サウナと水風呂の温冷交代浴が健康促進!水風呂の正しい入浴方法

水風呂は好きな人もいれば、興味はあるけど入ったことは無いなんて人もいることでしょう。

みなさん正しく水風呂を利用できていますか?間違った入浴方法で利用すると最悪死に至る危険も潜んでいます。

皆さんに水風呂を有効的に利用してもらいたいので、今回は水風呂の具体的な効果と、正しい入浴方法について紹介していきます。

水風呂は全身浴でなくとも効果が得られるって知っていましたか?

水風呂が苦手な人も、部分浴で気持ち良く温冷交代を楽しむことができます。徐々に水に慣れながら全身浴にチェレンジしてみましょう!

水風呂はサウナとの併用がオススメ!温冷交代浴の具体的な効果とは?

水風呂だけ入っていた方、体を十分に温めずに水風呂に入っていた方いませんか?

水風呂が効果を発揮できる状態は、発汗した後です。

水風呂の効果を効率良く利用することが大事です!今回はサウナを利用した場合の入浴手順等を紹介します。

正しい入浴手順

1.水分補給
お風呂やサウナに入る前は必ず水分を摂りましょう。
2.体を洗う
体をしっかり洗うことで、汗腺に詰まった汚れが取れますので発汗作用が高まります。
3.サウナに入る
先にサウナに入り汗をかきましょう。汗をかきにくい方は一度、湯船に浸かって体を温めてから入るといいですよ!サウナは5分程度でいいです。
4.水風呂
ここで水風呂です。十分に汗をかいたら1分程度浸かります。※汗をかいているので一度熱めのシャワーで頭から汗を流して入りましょう。
5.休憩
外気を浴びるなどして5分程度休憩を取りましょう。
この1〜5の手順を2、3回繰り返すと効果的です。自分の気持ちのよいペースで行うことが大切です。

温冷交代浴をすると体にどんないい効果があるの?

血行促進、肩こり解消、冷え性改善、免疫力アップ、美肌効果、アンチエイジング、ダイエット、自律神経が整う、等の効果が期待できます。

肩こり解消と冷え性改善

高温のサウナに入ると血管が太く広がり、水風呂に入ると血管は収縮します。また、水風呂を出ると血管は通常時より広くなるので血流が良くなります。

筋肉にたくさんの血液が流れることで筋肉をほぐし、冷え性の改善や肩こりを解消する効果があります。

免疫力アップ

冷え性を改善すると基礎体温がアップすることによって、同時に免疫力アップにも繋がります。

暑くなった身体を水風呂で冷やすという刺激が、病気にかかりにくい身体を作ってくれます。

美肌効果とアンチエイジング

血流が良くなると新陳代謝が上がり、シミの原因であるメラニンの排出も促されるため、シミの予防の効果があります。

それに伴ってアンチエイジングの効果が得られます。

水風呂によってぎゅっと引き締められた肌は、きめ細かな状態となり吸収力がぐんっと高まります!化粧水や乳液はたっぷりとつけましょうね。

ダイエット

代謝が良くなると、汗と一緒に身体の奥に溜まった無駄な老廃物や乳酸が排出されるので、デトックス効果に期待ができます。

温冷交代浴を継続的に正しく入浴することで、痩せやすい体質を作ることができるんです。

自律神経が整う

サウナで身体を温めることで身体をリラックスさせる副交感神経が働き、水風呂に入ることで身体を活動させる交感神経が“刺激”されます。

この2つのバランスが乱れると自律神経失調症やうつ病を発症してしまうます。

サウナ・水風呂・休憩を繰り返し入浴することで自律神経のバランスを整えてくれます。

大切なのは“刺激”の後の「休憩」です。緊張がほぐれ、身体全身をリラックスさせることで、より自律神経が整います。

水風呂が苦手な方は?誰でもできる効果的に水に慣れる方法

水風呂は身体にいいとはいえ、冷たくて苦手な方も多いのではないでしょうか?

全身浴はとてもじゃないけどできない!そんな方は、冷たくしすぎない水のシャワーを浴びることをオススメします。

温度調節ができるシャワーなら、無理せずちょうど良い温度にすることができますので、自分のペースで徐々に水に慣れることができますよ!

水風呂に入る時や、水を浴びる際は心臓から遠い順(足・腰・肩)と順番に水に慣らしていきましょう。

無茶は禁物!水風呂の間違った入浴方法で命の危険も…。

 
水風呂は正しく、有効的に活用することで効果を発揮します。

間違った入り方をしてしまうと、命に関わる危険があるんです。最悪死に至るケースも実際に発生しています。

ここでは危険な入り方を紹介しますので、次のような入り方は絶対にしてはいけません!

サウナから上がった後にいきなり水に飛び込む

急な温度変化により、ヒートショックを起こしてしまう可能性があります。

血圧が急激に上下することで、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす可能性があります。

ヒートショックでの死亡例は全国で多く発生していますので、サウナ後に水風呂に飛び込むなんてことは絶対にしないでください。

長時間入浴

水風呂もサウナも長く入りすぎるのはやめましょう。めまいや貧血を起こし、倒れてしまう危険があります。

長く入ればいいというものではありません。適度な時間や回数が大切です。

おふざけで我慢比べなど絶対にやめましょう。

水風呂のみ入浴

水風呂だけの入浴では身体を冷やしてしまい、風邪の原因となってしまいます。風邪は万病のもとです。水風呂に入る前にしっかりと身体を温めましょう。

温冷交代浴は身体の負担大!持病がある人はやめましょう

温冷交代浴は急激な温度の変化で血圧や心臓にかかる負担も大きいです。体調が悪いときは温冷交代浴をするのは控えましょう。

また、お酒を飲んでいたり、食事直後の入浴は避けましょう。食後の場合は最低でも1時間程度時間を空けてから入浴してください。

そして、持病をお持ちの方は入浴に注意が必要です。

中でも、高血圧や心臓疾患・循環器疾患のある方、重度の捻挫や肉離れがある方は避けましょう。

なかなか温泉には行けない人も自宅でできる温冷交代

温泉にはなかなか行けない人も、自宅で簡単に温冷交代ができます。

サウナは無くてもお風呂に浸かり水シャワーを浴びれば同じことです!お風呂の温度は42度程度が良いとされています。

また、温泉とは違い、自宅だと身体が温まりにくいという方は、手浴、足浴でもいいんです!このような部分浴でも効果はあります。

同時にマッサージをすると更に血行が良くなり老廃物も流れていきます!

水風呂の温度

温泉施設の水風呂は約17度程度になっています。だいたい、17度〜23度くらいの温度が適温とされます。

水道水をそのまま使用する温度ですが、数字にとらわれず、自分が気持ちよいと感じれる温度で無理をしないようにしましょう。

温冷交代浴は継続が大事!無理をせず自分のペースで行なおう

温冷交代浴は正しく入浴すればいい効果がたくさんあります。

ですが、その反面身体にかかる負担もとても大きいです。長く入ればその分効果が得られるわけではありません。

温冷交代浴は自宅でも簡単に行えます。水風呂が苦手な方も、まずは手浴・足浴から徐々に水に慣らしていきましょう。

水に対する恐怖心や不安感がなくなれば気持ち良く水風呂に浸かることができるようになれますよ!

自分が気持ち良いと思えるペースで継続的に行うことが大切です。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る