ナイトブラは綺麗なバスト作りに必須!ブラの使い分けの重要性

女性ならば誰しも、いつまでも美しいバストをキープしたいですよね。

  • 「若い頃のような張りがなくなった」
  • 「サイズダウンした」
  • 「なんだか胸が垂れててきたような気がする」
  • 「背中にお肉が流れている」

など、その悩みもさまざまです。

早い人で小学生から着用し始めるブラジャー。初潮を迎えるあたりから体つきは女らしく変化し、胸の膨らみも目立つようになってきます。

初めてブラジャーを手にした時の喜びのような恥ずかしいような複雑な気持ちは、誰しも身に覚えがあるでしょう。

そんな初々しい時を経て、胸の成長にあまり変化が見られなくなる頃から徐々に、今度は加齢による変化に対応していかなければなりません。

形良い胸を育てるためにもブラジャー選びは重要

冬ならばセーター、夏ならばTシャツを女性らしく着こなすためにも、美しいバイトラインは不可欠。

「もう若くないんだし、今さら何をしても無理なのでは・・・」年齢とともにバストの張りは失われ、出産・授乳を経て変化していくバスト。

ただ、諦めてしまう前に日々のケアを見直すことが大切です。

美しいバストを保つためにも使い分けをしたいブラジャー、特に「ナイトブラ」にスポットを当て、その機能について考えます。

まずは自分のバストのことを、よく知ろう

バストを支えている組織の一つである「クーパー靭帯」。これが一度切れたり緩んだりすると元に戻すことは不可能と言われています。

加齢による衰えは避けられないことではありますが、少しでもダメージを少なくすることはできます。

まず、バストラインを崩す原因を考えましょう。

バストは大部分が柔らかな脂肪でできており、体のどの部分よりも変形しやすい部位です。

そのことから考えられる昼間のバストへのダメージは、重力によるものと、歩いたり走ったりする際の揺れにあります。

昼間のケアで大切なことは、日常生活の動きに対してそのバストの揺れを最小限に抑えることです。

腕の上下や簡単な日常生活、歩いたり走ったりする際の胸を固定し、守っているのが昼間のブラジャーの役割ですので、だらんと垂れ下がった状態にならないよう、下から支えて持ち上げる必要があります。

逆に夜間、主に就寝中はどうでしょうか。

仰向けになった時に、胸は平らに近くなり、薄く広くなります。また、横向きになった時には片方の胸がもう片方の胸に乗るように押しつぶします。

胸の形はどんどん変形するのです。

寝返りを打つ、仰向けになる、横向きになる、無意識のうちにしているこれらの行動は知らず知らずのうちにバストにダメージを与えています。

それらを解消するように作られたのが「ナイトブラ」なのです。

昼用ブラとナイトブラは全く違うもの

「ブラジャーは持っているのに、わざわざナイトブラを用意する必要があるの?」そんな風に思う方は多いでしょう。

売り場に行っても、昼間着用するためのブラジャーは色とりどりで機能もいろいろあり、目立つところにディスプレイされていますが、ナイトブラを見かける人はあまりいないかもしれません。

現状、就寝中も昼間と同じブラジャーをつけているという方はいらっしゃるでしょう。

ただ、先ほどご紹介したように、そもそも昼と夜のバストの動きは異なります。当然、ブラジャーに求められる機能も異なるのです。

まず昼間用のブラジャーは、立った状態で胸が理想的な形、位置になるよう工夫して作られています。

肩紐やホックは微調整ができるようになっているものが多く、胸のボリュームをアップさせる機能を持つものは下からバストを持ち上げるように作られています。

下や横にバストが流れるのを防ぐように作られているのが昼間用のブラジャーです。それゆえ、就寝中の仰向けや横向きになる際に想定されるバストの流れには対応しきれません。

自分のバストの観察方法

一度着用したまま、布団の上でゴロンと横になり、自分のバストをよく観察してください。

  • 立った状態ではぴったりサイズなのに、寝転がるとバストとブラジャーの間に隙間ができていませんか?
  • ホックの突起やアンダーバストの締め付け、カップ部分のワイヤーなどが気になりませんか?

これではブラジャーの特性を充分生かせません。

昼間用をそのまま就寝中にも使用していたという人の中には、昼間には感じなかった窮屈さが気になり、「何もつけない」ことにした人もいるでしょう。

そこで注目されるのが、ナイトブラなのです。

昼間と兼用すればいいや、などと軽く考えないでナイトブラの機能をよく知り、正しいバストケアをすることが重要です。

ナイトブラはバスト全体を包み込む

ほとんどのナイトブラは昼間用のものとは違い、バスト全体を包むように作られています。

四方に広がってしまいがちなバストをしっかり固定して、脂肪の流れを防ぐのです。

下着メーカーからはさまざまな種類が発売されていますので、お好みの機能、色柄、素材などチェックしてみてください。

ただし効果を期待しすぎて、きついものを無理して着用すると、その場は良くてもやがて健康に害を及ぼしかねません。

正しくないサイズを着用することで、返って胸の形を悪くしてしまうこともあります。可能ならば試着してから購入しましょう。

昼間のブラジャーと同じく、自分に合ったサイズのものを選び、正しいバストケアをしたいものです。

ナイトブラをつけて心地よい睡眠生活を送ろう

ナイトブラの重要性はお分かりいただけましたでしょうか?

決して昼間用のブラジャーやカップ付きキャミソールで済ませることのないよう、ナイトブラを活用して昼夜と使い分けましょう。

ナイトブラを着用するメリットは、美しいバストラインのためばかりではありません。

寝返りを打つたびに、体の一部分であるバストがさまざまな方向に動くことは、心地よい眠りの妨げになり得ます。

また、就寝中に昼間用ブラジャーを着用している人の中は、ホックや装飾が体のどこかに当たって気になる、またブラジャーが窮屈に感じるなどの理由で眠りが浅くなることもあるでしょう。

知らないうちに眠りを邪魔されているのです。

深い眠りは、女性ホルモンの分泌にも欠かせない要素の一つ。美しいボディラインを作るだけでなく、快適な睡眠を得るためにもナイトブラの着用をおすすめします。

いつまでも美しい女性でいるために、ブラジャー選びからもう一度見直してみませんか。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る