耳は体の健康を司る!耳ヨガとツボ押しで体の不調を解消しよう

耳は胎児の体がひっくり返った形に対応しているといわれ、足の裏と同様、全身に対応しているツボがあるということを知っていますか?

そんな耳だから、耳をマッサージするだけで、全身の不調の改善が望めるのです。

「耳ヨガ」は、いわば耳のマッサージ法。誰でもいつでもできる「耳ヨガ」、あなたもやってみましょう。

普段動かさない「耳」を動かすことで健康に綱がる耳ヨガ

そもそもヨガとは、本来は体と心、魂を宇宙(あるいは神)に結びつける修行法のことでした。

そのために、ポーズや呼吸で体や心をコントロールできように鍛錬するのです。しかし最近では、ヨガは健康法やダイエットとしての側面が強くなっています。

「耳ヨガ」も同じようなもので、本来の「ヨガ」とは違いますが、耳を動かすことで健康になる、というところから、「耳ヨガ」という名前がついた健康法です。

耳ヨガに関する伝統的なメソッドがあるわけではなく、単なる耳のマッサージを、わかりやすくキャッチーに言いかえたのが「耳ヨガ」です。

なぜ耳のマッサージが健康にいいのか

では、なぜ耳のマッサージが「ヨガ」と呼ばれるほど健康にいいとされているのでしょうか。

それは、耳を刺激することで、体の末端の一つである耳の血管やリンパが刺激され、血行やリンパの流れがよくなるからです。

血行が良くなれば酸素が行き渡って頭や目がすっきりしますし、リンパの流れがよくなれば老廃物が流され肌もいい状態に導かれます。

さらに耳には全身に対応したツボが100以上あり、耳はどこを触っても何かしらのツボにあたるとまで言われています。

なんとなく触っているだけでも、どこかへのツボ押し効果があるのです。

今日からはじめてみよう!簡単な耳ヨガのやり方

「どこを触ってもツボがある」とまで言われる耳なので、好きな時に好きなところをマッサージするのでもよいのですが、ここでは効果的な「耳ヨガ」の手順をお伝えします。

耳ヨガの手順

まずは基本的なやり方を見て行きましょう。

  1. 耳の上の方を人差し指と親指でつまみます
  2. 大きく息を吸いながら上に引っ張り、またゆっくり吐きながら緩めます
  3. 今度は耳の真ん中ほどをつまんで、横に、大きく息を吸いながら引っ張り、吐きながら緩めます
  4. 次に耳たぶをつまんで、下に大きく息を吸いながら引っ張り、吐きながら緩めます
  5. 耳を三方向に引っ張った後は、人差し指と親指で耳のへりをつまんで、耳の上の付け根から下の付け根まで外側をこねるように刺激してきます
  6. 呼吸を止めないようにし、三回繰り返しましょう

両耳を一緒に刺激するようにしましょう。マッサージオイルなどを使う必要はありません。

ただ単に、耳を引っ張ればいいのです。「ヨガ」ですから、呼吸にも意識して鼻で吸って吐いてを繰り返し、呼吸に合わせて動くとよいでしょう。

血行促進だけじゃない!耳には嬉しいツボがいっぱい

耳を引っ張るだけで血行が促進され、顔がすっきりした感覚が得られると思いますが、ツボを意識したマッサージも効果的です。

体と耳はリンクしている

耳には体と関連するツボがあるといわれています。

耳は、よく見るとお腹の中で胎児が丸まっている様子に似ていませんか?

