短時間で極限に自分を追い込む!タバタ式トレーニングの方法とやり方

「タバタ式トレーニング」と聞いて、ピンとくる人はどれくらいいるでしょうか。

それは立命館大学のスポーツ健康科学部学部長である田畑泉教授が提唱しているトレーニング方法で、海外で高い評価を得ています。

理由としては、「4分間という短い時間で、高い運動効果が得られる」からで、健康的かつ効率的に脂肪を燃焼させたいという女性には強い味方になってくれそうですよね。

あなたも今日から4分間、日常のサイクルの中にタバタ式トレーニングを取り入れて、エネルギッシュな肉体を手に入れてみませんか。

タバタ式トレーニングって何?

タバタ式トレーニングはもともと、スピードスケートのナショナルチームが取り入れていた「インターバルトレーニング」を田端泉教授が研究し、それを発表したことに始まります。

「インターバルトレーニング」に効果があることは、スポーツ選手により判明してはいたのですが、なぜ効果があるのか、というところまでは誰もわからなかったのです。

それを田端教授が解明することに成功したのです。

なぜ効果が出るのか、ということが証明されたことで、世界に受け入れられるようになっていったのですね。

タバタ式トレーニングの方法とは

高い運動効果が得られることがわかった「タバタ式トレーニング」。
その方法はとても簡単です。

  • くたくたになるほどにハードな運動(動き)を20秒行う
  • 20秒のハードな運動後、10秒休憩0を取る

以上がワンセットになります。

この運動と休憩の繰り返しを8セット、合計4分間行うというものです。

この中の「運動」はどんな動きでも大丈夫。ただし、20秒後には思わず倒れこんでしまうような強度でなければ意味がありません。

その強度があればどんな動きでも大丈夫。ただダッシュするだけというのでもOKと言うのですから、自分のやりやすい方法を見つけるのもいいですね。

もし「運動を日頃しないのでわからない」と言う方は、具体的な運動方法について、立命館大学のホームページ内に「タバタ式トレーニング」を特集したものがあり、実際に動画もアップされていますので、それを参考にしてみてください。

20秒という短い時間ですが、紹介されている運動は翌日筋肉痛間違いなしといった動きがほとんど。脂肪が燃焼している実感を得ながら、トライしてみてください。

また公式に作られたDVDも海外では発売されています。英語で解説されていますので、英語の勉強にもなりそうですね。

タバタ式トレーニングのポイント

タバタ式トレーニングを実践すると、高い運動効果が得られることがわかっていますが、それにより高い持久力を手に入れることも可能になってきます。

バテるほどの運動をし、その後で倒れこむように休憩。

この繰り返しを行うことで、有酸素エネルギーと無酸素エネルギーを最大限刺激し、結果的に酸素を摂取する量が増えると言う循環になります。
  • 「マラソンを始めたけれど、すぐにバテてしまう」
  • 「スポーツをしたいけれど体力が続かない・・・」

そんなお悩みを持つ方には最適。こんな風に運動のみならず、持久力が上がることで普段の生活にも大きな変化が訪れそうですね。

日頃のちょっとした運動も、楽しく行えるようになりますよ!

ただ、疲れ果ててしまうほどの運動を例え数分間といえども行うため、ウォーミングアップとクールダウンを念入りにすることも忘れずに。

ストレッチをしっかり行うことで、怪我を防ぐことができます。

タバタ式トレーニングの注意点

タバタ式トレーニングは、身体的な不安を持つ方や、怪我や病気の方には向かないトレーニング方法となります。

特に高血圧の方にはかえって症状を悪化させてしまう可能性がありますので、どうしてもトライしてみたいと言う方は必ず医師に相談をしてください。

また体に負荷をかける運動のため、その動きによっては、不安のある部位の痛みや症状が悪化してしまいますので、こちらも医師にご相談ください。

痛みや体の不調には、都度向き合うことも重要です。自分のコンディションには常に注意を向け、安全かつ健康的にトレーニングをしましょう。

タバタ式トレーニングでダイエット!代謝を上げよう

女性ならばやはり高い運動効果がある、と言われたらダイエットに良いのではと期待してしまうでしょう。

ジョギングやスポーツを趣味にしている人は、そのレベルアップのために、持久力がアップするなどのタバタ式トレーニングはそれだけで魅力的ですが、しなやかで美しいボディラインは女性の永遠の憧れでもあります。

「ストイックに運動するのは無理だし、スポーツジムにも通う時間がない・・・」そんな時に自宅で気軽に、短時間でできるタバタ式トレーニングはとても魅力的に映ることでしょう。

美しいボディラインの大敵になるのが、加齢による代謝の低下。

  • 「昔と比べると、食べる量は減っているのになかなか痩せない」
  • 「少しぐらい間食やご飯を我慢しても、なかなか効果が出ない・・・」

それは代謝の低下によって、痩せづらい体質になっているからかもしれません。

美しい体型を維持したいと願う女性ならば、毎日考えもなしに好きなものを好きなだけ食べていると言う人は少ないはず。

誰もが「今日はケーキを食べたから、夕飯は控えよう」などと、少しずつ我慢しながら生活しています。

ただ、少し我慢するだけではなかなか追いつかないのが現状。

食べただけ、いやもしかして食べた以上に太ってない?そんな風に思えてしまうと、ストレスになります。

美味しいものを適量食べ、それをエネルギーに変えて生き生きと過ごす。これほど楽しい毎日はないのでしょうか。

タバタ式トレーニングは、その「代謝」を促す効果も期待できる

代謝がアップすれば、滞りなく日々の食事をエネルギーに替えられると言うこと。そう聞いただけでワクワクしてきます。

お腹が引っ込む、太ももが細くなる、といった具体的な効果を謳うダイエット方ももちろん魅力的ですが、代謝を上げることは美しい肌を保つ上でも大切なことです。

「最近滞っているなぁ」と思う方には特に、その効果を実感していただけるのではないでしょうか。

もちろん調子に乗って食べ過ぎるのは禁物ですが、適量を毎食、美味しく丁寧に食べられることは日々の活力となりえます。

一ヶ月で何キロ痩せられる!などの具体的な効果はあげられてはいませんが、その効果は実践した人が一番感じられることでしょう。

もし、「それでも部分痩せはしたい」と考える方は、20秒間の運動のところで、部分痩せ効果のある動きを取り入れるなどの工夫をすると、より継続することに力が入るかもしれませんね。

このように、タバタ式トレーニングではくたくたになるほどに負荷をかけるという以外には動きは何でもいいという自由さがあります。

最初はコツが掴めずに苦労するかもしれませんが、見よう見まねで始めて徐々に自分のペースを作っていけば体型にも体調にも変化が訪れるはずです。

とにかくまずは実践。筋肉痛のその先に、新しい自分が待っていることでしょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る