大きな胸が邪魔と感じる女性必見!胸のサイズを小さくする方法

胸が小さいせいで悩んでいる方がいれば、胸が大きいせいで悩んでいる方もいるのです。

そんな悩める女性のために、健康を気遣いつつも本気で胸をなくしたかった筆者が心を込めて「胸を小さくする方法」をご紹介いたします。

これを読めば、きっと希望が見えるはずです!

そもそも胸を小さくしたい人なんているの?

もちろんいます。その理由は本当に様々で、胸を小さくする方法を探している方は真剣に悩んでいる方がほとんどでしょう。

では、胸を小さくしたい気になる理由と、胸が大きいことで日常生活が不便であるその理由を説明いたします。

胸を小さくしたい人はどんな人?

皆さんの周りに胸の大きい人はいませんか?胸の大きい人はいつもこんな言葉を言われていませんか?「胸が大きくていいね~」。

しかし胸の大きい人からすると、いつも胸に注目されている心理的なストレスと、実質的な胸の重みによる身体的なストレスの両方に心底参っている可能性があります。

もちろん胸の大きさを武器や魅力として生かせる人もいるかもしれませんが、一般的には大きすぎるとコンプレックスを感じるようです。

では、一般の女性たちはどのくらいのサイズの胸を望んでいるのでしょうか?実は女性の理想はCカップがダントツ1位なんです。

これを大きいと思いましたか?小さいと思いましたか?多くの女性がCカップくらいを望んでいるとすると、胸が「大きい」ことで悩む女性の多くはそれ以上に大きなサイズであると予想できます。

また、女性の中でも「性」を感じさせる体の特徴を持ちたくないと願うジェンダーレスの方や、体は女性に生まれてきたけれど心は男性であるトランスジェンダーの方、あるいは男女どちらでもない(どちらでもある)というXジェンダーの方なども「胸を小さくしたい人」に含まれてきます。

「胸を完全に平らにしたい」という方もいるかもしれません。

このように、世の中には胸があることで悩んでいる人もいらっしゃるので、やたらに胸をうらやましがるのも失礼になることがあるので注意が必要です。

胸が大きすぎると不便なこととは?

まず本人ではない周囲から見てもわかる不便さの代表に、「重そう。肩が凝りそう」というのが挙げられます。

でも、実際胸の大きな女性の悩みはそれだけじゃないんです!

  • 男性の視線が胸に来るのが分かってイヤ。
  • 視線から胸を隠そうとして猫背になってくる。
  • 胸の重さでも猫背になりがち。
  • サイズの合う服がない!似合う服も少ない!
  • 可愛いブラジャーも見つけづらい。
  • 胸に合わせるとビッグサイズの服になってしまってぼかぼか。
  • 着物が着こなせない。胸を痛いほど潰さなくてはならない。
  • 常にブラジャーをつけていないと揺れるせいで歩くことさえ痛い。
  • 部屋でもブラ。寝るときもナイトブラ必須。締め付けから解放されたい。
  • 寝返りを打つときに自分の腕で胸を挟んでしまい涙目。
  • 運動がしづらい。重さで不利。
  • そんなことないのにセクシー担当に思われる。
  • 重力で垂れる。
  • 体重が胸のせいで多い!体脂肪率も高い!
  • 制服やブラウスの胸元が苦しい。破けることがある。
  • 思春期だとからかいの対象になる。
  • うつ伏せになれない。
  • 太って見える。
  • ボーイッシュな服を着こなせない。
  • ぴたっとした服が着られない。

ここに挙げたもの以外にも、悩みはまだまだたくさんあるでしょう。

胸でお悩みの方はいくつ当てはまりましたか?胸をもっと大きくしたいとお悩みの方にとっては驚くようなことばかりだったでしょうか。

悩みも千差万別ということですね。

そもそも胸って何者なの?

胸といえばセクシーなイメージが先行してしまいますが、赤ちゃんにとっても欠かせない大切な部分ですよね?

