実はただの貧乳ではないかも?!女性の漏斗胸の特徴と症状について

バストのボリュームが少なくて悩んでいる女性の方や、バストの形や左右のバランスがいびつで悩んでいるという女性の方が、いらっしゃると思います。

ご自分のバストに自信がある女性より、何かしらのコンプレックスやお悩みを持っている女性の方が多いと思いますが、それらのお悩みの根本に、もしかすると「漏斗胸」が隠れているかもしれません。

「漏斗胸」について知り、もしそうなら、それに見合った対策を講じませんか。

漏斗胸ってどんな状態のことを言うの?

「漏斗胸」は「ろうときょう」と読む病気です。漏斗胸について考える前に、まずは漏斗についておさらいしておきましょう。

漏斗というのは、口の小さい容器に液体を入れるときに使う道具で、円錐状の上部の底が筒口になったもののことです。

理科の実験で使った覚えがある方もいれば、普段、ご自身でドリップコーヒーを作る方などの中には、コーヒー用の漏斗をお持ちという方もいらっしゃるかもしれません。

さて、漏斗胸とはどういう病気なのかというと、胸の前の部分がへこんでいて、まるで漏斗のように見える状態になっている胸の事を言います。

漏斗胸原因

漏斗胸になる原因は、骨の成長のバランスに拠るのではと考えられています。

胸の骨の中でも肋軟骨が、ある時期に、ほかの肋骨や胸骨などよりも速く成長するために、肋骨と肋軟骨との間に不均衡が生じます。

その結果として、左右の肋軟骨からから押されるため胸骨が陥凹してしまうなどといわれていますが、完全に分かっているわけではありません。

他には、アデノイドや扁桃腺が大きいために呼吸がしづらく、無理に呼吸をするために胸がへこんでしまうという説などもあります。

このような場合、ひどいいびきを伴っていることがあります。

また、漏斗胸には遺伝的要素があるのではとも考えられています。親子はもちろんのこと、兄弟ともに漏斗胸が発症するケースもしばしばみられます。

漏斗胸の症状とは

漏斗胸になると、どのような症状が現れるのでしょうか。胸の見た目がへこんで見えるというだけでなく、様々な症状が現れることがあります。

すぐに息が上がる

漏斗胸の場合、本来あるべき場所よりも内側に肋骨が入り込んでしまっていますから、胸の中のスペースが狭くなっています。

そのため、肺が窮屈になり、肺活量が減ってしまいます。気管などが狭くなることもあります。

その結果、漏斗胸の患者さんの中には、少し運動したりすると、すぐに息が上がってしまうという方が多いようです。

食が細い、戻しやすい

息が上がりやすいのは、漏斗胸により肺のスペースが狭いからだとご紹介しましたが、同様に、漏斗胸の方は、胃などの消化器官のスペースも狭くなっています。

よって、食が細い方や、戻しやすい方がいらっしゃいます。

心機能の異常

変形した肋骨により、心臓が狭いスペースに押し込められてしまうと、心機能に異常が出る場合があります。

ポンプ機能が正常に働かず、心臓の一度の収縮で送り出すことができる血液の量が少なくなることがあります。

胸が痛む

漏斗胸の患者さんの中には、心臓などの機能に問題があるわけではないのに、胸が痛むと感じる方がたくさんいるようです。

ただし、漏斗胸と痛みの関係については、現在のところ、医学的に明らかになっているわけではありません。

軽度の漏斗胸は放っておいても大丈夫

漏斗胸は、ほとんどの場合は生命にかかわるような問題ではありません。

中には、ご自身でそうとは知らずに育って、大人になってから健康診断などで初めて指摘されるという方もいらっしゃいます。

漏斗胸という自覚症状もなく過ごしてきて、運動なども得意だという方もたくさんいらっしゃいます。軽度の場合、漏斗胸という“病気”だと突然言われて驚く方も少なくありません。

一方、心肺機能などに異常が出るような重度の場合と、見た目が気になって仕方がないという場合には、手術で胸の凹みを改善するという方法があります。

漏斗胸は何科に行けば良い?

漏斗胸かな?と思ったら、漏斗胸の診断を専門にしている病院にかかりましょう。

お子様の場合は、まずはかかりつけの小児科で良いですが、大人であれば、呼吸器外科や心臓外科を受診しましょう。

近くに呼吸器外科や心臓外科が無いという場合は、形成外科でも良いですよ。

女性の場合、胸を見てもらうのが抵抗あるということもあるでしょう。そのような場合は、まずはかかりつけの女医さんなどに相談してみると良いでしょう。

必要であれば、適切な専門の病院に紹介状を書いてもらうことができます。

また、漏斗胸専門の病院というのは、あまり多くはありませんが、その分、湘南鎌倉総合病院や松山笠置記念心臓血管病院などのように、まずはメールで相談できる病院もあります。

