アンダーヘアもおしゃれする時代に!チクチクさせないお手入れの方法

日本女性のアンダーヘアの悩みは深刻です。

海外ではポピュラーな脱毛も、「遊んでると思われないか」と心配になり、なかなか手を出せませんよね。

そんなあなたの意識を覆し、アンダーヘアのお手入れや脱毛は衛生面でもオシャレ面でもメリットがたくさんあることをお伝えしたいと思います!

これを読めばアンダーヘアに対する悩みも晴れて、スッキリとした気持ちで自分のアンダーヘアを今後どうするかを決めていけることでしょう。

みんな気になるアンダーヘアの悩み

女性のアンダーヘアの悩みは人に相談できないぶん、深刻に悩んでしまうことも多いですよね。

「こんなことって私だけじゃないのかな?」と思ってしまうと、ますますサロンやエステにも行きづらくなります。

今回はそんなアンダーヘアの悩みを共有し、「みんな悩んでいるんだ!」という安心感をもっていただくところから始めてみましょう!

私のアンダーヘアって長すぎ?

アンダーヘアが長すぎるのではないか、他の人はどれくらいの長さなのだろう、という悩みはかなり多いようです。

女性のアンダーヘアのうち、脱毛せずに残す派の方のお手入れ後の一般的な目安は「2~4㎝」くらいだと言われています。

普通は10㎝までいかずにある一定の長さになると抜け落ちると言われていますが、これも人によって違いがありますので、長さが気になるようでしたら眉毛のようにお手入れをすれば問題ありません。

デリケートゾーンが痒いのはアンダーヘアのせい?

女性はそうでなくとも生理やおりもののせいでムレやすいアンダー環境ですが、アンダーヘアがもさもさ密集していると湿気がこもって雑菌が繁殖しやすくなります。

ムレはデリケートゾーンの薄い皮膚をかぶれさせたり、痒みを引き起こす原因になりますので、衛生面からみるとムレるのにアンダーヘアを放置しておくことはあまりおすすめできません。

すべて脱毛する必要はありませんが、短くすっきりとカットするなど、適切なお手入れはした方がよいでしょう。

私だけ?!剃ったらチクチク痒くてたまらない!

自宅でのアンダーヘアのお手入れの悩みに、剃った場所から新たな毛が生えてくると、下着に刺さったり引っかかったりしてチクチクするというものがあります。

適度な長さに薄っすら生えてきてくれるまで、この不快感に耐えなくてはならないのは苦痛ですよね。

手触りも見た目も最悪で、絶対に彼氏に見られたくない時期がこのチクチク期です。

太い毛がびっしり!剛毛で辛い

女性が毛深くなってしまう理由として、原因は2つあります。

  • 生まれついての遺伝
  • 女性ホルモンのバランス

です。

男性は女性に比べると毛が濃いことが多いですが、それは男性ホルモンが影響しています。

女性でもストレスや生活習慣の乱れによって男性ホルモンが優位に働いてしまうことがあります。そうすると毛が濃くなってしまうのです。

剛毛を解決したい場合は、「抑毛剤」というアイテムを使ってだんだんと毛を薄く細くしていくことが可能です。

生まれつきだからあきらめて全部脱毛!という手段しかないわけではないので、剛毛でお悩みの方も毛を残したい派なのであれば検討してみてください。

VIO脱毛、どこまで処理すればいいの?

VIOというのは女性のアンダーヘアを表すときの用語で、Vは水着のVラインの部分、Iは女性器の部分、Oはお尻の穴の周辺部分を指します。

アンダーヘアの脱毛をする際にも、「Oだけ」や「VとOだけ」など自分で脱毛したい部分を分けて選ぶこともできます。

サロンに脱毛に行く女性のほとんどは、まず最初は「全部脱毛」を選ぶ方が圧倒的に多いようですが、Vラインを整えて残し、Iラインも正面から見える部分だけは残す、という選択をする方もいらっしゃるようです。

これは、女友達と温泉などに行く際に、正面から大事な部分が見えてしまうのを避けたいという方に多いです。

ですが気になるならタオルでかくしても問題ありませんし、男性の好みに合わせる、という方もいらっしゃいますので、「VIOをどこまで処理するか」は完全に個人の好みと状況に合わせて選びましょう。

ハイジニーナにすると男性に引かれない?

