自分にピッタリの一着を!失敗しないウエディングドレスの選び方

結婚式と言えば花嫁、花嫁と言えばきれいなウェディングドレス姿ですよね。

結婚式の準備の中で、特にウェディングドレス選びを楽しみにしている方も多いと思います。

でも、結婚式前は何かと忙しいもの。衣装選びばかりに時間は使えません。

ドレス選びのコツを押さえると、ドレスがぐっと選びやすくなり、理想の1着にたどり着きやすくなります。

ぜひ素敵なドレスを探してみてください。

まず大事なのは事前の情報収集!

数回の試着で理想の1着に出会うためには、事前に自分がどのようなドレスを着たいか具体的にイメージしておくことが重要です。

まずはドレスの種類や雰囲気などを知りましょう。

いろいろある!ドレスのシルエット

ドレスにはいろいろなシルエットのものがあります。まずはどのようなシルエットのものがあるのか確認してみましょう。

Aライン
アルファベットのAのようなシルエットのドレスで、ウェディングドレスに最も多いタイプのドレスです。身長や体型を問わず、スマートで落ち着いた印象を与えます。
プリンセスライン
上半身は身体にフィットしていて、腰のあたりから裾に向かってゆるやかに膨らんでいるスカートが特徴のドレス。かわいらしい印象を与えます。
ベルライン
ウエストにギャザーがたくさんある、スカートがベル(釣鐘)のようなシルエットのドレスです。ウエストに切替えの無いプリンセスラインよりもスカート部分がふんわりとするため、よりかわいらしい印象を与えます。
マーメイドライン
上半身から膝までは体にフィットし、膝下から広がった裾がマーメイド(人魚)のようにみえるシルエットのドレスです。身長が高く、スレンダーな体型の人におすすめです。
エンパイアライン
他のドレスとは違い、腰ではなく胸下に切替えのあるドレス。バストを大きく見せることができるので、バストの小さい方におすすめです。また、おなかを締め付けないので、マタニティウェディングにもぴったりです。
スレンダーライン
スカートにボリュームが無く、細身でストンとしたシルエットのドレスです。大人っぽく、上品で洗練されたイメージを与えます。身長の高いスリムな方におすすめです。
ミニ丈・ミディ丈・アンクル丈
スカート丈がそれぞれ膝上(ミニ丈)、膝丈(ミディ丈)、くるぶし丈(アンクル丈)のドレスです。カジュアルで個性的な印象を与えます。チャペルなどには不向きですが、ガーデンウェディングやレストランウェディングなど、歩き回る機会が多い場合におすすめです。

どんなドレスが似合うかな?イメージを考えてみよう!

ドレスの種類がわかったところで、次はどのようなドレスが着てみたいのか考えてみましょう。

どんな雰囲気にしたいか

結婚式当日、来てくれたゲストの方達にどのような雰囲気の自分を見せたいのかを考えてみてください。

可愛く プリンセスライン・ベルライン・Aライン
大人っぽく Aライン・スレンダーライン・マーメイドライン
シンプルに見せる スレンダーライン・エンパイアライン
ゴージャスな雰囲気 プリンセスライン・ベルライン・マーメイドライン

体型をに合うドレスの選び方は?

身長や体型によって似合うドレスの形は様々です。自分をきれいに見せてくれるドレスのシルエットを探してみてください。

背が低くスリム体型
上半身に大きなモチーフがあると背が低く見えてしまうので、上半身はすっきりと見せるのがポイントです。Aラインやスレンダーライン、エンパイアラインがおすすめです。
背が低くぽっちゃり体型
上半身はシンプルに、ウエストが締まって見えるようなドレスだとメリハリがありすっきりと見えます。大きなモチーフや袖が膨らんだデザインのものは膨張して見えるので避けた方が良いです。プリンセスラインやAラインがおすすめです。
背が高くスリム体型
どんなドレスでもOKです。上半身が薄い場合は、胸元にモチーフがついていたり、立体感のあるデザインのものを選ぶと立体感が出ます。
背が高くぽっちゃり体型
上半身にボリュームを感じさせないようにするために、胸元や肩にモチーフがついているものは避けましょう。肩を出すなど、上半身をすっきりと見せ、背の高さを活かしてゆったりと広がるスカートのものを選ぶとスリムに見えます。Aラインやエンパイアラインがおすすめです。

体型をフォローする方法

結婚式に向けてダイエットをしているという方も多いと思います。しかし、気になるパーツは誰にでもあるもの。

そんな気になるパーツをフォローしてくれるデザインを紹介します。

小顔に見せたい
ラウンドネックやVネック、ビスチェタイプなど顔まわりに広い空間を取ると小顔に見えます。また、鎖骨を見せることで華奢な印象を与えます。アクセサリーは主張しないものがおすすめです。
二の腕を細く見せたい
襟ぐりが広く、袖部分がパフスリーブのドレスだと二の腕が目立たなくなります。袖がタイトなデザインのものは二の腕が目立つので避けましょう。思い切ってノースリーブやビスチェタイプのドレスで二の腕を出し、グローブなどでカバーする方法も意外と二の腕がすっきりと見えます。
広い肩幅を目立たないようにしたい
ビスチェタイプや袖がシンプルなデザインのオフショルダーで鎖骨を出し、ショールなどをまとうと肩を隠しつつやわらかい印象になります。袖にモチーフがついているものは肩幅を広く見せてしますので避けましょう。