女性の漏斗胸のお悩み

漏斗胸は1000人に一人くらいの割合で発症する症状で、女性よりは男性に多く発症すると言われている病気ではありますが、女性の漏斗胸患者さんもたくさんいるのが現状です。

漏斗胸の悩みといえば、ほとんどの場合が美容面(見た目)の問題になります。特に女性の場合、美容面の問題は大きいですよね。

女性ならではの漏斗胸の悩みにはどのようなものがあるでしょうか。

左右の胸の大きさが違う

漏斗胸とひとくちに言っても、ひとりひとり症状は異なります。

肋骨が左右対称でみぞおちがへこんでいる場合もあれば、左右の盛り上がり方が全然違うという場合もあります。

心臓が中央やや左よりにある分、漏斗胸が進行して左右非対称になってくるという場合も多いです。

バストの左右の大きさが異なるというのは、乳腺の発達具合などにより、誰しも起こりうることなのですが、その原因が漏斗胸にある場合は、胸の肉の土台が左右で違っているので、その上にいくら肉が載っても、アンバランスなままとなってしまいます。

程度の激しい貧乳

漏斗胸の方の場合、男女ともやせ形で猫背であることが多いのですが、女性の場合は特に、思春期を過ぎてもバストに肉が付きにくいという悩みが出てきます。

貧乳をコンプレックスに感じている方は、その原因はもしかすると漏斗胸かもしれません。

漏斗胸を改善することで、バストアップが叶うかもしれませんので、一度漏斗胸かどうかチェックしてみましょう。

合うブラジャーが無い

漏斗胸の場合、バストサイズが小さいお悩みと同時に、体に合うブラジャーが見つからないというお悩みもあると思います。

バストのセンターがへこんでいると、ワイヤーがフィットしなかったり、左右のアンダーバストの大きさに差がある場合などは、そもそもブラのセンターが合わないという場合もあるでしょう。

最近は、ノンワイヤーブラの種類も増えてきた他、ユニクロのブラトップのようにフィット感に優れたカップ付きインナーも増えていますので、ワイヤーの入ったブラジャー以外の選択肢を活用してみるのが良いですよ。

漏斗胸を改善する方法

漏斗胸がコンプレックスであるために、恋人ができて、胸を見せるようなことになったとき、勇気を出せないという女性も多いと思います。

漏斗胸は、自然に良くなる症状ではありませんが、改善するための方法はいろいろありますので、ご紹介しましょう。

筋トレ

漏斗胸の方の場合、瘦せていて筋肉がつきにくい方が多いと言われています。ですが、決して筋肉がつかないわけではありません。

腹筋や背筋、大胸筋などを鍛えるトレーニングを続けることで、胸のへこみを隠してくれるボディラインを作っていきましょう。

具体的には、ベンチプレスやプッシュアップがおすすめです。

ジムで相談してみると一層効果が期待できですが、ご自宅で腕立て伏せなどを続けるだけでも変わってくると思います。

ストレッチ

漏斗胸の場合、肋骨を緩めてやることが大切です。猫背を解消し、肋骨を開くようなストレッチやヨガを行うと良いですよ。

筋トレやヨガをご自宅で行うなら、任天堂のWiiFitがおすすめです。無理なく、毎日続けることで効果を期待できますよ。

痩せすぎない

痩せていれば痩せているほど、肋骨が浮いて見えます。漏斗胸によるへこみも目立ってしまいます。

そこで、骨格そのものの改善ではありませんが、漏斗胸を目立たなくするためには、皮下脂肪も必要です。

胸のセンターがへこんでいると、バストのお肉が同じだけあっても、へこんでいない人と比べると胸が小さくみえがちです。

でも、しっかり上手に胸のお肉を寄せれば、へこみを谷間に変身させることも可能です。

筋トレで筋肉をつけるとともに、痩せすぎの傾向にある人は、健康的な皮下脂肪を蓄え、バストのお肉をつけることをおすすめします。

手術

どうしても胸の凹みがコンプレックスだという方は、外科的手術を行うという選択肢もあります。

漏斗胸の手術といえば、最近ではナス法という術式が多く採用されています。

ナス法とは1987年よりDr.Nussが考え、実施した手術方法で、胸のへこんだ部分に金属パーツを入れて、凹みを治す方法です。

美容整形で豊胸手術を行うことで貧乳が改善される場合もありますが、美容整形に相談すると、まずは漏斗胸の手術を受けるように言われることがあります。

ご自分に合った漏斗胸対策を

漏斗胸により、胸にコンプレックスがあるという女性の方は多いと思いますが、生命にかかわるようなケースはまれです。

ご自宅でできる対策としては、筋トレやストレッチがありますし、どうしてもという場合には、手術という選択肢もあります。

水泳や温泉、パートナーとの時間など、さまざまな場面で生き生きと生活できるために、必要な漏斗胸対策を選択してみてくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る