「衛生」を意味するハイジニーナはアンダーヘアをつるっつるに脱毛してしまうことを言います。

最近では日本でもようやく受け入れられるようになってきましたが、一昔前はアンダーヘアを剃っている人などあまりいませんでした。

欧米では当たり前のようになってきているハイジニーナ脱毛ですが、あまり慣れていない日本の男性はどのように考えているのでしょうか。

ここが気になって一歩が踏み出せない女性も多いようです。

男性の感想は・・・

男性の大多数は女性のアンダーヘアがなくても気にしない、もしくはうれしく思う方が多いという調査結果があります。

ただし、「アンダーヘアがない女性は遊びなれている」というイメージを持った男性が若干存在するのも確かです。

初めてお披露目する際には、「あなたが喜ぶと思って…」という言葉を添えれば「自分のためにケアしてくれたんだな」と感動してくれるかもしれません。

もしあなたがすっきりとしたデリケートゾーンに憧れをもっているのならば、もさもさヘアよりも人気があることは確かなので思い切ってチャレンジしてみてはいかがでしょうか?衛生的にもおすすめです!

女性がVIO脱毛を選んだ理由

世の女性たちがアンダーヘアを脱毛してみたいと思う理由について見ていきましょう。あなたと同じように思い、脱毛を検討&実行した人たちがたくさんいます!

水着を着たいから

きわどい線まで素肌を見せることになる水着。

夏になると着る機会が訪れる可能性が無きにしも非ず…。誘われたらボディメイクもしてムダ毛ケアもしてバッチリ整えて出陣したいですよね。

もしも水着の脇からアンダーヘアが1本でもはみ出していたら……。考えるだけでゾッとしてしまいます。

そんな悲劇は起こさないように、脱毛サロンに通うことを決意する女性も多いのです。

彼氏に喜んでもらいたいから

  • 男性と過ごす夜の時間を楽しみたい
  • もさもさは軽蔑されそうだし恥ずかしいから見られたくない
  • 自分でケアするとチクチクして悲惨だからエステで整えてもらいたい

そんな女性たちは現在恋人のいるいないにかかわらず、積極的に脱毛を選択しているようです。

恋人がいない期間に脱毛エステに通ってしまうというのは、かなり合理的で気も楽ですよね!

日々自分で処理することに疲れたから

アンダーヘアがもさもさしていて生理中のムレが辛かったり、スポーツで汗をかくと湿気がこもって痒みを引き起こしたりと、もさもささんの悩みは尽きません。

いっそのことスッキリ脱毛してこの悩みから解放されたい!という気持ちも脱毛サロンへと背中を押しているようです。

毛の処理くらい自分でできる、あるいは脱毛サロンで人にデリケートゾーンを見られるのが耐え難い、恥ずかしい、という方は自宅で一生懸命処理をしているかもしれません。

しかし剃っても抜いても生えてくる毛を、エンドレスでケアしていくのは正直疲れてしまいます。

あまり頻繁に剃ったり抜いたりしているうちに、デリケートな皮膚が傷つき、埋没毛ができて黒ずんでしまうともう最悪です。

そうなる前に少しお金をかけて綺麗に安全に処理してもらう方が良い、と決意される方も多いです。

「すそわきが」が気になるから

デリケートゾーンには脇の下と同じ「アポクリン汗腺」という汗腺が存在します。つまり、「わきが」と同じ嫌なにおいが発生する可能性が高い部分でもあるのです。

フェロモンを出す部分であるアポクリン汗腺ですが、汗や皮脂、皮膚の常在菌が混ざり合って分解されると「すそわきが」の原因となります。

汗がこもって菌を繁殖させないためにも、デリケートゾーンを清潔に管理する目的で脱毛を決意する方も存在します。

毛の悩みはみんな一緒

あなたと同じ悩みを持った女性がたくさんいることがお分かりいただけたと思います。

アンダーヘアの管理には毛を残したまま適切な長さや量に調節する「お手入れ」とつるつるにしてしまう「脱毛」の2つの選択肢があります。

どちらにせよ、アンダーヘアの管理にはメリットが多いので以下でその方法をチェックしてみてください!

アンダーヘアのお手入れ方法

まずは毛を残したい方のための、アンダーヘアのお手入れ方法についてご紹介いたします!

つるつるよりもナチュラルなアンダーヘアを目指す女性がまだまだ圧倒的多数である日本では、これらの基本的なお手入れ方法を知っておいて損はないでしょう!

石鹸で洗う

実はデリケートゾーンは専用の石鹸を使うことで刺激も強すぎず、清潔と保湿をしっかりとでき、においも抑制してくれるのでおすすめです。

また、泡は顔を洗顔するときのようにしっかりと泡立て、アンダーヘアから性器、肛門の順に丁寧に洗っていきましょう。

しかし、デリケートな部分なので日に何度も洗っているとバリア力が弱ってカンジダなどの感染症にかかりやすくなってしまいます。

1日に1度、入浴の際に丁寧に洗えばOKです。

このデリケートゾーン専用石鹸で痒みやふけ、においの対策を講じるのがおすすめです。

アンダーヘアをふわふわさらさらにするトリートメント

アンダーヘアにも髪と同じようにトリートメントがあるんです!

