「脅迫反射」が始まる
特に注目したいのが「追視能力」の向上!オモチャを左右に動かしてあげると、夢中になって目で追う仕草を見せるようになります。

追視によって見える世界が広がるのはもちろん、首を左右に動かす運動がさかんになるほど首すわりに繋がるというオマケ付き!

つまり、この時期に始まる追視という動作は首すわりへ向けての準備段階とも言えるんです。

同時期にスタートするクーイングを織り交ぜながら、あの手この手で赤ちゃんの気を引いてみましょう。

ちなみに、目の前に何かが迫ってきた時に思わず瞬きする事を「脅迫反射」と言い、大脳皮質の視覚中枢が働き始めたことを意味しています。

身体能力は?

生労働省が10年毎に行っている一般調査によると、生後2~3ヶ月の運動機能通過率について下記のような結果が報告されています。

【 身体の特長 】

  • 首のすわり:11.7%
  • 寝返り:1.1%
  • 顔の向き:右左へ傾けられるようになる
  • 動作:うつ伏せにすると頭を持ち上げようとする
上記の通り、生後2ヶ月ごろに首がすわる赤ちゃんは少数派!同じ月齢の赤ちゃんの首がすわっているからと言って「発育が遅れているのでは?」と慌てる必要はありません。

半数以上の赤ちゃんは、生後4~5ヶ月でようやく首すわりをマスターするようになります。

とは言え、赤ちゃんの首がすわっていないと抱っこする度にヒヤヒヤしますよね。

遊びの中にクーイングや追視を取り入れてあやしてあげるほど、首すわりをマスターする時期も早まりますよ。

生後2ヶ月の授乳サイクルは?

毎日すくすくと成長する赤ちゃんですが、その発育のベースとなるのが授乳サイクル。新生児の頃は上手におっぱいが飲めなかった赤ちゃんも、生後2ヶ月にもなると自分のペースが掴めてきます。ここからは、母乳育児・完全ミルク・混合育児のそれぞれについて平均的な授乳間隔や量などをご紹介しましょう。

完全母乳

この時期に母乳だけで育てる場合、授乳の主導権を握っているのはあくまで赤ちゃん!消化が早く低カロリーの母乳に限っては、赤ちゃんが欲しがるまま与えても構いません。

つまり、満腹中枢が発達する生後3ヶ月までは、おっぱいの回数や授乳間隔を律儀にルール化する必要はないのです。

但し、体重の増加が思わしくない場合は下記の情報を参考にして哺乳量を増やしてあげましょう。

【 特長 】

  • 1日あたりの回数と授乳間隔:3~4時間おきに6~8回くらいだが、多くてもOK
  • 夜間授乳:長くても5時間以上、空けないようにする
  • 1回あたりの授乳時間:母乳の出が良好=15~20分以内/母乳の出が悪い=30分前後
  • 1日に必要な母乳量:1kgあたり100ml~200ml
  • 1回あたりの母乳量:1kgあたり約20ml

では次に、生後2~3ヶ月の男女別に下記の条件で算出した母乳量について見てみましょう。

【 算出条件 】

  • 平均体重:成長曲線に使われている50パーセンタイル値
  • 1日あたりの母乳量:平均体重×150ml
  • 1回分の目安量:1日の必要量÷8回
  • 単位:10ml以下で四捨五入
平均体重 1日あたりの母乳量 1回あたりの母乳量
男の子 5.84kg 880ml 110ml
女の子 5.42kg 810ml 100ml

完全ミルク

新生児時期に比べて口まわりの筋肉が発達した分、一度に飲める量が多くなりたくさん欲しがる赤ちゃんも多いようです。

【 特長 】

  • 1日あたりの回数と授乳間隔:最短でも3時間は空けて、6~7回くらい
  • 1回あたりの授乳時間:左右合わせて20分前後で終了するのが一般的
  • 1日に必要なミルク量:1,000ml以内
特筆すべきは、1日あたりの哺乳量を1,000ml以内にセーブする事!高カロリーの人工ミルクを与えすぎてしまうと栄養過多になるだけでなく、消化器官に負担が掛かってしまいます。

