効果が高いけどリスクもある!プラセンタ配合の化粧水について

プラセンタ配合化粧水08311

「プラセンタ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?美白効果があったりと、美容にとても効果的だと言われています。

プラセンタ注射で直接体内に取り入れる方法、プラセンタのサプリを飲む方法、そして今回取り上げるように、化粧水、また美容液などで取り入れる方法。たくさんの方法があります。

それはプラセンタに、高い美容効果があると言われているためですが、その一方で、「プラセンタにはリスクがある」「使わないほうがいい」という説もあります。それはどうしてなのでしょうか?

プラセンタに限らず、なんでもメリットとデメリットを理解して使うことが大切なのですが、今回はプラセンタ、特にプラセンタの化粧水について知り、そして使うか使わないかを考えるきっかけになればと思います。

プラセンタってなに?

「プラセンタ」は英語で「胎盤」のことです。胎盤から抽出したエキスをプラセンタと呼びます。

胎盤は赤ちゃんを育てるためのものですので、栄養たっぷりです。

動物(哺乳類)は、出産したあとに役目を終えたその胎盤を食べてしまうという話は有名なので、一度くらい聞いたことがあるかもしれません。それは妊娠、出産で使った体力を戻すためだと一説には言われています。

そのくらい、胎盤には栄養がたくさん含まれているのです。

胎盤、そしてプラセンタに含まれるのは、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、酵素……たくさんの魅力的な栄養素です。

このように栄養豊富ですから、ぜひ人間の体にも取り入れたいと思うのではないでしょうか。

そして、プラセンタは美容にとても効果的だと言われています。主に美白効果、美肌効果、またアンチエイジングにも効果があると言われています。

かのクレオパトラも、アンチエイジングのためにプラセンタを摂取していたという説もあるくらいです。それほど昔から伝わっている、美容成分なのですね。

プラセンタについてもっと詳しい内容は「何由来のプラセンタが効果的?プラセンタが持つ効果と効能について」でご紹介しています。

プラセンタのもたらす美容効果

では、そのように栄養豊富で美容に効果のあると言われている、プラセンタ。具体的にはどのような効果があるのでしょうか?

代表的な効果は以下のとおりです。

保湿

乾燥は、シミやしわ、あるいは肌荒れなどの、ありとあらゆる肌トラブルを生む美肌の大敵ですので、保湿効果はとても嬉しいものだと言えましょう。

コラーゲンの生成

コラーゲンは人間の体に存在するものですが、年齢を重ねるに従って減っていってしまうものです。そのコラーゲンの生成を助けてくれます。

細胞の活性化

皮膚が新しく生まれ変わるには、もちろん細胞が活発に働いてくれなければいけませんよね。

このような嬉しい効果があるために、美白、美容、またアンチエイジングに取り入れたいと言われているのです。

プラセンタの種類について

プラセンタは胎盤のことであるとはじめに書きましたが、その中でもいろいろと種類があります。

まずは、動物性のプラセンタ。動物(哺乳類)は胎盤を持っていますよね。そのまま、動物由来のプラセンタです。現代では馬や豚からできていることが多くなってきています。

そして、一般的に馬由来のプラセンタのほうが効果が高いと言われています。ただし豚由来のプラセンタが配合されている製品も、多く存在します。

それは、豚由来のプラセンタのほうが安価になるためです。そして、植物性のプラセンタも存在します。しかし、植物には胎盤がありませんよね。

なので、動物性のプラセンタよりも効果は落ちるといわれています。

プラセンタを化粧水で摂取する

プラセンタを人間の体に取り入れるには、主に3つの方法があります。

  • プラセンタ注射
  • サプリなどから経口摂取
  • 化粧水や美容液

今回はその中でも化粧水について見ていきます。

化粧水は肌につけるものですから、プラセンタのもたらしてくれる効果の中でも、期待できるのは「保湿効果」です。乾燥からの肌トラブルの改善が期待できます。

そして豚由来のプラセンタよりも、馬由来のプラセンタのほうが効果が高いので、できれば馬由来のプラセンタ配合のものを選びたいところです。

また、プラセンタは薄めて配合されているものもあります。薄められていては効果が低くなってしまいますから、そのようなものは避けておいたほうが良いですね。

プラセンタ配合の化粧水に限った話ではありませんが、「この製品には、どんな成分が多く含まれているのかな?」ということを知りたい場合は、成分表記の順番を見てみると良いでしょう。

成分表記は、多い成分から順番に並んでいます。

なので、プラセンタが多く配合されているものを選ぶのだとしたら、成分表記の中でもなるべく早い位置に書いてあるものが良いと言えるでしょう。

リスクがあるって本当?

「プラセンタにはリスクがある、使わないほうが良い」という意見もあります。
それは確かに、プラセンタを使って肌や体調にトラブルを起こしてしまう方もいるからです。

プラセンタは動物性のものが効果が高いのでしたね。しかしそのために、アレルギーなどを起こしてしまうことがあります。

もう一点、気を付けたいのは「劣化が早い製品もある」ということです。特に安価な製品に多いようです。劣化した化粧品を使えば、それは肌や体調にトラブルを起こしてしまいますよね。

この二点から、プラセンタは「すべての方に、良い効果があるものではない」「体質などによっては、使わないほうが良い方もいる」ということになります。

特に、もともと肌の弱い方は特に注意しなければいけないと言えますね。

心配な方は、使う前にパッチテストを行うと良いでしょう。

簡易的なものでしたら、自分でも行うことができます。

  • 清潔な状態にした二の腕に、化粧水をつけます。
  • そのまま24時間置きます。
  • 取れてしまわないか気になるときは、上から絆創膏などで保護しましょう。
  • 24時間経っても特に変化が見られなければ、極端な反応が出る可能性は低いです。

より正確に知りたいときは、期間を48時間にしてみる、一度時間を置いて、二度目のパッチテストをしてみる、などの方法があります。

皮膚科などで専門のパッチテストを受けてみてもいいですね。

ただし、パッチテストで問題がなくても、顔に使ったときになにかしらの肌トラブルが起こることは、もちろんありえます。

特に、女性のバイオリズム的に肌が敏感になっている時期に、新しい化粧水や化粧品を使うことはあまりおすすめできません。

生理前や、生理中は肌が敏感になりがちです。新しい化粧水は、生理の終わったあとのタイミングで試してみるのがおすすめです。

そしてもちろんパッチテストで赤みなどが出たり、パッチテストで問題がなくても顔に使ったら赤みやかゆみが出てしまったら、残念ではありますが使用をやめておきましょう。

プラセンタは美容にとても魅力的な成分です。なので取り入れてみたいところですが、すべての方におすすめできるかと言ったら、それは難しいところです。

解説したように、肌や体調にトラブルが起きやすいという一面があるためです。

なので使用する際には、普通の化粧水を選ぶときよりも、少し慎重になったほうが良いでしょう。

自分の肌の状態や体質と相談しながら、上手に使ってみてくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る