胸とは本来何者なのか、まずはそこから見ていきましょう。

胸のほとんどは脂肪の塊

胸という器官の構成を詳しく見てみると、大胸筋の上に乳腺という器官があり、それを守るようにして脂肪がかぶさっています。

れが外側から見た「乳房」の正体です。そしてこの乳腺と脂肪は1:9の割合で存在します。そうなのです。

もともと乳腺が多い人は、その分周りに脂肪が多くつきやすいというわけなのです。

なんのために存在するの?

やはり生物としての乳房の存在意義は、ずばり「授乳」です。胸も子宮も女性ホルモンの働きによって赤ちゃんを生かすために存在します。

第二義として、男性への本能的なアピールとしての役割も無視できません。

大きな胸の女性を見てしまって女性を困らせる男性が多いのも、男性のさがであり仕方ないと言えば仕方ないのかもしれません。

もちろん、そこはマナーある紳士の皆さんに頑張っていただくとして。

胸を小さくする方法・思春期編

まだまだ成長過程の思春期には、無理なダイエットをしたり過激なトレーニングをすると正常な成長や必要なホルモン分泌を妨げる恐れがあります。

思春期にはからかわれがちでストレスもたまることでしょう。

そんなあなたの身体や健康、経済力を考えて、できる限りの「胸を小さくする方法」をお教えします。

無理なダイエットは禁物!運動で小さくするのがおすすめ

最近、胸の大きい小さいに関わらず、思春期に無理なダイエットをしてどうにか痩せようと頑張る若い女の子たちが増えています。

超痩せ型のモデルやタレントの影響もあってか、彼女たちの理想は常に標準体重を大きく下回ります。

痩せている子でも「痩せたい」「私は太っている」という強迫観念に取りつかれて、めちゃくちゃな食事制限や、体を顧みない過激な運動をしがちです。

ですがちょっと待ってください!

今のその必死の努力が、20代30代と年を経たときにボロボロで毎日つらくかったるい体をもてあます原因となっていたら 、あなたはそれでも今の「細さ」を手に入れたいでしょうか?

カルシウム不足、ビタミン不足、栄養不足、筋肉不足……。10代にこれらの「不足」にさらされると、これから先の「美」と「健康」はハッキリと遠ざかります。

特に胸の大きな方は脂肪が気になって無理なダイエットをしがちです。

運動をすると揺れる胸が痛いので、なるべく食べないことで痩せようとするかもしれませんが、ぜひここは別の方法を選択してください!

スポーツブラでしっかりと胸を守ったうえで、縄跳びやジョギングなどにチャレンジしてみましょう。

つらいダイエットにそそぐ情熱を、爽やかな運動に昇華してみてください!学校で興味のある運動部があれば、ぜひそこに所属して仲間と共に競技に打ち込むのもいいですね。

あまり揺らしすぎると反対に大きくなるので、「小刻みに揺れる」ようにブラで固定して運動することがポイントです。

マッサージのやり方でも説明しますが、小さく揺れることによって、胸はだんだんと小さくすることが可能です。

マッサージでコツコツ減らす!ポイントは小さく揺らすこと

今すぐに始められる方法が、マッサージです。やり方は2つあります。

  1. 手で胸を下からしっかり支え、小刻みに揺らす
  2. 胸の脂肪を背中方向へ流す

逆に大きく揺らすとバストアップにつながります。

本当に簡単なマッサージなので、年齢問わずまずはこれを毎日コツコツやることから始めてみましょう。

本当に悩んでいるとしたら、無理なダイエットを続けるよりも、毎日の小さな継続を頑張る方がずっと効果が高いですのでぜひ挑戦してみてくださいね。

また、小刻みに揺らしたあとに脂肪を燃焼する運動をするとさらに効果が高いので、部活動の前など、お手洗いに行った際にちょこちょこっとマッサージをしてから運動するのがおすすめです。

服装や小物で視線をずらす!

