トランポリンは跳ねるだけでダイエット効果あり!痩せる仕組みとは

トランポリンダイエット9184

子どもの頃、トランポリンで遊んだことがあるという方は、結構いるかもしれません。

ぴょんぴょん跳ねるのは楽しいですよね。

このトランポリン、実は大人の運動やダイエットとしてもおすすめなのです。それも、子どもの頃のように、トランポリンの上で跳ねるだけでおこなえます。

トランポリンで跳ねるなんて、想像するだけでも楽しそう、と感じる方もいるかもしれませんね。

そういう方にとっては、楽しく運動をして、ダイエット効果を得られるでしょう。

もしくは、トランポリンの上でウォーキングをするという方法もあります。「トランポリンに興味はあるけど、運動は苦手だから、跳ねるのはちょっと怖い」という方には、こちらがおすすめです。

意外と運動強度が高く、筋肉を鍛えたり、体を絞ったりと、ダイエットにもとても向いているトランポリン。どのような効果があるのか、また気を付けたいことなどについて見ていきましょう。


トランポリンダイエットは、跳ねるだけ!

トランポリンを使ってするダイエットは、とても簡単です。トランポリンの上で跳ねるだけです。シンプルで、しかも楽しそうですね。

とはいえ、動きは単調ですが、実際におこなってみると結構大変だと感じると思います。それもそのはず、ウォーキングやジョギングなどよりも、運動強度はかなり高くなってくるのです。

