蒸すだけでショウガオールが33倍に!蒸し生姜で体ポカポカになろう

生姜は、食べることで身体をポカポカにしてくれます。

しかし、実は蒸すことでその効果が何倍にもなるということはご存知でしたか?同じ生姜を食べるなら効果が高い方がもちろんいい!というのはいうまでもありません。

冷えに悩む女性は世の中に多いですが、これを読んで今日から冷え知らずの生活を送りましょう!

そのままよりも蒸して!驚きの蒸し生姜の効果とは

生姜はショウガ目ショウガ科ショウガ属の植物です。植物学的にはミョウガやウコンなども、そこに含まれます。

原産地はインドからマレー半島にかけてのアジア南部だといわれています。

古くからは食用、漢方とされており、中国では紀元前から薬用に用いられていたという記録が残っているそうです。

日本には3世紀頃に中国から伝わったといわれており、初めは薬用として栽培されていたそうです。

江戸時代頃からは一般的な食用としても広がり、現在に至ります。

生姜は温暖な土地を好むため、生育には20℃くらいが適しているそうです。ちなみに、日本では全体の生産量のその4割が高知県で収穫されています。

生姜を蒸すだけで、効果が何倍にもなる!

「蒸し生姜」とは、生姜を蒸して乾燥させたものをいいます。

生の生姜には、ジンゲロールという成分が含まれています。このジンゲロールは生姜を加熱させることで、ショウガオールへとかわります。

このショウガオールの身体を温める効果は、生の状態と比べて33倍にも増えることがわかっているそうです。

同じ生姜なのに加熱するだけで効果がそんなにも変化するとは驚きですね。

また、蒸し生姜は生の生姜に比べて成分がぎゅっと凝縮されているため、少しの摂取で大きな効果が期待できるといわれています。

生姜に含まれているジンゲロールとは?

ジンゲロールとは、生姜に含まれている辛み成分のことをいいます。

ジンゲロールには抗酸化作用があり、血管を拡張する働きがあるといわれています。

身体を温めてくれますが発汗作用を促すため、同時に身体の深部を冷やす作用もあります。

他には免疫力を高めてくれる効果、吐き気や頭痛を抑える効果、コレステロール値を下げる効果、老化を防ぐ効果などがあると言われています。

生姜に含まれているショウガオールとは?

生の生姜に含まれているジンゲロールの一部は、熱を加えることによってショウガオールへと変化します。

ショウガオールは身体を中からじわじわと温めてくれる働きがある成分と言われています。そのため、身体全体の血行をよくしてくれる効果が期待できます。

ショウガオールに特に期待できる効果とは

身体の血行が悪く手足がいつも冷たいというのは、多くの女性が抱える悩みですね。

そんな悩みをもつ女性にとって、ショウガオールは強い味方となってくれます。

生姜に熱を加えることによって変化したショウガオールは、身体を中からじわじわと温めてくれます。

そうすることで身体の血行改善を促進し、代謝を高めることが期待できます。

代謝が上がることにより、エネルギー消費が増えて脂肪が燃焼します。ということは、ダイエットへの効果が期待できるというわけですね。

自宅でできる!蒸し生姜の作り方

  1. まず、生の生姜を準備します。
  2. 表面をよく水で洗い、キッチンペーパーで軽く水気をふきとります。
  3. 生姜を薄くスライスします。
  4. スライスした生姜を重ならないように並べて蒸し器で蒸します。
  5. 蒸し器にクッキングシートを敷いてその上に薄く切った生姜を重ならないように並べましょう。
  6. 蓋をして、中火で30分程度蒸しましょう。
  7. はじめは生姜のツンとした辛い匂いがしますが、だんだんと甘い香りにかわってきます。
  8. しっかりと生姜を加熱させたら、今度は蒸した生姜をざるやかごなどの上に並べて、天日干しにして乾燥させます。
  9. 干した生姜が薄茶色になり軽くなれば完成です
  10. その後、フードプロセッサーやすり鉢などで粉々にしましょう。
【 作るときのポイント 】

  • 生姜をスライスするときは、スライサーを使うと均一にスライスできて簡単です。ない場合はもちろん包丁で薄くきっても構いません。
  • 生姜の縦の模様ラインに沿うように切ると、食感が悪くなるのを防ぐことができます。
  • 蒸しあがった生姜は、風通しのいい場所でしっかりと干しましょう。
  • 粉々にすることでいろんな料理に加えやすくなります。

蒸し器がないから、作れない?蒸し器の代用品はこれ!

作りたいけれど、うちには蒸し器がないから買いに行かないと作れない、という方!大丈夫です。

フライパンでも生姜を蒸すことができますよ。

フライパンの場合は、まず2~3センチ程度のお湯をフライパンに張ります。そして、そのフライパンの中に、クッキングシートを敷いた耐熱皿の上に薄く切った生姜をのせたものを入れます。

薄く切った生姜を直接レンジで温めるのは、水分が飛んでしまい、最悪発火する恐れもありますのでおすすめできません。

もし、シリコンスチーマーをお持ちであればレンジで蒸し生姜をつくることも可能です。

シリコンスチーマーの形や生姜の量によって加熱時間は異なります。こまめに様子を見ながら加熱してくださいね。

おすすめの蒸し生姜の摂り方

粉々にした乾燥蒸し生姜は少しずつ色んな料理に加えるのにぴったりです。ふりかけるだけでいいので、毎日少しずついろんなものに加えてしまいましょう。

ただし、もちろんとり過ぎは禁物です。一度に大量に摂取するのではなく、少しずつを継続的にとるように心がけましょう。

お手軽な蒸し生姜のとりかたの例

パウダー状にした蒸し生姜は、パラパラとお料理にふりかけるのにぴったり!

  • 毎朝食べているヨーグルトの上にふりかける
  • お味噌汁に入れる
  • サラダの上にふりかける
  • コーヒーやココアに入れる
  • ラーメンのトッピングとして入れる
  • カレーライスにふりかける

などなど、手軽にちょい足しすることで毎日の食事に付け加えることができますよ。

蒸し生姜で冷え知らずの体になろう!

同じ生姜でも、加熱するだけで体へのメリットが何倍にもなるなんて驚きですね。

蒸し生姜は完成するまで少し時間がかかりますが、ある程度はまとめて作ることもできるので、お手軽に続けられそうです。

蒸し生姜で身体の血行改善を促進させ、中からぽかぽかにしましょう。

蒸し生姜を食べれば、これからは冷え知らずの身体になれそうですよ。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る