小学生は私服の場合も多いですが、中学生高校生になると1年の大半を制服を着て過ごしますよね。

そうなると、ブラウスやセーラー服の前側が大きな胸のせいで張ってしまってきついという思いをしているかもしれません。

思春期の男子たちにあからさまに見られるのも相当なストレスでしょう。

そんなとき、ちょっとした工夫ではありますが、「視線をずらす」という技を使って制服生活を乗り越えてみるのはいかがでしょうか。

冬の間はマフラーを着用し、前側に垂らすようにしてみてください。縦の線を意識するのです。

色はなるべく白などの膨張色は避け、紺や濃い緑などのシュッと締まる色合いのものを使うとよいでしょう。

夏服になるとブラウス1枚でさらに胸が目立ってしまいますよね。

小物で隠しようがありません。そんなときはあえてそこはそのままに、髪を思い切りアップにしてトップに派手目なシュシュやヘアアクセサリをつけることによって上に視線を向けるようにしてはいかがでしょうか?

どうしても胸に男子の視線が行くことはあるでしょうが、首から上が涼やかで、さらに人目を引くようなワンポイントがあり、あなた自身がニコニコと爽やかにふるまっていれば、胸よりもあなたの笑顔と明るさに意識が向くはずです。

夏は胸よりも私の笑顔を見て!というくらい堂々としていきましょう!

胸を小さくする方法・大人編

大人の自己管理力や財力、健康を考慮して、本気のあなたに「胸を小さくする方法」をお教えします。

食事管理で脂肪を減らす!大人のダイエット

思春期も過ぎた大人になれば、食や体に対する知識も増え、正しいダイエットをすることも可能でしょう。

今はやりの低糖質ダイエットや、一食置き換えダイエット、野菜スムージーなど、健康さえ害さないのであれば自分に合ったダイエットを見つけ、食事制限で賢く痩せるのも胸を小さくする方法としてはとても理に適っていて簡単です。

全体の体脂肪率が落ちれば、胸の脂肪も自然と落ちます。その時に気をつけたいのが美しい胸を保つことです。

タンパク質をしっかりと摂取しながら、マッサージを欠かさず行ってください。

胸の大きな人はとくに胸の下側に老廃物が溜まりやすく、そのせいで垂れていってしまうのです。

老廃物はしっかり流し、胸の形も整えるイメージで毎日自分で胸に触れて「固くなっていないか?」「冷えていないか?」と胸の調子をチェックしながら管理していきましょう。

エストロゲンを増やしすぎない!注意すべき食べ物とは?

胸が大きくなる理由の一つに、女性ホルモンのエストロゲンがあります。

もちろん女性にとって必要不可欠なホルモンなので、不足しているよりはしっかり出ているのに越したことはないのですが、胸を大きくしたい人がするような行為、すなわち「大豆食品をたくさん摂る」「キャベツをたくさん食べる」などは積極的にしない方がよいでしょう。

もちろん大豆食品もキャベツも日常生活で普通に摂る分には気にしすぎる必要はありませんし、どちらも優秀な健康食品です。

プロテインダイエットをしようと思っている方は、「ソイプロテイン」は避けた方が無難でしょう。

キャベツの千切りダイエットも同様です。

健康のためにもやっぱり運動!

思春期に限らず、大人にも運動することをお勧めします!

ただし、若いころと比べると、時間的にも体力的にもあまり余裕がないというのが大人の言い訳……。

そんなあなたにおすすめなのが、おうちでできる「ストレッチ」とちょっとした時間でできる「ジャンプ」です。

重たい胸のせいで凝り固まった肩や腕、首、背中などを入浴後、夜寝る前に痛気持ちいい程度に伸ばしてください。

毎日のストレッチは基礎代謝をアップしてくれ、脂肪を溜めにくい体にしてくれます。さらに血液循環もよくなり、肩や首が凝りにくくなるでしょう。

外に出て縄跳びをするのは面倒くさくても、テレビを見ながら、音楽を聴きながら、その場でジャンプすることはできそうですね!