1日の授乳回数が6回なら1回につき160ml、7回なら140mlを目安として工夫してみましょう。

混合育児

職場復帰や保育園などの入園準備として人気の混合育児ですが、最も悩ましい育児法とも言われています。

なぜなら、混合育児における人工ミルクの役割は足りない母乳を補うサブ的なモノ!まずは、赤ちゃんが母乳だけで満足しているかどうか、見極めなければなりません。

【 足りない時のサイン 】

  • 授乳:一回の授乳に30分以上かかる/授乳後 1時間も経たずに泣く
  • 赤ちゃんの様子:眠りが浅く続けて眠らない/機嫌が悪くむずがる
  • 排尿:1日あたり7回以下/色が薄くて濃縮していない
  • 排便:量や回数が少なく便秘ぎみ

上記のようなサインから母乳不足が読み取れたら、下記の要領でミルクを追加してあげましょう。

【 特長 】

  • 授乳間隔:次の授乳まで、少なくとも3時間は空ける
  • 3時間以内に催促された場合:母乳だけを与える
  • 1回あたりのミルク量:粉ミルクの缶に表記されている最低量から始めて調節する

生後2ヶ月のウンチ事情!

健康のバロメーターと言われるほど体調と密接な関係にあるウンチですが、まずは、生後2ヶ月の特長について見てみましょう。

【 特長 】

  • 形状:水っぽい軟便やツブツブの混ざったウンチで、生後1ヶ月とほとんど変わらない
  • 健康なウンチ:黄色/緑色/黄白色/甘酸っぱい匂い
  • 注意が必要なウンチ:白く酸っぱい匂い/イチゴジャムに似ている/灰白色/赤や黒

基本的に生後1ヶ月のウンチと大差はありませんが、中には急にウンチの回数が減るという赤ちゃんもいるようです。

明らかな便秘でなければ、腸の消化機能が向上した証拠!おっぱいが効率よく消化されるようになった分、栄養分を吸収した後に残るガスやウンチも減ったと考えられます。

但し、富山市立富山市民病院によると、便秘で苦しんでいる様子もないのに突然ウンチの回数が激減した場合は、おっぱいやミルクが不足している可能性も考慮すべき!と指摘されています。

生後2~3ヶ月の赤ちゃんは排便のペースもその子なりのリズムが整ってきますので、日頃からウンチや嘔吐の回数を観察し、急激な変化に気付いてあげましょう。

初めての予防接種デビュー!

生後2ヶ月の記念日を迎えるといよいよ初めての予防接種がスタートしますが、まずは基本的な分類について把握しておきましょう。

【 予防接種の分類 】

  • 定期接種:原則無料/予防接種法により国が接種を推奨している
  • 任意接種:原則自費ですが、自治体による助成が受けられるケースがほとんど
ここで問題となるのが、スケジュールの複雑さ!種類の多さもさることながら、1度で完了するタイプが少なくタイミングを逃すと初回接種が受けられないワクチンもあるので注意が必要です。

予防接種のスケジュールを立てる時は、最初に不活化ワクチンなのか生ワクチンなのかを確認しておきましょう。

【 不活化ワクチンと生ワクチンの違い 】

  • 不活化ワクチン:接種後、1週間後の同じ曜日から別のワクチンが受けられる
  • 生ワクチン:接種後、4週間後の同じ曜日にならないと別のワクチンが受けられない

ここでは、生後2ヶ月を迎えたその日から受けられる予防接種を一覧表にしてみました。

分類 ワクチンの名称 接種回数 タイプ
定期/不活化ワクチン Hib(インフルエンザ菌b型) 初回3+追加1 注射
定期/不活化ワクチン 小児用肺炎球菌 初回3+追加1 注射
定期/不活化ワクチン B型肝炎 初回2+追加1 注射
任意/生ワクチン ロタウィルス(1価) 2 経口
任意/生ワクチン ロタウィルス(5価) 3 経口

上記の情報から、生後2ヶ月で受けるワクチンは全て複数回の接種が必要!という事が分かりますね。

しかも、それぞれ最後のワクチン接種を完了するまでの期限が定められていますので、生後2ヶ月目が近づいたら予めかかりつけの小児科で相談に乗ってもらいましょう。

ママの健康状態もチェック!

