サバ缶がダイエットに効果的!痩せホルモンを促すEPAのパワー

鯖缶ダイエット11071

保存ができる缶詰は、非常食としてだけでなく一品足りない時や給料日前の節約したい時に助かりますよね。

お助け食材の缶詰ですが、そのなかでも「サバ缶」はダイエットにもおすすめな食材として注目されています。

なぜ、サバ缶はダイエットにも良いのでしょうか?

実は、サバ缶に使われる「鯖」をはじめとした青魚にはEPA(エイコサペンタエン酸)という成分が多く含まれており、この成分がダイエットにも効果的とされています。

今回は、サバ缶に含まれるEPAについてと、気になるカロリー、それから美容と健康に良い成分について解説していきますね。

血液浄化作用のあるEPA

鯖やサンマ、鰯、鯵といった青魚の不飽和脂肪酸に含まれる成分のひとつで、血中のコレステロールや中性脂肪をコントロールし、血液をきれいにする効果があるといわれています。

EPAを摂取すると出やすくなる痩せホルモンって何?

体内にある消化管ホルモンの「GLP-1」のことをいいます。

GLP-1は、なぜ「痩せホルモン」といわれるのでしょうか?

  • 食後の急激な血糖値の上昇を防ぐ
  • 食べ過ぎを防ぐ
  • リバウンドしにくくなる

GLP-1には、体内のインスリンをコントロールする効果があり「糖尿病」の治療薬にも使われています。

食事をした直後は血糖値は上がりやすいのですが、急激に上がるのは肥満の原因になりやすいので要注意です。

また、GLP-1は満腹中枢にも働きかける効果があり、食事をした後「満腹感」が感じやすくなり、食べすぎやドカ食いを防ぐので痩せやすい体作りにも効果があるのでは期待されています。

EPAを摂取しやすい「サバ缶」は、食べることで体内の痩せホルモンを促進するかもしれないので、ダイエット中の人は気になるかもしれないですね。

痩せホルモンだけでない、EPAの効果は?

EPAには痩せホルモンのGLP-1を促す以外にも、女性にうれしい効果がありますよ。

  • 美肌効果
  • 免疫力アップ
  • 精神安定
EPAには血液をきれいにする効果があることは知られていますが、病気の予防やダイエットだけでなく、肌のターンオーバーを正常化し、ニキビや肌荒れを防ぎ、肌をきれいします。

老化やガンの原因である活性酸素を抑制するので、体の免疫力を上げ、病気の原因にもなるストレスも防ぎます。

ストレスも太る原因のひとつ。EPAが含まれるサバ缶がダイエットに良いといわれるのは、イライラを防止する効果があることも理由になりますね。

サバ缶にはEPA以外にも美容や健康に良い成分が豊富!

サバ缶に使われる鯖は栄養価が高い魚で、さまざまな栄養成分が含まれています。

  • ビタミンD
  • ビタミンB12
  • カリウム
  • リン
  • セレン
  • 葉酸
  • DHA(ドコサヘキサエン酸)

ここからは、サバ缶を食べることで期待できる「美容効果」と「健康効果」についてまとめていきますね。

疲労回復

疲れが溜まると免疫力が低下して、風邪をひいたり体調も崩しやすくなりますが、鯖には疲労回復をするB12が多く含まれており、体を疲れにくくしてくれます。

代謝を良くする

女性のなかには脚や顔がむくみやすいという人も少なくありません。

鯖には、体内の塩分や水分を排出して体の代謝を上げるカリウムも含まれているので、水太りやむくみ太りを解消し、痩せやすい体にします。

老化防止

鯖には、抗酸化作用があるセレンや記憶力に効果があるDHAが含まれています。

抗酸化作用は、ガンや老化防止に効果があるといわれ免疫力や紫外線から肌を守る効果があるといわれています。

サバ缶は、アンチエイジング効果と併せて、記憶力の低下も予防してくれるので老化が気になるという人は積極的に食べたいですね。

骨や歯を丈夫にする

骨や歯を丈夫にするというとカルシウムをイメージしますが、体内でカルシウムが吸収されないと骨や歯も作ることができません。

そこでカルシウムの吸収を助けるのがリンとビタミンDです。

鯖には、リンとビタミンDの両方が含まれているので、カルシウムを吸収し、丈夫な骨や歯を作ります。

サバ缶ダイエットの注意点

サバ缶は水煮タイプでも100g204カロリーと、カロリーが高めの食品です。

鯖は栄養価が高い魚ではありますが、タンパク質とともに脂質が多いので、食べ過ぎには注意しましょう。

味噌煮だと100g210カロリー、醤油で味付けしたものだと100g221カロリーとさらに高くなるので要注意です。

痩せホルモンを出すには栄養バランスと運動も大切

そのままでも美味しいサバ缶ですが、EPAの効果を上手に引き出し、痩せホルモンであるGLP-1を促進するには、サバ缶だけよりも食物繊維が多い野菜と組み合わせて食べるのがおすすめです。

GLP-1はEPAだけでなく、食物繊維が含まれている食べ物でも出やすいといわれているので、サバ缶も食物繊維が含まれている食品と一緒に食べた方が痩せホルモンがでやすくなります。

ダイエットは単品でやると続きませんし、リバウンドしやすいことは知られていると思います。

サバ缶を使ってダイエットする時も、サバ缶のみ食べるよりは、ご飯や野菜、お肉と一緒に栄養バランスを考えて食べた方が、リバウンドしにくく痩せやすくなるはずです。

ダイエットというと、カロリーや食事を制限することを考えてしまいますが、健康的に痩せるには、食事の管理だけでなく、体を動かすことも大切ですよね。

EPAはウォーキングや運動をすることで効果を発揮しやすくなるので、普段から意識して体を動かしてくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る