東洋医学では耳を見ることによって体の不調・病気や症状の判断・治療にも使用されてきました。

耳の上部は脚、端の真ん中あたりが腰、その下が肩から首、耳たぶが頭で、耳の穴の周りは内臓のツボがあるのです。

マッサージをするときは、そのことを意識してみるといいでしょう。

しこりや痛みがあるところは、対応するところが疲れている可能性もあるので、よくもみほぐしましょう。

耳つぼの刺激の仕方

このように全身に対応するツボがある耳ですが、その刺激の仕方はいくつかあります。ツボなので、もともとは鍼を使って刺激していました。

もっと手軽な方法として、最近では、耳ツボシールもあります。

透明なシールに金属の粒がついたものが耳ツボシールで、ツボの部分に金属が当たるように貼って長時間ツボ刺激ができるようになっています。

シールの表面にジュエリーやスワロフスキーをつけた「耳ツボジュエリー」というものも多く販売されています。

金属アレルギーの人はシールの金属に注意が必要ですが、手軽に耳ツボを刺激できるグッズです。

もちろん、指で押したり、もんだりすることも効果的ですし、耳の中で指では押しにくい部分は綿棒を使って押すのもいいでしょう。

お悩み別耳ツボ紹介

それでは、お悩み別に効果のある耳ツボを紹介していきます。

ツボ押しは基本的に両耳同時に行い、指を使う場合は指先をこすり合わせるなどして温めておきましょう。

ツボを探すときは、耳を胎児がひっくり返った形に対応していることを思い浮かべると、この辺りは頭かな、腰かな、とわかりやすくなります。

頭痛緩和には頭痛帯
耳には頭痛帯という場所があります。耳の穴の横にある頭側の軟骨の部分です。偏頭痛や慢性頭痛に悩んでいる人は、ここをよくもみほぐすとよいでしょう。
肩こり緩和に効く肩こり帯
肩こり帯という場所もあります。肩こりに効くツボが集中しているところで、耳の縁の真ん中から下、耳たぶの上の辺りです。特に痛みを感じる部分があれば、自分の肩こりに効くツボがあるところなので、念入りに刺激します。
腰痛緩和は腰痛帯
腰痛帯は耳上部の軟骨の下、顔側のくぼんだ辺りです。押してみると、腰痛のある人は痛みを感じます。人差し指と親指でつまむように押して刺激するとよいでしょう。
目の疲れを緩和するツボ
目の疲れに効くツボは、耳たぶの真ん中からやや下にあります。耳たぶをつまんでいって、その辺りで刺激を感じる場所を見つけましょう。つまんだ状態で少し強めに押しながら30秒ほど刺激します。30秒待って手を離せば、視界が明るくなったり目の周りがすっきりしたりする感覚が得られるはずです。

ストレス軽減も耳ツボで!リラックスして不眠解消

耳の上部のくぼみの真ん中にあるのが「神門」(しんもん)と呼ばれる不眠に効くツボです。

神門を刺激すると、副交感神経が活性化し、リラックスして睡眠に導いてくれます。

指でつまんでこするように刺激します。簡単に刺激できるので、寝る前やベッドに入ってからでも、眠れないときに押してみるとよいでしょう。

不眠に効く「神門」も、副交感神経を活性化させリラックスさせるツボなので、ストレス軽減にも効果的です。

他には、耳の上部、付け根から指一本程度上にいったあたりにあるツボも、ストレスやイライラを軽減する効果があります。ゆっくり深呼吸をしながらつまんで刺激しましょう。

美肌にだって効果的なツボがある

耳を刺激することで血行が良くなるので、美肌に効くツボもあります。

特に美肌にいいとされるのが、耳の穴の頭側のすぐ横にある「肺」と、耳たぶの上部軟骨の下にある「面頰」というツボです。

肺はその名の通り肺の機能を高め、肌に潤いを与える効果があります。面頰は美白によいとされています。

耳ツボにはダイエット効果も!耳のツボでダイエットなんてできるの?

「耳ツボダイエット」は一時期話題になったので、知っている人も多いでしょう。耳には多くのツボがあるので、ダイエットに効くツボもあります。

耳ツボダイエットとは、刺激することで痩せる・体重が減る、というものではありません。

食欲を抑えたり、新陳代謝を高めたりすることで、結果的にダイエットにつながるというメカニズムです。

【 食欲を抑えるツボ 】

顔と耳の境、耳の穴をふさぐときに使う突起の顔側の付け根に、食欲や喉の渇きを抑えるツボがあります。

水太りの人は、水分の摂りすぎを防ぐのでダイエットに効きますし、食事の30分くらい前に刺激しておくことで、食欲を抑えられ、食べすぎを防ぎます。

【 代謝を改善するツボ 】

美肌に効果があるとして紹介した「肺」のツボは、代謝にも聞きます。体の血液循環をよくし、脂肪を燃焼しやすくします。

【 消化を改善するツボ 】

このツボは、刺激することで消化を助け、便秘を解消したり、空腹による胃の不快感をやわらげたりします。

耳の穴の頭側の横に小さな突起がありますが、そのすぐ下にツボがあります。便秘や、胃の調子が悪い時などに刺激してみましょう。

耳ツボを本格的に学んでみたくなったら!

耳ツボには、現在国家資格などはありませんが、多くの協会やスクールが独自にカリキュラムを組んで、認定資格を発行しています。

●耳つぼストーンセラピスト講座
中医学耳つぼ美容協会が運営する講座で、耳ツボシールを使った耳ツボの刺激の仕方を学べます。3時間の講習で26200円です。
●EJA耳つぼジュエリー協会 認定講師講座
EJA耳つぼジュエリー協会が運営する講座で、耳ツボの場所や効能、耳ツボジュエリーの貼り方などが学べます。3時間の講習で16200円です。
●耳つぼジュエリー通信講座
耳つぼジュエリースクール FRANGIPANI(フランジパニ)では、耳ツボジュエリーの資格を通信講座でも取得できるようになっています。39800円で、三か月以内で課題をすべてクリアすると、認定資格がもらえます。

耳ツボセラピストとして開業を目指したり、そこまでいかずとも本格的に学んで家族や友人に施術してあげたりなどを考えている人は、講座を受けたりスクールに通ったりするのもよいでしょう。

気軽に始めて毎日の習慣に

ヨガは即効性のあるものではありません。それは、「耳ヨガ」も同じです。

血行が良くなり、顔がすっきりする感覚はすぐに得られる場合もありますが、肩こりなど不調の解消には時間がかかります。

耳ヨガや耳ツボ押しはいつでもどこでもできますので、耳を触るクセをつけて、日頃からマッサージするようにしましょう。

手順やツボを知っていればより効果的に刺激できますが、耳は、どこを触っても何かしらのツボに当たるほど、ツボが多いことはすでに述べました。

ですから、ツボや手順を気にせず、日頃から耳を柔らかくするために揉むだけでもOKですよ。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る