たとえばトランポリンで跳ねる運動は、ジョギングの1.7倍もの運動効果があるといわれています。

ジョギングのほうがハードなイメージがある方もいるのではないでしょうか?驚きの効果ですね。

トランポリンの効果

では、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか?順番に見ていきましょう。

有酸素運動である

トランポリンの運動は、「有酸素運動」です。脂肪を燃やす効果があり、全身の脂肪を落とすことができます。

有酸素運動は、スタートしてから20分後あたりから、脂肪が燃えるようになるといわれています。なので、20分以上、できれば30分以上続けたいものです。

でも、トランポリンの運動強度はかなり高めなのでしたね。ハードですので、20分も続けるのは難しいと感じる方もいるかもしれません。

その場合は、5分間など短い時間からはじめてみましょう。そして徐々に体を慣らしていくといいですね。

筋肉を付けることができる

トランポリンは全身運動です。しっかりと筋肉を付けることができます。

足に負荷がかかりますから、特に足を鍛えることができます。でも、全身の筋肉を使うので、全身が鍛えられるでしょう。

筋肉を付けるばかりではありません。体全体の脂肪を落として、体型を絞ってスリムな体を目指すこともできます。

そして筋肉が体につくと、カロリーをより効率よく消費することができます。どんどん効果は高くなっていくというわけですね。

むくみの解消

トランポリンでの動きで、むくみの解消が期待できます。

これは、トランポリンで跳ねていると、体にG(重力)がかかるためです。そのために、リンパ液がスムーズに流れるようになり、むくみの改善に繋がっていくのです。

また、トランポリンでの運動で、代謝が良くなることも期待できます。代謝が良くなると、やはりむくみの改善になっていきます。

良い姿勢を目指せる

トランポリンで跳ねるのは、実際にやってみるとわかると思いますが、結構大変です。

気を抜くと、ぽーんとトランポリンから放り出されてしまいそう、という状態になるかもしれません。

なので、バランス感覚が鍛えられます。それにより、良い姿勢を目指すことができます。

姿勢を普段からよくすることは、とても大切ですよね。猫背になったりと姿勢が悪くなると、体のゆがみに繋がります。

体のゆがみは血行を悪くしたりと、体の状態に悪影響を及ぼしてくることもあるのです。

注意しておきたいポイント

このように嬉しい効果がたくさんあるトランポリンですが、気を付けたいことももちろんあります。きちんと理解して、効果的にトランポリンの運動をおこないましょう。

準備運動をしっかりしよう

トランポリンの運動は、かなり運動強度が高いのでしたね。なので、はじめる前にはしっかり準備運動をしましょう。

突然はじめると、体を痛めてしまったり、足がつってしまったりするかもしれません。また、運動についていけずにトランポリンから落ちてしまう危険も考えられます。

学生時代の体育の時間におこなっていた、軽く体を動かしたり、ストレッチをするだけでも準備運動になります。しっかりおこなってから、トランポリンに挑みましょう。

無理をしない

トランポリンの運動強度はかなり高いと、何回も見てきましたね。そして、有酸素運動のために、理想の運動時間は20分以上なのでした。

でもやはり、いきなりはじめて20分も跳ねるのはなかなか難しいと思います。特に運動に慣れていない方にはつらいでしょう。

疲れているのに無理に続けると、やはりトランポリンから落ちてしまうかもしれません。跳ねる運動は勢いがついていますから、ただ落っこちるよりも危険です。

疲れたと感じたら、そこでやめておきましょう。または、いったん休憩をはさんで、また再開してもいいでしょう。

家に買う場合は、環境に注意

トランポリンの運動をおこなうには、主に二通りの方法があります。

  • トランポリンが設置されている、ジムなどの施設でおこなう
  • 自宅に一人用のトランポリンを買って、自宅でおこなう

ジムなどでおこなう場合は、あまり気にしなくても良いかもしれませんが、家に買う場合は、ちょっと考えて買うかどうかを決めたほうが良いでしょう。

なぜなら、トランポリンは以下のようなデメリットが考えられるからです。主に、マンションなどの集合住宅の場合です。
  • 2階以上の場合、振動が下の階の迷惑になる
  • 同じく、音が迷惑になる
  • 天井の高さがあまりないことがあり、跳ねるのが危険

トランポリンを買うのは、マンションなどの場合1階に住んでいる場合。もしくは一軒家に住んでいる場合がおすすめです。

ほかのおうちの迷惑になったり、危険な状態になるかもしれません。自宅の環境と照らし合わせて、買うかどうかをよく考えてみましょう。

また、トランポリンは結構場所を取ります。置ける場所を確保できるかどうかについても、買う前に考えたほうが良いですね。

運動が苦手なら、トランポウォークをしてみる

ここまで見てきて、トランポリンで跳ねることは、「運動強度が高い」「バランスをとる必要がある」などの特徴があることがわかりました。

運動が苦手な方は、それをハードルに感じてしまうかもしれません。「そんなにハードなのは無理」と思われてしまったでしょうか?

でも、運動が苦手でも、激しい運動ができない方(高齢の方など)でも、トランポリンを使った運動はできるのです。

それは、「トランポリンの上で歩く」という運動です。「トランポウォーク」と呼ばれています。

跳ねるという運動に比べると、かなり運動強度は落ちます。でも確かに効果はあるのです。

それに、有酸素運動であるトランポリンは20分以上跳ねるのが理想的ですが、かなり大変ですよね。それを考えると、トランポウォークで20分歩くほうが、続けるのはラクでしょう。

トランポウォークも、普通にウォーキングをするよりも効果は高くなってきます。トランポリンの上は不安定なので、バランスをとることが必要になってくるためです。

そのために、「バランス感覚をやしなう」「良い姿勢を目指せる」などの、跳ねるときと同じ効果が期待できます。もちろん、跳ねるほうが効果は高いですが、歩くだけでも確かに効果はあるのです。

また、ふわふわとした独特の感覚がありますので、歩いていても楽しいと思えるかもしれません。それに、激しい動きをしないので、音楽を聴くなどしながらおこなうこともできます。

注意したいのは、このトランポウォークは「ジムでおこなうのには向かない」という点です。

ジムではやはり、周りの人はトランポリンで跳ねていますよね。そこで歩いていると、跳ねている人の邪魔になってしまうことがあるかもしれません。

なので、トランポウォークをする場合は、やはり二通りの方法があります。

  • トランポウォークを専門におこなっている教室などに参加する
  • 自宅に小さめのトランポリンを買う
トランポウォークは、健康増進などのために教室を開いているところもあります。そこでは、ジムに置いてある、大人数の人が飛ぶようなビッグサイズのトランポリンではなく、小さめの一人用のトランポリンが用意されていることが多いです。

もしくは、そこで使われているような、小さめのトランポリンを自宅に買っても良いでしょう。

歩くだけであれば、振動や音は、跳ねるときよりもずっと減ります。まったくないとはいえないのですが、跳ねるためにおこなうよりも、ずっとハードルは低くなります。

目標や体力に合わせた、トランポリンダイエットを!

トランポリンでのダイエット効果や、やりかたについて見てきました。トランポリンでの運動は結構ハードですので、ダイエットにも高い効果が見込めそうです。

それに、運動が苦手だったりする方も、トランポリンを使って運動をすることができるのでしたね。それも確かにダイエットに繋がっていくでしょう。

ぴょんぴょんと跳ねたり、ふわふわと歩いたりするトランポリンは「楽しい」と感じる方も多いでしょう。

ダイエットは、楽しみながらおこなうことが、続けるコツでもあります。トランポリンを楽しく使いながら、ダイエットや綺麗な体作りを目指しましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る