  • 剛毛アンダーヘアもトリートメントを使い続けるうちにふわふわさらさらになる!
  • 手触りがよくなる。下着にひっかからない。
  • そんなに頻繁に処理しなくても見た目が落ち着く。
  • 柔らかくしたあとに処理をすれば、その後のチクチクが軽減される。

などがアンダーヘアにトリートメントを使うメリットです。

すきバサミで毛をすく

毛の長さを整えるのにおすすめなのがすきバサミで毛を短くしながら毛量も減らしていくことです。

コームの中に刃が隠されていて、アンダーヘアを梳かすだけで上手に毛量を減らせる商品も存在します。これなら簡単にアンダーヘアを薄めにふわっとさせられますね。

ハサミを使って毛の長さを調節する場合、なるべく先端の細いハサミを使用し、毛に対して垂直に刃を入れるようにしてください。

斜めに切ると毛の先端が鋭利になり、チクチクや下着を突き抜ける原因になります。

ハサミ使う前と後にはしっかりとハサミを洗い、できればアルコール消毒もできると良いでしょう。

カットしたあとにはトリートメントケアや、毛先を丸く整えるヒートカッターなどあればさらに手触りがよく、見た目も下着を履いた際の肌触りもよくなります。

カットする際にはくれぐれも肌を傷つけないように慎重に少しずつカットしましょう。

ヒートカッター

ハサミ使用後に補助的に使うことをご提案したヒートカッターですが、毛を残す派の方ならむしろこれ一本で満足な管理ができるでしょう。

熱線によって切った部分はハサミのように鋭利にならず、下着の上に顔を出したり、繊維に引っかかったりしません。

熱いので使用時に注意することと、毛量が多い方には一本一本処理していくのは面倒、という欠点はあります。

しかしコストもそれほどかからず1000円台から3000円ほどで購入できてしまうので、ヘアを残す主義の方の強い味方になってくれるでしょう。

セルフでアンダーヘアを処理するデメリット

サロンやエステに通う時間がない、高価だし頻繁に通うのが面倒という方は自分で剃ってしまったり、抜いている人は多いのではないでしょうか?

デメリットだらけのセルフ処理を見ていきましょう。

シェーバー・カミソリを使った時のデメリット

シェーバーやカミソリでのケアはハサミの次に多くの方が取り入れているケアではないでしょうか?

しかしこの二つは特におすすめ出来ません。剃った毛は、当たり前ですがすぐに生えてきますし、小さな固い毛が生えてくるととにかくチクチクムズムズ痒いです。

また、見た目も悪いのでまた剃ってしまうと、延々とそのループに陥ってしまうのです。

そしてカミソリやシェーバーの刃は毛だけでなくデリケートゾーンの皮膚表面も傷つけ、肌荒れや色素沈着の原因にもなります。

シェーバーやカミソリを使うくらいならお金をかけて脱毛することをおすすめいたします。

毛抜き・ワックスで抜いた時のデメリット

毛抜きやワックスでの処理はシェーバーやカミソリでの「すぐ生えてくる」「チクチクする」というデメリットは軽減されますが、毛根から引き抜こうとするので皮膚への負担は大きいです。

また、うまく根元から引き抜けず、皮膚の中に毛の後半が残ってしまう「埋没毛」になることもままあります。

せっかく綺麗にしようとしているのに、埋没毛でブツブツになってしまっては意味がありませんよね。

この埋没毛はもはや自宅でのケアではほぼ解決できないので、最初からここに手を出すくらいならやはりプロに任せた方が美しいデリケートゾーンを保てるでしょう。

除毛クリームで毛を溶かす

除毛クリームは完全におすすめできません。

薬剤によって毛を溶かす商品ですので、皮膚の薄いデリケートゾーンに使用するのはご法度です。

腕や脚の除毛でも乾燥が悪化したりひりひりする方がいるように、肌に負担のかかるアイテムです。

確かに塗るだけで除毛ができるので便利ですし、カミソリの刃に負けたりせず、毛抜きの痛みがなかったりと魅力的ではありますが、デリケートゾーンには使わないでくださいね。

敏感肌用の除毛クリームもありますが、「デリケートゾーン用」ではないのでやめておきましょう。

家庭用フラッシュ脱毛器

1台の価格も高価ですし、照射回数によってはカートリッジ交換も必要になるかもしれません。

しかし、本格的にサロンに通うか、自宅でサロンには及ばないまでも肌に低刺激で効果の高いケアをするかで迷った場合、どうしても人に見られるのが嫌だ、通う時間がないという方にはおすすめできます。