その際も胸が大きく揺れないようにブラジャーで固定するか、自分で胸を下から支えるように持って、小さな揺れになるように調節してみてください。簡単です。

やるかやらないかで、あなたの胸の悩みが変わってきますよ!

コーヒーを飲む習慣がいい理由

コーヒーが好きで毎日飲んでいる方には朗報です。コーヒーは運動する前に飲むと脂肪を燃焼しやすくしてくれるという研究結果があることは、すでにかなり有名な話ですね。これを利用しない手はありません!

ぜひ「胸を小さくするためのルーティン」を作ってみてください。

  • 朝起きて軽くストレッチ→出勤
  • 昼食後にコーヒーを飲み、お手洗いで胸をマッサージ後、5~10分の散歩
  • 帰宅後→入浴しながらマッサージ→テレビを見ながら軽くジャンプ→寝る前にストレッチ

このように、胸を小さくするために毎日小さな積み重ねをしていくと、気づいたときには胸も少し小さくなっていることでしょう。

ほんの些細なことの繰り返しですが、ぜひ取り入れてみてください!あなたのルーティンを応援します。

胸を小さくする手術もある

胸の大きさに本気で悩む女性が行きつく最終地点が、乳房縮小手術です。

ありすぎる脂肪とたるんでしまった皮膚を除去し、中にある乳腺も持ち上げて垂れないように固定できます。乳頭や乳輪の位置も調節可能です。

しかしすべての作業にはもちろんメスが入るので、どうしても傷が残ってしまう不安があるでしょう。

もともとの胸の形や大きさによってもメスを入れる位置が変わってくるので、様々なクリニックを比較しながら、価格や麻酔方法、入院の有無など詳細にチェックし、お医者さんとしっかりと話し合ったうえで検討してください。

これからさき授乳の予定があるかもしれない方は、必ず乳腺を残してもらうようお願いすることをお忘れなく。

胸を小さくする方法・ジェンダーレス編

女性として乳房を持って生まれてきた方の中には心は男性だというFTMトランスジェンダーの方や、心は女性でも男性でもない、あるいは無性、両性という方もいらっしゃいます。

そんな方の中には、胸が嫌で嫌で仕方がない方や男装やジェンダーレス装のために胸を潰したい方もいらっしゃいます。

本気の胸の隠し方、お教えします。

胸を潰すグッズ

ジェンダーレスで胸を小さくしたい、もしくは潰したい、隠したい、と思っている方の中には、胸がそれほど大きくない方もいらっしゃいます。

そんな方におすすめなのは、ブラジャーをせず、乳頭にニップレスというシールを貼ることです。

胸という存在が嫌な人にとって、ブラジャーは苦痛そのもの。ブラジャーの締め付けもさることながら、ブラジャーをつけたぶんだけ胸が強調され、大きく見えますよね。

揺れるほどあるわけではない方は、ニップレスで乳頭の形だけ隠して生活するだけでかなりの開放感を味わえるでしょう。

スポーツや医療用のテーピングで代用する方もいますが、かぶれる可能性があるので緊急のときだけにしましょうね。

ガムテープやビニールテープで胸から背中までをぐるぐる巻きにして胸を潰すなどもってのほかです。

胸がかぶれて潰すどころではなくなります。

揺れるほどあるよ、という方には「ナベシャツ」という商品がおすすめです。

昔でいうところの「さらし」を現代風により使いやすく改良したものになります。タンクトップ型やチューブトップ型、コルセット型など形状もさまざまで、一見して「ナベシャツを着てるな」とは思われないとても自然なつくりです。