産後2ヶ月目と言えば、出来るだけ横になって身体を休めるべきなのは分かっていても、赤ちゃんのお世話で自分の事は後回しになっているママがほとんどでしょう。

ですが、育児に夢中になっていたツケが「尿漏れ」という悲しい結果に繋がる事も!出産による骨盤底の緩みは、産後2ヶ月までの過ごし方によって回復スピードが違ってくるんです。

だからと言って、骨盤の緩みを気にするあまり出産後4週以内に腹筋運動を始めたり、お腹を締め付けるガードルやコルセットを着用していたママも、尿漏れになりやすい傾向にあります。

順調であれば約1~2ヶ月ほどで回復する骨盤艇の緩みが治らず、未だに尿漏れが治まらない場合は、骨盤底筋トレーニングを始めてみましょう。

残念ながら即効性には欠けるものの、毎日コツコツ続ける事で尿もれ症状の改善が期待できますよ。

ちなみに、骨盤艇が順調に回復している場合のタイムスケジュールは下記の通りです。

【 骨盤艇の回復にかかる期間 】

  • 立位でたわまなくなる:約3~4週間
  • 重いモノを持ち上げられる:約6~8週間

生後2ヶ月の遊び方!

生後2ヶ月の赤ちゃんと遊ぶ時は「言葉かけ」がポイント!もちろん赤ちゃんに単語の意味までは伝わりませんが、「アー、ウー」というクーイングが返ってくれば大成功ですよ。

【 あんよでキック 】

  • ステップ1:赤ちゃんの足の裏にママの手のひらを充てる
  • ステップ2:「キック」と声を掛けながら、M字開脚に逆らわないように軽く押す
  • ステップ3:赤ちゃんが足で押し返してくる

生後2ヶ月にもなると、新生児の頃とは比べものにならないほど脚力が強くなってきます。

中には、お昼寝中に掛けてあげたブランケットを蹴飛ばしてしまう赤ちゃんも珍しくありません。

上記以外にも、抱っこでユラユラしたり手足の曲げ伸ばし体操もオススメ!何度も繰り返す内に、自分の身体がどうなっているのか赤ちゃんなりのボディイメージが固まってくると言われています。

正しい姿勢を保ったまま座ったりバランスを取りながら立ったり・・次のステップに進めるように全身に刺激を与えてあげましょう。

おすすめのオモチャは?

生後2ヶ月のオモチャは、動きや音がポイント!せっかく見える世界が広がって目で動きを追えるようになったのですから、このタイミングを逃さず盛んに刺激してあげましょう。

【 おもちゃの種類 】

  • プレイジム:触ったり蹴っ飛ばしたりすると、音や動きで反応が楽しめる!
  • モビール:メリーより動きがランダムで、赤ちゃんの視線をクギづけにする!
  • 起き上がりこぼし:動きに興味を示すだけでなく、手を伸ばして自分で倒そうとする!

小さな赤ちゃんを育てていると、「家事をしている間だけでも一人で遊んでいて欲しい!」と思ってしまうのも当然でしょう。

そんな時は、ベビーサークルの中で遊べるプレイジムやベビーベッドに取り付けられるモビールがオススメですよ。

生後2ヶ月はママと赤ちゃんの信頼関係を作る絶好の時期!

拙いながらもクーイングが始まり視力もアップした生後2ヶ月の赤ちゃんは、ママの顔が分かるだけでなく表情や声色から気持ちを読み取ってくれる事も珍しくありません。

特に、表情が豊かになり声を出して笑ってくれるのが何より嬉しい変化と言えるでしょう。

微笑み合ったりクーイングのキャッチボールを楽しんだり・・親子の絆を実感できる瞬間が増えてくるほど、信頼関係も深まっていきます。

赤ちゃんの表情や行動から気持ちを読みとりながら、たくさん話し掛けたり触ったりしてお返事してあげましょう。

ママのリアクションに赤ちゃんが笑顔で答えてくれたなら、嬉しくて止められなくなっちゃうかもしれませんね。

SNSでシェア
  • Twitter
  • hatena
  • facebook

こちらの記事もオススメです

ページ先頭に戻る