エステやサロンに1~3年通うことを考えると、それほど高くない買い物かもしれません。

家庭用フラッシュ脱毛器はエステやサロン、美容皮膚科での出力より低く抑えられています。

照射回数と期間を長くすることで、家庭でも安全に効果の高い脱毛ケアをすることができます。

なんと言っても自分のペースで、恥ずかしい思いをせずにできることが魅力ですね。

照射前後には清潔にすることと、しっかりと冷却すること、保湿ケアをすることなどに気を付ければ自宅でできるもっとも質の高い脱毛ケアとなるでしょう。

サロン・クリニックで出来る脱毛方法

ついに自宅でのケアに嫌気がさし、つるっつるにしてしまいたい!と思い立った女性のために、サロンやエステでの処理についてご紹介します。

強い光を照射して根本から毛を処理する光脱毛

光脱毛ができるのが「サロン」や「エステ」と呼ばれる脱毛専門店です。

光脱毛の特徴は、黒い毛のメラニンに反応する光によって、皮膚の中に隠れている毛まで熱を伝えて脱毛する点です。

ですので他の脱毛方法より皮膚への負担が少なく、痛みも感じにくいです。

時間と回数はかかりますが毛がほとんど生えてこない肌、あるいは生えてきても細くてか弱い毛という状態までもっていくことが可能です。(※個人差があります。)医療用レーザー脱毛より価格が安いので、コスト重視でいく方はお近くのサロンにゆっくり通ってもよいでしょう。

美容に特化したエステやサロンなので脱毛後の保湿や美容ケアもしっかりしてくれるところが魅力です。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は美容皮膚科や美容クリニックで受けられる施術です。

光脱毛よりも熱出力が高く、通う回数が少なくなる分熱さや痛みを感じる確率が高くなります。

しかし医師が施術してくれるという安心感もあり、何か肌トラブルが起こってもすぐに対応してくれる環境が魅力です。

最近はクリニックのレーザー脱毛でもお得なプランが増えているようなので、口コミと評価を参考にいろんなクリニックを比較して選んでみるとよいでしょう。

レーザー脱毛は脱毛効果が「一般的には」1番高いと言われています。

実は「ニードル脱毛」という針を使って電気を流し毛根を破壊する、という脱毛方法が1番永久脱毛に近いのですが、これはあまりにも痛いと評判なので、レーザー脱毛で回数を重ね、永久脱毛に近づける方法がおすすめです!

ブラジリアンワックス

自分でやると痛かったりはがす方向を間違ったり、アフターケアがうまくいかずに肌が荒れてしまったりするワックスです。

しかし、実はブラジリアンワックスはオーガニックな方法で肌にケミカルな刺激を与えず、古代から存在する原始的なやり方だと知っていましたか?

毛根から毛を根こそぎ引っ張りぬくので、サロンでやってもらえば一瞬でつるつるになれます。

毛を抜くだけなので永久脱毛にはなりませんが、なるべく早く、短期間だけ効果が出て欲しいという人にオススメのやり方です。

予定の3日~1週間ほどまえにブラジリアンワックスをしておくと、予定の日には赤みやぶつぶつもおさまって、つるるな肌でお出かけができますよ!

また生えてくるので、冬の間はナチュラルなアンダーヘアを維持することが可能なのも魅力になります。

今やアンダーヘアもデザインカットする時代

昔は考えられませんでしたが、今はアンダーヘアのカットデザインが豊富に存在します。

どのようなデザインが存在し、人気なのはどの形なのかチェックしてみましょう。

ナチュラルな逆三角形

男女ともに受けがいいのがナチュラルな逆三角形です。

女性は小さな逆三角形にも挑戦してみたい方が多いようですが、男性に人気なのは「つるつる」か「ナチュラルな大きさの逆三角形」あたりです。

温泉に行っても最も違和感がなく目立たないのが特徴ですね。

オーバル型

オーバル型は縦長の丸めなシルエットに整えられたアンダーヘアで、「手入れの行き届いた女性」を演出してくれます。

男女ともに好感度の高いカットデザインです。

水着の脇からはみ出す心配もないので、毛を残したい方もこのカットなら遊ぶことができますね。

ハートやひし形

サロンによってはオーダーすればハートやひし形にしてくれるところもあるようです。

また、アンダーヘアを自分でカットする際にシールを貼って、まるで型抜きのようにカットして遊べるシールアイテムも存在します。

意外とアンダーヘアのオシャレが浸透しつつあるようです。

アンダーヘアのお悩みを「オシャレ」に転換!

あれほど悩んでいたアンダーヘアですが、記事を読み終わったあなたは不思議と

  • あんなデザインのアンダーヘアもいいな
  • つるつるにしてスッキリするのもいいな

なんて、まるで髪の毛のイメチェンを考えるような気軽さとウキウキ感が沸いてきていませんか?

そうです、今はアンダーヘアでもオシャレを楽しめる時代です!

処理をしただけで、自分に対する満足度が上がって毎日がもっと気分よく過ごせるかもしれませんね。

ぜひ自分のアンダーヘアとデリケートゾーンの美しさに、時間とお金と愛情をかけてあげてください。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る