材質も蒸れにくく肌に優しい素材が増えてきました。

ただし、やはり胸を「潰す」ための商品なので、ホックやテープで無理をしてぎゅうぎゅうに圧迫するので苦しいです。長時間の使用はおすすめできません。

ここぞという外出や、大事な用がある場合などに使うとよいでしょう。

ナベシャツの代用としては、腰に巻くコルセットを使うという手もありますが、材質的にも、厚さ的にもあまりおすすめできません。

少しでも胸を小さく見せたいのであれば、ナベシャツを一着くらいは持っておいても悪くはないでしょう。

胸を小さく見せる服の選び方

ニップレス着用、あるいはナベシャツを着用したうえで、ぴたっとするタイプの服は避けましょう。

Tシャツにしてもカッターシャツにしても少しだけ余裕のあるものを選び、姿勢を正しましょう。

胸を隠そうと猫背になると「かっこよさ」がなくなってしまいます。

胸を張りすぎると女性らしい線が出てしまうので、肩と腕がちょうど耳と同じ、横から見て体の真ん中を通るようなイメージで立つと、最大限胸を強調せずに済みます。

セーターやニットベストなら薄手のものより厚手のものがおすすめです。

胸の曲線がよりなだらかに見えます。冬ならダウンコートやジャンパーコートでしっかり胸ごと体型を隠してしまうのもよいでしょう。

シャツに絵や模様がプリントされているものは避けた方が無難です。胸の曲線が模様でばれてしまいます。

スマートに見せたいなら縦縞ストライプはうまく取り入れれば胸のなさを強調する助けになるかもしれません。

筋トレで胸を小さくする方法

女性の身体から本気で男性の身体に近づけたいというトランスジェンダーの方になら、いっそマッチョになるほどの筋トレをおすすめします。

アスリート並みの筋トレをして、体脂肪率が10%を下回るよるになると自然と胸の脂肪は減り、むしろ胸筋が育ってきます。

男性アスリートの胸を見るとわかりますが、女性の胸とはまったく異なる形をしていますね。

胸は胸でもそういう胸ならあってもいいなと思われるのであれば、しっかりとプランニングしたうえで筋トレに励んでみてはいかがでしょうか。

胸を小さくする手術(トランスジェンダー編)

胸の大きさに悩む女性のための手術に関しては前項で説明しましたので、ここでは胸を「なくしたい」トランスジェンダーの方がたどりつく最終手段の手術「乳房切除」について紹介いたします。

「乳房縮小手術」と同じ点は、メスを入れて脂肪組織とたるんだ皮膚を除去する点です。違う点は「乳腺も切除する点」と「乳頭の縮小をする点」です。

乳房切除方法は、現在の胸のサイズによって異なります。

A~Cカップの方であれば、乳房の脂肪を吸引した後、乳輪の周囲(下半分)を切開し、乳腺組織を取り出します。一方、Dカップ以上のサイズがある方は、乳腺を取り出した後に皮膚のたるみが生じる可能性が高いので、このたるみを切除する施術が必要になります。どちらの場合も手術は一日で終わり、1週間後の抜糸の頃には通常の生活ができます。

乳腺を切除することで、平らな胸板を実現できます。

難しいのが乳頭の縮小で、性的感覚器官の一つである乳頭の感覚を失わずに手術をするのには高い技術が必要になります。

しかし男性と明らかに違う大きな乳頭にコンプレックスを感じているトランスジェンダーの方は、この施術を望む方が圧倒的に多いそうです。

クリニックのサイトや口コミを参考に情報を集め、よい先生にめぐりあって手術が成功し、ストレスフリーな生活ができることをお祈りいたします。

胸がある、ありすぎるストレスを解消して楽になろう

胸は大きいと羨ましがられることが多いこの世の中で、本気で胸に悩んでいる女性は意外とたくさんいらっしゃいますよね。

そんなあなたが、この記事を読んで「小さくする方法があるんだ!」と希望をもって取り組んでくださればとてもうれしいです。

あなたのストレス、とてもよくわかります。

悲観せず、ぜひこれらの方法のなかで出来そうなものを選んで挑戦してみてください!その悩みが少しでも早く解消されますように。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る