自分に合う色を探す

ウェディングドレスは白ですが、実は白にも様々な種類があります。

純白から黄色味のあるものまで、順にホワイト、オフホワイト、アイボリー、シャンパンと分けられます。

ウエディングドレスの白は自分の肌の色に合ったものを選ぶと、より美しい印象を与えます。まずは自分の肌の色を確認してみましょう。

まずは手首の血管を見てみましょう。

  • 血管が青色や赤色に見える → ブルーベース
  • 血管が緑色に見える → イエローベース
顔色が青白いと言われたり、日焼けをすると赤くなる人はブルーベース、日焼けをすると黒くなる人はイエローベースの傾向にあります。
ブルーベースの肌
ブルーベースの肌はホワイトやオフホワイトのドレスと相性が良いです。肌の白さを際立たせ、顔立ちをはっきりと見せてくれます。
イエローベースの肌
イエローベースの肌にはアイボリーやシャンパンといった黄色味のある白のドレスと相性が良いです。落ち着いた、やわらかい雰囲気があります。

あまり違いがないのでは、と思われるかもしれませんが、自分に合った色味のドレスは本当に顔映りが違います。

ぜひ1度自分の肌色を確認してみてください。

会場の雰囲気に合ったものを選ぶ

ウェディングドレスを選ぶ際には、会場との相性も重要なポイントとなります。

教会で式を挙げる場合、場所によっては肌の露出を控えた方が良い場合もあるので、事前に確認しましょう。

式の最中は後姿を見られることになるので、バックスタイルを意識してドレスを選ぶのもおすすめです。

最近のホテルのチャペルには、スタイリッシュなデザインのものも多くありますが、スタイリッシュなチャペルでかわいらしい、甘い雰囲気のドレスだと、新婦だけ浮いてしまいます。

また、豪華なシャンデリアがあるなど、きらびやかな会場でシンプルなドレスだと淋しい印象になってしまいます。

会場の雰囲気とドレスの雰囲気がかけ離れないように注意しましょう。

披露宴会場が広い場合は、ボリュームのある華やかなドレスが合います。

照明に反射してきらきら光るビジューやスパンコールなどがついていると、遠くの席からも良く見えます。

逆に狭い会場やガーデンウェディングだとスカートにあまりボリュームが無い方が動きやすいです。

そのぶんゲストとの距離が近いので、近くで見た時に目を引くレースや刺繡などの細かい装飾のあるものがおすすめです。

自分の好みを分析する

イメージがわかない場合は雑誌などで気に入ったドレスの写真を集めてみましょう。そうすると自分の好みの傾向が把握できます。

自分の好みと、自分に合う条件のドレスを把握しておくことで、試着前におおよそのイメージがつかめると思います。

いよいよ試着!試着での注意点とポイント

たくさんのドレスに囲まれて、ドレスの試着はとても楽しい時間だと思います。

しかし、試着の時間は限られています。効率よく多くのドレスを試着するためにも、試着のポイントを押さえておきましょう。

持参すると役に立つもの

  • スマホ、デジカメなど撮影できるもの
  • 使用したい小物など(あれば)
  • イメージしているドレスの写真や切り抜き
  • 会場の資料(会場の雰囲気の参考に)
  • メモ帳、筆記用具
  • ブライダルインナーやストラップレスのブラ、ストッキング

試着当日の心得

ドレスの試着をする時には、できるだけ結婚式当日に近いヘアスタイルで行くとイメージがつかみやすいです。

また、式当日はメイクもしっかりするので、試着の時もいつもよりしっかりめにメイクをして行きましょう。

ドレスについて客観的な意見を聞くためにも、ご主人や母親、姉妹、友達などと行くことをおすすめします。

ご主人と行くと、2人並んだ時の雰囲気もわかるのでおすすめです。

後でドレスを見比べるためにも、写真は必須です。写真を撮る際は色々な角度から撮るようにしましょう。

その際、すべてのドレスで同じポーズ、同じ角度で写真を撮ると比較しやすいです。

また、ポーズをとって写真を撮るだけだと、動きやすさがわかりません。

靴を履いて歩く、腕を動かすなど、結婚式当日にするであろう動作をしてみることも重要です。

お辞儀をしたときに胸元の下着が見えないか、座った時にお腹まわりが苦しくないかも確認しておきましょう。

どうしても1着に決められない時は・・・

どうしても1着に絞りきれないという場合は、お色直しもウェディングドレスにするというのもひとつの方法です。

最近では2着目にも白のウェディングドレスを着る新婦も増えています。

ヘアスタイルや小物を変えることで雰囲気もガラリと変わるので、迷っている方は検討してみてはどうでしょうか。

理想の1着に出会うために

ウェディングドレスは、女性が1番美しく輝く瞬間を演出するとても重要なものです。

式当日に「こんなはずでは・・・」とならないように、事前のリサーチと本番当日を見据えた試着で、ぜひ運命の1着に出会ってください。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る